IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

焚き火ハンガーをDIYする際に役立つ製品総合5

アウトドア・スポーツ

焚き火ハンガーを知っていますか。焚き火をする時にあると便利なギアの1つなのですが近年、焚き火ユーザーに注目を集めています。そして、焚き火ハンガーはとても簡単に作ることができるので自作する方も多いです。この記事では焚き火ハンガーの自作のメリットなどを紹介します。

DIYもできる焚き火ハンガーとは

キャンプの楽しみにしの1つといえば焚き火という方も多いのではないでしょうか。焚き火で暖を取ったり、調理したりとキャンプをするなら一度は経験したいもの。その焚き火をする時にあったら便利な焚き火のギアの1つが焚き火ハンガーなのです。 今、注目の焚き火ハンガー、購入も可能ですが、実は簡単に自作することができます。

焚き火ハンガーを自作するメリット

焚き火ハンガーは購入することもできますが、実はとても簡単に自作できます。材料も手に入りやすく、自作することで自由にカスタマイズできるとあって、焚き火ハンガーを自作する人も多いです。 では、自作で得られるメリットについて詳しく紹介します。

焚き火ハンガーを自作するメリット1∶簡単に作れる

焚き火ハンガーはDIYが苦手な人でも、簡単に作ることができます。もちろん、こだわりがあるならそれなりの技術はいりますが、最低限の焚き火ハンガーでいいなら、材料を用意して、組み立てるだけなので誰でもすぐ作ることもできます。 DIYするところは強度を保つために塗装することだけ。これだけで完成します。

焚き火ハンガーを自作するメリット2∶自分なりにカスタマイズできる

焚き火ハンガーを自作するメリットの2つ目は自由にカスタマイズできることです。既製品の焚き火ハンガーでは、なかなか欲しい形の物が見つからない、ということもあるでしょう。 焚き火ハンガーを自作することで理想の形を手に入れることができます。用途に応じて使い勝手の良い、理想の形を作ることができるのも自作ならではでしょう。

焚き火ハンガーを自作するメリット3∶身近な物を利用できる

焚き火ハンガー自作のメリットの3つめは、材料が手に入りやすいということです。簡単な物であれば、近くのホームセンターで大体の材料が手に入ります。作る形のサイズさえわかっていれば、インターネットでも購入可能です。 材料によっては、100円均一でも手に入れることができます。家にあるものを使って作ることもできます。

焚き火ハンガーを自作するメリット4∶コストが掛からない

焚き火ハンガー自作のメリット4つ目は、コストがかからないということです。既製品は一番安いものでも5000円は掛かりますが、自作の場合、最低限の材料であれば2000〜3000円程で自作できます。 さらに廃材などを使って自作すればさらにコストを抑えることも。頻繁に使わないなら自作することでコストを抑えられます。

焚き火ハンガーをDIYする際に役立つ製品総合5

焚き火ハンガーを自作するメリットが分かったところで、次は自作するために揃えておくと、かなり役立つアイテムを5つ紹介します。 紹介するものをすべて揃えるだけで、焚き火ハンガーが完成します。ぜひ、参考にしてください。

  • 焚き火ハンガー制作で必要な物をピックアップ

1位:抜けにくい異形鉄棒採用!丸鋼や丸棒と合わせて簡単な焚き火ハンガーを作れる【HANT カラー異形ロープ止め丸型 13x900 DAIDO】

  • 表面にでこぼこがあるため、ストレートタイプより抜けにくい
  • 危険を喚起するゼブラ・黄色、農地や園芸とマッチする茶色、様々な用途で使用可能
  • 場所に応じて色合わせができる
ダイドーハント(DAIDOHANT) ( ロープ止め ) カラー 異形ロープ止め 丸型 茶 [ 鉄 / 塗装 ] (呼び径) 13 x (長さ) 900mm ( 1本入 ) 10168006
ダイドーハント(DAIDOHANT) ( ロープ止め ) カラー 異形ロープ止め 丸型 茶 [ 鉄 / 塗装 ] (呼び径) 13 x (長さ) 900mm ( 1本入 ) 10168006

アクセスランキング