IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴3つ|定時で帰るための仕事術7選

更新日:2020年08月14日

職種研究

定時で帰れる仕事があればすぐにでも転職したい。転職ができなくても定時で帰れる仕事術があればいいのに。実は定時で帰る仕事はあるんです。今回はそんな定時で帰れる仕事の特徴と定時で帰れる仕事術を解説していきますので参考にしてみましょう。

定時で帰れる仕事術の5つ目です。人の集中力を長く保つのは難しいものです。集中力を保つために大事なのが休憩です。休憩する事はただ食事をとるだけの物だと思っていませんか。 休憩なしで作業をする事は逆に効率を落とす事にもつながるのです。休憩なしで通しで作業をしていては効率が落ちてしまいスケジュール通りに作業を進める事ができません。そのため休憩を必ず入れて心と体を休める事も大事なのです。

⑥早く帰る人の印象を付ける

定時で帰れる仕事術の6つ目は、早く帰る人だと認識してもらう事です。例えば遅い時間まで作業をしているのが日常になってしまっている人がいるとします。 「あの人なら残業を任せてもいいんだ」と思われてしまい、次から次へ仕事を回されてしまう事があります。そういう印象を残してもあまり良いメリットはありませんよね。そこで早めに帰る人という印象を周りに植え付けていくのです。 そうしておく事で今日中にやらなくてはいけない作業をぎりぎりに回される事もなく早めにやってもらうように仕事を持ってきてくれるようになります。

⑦自分以外の人に予定通り働いてもらう

定時で帰れる仕事術7つ目は自分以外の他の従業員にも予定通り働いてもらう事です。仕事は一人ではできない物ですので他の部署の人に助けを求める事もありますよね。 所属部署以外の人に大事な作業の依頼をしたのにまだ連絡が来ないためそこから先に作業が進まないなんてことはよくありますよね。そのためあなたの予定が狂うなんてことも起きたりします。 そうならないためにはその作業をいつまでにやってほしいのかをしっかり伝える事も大事なのです。そうした依頼をしておかないとあなたの作業の予定もうまくいかないので予定通り動いてもらうためにはきちんと作業の詳細といつまでにやってもらうかを打ち合わせておくこともだいじです。

仕事術に関する本

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

一流の人はなぜそこまで、雑談にこだわるのか?

仕事術を学ぼう

いかがでしたか。定時で帰れる仕事は思っていたよりも世の中には多くあり、どうしても残業が嫌になったら転職をする事で今の生活より心の余裕が持てるようになるかもしれませんね。 定時で帰るための仕事術は自分自身の仕事の効率化を計るための考え方とスケジュール管理を学ぶことができましたね。このような仕事術をうまく活用していけば、定時で帰る事もできるようになるはずです。 早く仕事が終われる人はつい上司や周りの雰囲気にのまれ付き合い残業をしてしまいがちになってしまうでしょうが、付き合い残業をしない勇気を持つ事も大事な事です。仕事術という名前ではありますが実はそんなに難しい事ではなく効率性を持つための考え方なんです。 普段の自分の力を活かせれば誰でも、残業を減らすことができます。それが仕事術なんです。あなたもこれから定時で帰れる仕事術を活かして残業を減らして心にゆとりのある生活をしていきましょう。 あなたにとって「定時で帰れること」が最優先条件なら、エージェントへ相談してみましょう!複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。転職エージェントなら、求人の紹介はもちろん条件の交渉まで行ってくれます。

初回公開日:2016年12月06日

記載されている内容は2016年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング