IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴3つ|定時で帰るための仕事術7選

更新日:2020年08月14日

職種研究

定時で帰れる仕事があればすぐにでも転職したい。転職ができなくても定時で帰れる仕事術があればいいのに。実は定時で帰る仕事はあるんです。今回はそんな定時で帰れる仕事の特徴と定時で帰れる仕事術を解説していきますので参考にしてみましょう。

転職をして残業が少ない企業に入るのが一番いい事ですが、急に転職なんて難しいですよね。それならば定時で帰るための仕事術を身に着けるのが良いかもしれません。

残業をしない仕事術を実行するためには準備が必要

残業をしないでいきなり定時で帰るのは難しいです。まずはある程度の定時で帰るための仕事術のための準備が必要になります。準備といっても難しい事ではないです。 しっかりと自分の作業量や仕事の速さを把握する事から始めるのです。そうすれば定時で帰れるようになれます。

定時で帰れる7つの仕事術

ここからは定時で帰れる仕事術をご紹介していきます。

①強い意志で自己コントロールする

定時で帰れる仕事術の1つ目は、人の意思はある程度自分の力でコントロールする事ができます。 例えば今日は仕事の後に飲み会を予定しているとします。そうすると何がなんでも仕事を早く終わらせ定時で帰るという目標を達成する事ができます。目標があると人は思わぬ力を発揮できるものです。 そのような力を発揮するために自分を追い詰める事も定時で帰るために必要な仕事術なのです。それを毎日続けていけば自己コントロールする力が見につきいつでも残業せずに定時で帰れるようになれるでしょう。

②自分の作業時間を把握する

定時で帰れる仕事術の2つ目は、自分の作業時間を把握する事は仕事を効率的にする上で大事な事です。どの作業がどのくらい時間がかかるのか把握できれば、1日の仕事で何にどれくらいかかり何を早く終わらせることができるのかがわかるようになります。 自分の作業時間を把握するためにスマホやパソコンのメモ帳機能でもなんでも記録を取る事から始めて見ましょう。例えば1時間を1、30分を0.30のように数値化してメモしておくのです。そうしておく事で自分の作業時間を把握できるようになります。まずは毎日記録してみましょう。

③週次のざっくりとしたスケジュールを立てる

定時で帰れる仕事術の3つ目は、まずは自分の作業時間を記録して1か月分くらい記録していく必要があります。1か月くらい記録していくと、自分がどの作業でどれくらいかかるのかが分かってきます。これが把握できたならば次はこれを週次のスケジュールとして仕事の計画を立ててみるのです。 スケジュールのコツなのですが、作業を自由に組み立てる事ができるのなら、集中力が必要な作業は集中力を必要としない作業を入れたりするなど仕事のペース配分等も考慮しながらスケジュールを組むと計画的なスケジュールが作れるようになるでしょう。

④想定外の作業が入る余裕を作る

定時で帰れる仕事術の4つ目は、急な作業の追加で予定が崩れる事よくありますよね。このような想定外の出来事に対処できないのはスケジュールを崩された事が原因ですね。 想定外の出来事はいつどこでおきるかわからないので対処するのは大変ですが想定外の作業が入る事を想定しておくとある程度余裕をもって置く事ができるため対処がしやすくなります。 そうする事で仕事の効率もあがりますのでスケジュールには余裕を作っておく事も大事なのです。

⑤休憩は必ず入れる

初回公開日:2016年12月06日

記載されている内容は2016年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング