IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴3つ|定時で帰るための仕事術7選

更新日:2020年08月14日

職種研究

定時で帰れる仕事があればすぐにでも転職したい。転職ができなくても定時で帰れる仕事術があればいいのに。実は定時で帰る仕事はあるんです。今回はそんな定時で帰れる仕事の特徴と定時で帰れる仕事術を解説していきますので参考にしてみましょう。

③廃棄物処理

定時で帰れる仕事は廃棄物処理です。廃棄物処理の仕事は汚い作業だと思われがちなのですがゴミ分別の制度が整ったおかげですごく汚れる仕事ではなくなりました。 勤務時間も8時~17時と決まっているため残業がありません。そのため定時で帰れる仕事ですね。

④建設業

定時で帰れる仕事は建設業です。建設関係は夜間になると作業が危険なため安全面を考慮して夜間作業がないため、定時で帰れる仕事です。 肉体労働なので体力が続かないと大変かもしれませんが、定時で帰れるのは良い事ですね。

⑤施設系介護職

定時で帰れる仕事は施設系の介護職です。介護職のイメージは大変そう、肉体労働というイメージがありますが、意外な事に定時で帰れる仕事なのです。 施設系介護職の勤務環境も改善されている事や従業員の体調を整える意味でも定時で帰れるよう推奨している施設もありますので、定時で帰れる仕事ですね。

⑥国税専門官

定時で帰れる仕事は税務署勤務の国税専門官です。業務内容はハードで楽な仕事ではないです。また確定申告の時期は忙しくなりますが、それ以外は定時で帰れる仕事ですね。

⑦製造業の生産ライン

定時で帰れる仕事は製造業の生産ラインです。一日の作業量が決まっていますので定時に帰れる仕事です。工場には労働組合もあるので就業規程や残業規程も定められているためサービス残業の無い仕事ですね。

⑧薬剤師

定時で帰れる仕事は薬剤師です。病院勤務の薬剤師は診察時間が決まっていてその日の診察時間が終われば定時患者さんもいないため薬を作る必要はありませんので定時で帰れる仕事ですね。

⑨幼稚園の先生

定時で帰れる仕事は幼稚園の先生です。勤務する園によって勤務する時間は違いがありますが、基本的に8時~17時のところが多いです。 行事がある時は忙しくなりますが、休みもしっかりとれますし、残業も少なくて定時で帰れる仕事ですね。

⑩大学教授

定時で帰れる仕事は大学教授です。大学教授には勤務時間が決まっていません。自分自身でスケジュールを組めるため自由に使えるのです。そのため定時で帰ろうと思えば帰れます。

定時で帰れる3つの部署

定時で帰れる仕事をご紹介してきましたが定時で帰れる部署があります。ご紹介していきます。

①経理職

初回公開日:2016年12月06日

記載されている内容は2016年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング