IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

定時で帰れる仕事の特徴3つ|定時で帰るための仕事術7選

更新日:2020年08月14日

職種研究

定時で帰れる仕事があればすぐにでも転職したい。転職ができなくても定時で帰れる仕事術があればいいのに。実は定時で帰る仕事はあるんです。今回はそんな定時で帰れる仕事の特徴と定時で帰れる仕事術を解説していきますので参考にしてみましょう。

定時で帰れる仕事の特徴と定時で帰れる仕事

毎日残業ばかりの仕事で生活にも心にも余裕がない。そんなのうんざりしますよね。定時で帰れる仕事なんてあるのでしょうか。 そんな仕事があれば、生活にも、心にもゆとりが持てるようになるのに。しかし本当にそんな定時で帰れる仕事なんてあるのでしょうか。実は探せばあるにはあるのです。まずは定時で帰れる仕事の特徴と定時で帰れる仕事をいくつか挙げていきます。

定時で帰れる仕事の3つの特徴

それではここからは定時で帰れる仕事の特徴をいくつか挙げていきます。

①作業内容や作業量が一定

定時で帰れる仕事の特徴1つ目です。「作業内容や作業量が一定」です。仕事の作業内容や作業量が一定である事とは一日の仕事の量が決まっているため、早く作業が終わったとしても無理やり残業をさせられる事や付き合いで残業をさせられる事もありません。 このような職場ならば定時で帰れる仕事なので帰宅後に予定を組んでもドタキャンする事もないですので自由に余裕をもって過ごす事ができますね。

②夜間は作業ができなくなる仕事

定時で帰れる仕事の特徴2つ目です。「夜間は作業ができなくなる仕事」です。例えば窓口が夕方で閉まってしまう役所も窓口業務は夕方までなのでそれ以降の作業はなく定時で帰れる仕事ですね。 そのほかに大工や建設関係の仕事も夜間の作業はありません。そのため夕方までの作業なので定時で帰れる仕事ですね。

③派遣社員の仕事

定時で帰れる仕事の特徴3つ目です。「派遣社員の仕事」です。正社員と比べ派遣社員は定時に帰れる仕事です。 契約内容で残業は無いと決まっていれば残業をせずに定時で帰る事も出来ます。派遣社員は基本的に契約以外の作業は受ける必要は義務は無いので断れるのです。そのため定時で帰れる仕事ですね。

定時で帰れる仕事10種

定時で帰れる仕事があるのか探してみました。いくつか定時で帰れる仕事を見つけてみましたので挙げていきます。 先輩よりも先に帰れない、残業するのが当たり前、と昔ながらの考えが残っていて、定時に帰れない会社員がたくさんいます。自分の希望する条件がそろう企業で働きたい、環境を変えたいと思ったら転職エージェントに相談することをします。

①公務員

定時で帰れる仕事は公務員の仕事です。以前よりは公務員の残業の時間は増加したといわれていますが、役所の窓口業務の地方公務員は定時で帰れるのです。 すべての地方公務員が残業なしで定時で帰れるわけではありませんが、他の職種に比べればまだ残業も少なめで定時で帰れるようです。

②開業医

定時で帰れる仕事は開業医の仕事です。開業医は自ら診察の時間を決める事が可能なため、残業がありません。勤務医と比べると長期労働をする事はないので定時で帰れる仕事ですね。

初回公開日:2016年12月06日

記載されている内容は2016年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング