IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ペグハンマーはテント設営の味方!ペグハンマーおすすめ11選

アウトドア・スポーツ

ペグハンマーというアイテムをご存知でしょうか。キャンプを趣味としている方はご存知でしょうが、ペグハンマーはテントを設営するために欠かす事のできないアイテムです。今回はキャンプの必需品「ペグハンマー」をご紹介しますので興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

更新日時:

ペグハンマーはスムーズに設営するときの必需品

ペグハンマーはスムーズに設営するときの必需品

ペグハンマーはテントを設営するために欠かす事のできないアイテムです。 テントやタープなどが風で飛ばされたりしないよう地面と固定するために張られるロープは、ペグハンマーを使って効率よく打ち込みましょう。 今回はスムーズにテントを設営する時の必需品であるペグハンマーの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。

ペグハンマーの選び方

ペグハンマーの選び方

ペグハンマーの選び方はポイントを押さえておけば迷う事はありません。 ペグハンマーを選ぶポイントは「打ちやすさ」「素材」「重さ」「ブランド」の4つです。ポイントを押さえて使いやすいアイテムを選びましょう。

ペグハンマーの選び方1:ペグ打ちしやすいヘッドを選ぶ

ペグハンマーの選び方1:ペグ打ちしやすいヘッドを選ぶ

ペグハンマーの選び方として「ペグ打ちしやすいヘッドを選ぶ」ようにしましょう。ペグハンマーの打ち込みやすさは、ペグハンマーのヘッド部分の素材によって異なります。 打ち込む場所にもよりますが、プラスチック製のペグハンマーなどは本格的なペグ打ちには向いていません。ペグの硬さなども頭に入れて選びましょう。

ペグハンマーの選び方2:ヘッドの素材で選ぶ

ペグハンマーの選び方2:ヘッドの素材で選ぶ

ペグハンマーの選び方として「ヘッドの素材で選ぶ」ようにしましょう。打ち込みやすさでも触れましたが、ペグハンマーのヘッドの素材によって打ち込みやすさが違います。 素材として使われているのは主に「プラスチック製」「スチール製」「銅製」などです。銅製のペグアンマーは衝撃を和らげますが素材がへこんだりします。

ペグハンマーの選び方3:重さ選ぶ

ペグハンマーの選び方3:重さ選ぶ

ペグハンマーの選び方として「重さで選ぶ」ようにしましょう。ペグハンマーにはさまざまな形状や材質のアイテムがあります。 持ち運びには軽い方がよいという方もいらっしゃいますが、ハンマーが軽すぎると、ペグをきちんと打ち込む事ができなかったり、すぐに壊れてしまう可能性がありますので使う際には注意が必要です。

ペグハンマーの選び方4:ブランドで選ぶ

ペグハンマーの選び方4:ブランドで選ぶ

ペグハンマーの選び方として「ブランドで選ぶ」事もオススメです。 アウトドアシーンに欠かす事のできないさまざまなアイテムを販売しているブランドやメーカーで取り扱っているペグハンマーは、安価なアイテムよりも信頼できます。 実績を積み重ねたブランドだからこそ、使いやすい機能を備えたペグハンマーが見つかります。

ペグハンマーおすすめ総合ランキングTOP5

ペグハンマーおすすめ総合ランキングTOP5

ペグハンマーのおすすめ総合ランキングTOP5をご紹介します。 ペグハンマーはさまざまな種類があり、どのようなアイテムを選べばよいかわからないという方はランキングでご紹介するアイテムから選んでみて下さい。

ランキングの評価基準
  • 定番のアウトドアブランド
  • ペグハンマーのクオリティ
  • ペグハンマーの使いやすさ
  • ペグハンマーの握りやすさ
  • ペグハンマーの材質や重さ
  • デザインやロゴ

1位:ペグハンマーの定番!スノーピーク/ペグハンマーPro.C

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C N-001
スノーピーク/ペグハンマーPro.C

¥ 6,696

口コミ

適度に頭が重いので、さほど振りかぶらずともペグ打ちできます。 叩いた時の嫌な感触もなくいいハンマーですね。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 銅製ヘッドで衝撃吸収
  • 柄の部分は「かしの木」
  • 頑強なペグを簡単に打ち込める

ペグハンマーの定番ともいえる、スノーピークのペグハンマーPro.Cです。スノーピークと言えばアウトドアブランドとしてさまざまなアイテムを販売しています。 同じようなアイテムも売られていますが、定番のブランド力を誇るスノーピークのペグハンマーは、安心して選ぶことができるアイテムと言えるでしょう。 銅製のヘッド部分は衝撃を吸収してくれます。ヘッド部分の交換も誰でも手軽に行う事ができますのでオススメです。

2位:職人のクオリティ!村の鍛冶屋/エリッゼステークアルティメットハンマー

エリッゼ(ELLISSE)鍛造 焼入れ ペグハンマー St.Martelo (真鍮ヘッド×ブラック)
エリッゼステークアルティメットハンマー
口コミ

使い易さ、商品の質の高さは皆さんが書かれている通り素晴らしいと思います。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 真鍮製ヘッドかステンレスか選ぶ事ができる
  • 柄の部分は「かしの木」
  • 優れた強度を持つ

200職人のクオリティが光る、森の鍛冶屋ELLISSEのステークアルティメットハンマーです。優れた金属加工技術を持っている新潟県燕三条で製造しているペグハンマーで、自分の好みに合わせてオーダーする事が可能となっています。 ヘッド部分が真鍮かステンレスか選ぶ事ができるだけではなく、シルバーメッキかブラックの塗装かどうするか選ぶことができるため、自分だけのペグハンマーを手に入れることができるでしょう。

3位:使いやすさ抜群!コールマン/スチールヘッドハンマーII

コールマン スチールヘッドハンマー2 2000012872
コールマン/スチールヘッドハンマーII

¥ 6,780

口コミ

重みがあるので打ち込み易い。引き抜きもやりやすい。柄ももちやすい。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 安心のアウトドアブランド
  • スチールヘッド
  • 柄の部分は「天然木」

抜群の使いやすさを誇る、コールマンのスチールヘッドハンマーⅡです。コールマンと言えばアウトドアブランドとしてさまざまアウトドア関連商品を取り扱っています。 コールマンのスチールハンマーは強度が高く、丈夫で使いやすい重さです。柄の部分も握りやすい形状をしていますし、安全ベルトも付いていますので安心して使う事ができるのではないでしょうか。 ヘッド部分の打面もペグ打ちしやすい大きさとなっておりおすすめです。

4位:スチールヘッドより硬度が高い!WEINAS/ペグハンマー 黄銅製ヘッド

【2019真鍮製ヘッド強化版】WEINAS ペグハンマー 黄銅製ヘッド 普通のスチール製ヘッドより硬度が高い テントハンマー ハンマー ペグ打ち/抜く 安全 テント アウトドア 登山 キャンプ 野外フェス 工事 多用 収納袋付 持ち運び易い 180日保証
WEINAS ペグハンマー 黄銅製ヘッド

¥ 6,999

口コミ

ハンマーの柄の部分が滑りにくくなっているため、女性や子供が使用しても大丈夫だと思います。 重さはありますが、力を入れずに重さを利用して叩けるので慣れれば凄く楽だと思います。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 真鍮製強化ヘッド
  • 少ない力でペグを打ち込む事ができる
  • 高い安全性を誇る

スチールヘッドよりも高い硬度を誇る、WEINASのペグハンマー黄銅製ヘッドのペグハンマーです。 黄銅とは真鍮の事で、衝撃を緩和してくれますので手をいためることはありません。本体の重りによってあまり力を使わずに、効率よくペグを打ち込む事ができるでしょう。 ペグが地面に食い込んでしまった場合にはヘッド部分反対側にあるカギフックを使って簡単に引き抜く事が可能で、安全ベルトも付いていますので安心して使えます。

5位:使い勝手とデザイン◎ロゴス(LOGOS)/パワーペグハンマー

ロゴス パワーペグハンマー 71996513
ロゴス(LOGOS)/パワーペグハンマー

¥ 4,950

口コミ

今までゴムハンマーを使っていましたがペグの入り具合が全然ちがいます。 ハンマーにしては値段が結構しますがペグ抜きも付いていて満足しています。 色も型も気に入っています。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 鋼製
  • 固い地面のペグ打ちも楽々
  • 固定ベルト付きで安心

使い勝手の良さとロゴマークやデザインがおしゃれなLOGOSのパワーペグハンマーです。固い地面でも楽にペグを打ち込む事ができるパワータイプのペグハンマーになります。 安全のために固定ベルトも付いていますので安心して使う事ができるでしょう。ずっしりとした重みがありますので、少しの力でペグ打ちが可能です。どこでも目印になるようなカラフルなハンドルをしていますので、どこかに紛失してしまう事はないでしょう。

初心者向けペグハンマーおすすめ3選

ペグハンマーを使ったことがないという方やキャンプ初心者という方でも簡単につかえるペグハンマーをご紹介します。初心者向けには軽く、収納やお手入れが簡単なペグハンマーを選ぶと良いのではないでしょうか。

1:コスパが抜群!Eletorot/ペグハンマー

ペグハンマー Eletorot テントハンマー 収納袋付き キャンプ アウトドア用
Eletorot/ペグハンマー
口コミ

テント設営のために、買いました。 キャンプの初心者です。 テント設営のため、探してこのコスパがいい(と思います)これを買いました。

ペグハンマーが持つ3つの特徴
  • スチール製ヘッド
  • コストパフォーマンスがいい
  • 日曜大工などにも使える

コストパフォーマンスが抜群のEletorotペグハンマーです。ペグハンマーのヘッド部分はスチール製で丈夫なつくりになっています。 固い地面に打ち込んでしまったペグを引き抜くのに便利なかぎ状のフック部分が付いていますので、楽に引き抜く事ができ女性にも安心して使う事ができるアイテムです。 キャンプなどのアウトドアシーン以外で、日曜大工に活用したりもできますので、一つあると便利なハンマーといえるでしょう。

2:安全ベルト付き!Lefon テントハンマー 安全ベルト付

ペグハンマー Lefon テントハンマー 安全ベルト付 キャンプ アウトドア用 家庭用 シルバー
Lefon テントハンマー 安全ベルト付
口コミ

とてもお安かったので心配していましたが、重厚感あって、しっかりした作りでした。 ベルトもついていて安全に使えます。おしりの部分でペグを抜きやすくて良かったです。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 安全ベルト付き
  • 持ち手はアルミニウム合金
  • 高炭素鋼製ヘッド

安全ベルト付きで高炭素鋼製ヘッドのLefonテントハンマーです。スチール製のヘッドよりも材質が硬く衝撃が強そうに感じますが、柄の部分がアルミニウム合金でできていますので衝撃を緩和してくれるでしょう。 通常のペグハンマーと比べると、錆びにくく、軽量で持ち運びにもおすすめのアイテムと言えます。ハンマーヘッドの反対側は土を掘り起こしやすい形状をしていますので、さまざまな用途に活用する事ができるでしょう。

3:専用ペグ付きペグハンマーセット!OMUKY/ペグハンマー アルミ合金ペグ・10枚セット

ハンマー ペグハンマー テントペグ アウトドア ペグ ハンマー テント ハンマー鋼 アルミ合金ペグ・10枚セット キャンプ用品 (ハンマー+ペグA)
OMUKY/ペグハンマー アルミ合金ペグ・10枚セット
口コミ

ペグ付きハンマーはなぜかすごくお得感がある。持っているペグは細いし、あと少しで使えなくなるかなと心配して思わず購入。

ペグハンマーがもつ3つの特徴
  • 専用のペグがセットになっている
  • 高強度鋼製ヘッド
  • すべりにくいハンドル

専用ペグつきのOMUKYのペグハンマーセットです。セットの専用ペグは錆びにくくする塗装を施してありますし、ハンマー部分は摩耗や腐食を防ぐための機能が施されていますので、長く使う事ができるでしょう。 グリップ部分は手のひらにフィットしやすい形状をしていますので、滑りにくくしっかりと握ってペグを打ち込む事ができます。軽量のペグハンマーで女性にも扱いやすく、柄の部分がカラフルで紛失防止に役立つでしょう。

軽量ペグハンマーおすすめ3選

軽量ペグハンマーおすすめ3選

女性にも簡単に扱う事ができる軽量ペグハンマーをご紹介します。ペグハンマーは丈夫で扱いやすいものがオススメですが、手が疲れたりする事もありますので、サブのペグハンマーとして一つ持っておくと良いでしょう。

1:スタイリッシュなスタイル!MSR/ステークハンマー

MSR テントアクセサリー ステイクハンマー アウトドア 【日本正規品】 37777
MSR/ステークハンマー

¥ 4,620

口コミ

基本的にはタイトル通りのものを皆さん探しているのだと思いますが、 バイクを使ってのブッシュクラフト寄りなソロキャンプの多い僕には、 これがいいです。

ペグハンマーの持つ3つの特徴
  • ステンレス製ヘッド
  • スタイリッシュなデザイン
  • 軽量素材

スタイリッシュでデザイン性の高いペグハンマー、MSRのステークハンマーです。ペグハンマーのヘッド部分はステンレスで錆に強く、ペグを打ち込みやすいアイテムといえるでしょう。 ペグハンマーは草むらに置いてしまうと見つけにくい場合がありますが、こちらのアイテムはヘッド部分が重たくてフラット形状になっています。そのため、ヘッドを下にして立てておいて置くことができますので見失ってしまう事はほとんどありません。

2:スコップとしても使える!Jekeno/ペグハンマー 収納袋付き

ペグハンマー テントハンマー キャンプハンマー 軽量 Jekeno 多機能 ペグ打ち ペグ抜き 高炭素鋼 アルミ製 アウトドア 登山 ツーリングキャンプ キャンプ場 収納袋付き (ブルー)
Jekeno/ペグハンマー 収納袋付き
口コミ

軽量のペグハンマーを探していたところこちらを発見。ハンマーだし、ノーブランドでもいいか、、と思い購入しました。配色もよく、ケースもついてきて、思ったよりいい買い物ができました。

ペグハンマーの持つ3つの特徴
  • スコップ状のヘッド
  • アルマイト加工のアルミ製ハンドル
  • 収納バッグ付きで持ち運び簡単

スコップとしても使う事ができる、Jekenoのペグハンマーには収納袋もついて便利です。ハンマーの片側がスコップのようになっていますので、固くなっている土を掘り起こしたりするのに重宝します。 ハンマー部分は高い硬度と弾力性に優れているため、初心者や女性でも簡単にペグを打ち込むことができるでしょう。収納バックも付いていますので持ち運びが簡単で、柄の部分もカラフルで紛失しにくくなっている点もポイントです。

3:傷付き・摩擦防止加工!キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) /プラック アルミペグ抜きハンマー M-3221

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント・タープ部品 アルミペグ抜きハンマー ブルーM-3221
キャプテンスタッグ プラック アルミペグ抜きハンマー M-3221

¥ 2,916

口コミ

レジャーシート、テントのペグ、ピンの抜き、さしに使いました。撤収時に引っこ抜く際に、引っ掛けて使用できたので、とても重宝しました。デザインも好きです。

ペグハンマーのもつ3つの特徴
  • 鋳鉄製ハンマー
  • 柄はアルマイト加工のアルミニウム製
  • 抜群の軽さ

傷つきや摩擦防止加工が施されているペグハンマー、キャプテンスタッグのブラックアルミペグ抜きハンマーです。柄の部分がアルミニウムでできていますので、軽くて手が疲れません。 スコップのように地面を掘ったりする事も可能ですし、一つあるだけでキャンプなどのアウトドアシーンで大活躍してくれるアイテムといえるでしょう。 コストパフォーマンスもよく、買い替える時なども気軽におこなう事ができるのではないでしょうか。

ペグハンマーを使ってスムーズにテント設営しよう!

ペグハンマーを使ってスムーズにテント設営しよう!

ペグハンマーの選び方や選び方のポイント、ペグハンマーのおすすめアイテムをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 ペグハンマ―を使えばスムーズにテントを設営する事ができます。ペグハンマーはペグ打ち専用のハンマーですので、すぐに壊れてしまうようなものではなく、頑丈で長く使えるモノを選ぶようにして下さい。

アクセスランキング