IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オートキャンプの魅力とは?おすすめの過ごし方と魅力を解説!

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アウトドア・スポーツ

近年、気軽かつ手軽にアウトドアが楽しめると人気のオートキャンプ場は、徐々にその数を増やしています。この記事では、おすすめのキャンプ場や注意点、マナーなどを紹介していきます。「キャンプって面倒だし難しそう」と敬遠されていた方は、ぜひ読んでみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

オートキャンプって何?

「オートキャンプ」とは自動車を利用したキャンプのことで、目的地まで車を使って行けばオートキャンプとなります。 また、車とセットで楽しめるように設備されているキャンプ場を、「オートキャンプ場」といいます。 欧米ではベッドやキッチンなどを装備したキャンピングカーが普及していますが、日本ではヴォクシーやヴェルファイアなどのミニバンを利用する人が多いです。

一般のキャンプ場と何が違うの?

一般のキャンプ場は駐車場とテントを張るサイトが別々になっていますが、オートキャンプ場は車ごと場内に乗り入れることができるようになっています。 一般のキャンプ場では決められた駐車場に車を停め、荷物はキャリーなどを使って歩いて運び込まなければなりません。しかし、車のまま直接乗り入れることができるオートキャンプ場ならば、その必要がありません。

オートキャンプ場の魅力とは

オートキャンプ場の魅力は、車と一緒にキャンプができることです。 車でテントサイトまで乗り入れできるので、道具は必要に応じて取り出すことができますし、急な雨などのときには車の中に避難することもできます。 また、きちんと整備されているところが多いので、子供連れのファミリーや初心者でも安心してキャンプを楽しむことができます。

おすすめのオートキャンプ場【北海道】

北海道は日本の最北端に位置していて、面積がとても広く、日本全体の約22%にもなります。人の手が入っていない場所も多く残されていて、観光が盛んなところです。 北海道でのオートキャンプには、「本州では味わえない雄大な大自然を体験することができる」という魅力があります。 そんな北海道から、ふたつのオートキャンプ場をご紹介します。

オートリゾート苫小牧アルテン

「オートリゾート苫小牧アルテン」は樽前山麓に位置していて、札幌から車で約90分の場所にあります。 林間パークゴルフ、カヌー、乗馬、温泉などの豊富なレジャーが場内で楽しめる、北海道内最大規模のオートキャンプ場です。 北海道では珍しい通年営業で、真冬でもキャンプを楽しむことができます。またペットの可否や電源の有無など、いろいろな宿泊スタイルを選ぶことができるのも魅力のひとつです。

住所〒059-1265 北海道苫小牧市字樽421-4
電話番号 0144-67-2222
テントサイト料金4,200円・5,250円・5,775円・6,300円(冬季50%off)
営業期間通年営業
センターハウス内設備水洗トイレ・身障者用トイレ洗面所・シャワー・コインランドリー・研修室・売店・自動販売機
場内設備炊事棟・サニタリー棟・水洗トイレ・身障者用トイレ・あずまや・芝生広場・遊具広場 他

日高沙流川オートキャンプ場

日高山脈のふもと、日高町の市街地からすぐのところにあるのですが、春の桜から秋の紅葉まで季節を楽しめる自然豊かなキャンプ場です。 コンビニや道の駅、温泉施設が徒歩圏内にあり場内施設も整備されていますが、料金はそれほど高くありません。 沙流川まで歩いて行けますので、川遊びや釣りも楽しめます。場内はとても広くて樹木が多く、「ゆったりと落ち着いて過ごせる」ことが魅力のひとつになっています。

住所〒055-2315 北海道沙流郡日高町字富岡444
電話番号 01457-6-2922
テントサイト料金1,300円・1,900円・2,500円・電源付きサイト3,000円
施設使用料小学生以上1人につき100円
営業期間4月下旬~10月中旬
場内設備炊事棟・水洗トイレ・バーベキューハウス・ゴミステーション・アスレチック5セット、ドッグラン・レンタサイクル

おすすめのオートキャンプ場【関東】

アウトドアが手軽に楽しめるオートキャンプ場は近年その数を徐々に増やしていて、都心からアクセスのよいところにも多くのキャンプ場が整備されています。 交通のアクセスがよく、周辺にスーパーやホームセンター、温泉施設があるなど利便性が高いのが関東エリアのひとつの特徴で、初心者やファミリーの方でも安心して利用できるところが多いです。 そんな関東から、5か所のオートキャンプ場をご紹介します。

フルーツ村

館山道・君津ICから車で約30分のところにある、豊かな自然をそのまま生かした静かなオートキャンプ場です。 消灯・就寝時間が22時と決められているなど子育て世代に優しく、のんびりと家族で楽しむことができます。 自然体験重視型で、カヌーやカヤックの体験ができるほか、いろいろなものづくりの体験教室があります。キャンプ場から数分のところにある「観光農園フルーツ村」でのフルーツ狩りもおすすめです。

住所〒292-1178 千葉県君津市旅名96
電話番号 0439-38-2255
テントサイト料金5,000円 AC電源付き6,000円
営業期間通年営業
場内設備管理棟、売店、炊事場、温水シャワー、図書館、遊具広場 他

オートキャンプいわしろ高原

二本松IC、三春ICから車で約20分のところにある、オーナーが手作りした自然豊かなキャンプ場です。 森の中なので、春は山の幸がいっぱい採れ、夏の夜にはクワガタやカブトムシが集まり、秋は紅葉がきれいです。 全天候型の屋根付きの遊び場や、手作りの露天風呂が人気です。場内には浅めの川が流れているので、釣りや川遊びが楽しめます。

住所〒964-0321 福島県安達郡岩代町上太田字仏台70
電話番号0243-57-2272
テントサイト料金3,000円(車2台目以降1台につき500円)
入場料大人1名につき500円・子供1名につき300円
電源使用料1泊1,000円
営業期間4月下旬~10月中旬
場内設備管理棟、サニタリー棟、炊事棟、売店、温水シャワー、風呂、水洗トイレ、ランドリー、夜間照明、ファイヤーサークル、野外炉、子供の遊具、多目的広場、BBQ場 他

オートキャンプきたかる

浅間山麓に位置し、標高1,000mほどの浅間高原の澄みきった空気の中にある、緑豊かなキャンプ場です。 農家さんが家族で管理運営していて、アットホームな雰囲気が魅力のひとつです。夏場には約30種類の野菜やハーブが育つ「きたかる菜園」で、1かご500円で取り放題が楽しめます。 夜には数えきれない星を見上げ、朝は鳥のさえずりで目覚める。そんな大自然を満喫できる、軽井沢の穴場的おすすめキャンプ場です。

住所〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1353-550
電話番号0279-84-6626 
テントサイト料金4,000円・4,500円・5,500円
入場料小学生以上1名につき200円
営業期間4月中旬~10月中旬
場内設備管理棟、売店、トイレ、炊事場、シャワー棟、遊び場、ミニ牧場、専用菜園、テニスコート

Recamp勝浦

都心から車で2時間弱の好アクセスで、勝浦市の市街地や海からも近く、観光や海水浴の拠点としても利用できます。 大自然に囲まれており、季節の花々を楽しめます。施設を完備した広大なオートキャンプ場なので、プライベート感も満喫できます。 焚火ができるサイトやハンモックがついたサイト、2家族で泊まれるダブルサイズのサイトなど、ニーズに合わせていろいろなプランを選択することができます。

住所〒299-5226 千葉県勝浦市串浜1830
電話番号0470-70-1126
テントサイト料金4,000円~・7,000円~・10,000円~(シーズンにより変動)
ペット同伴可サイト5,000円~・10,000円~(シーズンにより変動)
電源付きサイト5,000円~・6,000円~・10,000円~(シーズンにより変動)
営業期間通年営業
場内設備管理棟、サニタリー棟、売店、流し場、BBQ場、洗面所、露天風呂、洋式水洗トイレ、ランドリー乾燥機、温水シャワー 他

オートキャンプすずらん

日本有数のすずらんの群生地、笛吹市芦川町にある交通アクセスにも恵まれたキャンプ場で、川口湖畔までは車で約5分で行くことができます。 緑豊かな自然と場内を流れる清流が自慢で、バードウォッチングや川遊び、渓流釣りなどが楽しめます。 BBQエリアが川のほとりにあり、渓流のすがすがしい空気と自然を感じながら食事を楽しめます。川の流れはゆったりとしていて浅いので、子供でも川遊びを満喫できます。

住所409-3701 山梨県笛吹市芦川町上芦川1808
電話番号055-298-2021
テントサイト料金4,500円 1サイト5名まで(追加の場合1名につき800円)
電源付きサイト料金5,000円 1サイト5名まで(追加の場合1名につき800円)
営業期間4月中旬~11月上旬
場内設備管理棟・水洗トイレ・温水シャワー・炊事棟・売店・BBQ場・夜間照明・ファイヤーサークル・食堂・電源

おすすめのオートキャンプ場【関西】

日本列島の中心「日本のへそ」がある関西にも、いろいろな特徴をもつオートキャンプ場がたくさんあります。 温泉や海水浴を満喫できたり、日本一大きな湖である琵琶湖でのアクティビティが楽しめたり、世界遺産など観光資源を楽しめるキャンプ場もあります。 そんな関西から、3か所のオートキャンプ場をご紹介します。

ポパイテンキャンプ場

大阪・神戸から車で2時間以内という好アクセスで、四方を山に囲まれたオートキャンプ場です。季節が合えば幻想的なホタルの光を見ることができるほど、自然豊かなところです。 山の斜面を利用して作られたサイトから見渡せる景色は絶景で、夜には頭上に天然のプラネタリウムが広がります。 夏になると佐用町にある南光スポーツ公園周辺に広大なひまわりが咲き誇り、黄色一色に染められた圧巻の景色を見ることができます。

住所〒679-5201 兵庫県佐用郡佐用町多賀1930
電話番号0790-78-1288
テントサイト料金5,000円・繁忙期6,000円 1サイト4名まで(追加の場合1名につき500円)
営業期間通年営業
場内設備大浴場、トイレ、炊事棟、BBQコーナー、卓球台、ブランコ 他

オートキャンプあびれ

「オートキャンプあびれ」のある鳥取県日南町は島根県奥出雲町との県境に位置し、面積の90%が森林です。 「ゆきんこ村」に隣接した場内はヒノキやマツなどの雑木林に覆われていて、心地よい木漏れ日の中でゆったりと過ごせるのも魅力です。 釣り池や川、畑があり、魚釣りや川遊び、農業体験などを家族やグループで楽しめます。遊歩道から展望台へ上ると、山々や水田を一望することができます。

住所〒689-5552  鳥取県日野郡日南町下阿毘縁1051
電話番号0859-87-0010
テントサイト料金4,000円
営業期間4月下旬~10月下旬
場内設備管理棟・水洗トイレ・温水シャワー室・炊事場・AC電源・キャンプファイヤー・遊び広場

オートキャンプとちお

大阪の中心部から車で約2時間、エメラルドグリーンに澄んだ美しい渓流「天の川」のすぐ横にあるキャンプ場です。 春の桜、秋の紅葉など季節ごとの植物観賞ができ、マス釣りやいかだ、カヌーなどの川遊びを楽しめます。温泉や名水、満天の星など、美しい自然の恵みを満喫できるのも魅力です。 籠のような乗り物で渓谷を対岸に渡る手動のロープウェイ「野猿」はスリル満点で、子供に大人気のスポットです。

住所〒638-0542  奈良県吉野郡天川村栃尾55
電話番号0747-65-0200
テントサイト料金4,000円(定員7名)・3,000円(定員5名)
入村料中学生以上1名500円・3歳以上1名300円
電源使用料1泊500円
営業期間3月中旬~12月中旬
場内設備管理棟、炊事場、洗濯機、自動販売機、温水シャワー、水洗トイレ、マス釣堀、野猿(渡河用ゴンドラ) 他

おすすめのオートキャンプ場【九州】

九州にあるオートキャンプ場はそれぞれに個性がありますが、グランピングができるような施設が整っています。 都心から離れているので空気はきれいでおいしく、川のせせらぎや木々を渡る風など自然の息遣いを感じることができます。また、温泉が近くに湧いていることが多く、それを楽しみに来る人もいます。 そんな九州から、2つのオートキャンプ場をご紹介します。

オートキャンプ森のかわなべ

鹿児島市の市街地にほど近くアクセスも便利で、薩摩半島のほぼ中心にあることから観光拠点としても好都合なキャンプ場です。 4100㎡の広々としたドッグラン、1周400mのマウンテンバイクコースなどを備え、隣接する「かわなべ馬事公苑」では体験乗馬もできます。 近くに温泉施設もあり、森林に囲まれた豊かな大自然の中で静かにゆったりと過ごすこともできます。

住所〒897-0203  鹿児島県南九州市川辺町野崎8138-1
電話番号0993-56-4342
テントサイト料金3,140円~・4,190円~・5,230円~
入場料大人1名620円・小中学生1名310円
営業期間3月1日~年越しキャンプまで
場内設備管理棟、サニタリー棟、炊事棟、トイレ、温水シャワー、ランドリー、夜間照明、野外炉、子供の遊具、多目的広場、ダンプステーション、MTBコース、フリークライミングウォール、ドッグラン 他

オートキャンプ竜門

大分自動車道九重IC、玖珠ICから車で約15分のところに位置し、滝すべりができると人気の「竜門の滝」までは徒歩10分です。 自然に囲まれたシンプルなキャンプ場で、山水をひいて石垣で造った自家製のプールと源泉かけ流しの露天風呂が魅力です。 夏にはクワガタやカブトムシなどの昆虫採集が楽しめますし、横を流れる川で魚釣りや水遊びもできます。また、本格的なピザを焼けるピザ窯もあります。

住所〒879-4632  大分県玖珠郡九重町松木3150-7
電話番号0973-76-2992
テントサイト料金3,500円
入場料大人500円・子供300円
電源使用料1,000円
営業期間通年営業
場内設備水洗トイレ、温水シャワー、風呂、温泉、炊事棟、管理棟、炊事場、売店、自動販売機、子供用プール 他

オートキャンプ場のマナーと注意点

オートキャンプは気軽にはじめられて、子供連れのファミリーや初心者でも楽しめると、人気のキャンプスタイルになっています。 自然を満喫し解放感を味わい、リラックスするにはぴったりのオートキャンプなのですが、それでもやはり守るべきマナーやルールが存在します。 みんなが気持ちよく過ごして帰途につくために、注意しておきたいポイントをいくつかご紹介します。

車での移動に気をつける

オートキャンプ場の利点は、キャンプするサイトまで車の乗り入れができることです。居住空間のすぐそばを車が移動しているということなので、十分な注意が必要になります。 大人が忙しくなる「設営」「撤収」の時間帯は子供への注意も散漫になりがちなので、子供連れの人はもちろんのこと、運転する人も細心の注意が必要です。 また、暗くなってからの移動は危険なので、緊急時以外は控えるようにしましょう。

ゴミの分別をきちんとする

キャンプで出たゴミは、キャンプ場のルールに従って分別するようにしましょう。キャンプ場によってそれぞれゴミ捨てのルールも分別方法も違いますので、事前に確認するのがよいでしょう。 「ゴミは持ち帰り」のキャンプ場もあります。その場合は、ゴミを積載するスペースを空けておくことも必要です。 ゴミの出し方については必ず確認して、キャンプ場に迷惑をかけないようにし、次の人が気持ちよく利用できるように配慮しましょう。

音楽や話し声の音量に注意する

キャンプの楽しみ方は人それぞれで、家族や友人とにぎやかに楽しみたい人もいれば、静かにゆったりと過ごしたい人もいます。 プライベート感のある区画サイトでも壁のような囲いがあるわけではないので、想像以上に音や話し声が響いてしまうことがあります。 自分が出す音には周囲への配慮が必要です。特に夜は、意外と遠くにまで音や声が響いています。周りが静かになれば自分たちも休むようにしましょう。

炊事場はきれいに使う

炊事場は共有のスペースです。炊事場だけでなく、共有スペースはお互いに気持ちよく使えるように、周囲への配慮が必要になります。 特に炊事場は口に入るものを扱う場所なので、きれいに使うように心がけましょう。責任を持って生ゴミの処理をし、見た目もきれいに片づけておきましょう。 また、炊事場のスペースを占有するのはNG行動です。手早く用事をすませたら、持ち物を残さないようにして場所を空けるのがマナーです。

他のサイトに立ち入らない

他の人がテントを張っているサイト内は、その利用者にとって期間限定の「自宅」のようなものです。他人のサイトを横切る行為は、他人の家の庭に勝手に入り込むのと似たようなことなのでマナー違反です。 特に子供は、悪いと気づかずに横切っていることがあります。たとえ利用者が留守だったとしても、他人のサイトには入らないように注意を促しておきましょう。思わぬトラブルを避けるためにも、お互いに心掛けておきたい配慮です。

オートキャンプで快適に過ごす方法

オートキャンプで快適に過ごすためにルールやマナーを守ることも大切ですが、準備をきちんとしておくことも重要です。 まず、どんな目的でキャンプに行くのかをはっきりとさせましょう。どんなふうに楽しみたいのかペットはいるのかどうかなど、条件で選ぶキャンプ場は違ってきます。 目的に合ったキャンプ場を選んだら、必要なものを揃えていきます。忘れもののないように、持ちものリストを作成するのがおすすめです。

オートキャンプで必要な持ちもの

  • テント
  • タープ
  • ペグ・ペグハンマー
  • シュラフ
  • ランタン
  • テーブル・チェア
  • クーラーボックス
  • グリル・コンロ
  • ガスバーナー
  • 食器
  • 洗剤・スポンジ・たわし
  • お風呂セット・洗面具・タオル
  • 着替え

車中泊の場合はテントなしでも大丈夫ですが、タープはあったほうが何かと便利です。 大自然の中で過ごす夜は、想像以上に暗いです。周りを照らしてくれるランタンを、1つは用意しておきましょう。 オートキャンプ場では必要な道具をレンタルしてくれるところが多いので、「手ぶらでもOK!」というキャンプ場もあります。 どんなものがレンタルできるのかを事前に調べてから、準備を進めていきましょう。

車で行くオートキャンプで快適に楽しもう

自分で運転して出かけるオートキャンプなら、どんなルートを通ってどこに寄り道しても自由です。また、キャンプ場に着いてからも自由に、かつ簡単に移動できます。 自由度の高いキャンプスタイルなので、人それぞれ千差万別の楽しみ方があります。ぜひ、自分に合ったキャンプスタイルを見つけてみてください。 初心者ならば、設備が充実していて手入れの行き届いた高規格キャンプ場から始めてみるのがおすすめです。

アクセスランキング