IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

短期のアルバイト4種類とメリット6つ、デメリット4つをご紹介します

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

短期のアルバイトにはどんな仕事があるのでしょうか。短期のアルバイトにはメリットもあればデメリットもあります。この記事では短期アルバイトのメリットとデメリットをご紹介しています。短期アルバイトを検討している人は参考にしてみてください。

短期のアルバイトの2つ目のデメリットは、履歴書が書きにくくなってしまうということです。 短期のアルバイトは期間が短く、せっかくたくさんのアルバイトを経験しても、すべて履歴書に書くことは難しいです。 また書き方に気を付けなければ、仕事が続かない人と思われてしまう可能性もあります。 短期のアルバイトを履歴書に書く場合は、必ず面接などで短期のアルバイトを選んだ理由や学んだことをしっかりと相手に伝えるようにするとよいでしょう。

短期アルバイトのデメリット3:生活が不安定になる場合も

短期のアルバイトのデメリットの3つ目は、生活が不安定になってしまう場合があるということです。 短期のアルバイトは、期間が短いため収入が安定しません。次の月の収入も予想できないということになってしまうと生活が安定せず、不安を感じる生活になってしまうでしょう。 短期のアルバイトはある程度経済的に余裕のあるときに行うほうが、前向きにさまざまなことを学べるでしょう。

短期アルバイトのデメリット4:長期よりも業務がきつい可能性

短期のアルバイトの4つ目のデメリットは、長期よりも業務がきつい可能性があるということです。 長期とちがって短期はすぐに終わりがくる仕事です。ですから長期より多少きつくても辞める人もそんなにいないため、きつい仕事を回されてしまう可能性があります。 思ってもいなかったきつい仕事をさせられないためにも、求人の内容をしっかり読んで、どのような仕事を自分が行うのかを事前に把握しておくことが必要でしょう。

短期のアルバイトで様々な業務経験をしてみよう

短期のアルバイトでさまざまな業務を経験してみることは、多くのメリットがありです。 短期のアルバイトは、なかなか体験できないような業種の仕事もあり、たくさん学べることがあります。 短期のアルバイトのメリットとデメリットをしっかりと理解して、自分の成長に活かすつもりで、多くの短期アルバイトを経験してみるのもよいでしょう。

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング