IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

短期のアルバイト4種類とメリット6つ、デメリット4つをご紹介します

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

短期のアルバイトにはどんな仕事があるのでしょうか。短期のアルバイトにはメリットもあればデメリットもあります。この記事では短期アルバイトのメリットとデメリットをご紹介しています。短期アルバイトを検討している人は参考にしてみてください。

短期のアルバイトにはメリットがたくさんあります。 短期のアルバイトには、どんなメリットがあるのでしょうか。あまり知られていませんが、知ってみると、一度短期のアルバイトをしてみたくなるでしょう。 ここでは、短期アルバイトをするメリットをいくつかご紹介します。

短期アルバイトのメリット1:仕事に飽きない

短期のアルバイトのメリットには、仕事に飽きないということがあります。 1つの仕事を長いことするのは、だんだん慣れてきて飽きてしまうことがあります。はじめは楽しくても、だんだんつまらなくなってしまって、辞めたい気持ちになることもあります。 もし初めから短期のアルバイトに申し込んでいれば、すぐに仕事に終わりがくるので、新しい仕事を始めやすく常に飽きずに仕事をすることができます。

短期アルバイトのメリット2:人間関係に困りにくい

短期アルバイトのメリットの2つ目は、人間関係に困りにくいということです。 同じ職場でずっと働いていると、どうしても職場の人とそれなりに付き合わなければならなくなり、性格が合わない人との付き合い方などに悩まされることがあります。 しかし短期のアルバイトの場合は、多少嫌なことがあっても、すぐに終わる仕事であることを考えるとそこまで困らされることはなく、人間関係で悩むことも少なくなります。

短期アルバイトのメリット3:様々な業種を経験できる

短期のアルバイトのメリットの3つ目は、さまざまな業種を経験できるということです。 1つのアルバイトを長い間続けると、他の業種のことはなかなか知ることができません。視野や知識が狭くなってしまいがちです。 しかし、短期のアルバイトでさまざまな業種に意識して申し込んでいくことで、多くの業種の仕事を経験できて、自分の知識や能力を幅広く成長させることができます。

短期アルバイトのメリット4:自分の好きや得意の発見に

短期のアルバイトのメリットの4つ目は、自分の好きや得意の発見につながるということです。 短期のアルバイトは、さまざまな業種を経験することができます。そこで、自分に向いている仕事や自分が好きな仕事を発見することができます。 色々な仕事を比べることができるからこそ、何が好きなのか気づきやすいです。自分が将来、どうしたいのかを発見する良い手段となります。

短期アルバイトのメリット5:募集も割と豊富

短期アルバイトの5つ目のメリットは、募集が豊富にあるということです。 長期のアルバイトだとなかなか思うように求人がないことが多いですが、短期のアルバイトだと自分がやってみたいような内容の求人も出ていることが多いです。 短期での募集になるので、次々と豊富なアルバイトの求人がなされるのは魅力です。そこからやってみたい仕事を探すと、自分の気持ちとぴったりの求人が見つかることもあります。

短期アルバイトのメリット6:比較的採用されやすい

短期アルバイトのメリットの6つ目は比較的採用されやすいことです。 短期での仕事になるため、細かい条件などではじかれることが少なく、すぐに採用される可能性が高くなります。 また、短期の仕事はすぐに働ける人を募集していることが多いため、面接も簡易化されていることも多いです。 長期のアルバイトはなかなか採用されないこともありますが、短期のアルバイトだと比較的採用されやすく、すぐに働けるのもメリットといえます。

短期のアルバイトのデメリット4つ

短期のアルバイトにはメリットもたくさんありますが、デメリットも存在します。 「こんなはずではなかった」とならないように、短期のアルバイトのデメリットもしっかりと理解してから、短期のアルバイトを体験したいものです。 短期のアルバイトのデメリットとはどんなことがあるのかご紹介します。

短期アルバイトのデメリット1:長く勤められない

短期のアルバイトの一つ目のデメリットは、長く勤められないというところです。 短期のアルバイトは短い期間での仕事になりますので、どんなにその仕事内容が気に入っていても、すぐに終わりが訪れてしまいます。 すぐに次の仕事を探さなければならない状態の人は、短期のアルバイトを次々に入れなければならなくなり、大変な思いをするでしょう。 少し余裕があるときに、短期のアルバイトをしてみるほうがいいでしょう。

短期アルバイトのデメリット2:履歴書が書きにくい

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング