IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

単発のアルバイトでがっつりお金を稼ぎたい人向けのアルバイト15選

ビジネスマナー

単発アルバイトは1日働くだけで高い日給がもらえる仕事も多くあり、アルバイトをする暇もないほど忙しい人でも都合に合わせて稼げます。今回はおすすめの単発アルバイト15選と、単発アルバイトをするときに気をつけるポイントをご紹介します。

更新日時:

時間もお金もない人の向けのアルバイト

単発アルバイトは、お金は欲しいけど勉強や部活・サークルで忙しい学生や、子どもが小さくて自由になる時間が少ない主婦におすすめです。 単発アルバイトなら週1日から都合に合わせて働くことができ、職種によっては高時給のものもあります。 アルバイトを始めると週に何日もシフトに入らなければならなかったり、休みたいときに休めなかったりとさまざまな悩みがあります。単発アルバイトならそのような悩みがありません。

オススメの単発のアルバイト15選

単発アルバイトには、さまざまな職種があります。アルバイトというとコンビニやスーパー、レストランが思い浮かびますが、実際にはさまざまな場所でアルバイトが活躍していて、中には1日限りの単発の仕事もたくさんあります。 単発アルバイトに挑戦したい人にオススメの単発のアルバイト15選をご紹介します。よく知っている仕事から珍しい仕事までいろいろご紹介しますので、あなたにピッタリのアルバイトを見つけましょう。

オススメのアルバイト1:イベントスタップ

イベントスタッフは、イベント会場の設営や運営、グッズ販売、会場案内や警備などさまざまな種類の仕事を行います。開催されるイベントの内容によって仕事内容も異なります。コンサートやライブのスタッフの場合、有名人を間近で見られるというメリットもあります。 イベント開催期間のみの仕事なので1日からの単発で探せます。イベントは土日祝日やゴールデンウィーク、夏休みなどに多く開催されるので、学生にもおすすめです。

オススメのアルバイト2:ティッシュ配り

ティッシュ配りは、企業やお店の広告の入ったポケットティッシュを街頭で配布する仕事です。週1日のみや希望日のみの単発で働けるので、自由度が高い仕事です。勤務地は駅周辺などが多いため、通勤も楽です。 長時間外で立ったままの仕事なので、体力が必要です。単純作業に思えますが、効率よくティッシュを受け取ってもらうために愛想をよくするなどの創意工夫も必要です。

オススメのアルバイト3:倉庫内の作業

倉庫内の作業には、倉庫から商品を取り出すピッキングや、決められた場所へ荷物を分類する仕分けなどがあります。単発での勤務が可能で、時給も高めに設定されています。 重い荷物を取り扱う場合には体力が必要だったり、荷物と伝票を照合する正確さが求められますが、特別な資格を必要とする場合は少ないです。ピッキングの場合は、企業によってはフォークリフトの免許が必要な場合があります。

オススメのアルバイト4:交通量調査

交通量調査は、交差点の脇などでパイプ椅子に座り、人や車の数を数取器(かずとりき)でかぞえる仕事です。 仕事は朝7時から2人以上のチームで行い、トイレや食事などの休憩は交代でとります。仕事中わからないことがあれば巡回監視員に質問できるので、初めてでも安心です。 外で1日中座っている仕事なので寒い日や雨の日は大変ですが、単発の仕事で日給は1万円前後と高いので人気のアルバイトです。

オススメのアルバイト5:試食・試飲販売

試食・試飲販売は、デパートやスーパーの食品売り場でお客さんに実際に商品を試食・試飲してもらい、商品をPRする仕事です。 PRする商品の商品知識や声のかけ方などは事前の研修で教えてもらえるので、初心者でもしっかりサポートしてもらえます。立ち仕事でずっと声を出し続けるので、体力は必要です。 試食・試飲販売は来客の多い土日祝日などに行われることが多いので、休日だけ単発で働きたい学生に人気のアルバイトです。

オススメのアルバイト6:ドラマや映画のエキストラ

ドラマや映画のエキストラは、通行人やレストランの客など、俳優たちの後ろで「その他大勢」を演じるアルバイトです。 拘束時間が長く、数秒の出演のために1日かかることもありますが、何と言っても普段会えない芸能人や俳優を間近で見られるのがメリットです。 エキストラによっては無報酬のボランティアを募集する場合もあるので、応募する前には報酬が払われるアルバイトかどうかよく確認しましょう。

オススメのアルバイト7:食品工場の調理補助

食品工場の調理補助は、弁当箱の決められた場所におかずを詰めたり、材料の洗浄や下ごしらえなどをする仕事です。 仕事はシフト制で、繁忙期のみの短期の仕事もあります。ライン作業が多いので周りのスピードに合わせて仕事をする必要がありますが、集中して黙々と作業するのが好きな方におすすめです。 工場内は食品用の空調なので涼しく、夏は快適に働けます。食品を扱うので爪の長さなど衛生面に注意する必要があります。

オススメのアルバイト8:配送業者の助手

配送業者の助手は、ドライバーと一緒にトラックに乗って目的地へ行き、目的地で荷物を下ろす仕事です。 配送する荷物は日用家具やオフィス用品、ドリンク類などです。運転はドライバーがするので自動車免許がなくても働けます。 重い荷物を扱うことが多い仕事ですが、移動時間のほうが長く、実際に荷物の積み下ろしを行うのは短時間です。定時より早く終わっても給料保証のある仕事も多いです。

オススメのアルバイト9:リゾートバイト

リゾートバイトは、観光地などで繁忙期の数週間から3ヶ月程度働く仕事です。宿泊施設やテーマパークでの接客や裏方、海やプール、スキー場の監視などさまざまな仕事があります。 夏休みに何の予定も無ければ、リゾートバイトで旅行気分が味わえ、給料ももらえるので一石二鳥です。 勤務地によっては住み込みで働くので、学生やフリーターにおすすめです。働く人も全国各地から集まり、さまざまな年代の人とも交流できます。

オススメのアルバイト10:試験監督

試験監督は、模試や資格試験の会場で問題用紙や回答用紙の配付・回収を行ったり、試験時間中に不正がないか見回ったりする仕事です。 経験や体力を必要とせず、誰にでも始めやすいアルバイトです。試験時間中は何もせずにじっとしていなければならないので、それが苦痛にならなければ楽なアルバイトとも言えます。 試験は土日などに1日から2日で開催されるので、週末だけ単発で働きたい場合におすすめです。

オススメのアルバイト11:データ入力

データ入力は、文字や数字などのデータをパソコンで入力する仕事です。デスクワークなので髪形や服装が自由な職場が多く、在宅勤務が可能な求人もあります。 パソコンを使う作業になりますが、基本的なタイピングができる程度でも簡単に仕事を始められます。 単純にデータ入力だけをする場合と、テレフォンオペレーターなど電話応対を兼ねる場合、事務作業も行う場合などがあるので、求人内容をよく確認する必要があります。

オススメのアルバイト12:ゲームのバグ探し

ゲームのバグ探しは、リリース前のゲームソフトからバグ(コンピュータプログラム上の誤りや欠陥)を探す仕事です。「ゲームテスター」「デバッガ―」などという職種名で求人があります。ゲームが好きな人や、黙々と作業をしたい人におすすめです。 平日フルタイムの求人が多いですが、中には単発や短時間、数ヶ月の短期の仕事もあります。求人件数も多くないので、レアバイトとして貴重な経験ができます。

オススメのアルバイト13:内職作業

内職作業は、組立てや袋詰め、検品などの作業を自宅で行います。在宅で仕事が出来るので、子どもが小さくて働きに出られない主婦におすすめです。学生が隙間時間を有効活用することもできます。 給料は時給制ではなく出来高制で単価の安い仕事も多く、まとまった金額を稼ぐのは難しいですが、自由な時間に働いて少しでも収入を得たい方には向いています。

オススメのアルバイト14:UberEats

UberEatsとは、アメリカ発祥のフードデリバリーサービスです。事前にスマホに入れたUberEatsのアプリをオンにしておくと、配達依頼が来ます。配達依頼のあったお店で商品を受け取り、客先へ届けます。 通常のアルバイトのようなシフトや勤務時間はありません。アプリをオンにすれば仕事、オフにすれば休みなので、いつでも好きなときに働けます。稼ぎたいときはたくさん働けますし、休みたいときも好きなだけ休めます。

オススメのアルバイト15:パーティースタッフ

パーティースタッフは、ホテルや旅館などの宴会場で給仕や接客を行う仕事です。パーティーは土日祝日に行われることが多く、1日4時間程度の勤務も多いので、週末の短時間で稼ぎたい方におすすめです。 求人には「パーティーコンパニオン」「サービススタッフ」という名前で掲載されることもあります。パーティーコンパニオンは主に女性が行う接客、サービススタッフは会場の設営も含めた仕事になります。

単発アルバイトを行う場合のポイント3つ

単発アルバイトは気軽に始められますが、応募する前に確認しておいた方がよいことがいくつかあります。 「高収入」という言葉に誘われて応募したのに、実際には交通費などの自己負担があって差し引きすると大した収入が得られなかった、という場合もあります。 単発アルバイトを行う場合のポイントを3つご紹介します。

単発アルバイトを行う場合のポイント1:日雇いと日払いの違いを理解しておく

日雇いとは雇用契約の期間が1日単位であることを指し、日払いとは給与が1日単位で支払われることを指します。 求人広告に「日雇い」と書かれていても、「日払い」「即日払い」と書かれていなければ給与が支払われるのは1週間後、というケースもあります。 反対に1日だけ働きたくて「日払い」の仕事をしたら、給与は毎日支払われるけど決められた日数働かなければならない場合もあります。事前に求人内容をよく確認しましょう。

単発アルバイトを行う場合のポイント2:交通費の支給の有無を確認する

求人情報を見るときは、時給や日給だけではなく交通費の支給の有無を確認しましょう。 単発アルバイトには時給や日給が高いものが多いですが、よく見ると「交通費支給なし」という求人もあります。自宅から近い場合や通学定期の範囲内なら問題ないですが、勤務場所が遠いと交通費だけでかなりの出費になってしまいます。 交通費が支給される場合も、「一律1000円まで」「上限あり」などがありますので、事前によく確認しましょう。

単発アルバイトを行う場合のポイント3:自己負担での準備物がないか確認する

交通費以外にも、自己負担での準備物がないか確認しましょう。 たとえば試験監督の場合、スーツ着用が義務付けられていてスーツやシャツの色まで指定されている場合もあります。長期間のアルバイトならともかく、たった1日か2日の単発アルバイトのために慌てて指定のスーツを揃えることになってしまいます。 ティッシュ配りや交通量調査のように外で長時間働く場合は、暑さや寒さ対策のグッズを自分で揃える必要があります。

単発アルバイトで仕事の経験値を増やそう

単発アルバイトは、さまざまな職種に挑戦できるので仕事の経験値が増えます。長期のアルバイトを探すときには、長く続けられる仕事か、職場環境はどうかなどいろいろなことが気になりますが、単発アルバイトなら深く考えずに気軽に試すことができます。 「人と話すのは苦手だと思っていたのに接客が楽しい」「意外と力仕事に向いている」など、新しい自分を発見するチャンスです。

アクセスランキング