IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師は派遣がいい?派遣のメリットデメリット各6つをご紹介!

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

看護師にも常勤の他に派遣やパートなど、他の働き方があります。派遣は不安定だと言われていますが、看護師は手堅いとも言われています。派遣で働く看護師のメリットやデメリット、のあるツアーナースのメリットについて見ていきましょう。

派遣型看護師にのある新しい働き方として、看護師として旅行に参加する「ツアーナース」という働き方があります。 「ツアーナース」はその名前のとおり、ツアー、旅行に同行する看護師のことです。旅先で突然体調不良を起こす人や、旅行の日程の中に含まれている登山などで具合が悪くなる人への対応などを行うのがメインの仕事と言えるでしょう。

ツアーナースのメリット3つ

ツアーナースはの高い看護師の働き方となっていますが、その理由として大きなメリットが3つほどあります。旅行に付き添うツアーナースということで旅行しながら仕事できること、ナースとしての出番が少ないこと、参加するツアーによってさまざまな経験ができることです。 時には、ツアーナースとして海外旅行に同行することもあります。そんなツアーナースのメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ツアーナースのメリット1:仕事しながら旅行ができる

ツアーナースのメリットの1つ目は、なんといっても旅行に同行することが仕事なので、仕事しながら旅行も満喫することができる場合がある、ということでしょう。 ツアーナースの旅費や宿泊費や食費なども、基本的にクライアントが負担するので金銭的負担がなく旅行をすることができます。旅行者に何かあればすぐに対応しなければなりませんが、そうでなければ無料で旅行を楽しむこともできる、ということになります。

ツアーナースのメリット2:緊急事態は少ない

ツアーナースとして旅行に同行する以上、旅行者に何かあったらすぐに対応する必要があるのですが、旅行中に深刻な状態になったり緊急事態になることはあまりありません。 乗り物に酔うなどの多少の体調不良はあっても、旅行中にいきなり怪我や病気で入院する必要がある、という緊急事態が起こるのは稀です。深刻なことが起こる可能性は低いので、ツアーナースでも旅行を楽しめる時間が多いのはメリットでしょう。

ツアーナースのメリット3:同伴するツアーによってさまざまな経験ができる

旅行に同行するツアーナースは、お客さんたちと一緒にイベントなどに参加することもできるため、さまざまな経験をできることがメリットになります。 ツアーの中に山登りや川下りなどの予定が組まれていたら、旅行者の体調に問題がなければツアーナースも参加できることが多いです。しかも、イベントへの参加費用なども基本的にクライアントが出してくれることになっているので、無料で経験できます。

看護師を派遣にするか常勤にするかは人生設計しだい

看護師として常勤で働くか派遣で働くかは、どちらにしてもメリットと共にデメリットがあります、自分の人生設計をする上でどちらの方が得になるのか、調べてから選択するのがです。 一般的には正社員が安定的とみられ、派遣は不安定だと言われます。長く経験を積んでキャリアアップを狙うなら常勤の方が良いでしょうが、時間に制限のある働き方など自分の時間を大事にしたい場合は派遣の方が向いているでしょう。

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング