IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師は派遣がいい?派遣のメリットデメリット各6つをご紹介!

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

看護師にも常勤の他に派遣やパートなど、他の働き方があります。派遣は不安定だと言われていますが、看護師は手堅いとも言われています。派遣で働く看護師のメリットやデメリット、のあるツアーナースのメリットについて見ていきましょう。

看護師の常勤と派遣の違い

病院などで働いている看護師の中には常勤の看護師と派遣の看護師がいますが、この違いは正社員であるかどうかという違いでしょう。正社員の看護師は常勤として、そうでない看護師は派遣として働いていることが多いです。 常勤看護師には常勤なりのメリットやデメリットがありますが、派遣看護師にもメリットと共にデメリットがあります。看護師が人手不足な近年では、派遣で働く看護師の数も増えてきています。

看護師を派遣で務めるメリット6つ

看護師を常勤でなく派遣として勤務する場合にはどのようなメリットがあるのか、主に6つのメリットについて見ていきましょう。 正社員ではない派遣だということで、残業の少なさや会議・研究への関わり、シフトに融通をきかせやすかったりと勤務状況にメリットがあります。また常勤でないとしても、派遣の看護師として給料はそれなりに良いことや、パートとして働けるなど自由な要素もメリットとしてあります。

派遣のメリット1:時間に縛られない

派遣として働く看護師のメリットの1つ目は、常勤で働く看護師に比べて残業など勤務時間に縛られにくいことでしょう。 派遣として勤務している看護師の場合、勤務時間はすでに派遣会社と勤務先の間で決められているため、それ以外の時間に縛られるということは基本ありません。勤務時間とそれ以外をきっちり分けやすく、勤務先の都合での時間に縛られにくいのは派遣で働く看護師の大きなメリットの1つと言えるでしょう。

派遣のメリット2:残業も少ない

派遣で看護師として働く場合、勤務先となる病院などと派遣会社があらかじめ勤務時間を決めているため、それ以外の時間に残業させられることは少ないです。 また、勤務する条件として「残業なし」を挙げるようなこともできます。実際に残業をすることになったとしても、常勤の看護師とは違ってきっちりと残業代や深夜手当が加算されるため、サービス残業にはなりにくいです。残業が嫌な場合、派遣で働くとよいでしょう。

派遣のメリット3:会議などに出なくて良い

派遣看護師のメリットとしては、勤務先が開く会議や勉強会などに出なくても良い、というメリットがあります。常勤看護師として働いていると、会議や研究に参加しなくてはなりませんが、時間をとられるため好きではないという人も多いです。 派遣で働いている看護師は、基本的に会議や勉強会などには呼ばれないことが多いのでこの点はメリットになるでしょう。重い責任を伴うような仕事も、常勤の看護師が請け負うことになります。

派遣のメリット4:シフトに融通が利く

派遣として働く看護師のメリット4つ目は、働きたい時間帯、シフトを自分の都合に合わせて設定しやすいということがあります。 最初から、都合の悪い日は仕事を入れないようにするなどシフトにある程度融通がききます。プライベートの時間をしっかり確保して他の時間で働きたい人や、事情があって働ける時間が限られている人でも、派遣としてなら働きやすくなります。とくに女性は出産や育児があるので、大きなメリットでしょう。

派遣のメリット5:給料も良い

勤務先が地方か都会かなど条件によっても変わってきますが、一般的に派遣の看護師でも給料は高くなっており、時給制ではあっても常勤看護師とそんなに差がないことが多くなっています。 派遣は常勤と違ってボーナスはありませんが、月々の給料が高めなので年収として比較するとそれほど差がなかったりします。とくに看護師が人手不足の地域では給料が高めに設定されていることが多いため、そういった地域を狙ってもよいでしょう。

派遣のメリット6:パートでも働ける

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング