IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リアンの意味について知る|リアンの特徴的な2つの使い道とは?

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

あなたは「リアン」という言葉をご存じでしょうか。聞いたことはあっても意味を知らないという方もいることでしょう。この記事では「リアン」の意味や使い方、似た意味を持つ言葉などを紹介しています。うまく使いこなしてみたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

家族として「絆」を育んでいきたい、そのような思いを込めて婚約指輪に「リアン」という文字を入れてみるのもです。「リアン」の意味を知らない方は多いので、結婚相手との思い出話を入れながら意味を教えてあげましょう。 婚約指輪に「リアン」の文字を入れたならば、どのようなことがあっても家族としての絆で乗り越えられるすてきで楽しい生活が待っていること間違いなしです。

リアン以外で絆の意味表現2つ

実は、リアン以外にもフランス語で絆という意味を持つ言葉が2つ存在します。リアンと比べ、意味や使い方の違いなどを説明していきます。 ぜひここで知ったことを生かし、うまく使い分けてください。覚えやすい言葉ばかりなので、すぐに覚えられます。

リアン以外で絆の意味表現1:リエゾン

リアン以外で絆を意味する「リエゾン」という言葉があります。フランス語では、「liaison」と書きます。 実は「連絡」という意味合いで、フランス語の発音において単語と単語の音のつながりとして使われることが多く、「リアン」の持つ「複数のもの同士をつなぐ」働きと非常に似ています。

リアン以外で絆の意味表現2:ルラスィオン

リアン以外に絆の意味を持つ言葉として、「ルラスィオン」もあげられます。フランス語で「relation」と書きます。 「ルラスィオン」は「絆」のほかに、「関係」や「関連」という意味で使うことがあります。気づいた方もいるのではないでしょうか、「relation」は英語としても使われています。「リレーション」と読み、フランス語と同じように「関係」の意味で使えます。

リアンは絆を表しコミュニケーションやネーミングで活用できる

ここまで「リアン」という言葉の意味や使い方、似た意味を持つ言葉などを紹介してきました。 「リアン」は「絆」という素晴らしい意味を持つ言葉であること、コミュニケーションやネーミングの際にも使える汎用性の高い言葉であるということがわかっていただけたのではないでしょうか。 もちろん正しい使い方で、ここぞという時に活用できるのが望ましいです。あなたもぜひ「リアン」という言葉を日常に取り入れてみてください。きっと前向きな気持ちにさせてくれます。

初回公開日:2019年11月11日

記載されている内容は2019年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング