IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リアンの意味について知る|リアンの特徴的な2つの使い道とは?

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

あなたは「リアン」という言葉をご存じでしょうか。聞いたことはあっても意味を知らないという方もいることでしょう。この記事では「リアン」の意味や使い方、似た意味を持つ言葉などを紹介しています。うまく使いこなしてみたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

リアンの意味

「リアン」という言葉があります。ご存じの方も、そうでない方もいらっしゃることかと思います。この記事をご覧になっている方の中には意味を知らない方はもちろん、意味を知っていてもルーツを知らない、使い方がわからないなど、いろいろな方がいることでしょう。 この記事では、「リアン」という言葉の意味だけではなく皆さんがこの言葉についてさらに詳しく知ることができるような情報をまとめていきます。

「リアン」はフランスの言語

「リアン」は、フランスで使われている言語です。つまり、英語をカタカナで発音したようないわゆるカタカナ英語とは違います。 また、「リヤン」と発音した方がフランス語の発音に近く、フランス語として使う場合はそのまま「リアン」と言わずに「リヤン」と言った方が間違いなく相手に伝わりやすいでしょう。

スペルはlien

そして、もうひとつ知っておきたいのは、「リアン」をフランス語で書くと「lien」となることです。フランス語に詳しくなければは少し難しい綴りではないでしょうか。 どこかに「リアン」と書き記したいという場面が来た時には、「lien」と書けば間違いなくオシャレな印象になるはずです。そのため使いたい場合は、フランス語の綴りも合わせて覚えておくことをします。

日本語で絆を示す

さて、肝心の意味ですが、「リアン」は日本語で「絆」という意味です。「絆」という言葉は、気持ちを前向きにしてくれる力強く暖かい言葉です。 フランスにも同じ意味を持つ言葉があるということは、人と人との「絆」を大切にする気持ちがあふれている証拠なのではないでしょうか。

複数のものをつなげる

「リアン」をフランス語の文章の中で使う時、複数のものをつなげるということを意識することをします。 少し難しいように聞こえるかもしれませんが、単純に文章内の複数のもの同士の間に「リアン」を持ってくるという認識をしてください。

家族

「lien de parenté」という言葉があります。読み方は「リアン ドゥ パロンテ」であり、日本語にした時の意味は「血縁」です。「血縁」とは、「家族の絆」の証のようなものなので「リアン」が使われている理由がわかっていただけることでしょう。 家族と家族の絆、「家族」とは複数のものなので、先ほど紹介した「リアン」の使い方、複数のものをつなげるということのわかりやすい例となったのではないでしょうか。

友人

初回公開日:2019年11月11日

記載されている内容は2019年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング