IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フォークリフトの仕事についての基礎知識10個|必要な資格や免許について

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

この記事は、物流業界ではなじみのあるフォークリフトのお仕事についてご紹介しています。作業現場で活躍するフォークリフトの種類や、運転するために必要になる免許の取得方法、作業を行う上での基礎となる知識について解説しています。

残業は基本的に少ないところが多く、休日は土日休みがほとんどです。 フォークリフトの仕事で一般的となっているのが、倉庫業務になります。製造や流通業界における倉庫内で商品の荷受けや出荷を行う仕事のことを意味します。 倉庫業務の1日の流れは、ほとんどの会社でルールに基づいて決まっているので、繁忙期を除いて残業はほとんどありません。土日がお休みになるのも、商品の発注先の顧客のほとんどが土日休みだからです。

フォークリフトの仕事についての基礎知識6:繁忙期はあるのか?

毎年12月中旬~後半にかけてが繁忙期となるでしょう。 世間ではボーナスの嬉しい時期ではありますが、フォークリフトの仕事が多い物流業界ではWebショップでのクリスマスや年末セールが最も加熱し、福袋からお歳暮、アパレルのセール対象品の一斉出荷、おせちやお餅などの食品の流通が一気に活発化します。 そのため、平常時の業務量より大幅に膨れ上がってしまいます。

フォークリフトの仕事についての基礎知識7:力仕事なのか?

フォークリフトの操作に力は必要ありません。 力を使うのは、フォークリフトで物を運ぶために用意しておいたパレットに荷物を積んだりする作業員になります。モノにもよりますが、数個から数十個の荷物(ダンボール)をパレット上に平に積んで1段とし、それを数段重ねていき一つのパレットが完成します。 フォークリフトの仕事は、積みあがって完成したパレットをレバー操作でひょいと持ち上げて運ぶだけとなります。

フォークリフトの仕事についての基礎知識8:単純作業が多い?

工場や倉庫での多くの仕事は単純作業です。 工場や倉庫の仕事は、入荷された商品の検品や出荷する商品のピッキング、箱詰めやライン作業が主な業務となります。フォークリフトの仕事もこれらの業務になることが多いです。 しかし、フォークリフトは機械の運転なので適度に集中力と注意力を必要としますので、同じ単純作業でも気の緩みは許されません。

フォークリフトの仕事についての基礎知識9:起こりやすい事故

フォークリフトは予期せぬトラブルや事故の可能性を持つ特殊車両です。 フォークリフトが活躍する現場で起こりうる事故には、作業中の作業員がフォークリフトごと墜落・転落してしまう事故や、注意不足や誤った操作により他の車両との間に挟まれてしまう事故などが起こりやすい事故だといえます。

フォークリフトの仕事についての基礎知識10:将来性は?

フォークリフトの需要は今後も伸び続けていきます。 今の流通業界を取り巻いている通信販売の流れは、今後も加速し続けます。10年後や20年後にリストラされているかもしれない、そんな不安に押しつぶされそうになりながら生きていかなければならない現代の世の中。 しかし、フォークリフトの仕事は違います。高い将来性を望むことができる、希望に満ちた仕事と言えます。

フォークリフトの仕事に向いている人の特徴4つ

フォークリフトの運転は決して難しいものではありません。 フォークリフトは基本的に誰でも操作できるので免許を持っているなら、仕事はたくさんあるので挑戦してみてください。ここでは、フォークリフトの仕事に向いている人の特徴を4つご紹介します。

フォークリフトの仕事に向いている人の特徴1:安全を重視する

フォークリフトの仕事は危険を伴う業務となります。 倉庫や工場は、たくさんの人や車が行き来する場所です。フォークリフトオペレーターは、事故を起こさないよう常に周囲に気を配り、安全を重視できる人である必要があります。

フォークリフトの仕事に向いている人の特徴2:効率を重視する

仕事の全体像を把握できる人はフォークリフトの仕事に向いています。 フォークリフトの仕事は、効率よく作業を進められることも大切です。フォークリフトの運転自体は1人でも、周囲の人とコミュニケーションを取りながら細かく仕事のスケジュールを組んでいくことが必要です。

フォークリフトの仕事に向いている人の特徴3:運転が好き

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング