IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

恋人に送る年賀状の例文いろいろ|彼氏・彼女に届けたい9つの言葉を紹介

初回公開日:2019年10月24日

更新日:2019年10月24日

記載されている内容は2019年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

年賀状離れという言葉をよく耳にするようになった現代だからこそ、手間と時間をかけて恋人に年賀状を送ってみてはどうでしょうか。この記事では恋人に年賀状で届けたい言葉やおすすめの例文などをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

年賀状で恋人に送りたい言葉・例文のひとつとして忘れてはならないのが、恋人と今年一緒にしたいことのメッセージです。 例文としては、「昨年は○○を一緒にできて楽しかったね」と昨年のことを振りかえった上で、「今年は2人で○○ができれば嬉しいな」といったメッセージがおすすめです。 一緒にしたいことを年賀状に書くことで、恋人との結びつきをより強めることができるでしょう。

年賀状で恋人に届けたい言葉8:感謝の言葉

感謝の言葉も、年賀状で恋人に届けたい言葉・例文のひとつに数えられるでしょう。 例文としては、「あなたのおかげで昨年はとてもよい一年になりました。本当にありがとう」や、「昨年は仕事で大変な時に支えてくれて本当に励みになったよ。感謝しています」といったメッセージが挙げられます。 普段は照れて「ありがとう」と言えない方こそ、年賀状を通じて恋人に感謝の気持ちを伝えてみてください。

年賀状で恋人に届けたい言葉9:相手の幸せを願う言葉

年賀状で恋人に届けたい言葉のひとつとしてご紹介したいのが、相手の幸せを願うメッセージです。 新年を恋人が素敵な気持ちでスタートできるように、「今年もあなたにとって幸せで素敵な1年でありますように」「今年があなたにとっての飛躍の年であることを心から祈っています」といった例文を参考にしながら、メッセージを年賀状に書いてみてはどうでしょうか。

恋人に送る年賀状の例文4選

以上では、年賀状を通じて恋人に届けたい言葉について例文を交えながらご紹介してきました。 ここからは、恋人に送りたい年賀状の例文をさまざまなパターンにわけてご紹介していきます。 「年賀状を恋人に送りたいけれど何を書いてよいかわからない」と筆が進まない時には、ぜひ以下を参考にしてみてください。

恋人に送る年賀状の例文1:学生の恋人に送る年賀状の例文

学生の恋人に送る年賀状の例文としてまず挙げられるのが、「勉強や部活を一緒に頑張ろうね」というメッセージです。 高校生の恋人ならば「受験勉強で忙しくなりますがお互いに励まし合って頑張ろう」といったメッセージを、大学生の恋人ならば「卒業論文や就活で大変になるけれど2人で力を合わせて乗り切ろうね」といったメッセージを書いてみてはどうでしょうか。

恋人に送る年賀状の例文2:社会人の恋人に送る年賀状の例文

では、社会人の恋人に年賀状を送る時にはどのようなメッセージを書けばよいのでしょうか。 社会人にもなると仕事で激務続きというケースも少なくありませんので、「仕事で忙しくて大変だと思うけれど体調には気をつけてね」と相手のことを気遣いながら、「大変な時にはサポートするよ」と応援メッセージを書いてみてはどうでしょうか。

恋人に送る年賀状の例文3:恋人との思い出を綴った年賀状の例文

恋人との思い出をつづった年賀状を送りたいという場合には、どのようなメッセージを書けばよいのでしょうか。 たとえば「去年はあなたと○○に一緒に行けてとても楽しかったよ。○○の景色はとても綺麗で、今も素敵な思い出として心に強く残っています」といったメッセージのように、恋人と過ごした美しい思い出を書いてみてください。

恋人に送る年賀状の例文4:恋人との未来を描いた年賀状の例文

恋人との未来を描いた年賀状を送りたいという方も多いことでしょう。 すでに結婚の話が出ている、あるいは結婚をお互いに意識しているような間柄であれば、「今年だけでなくてこれからもずっと一緒にいたいな」といったメッセージを書くのもアリです。 ただし、まだ付き合いが浅い段階で結婚に関して匂わせたメッセージを書くと相手にひかれてしまう可能性もあるので、相手との関係性を考慮したうえで書きましょう。

知っておきたい年賀状のマナー3選

親しい間柄の恋人ではありますが、だからと言って年賀状のマナーを破ってしまうのはNGです。 ここからは知っておきたい年賀状のマナーをご紹介していきますので、年賀状を書く前にぜひチェックしてみてください。

アクセスランキング