IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年賀状で子供の成長を報告するには?挨拶文7例と写真を使う時の注意

初回公開日:2019年10月30日

更新日:2019年10月30日

記載されている内容は2019年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

年賀状で子供の成長を報告する時はどのような挨拶文が良いのでしょう。「印刷だけでなく一言添えたいけど何を書けば良いの」「子供の写真は送っても大丈夫だろうか」というような年賀状で子供の成長を報告する時の疑問にお応えし、マナーや注意点、挨拶文例をご紹介します。

我が子は4月で〇年生。今年の目標は、25m泳げるようになることです。 年賀状に子供が今頑張っていることや今年の目標を入れると、子供の成長が伝わる挨拶文になります。習い事の他にも読書や将棋など、家で夢中になっていることでも個性が伝わって良いでしょう。写真と一緒に一言あると、会ったことのない子供でも親しみがわきます。

子供の成長を報告する挨拶文5

小さかった息子(娘)も今年受験です。子供の成長はあっという間ですね。 年賀状を受け取る時は受験シーズン真っただ中です。あの小さかった子がもう受験。と、時の流れを実感せずにはいられない挨拶文になります。受験生を抱えた親の心境を綴るのも良いでしょう。

子供の成長を報告する挨拶文6

子供に毎日振り回されながらも、何とか楽しく過ごしています。 直接子供のことではなく、子育てをしている自分の感想を挨拶文に交えるのも雰囲気が伝わります。相手も子育て中であれば、お互いに子供の成長を喜ぶ半面、忙しい毎日も分かち合うことができます。相手を労わる文面を添えても良いでしょう。 年賀状の挨拶文なので愚痴っぽくならず、明るい雰囲気が伝わるように心がけましょう。

子供の成長を報告する挨拶文7

今年は子供と富士山登頂を目指します。 自分が子供と一緒に何をしたいか書くと、子育ての様子が楽しく伝わります。マラソンやピアノの連弾、スキーなど、何にチャレンジさせたいかがわかることで子供の成長も感じられるでしょう。今年の抱負が入っていると年賀状らしい挨拶文になります。

年賀状に子供の写真を使う場合

いざ写真付き年賀状を作ろうと決めても、旅行で撮った家族写真や子供のかわいいアップ写真など、一年間で沢山の写真が手元にあり選びきれないと頭を抱える方も多いでしょう。 また、データで見た時はと良いと思ったのに、年賀状に印刷すると画像が荒かったり全体的に暗かったなど、写真の印象が変わってしまう場合もあります。ここでは、年賀状に使う写真を選ぶ際のポイントや注意点をご紹介します。

どんな写真を使う?

子供だけでなく家族写真を使いましょう。 相手は子供の成長だけでなく、差出人本人もしくは家族全員の近況が知りたいはずです。写真付き年賀状を好まない方の意見としては、「自分の友人の写真なら近況を知るのに良いが、知らない子供だけの写真をもらっても困るだけ」という声が多いのも事実です。 年賀状には家族全員で撮った写真を使うようにしましょう。

いつまで子供の写真を使って送る?

子供が嫌がるようになったらやめましょう。 年賀状に子供の写真は何歳まで使用して良いのか心配になる方は多いようですが、写真を送る親しい間柄であれば、子供の成長はいくつになっても嬉しいものです。したがって、特に何歳までという目安はありません。 ただし子供自身が恥ずかしがったりやめて欲しいと言い出すようでしたら、子供のプライバシーを尊重し、やめてあげましょう。

注意すること

画質が良く、顔に影がない写真を使いましょう。 顔に影があると印刷時に暗くなり見えづらくなってしまうので、正面から光があたっている写真を選びましょう。画質は最低でも1181px×1749px(ピクセル)のサイズがあると良いでしょう。 スマートフォンで撮影した写真でもサイズをクリアしていれば問題ありませんが、写真アプリで加工した場合解像度が低くなることが多いので注意が必要です。

アクセスランキング