IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

DemとThemの意味は同じ?4つの例文を使って正しい使い方を解説!

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

ネイティブ・スピーカーと話をするとよく「dem」という単語を耳にします。いったいどのような意味なのでしょうか?この記事では「dem」の意味・発音やそれを使った例文に加えて、「them」との違いの有無や使い分けについてご紹介しています。

demの意味

グローバル化が進む昨今では、英語は「世界共通語」としてますますその重要性を高めています。 日本にいても、英語で外国人とコミュニケーションを取る機会も少なくないでしょう。特にネイティブ・スピーカーと話す時に、「dem」という言葉をよく耳にしますが、一体どのような意味なのでしょうか。 demとは「them」の砕けた言い方であり、「彼ら・彼女ら」「それら」を意味する単語ですので、ぜひ知っておきましょう。

demの読み方

以上では、ネイティブ・スピーカーによってよく使われる「dem」という言葉の意味について簡単に確認してきました。では、この「dem」はいったいどのように発音すればよいのでしょうか。 「dem」はカタカナで表記すると「デン」と読むことができ、最後の「m」は「ム」と発音するよりは上唇とした唇をつけて「ン」と発音したほうがよりネイティブのそれに近くなります。

demの例文4つ

demは「彼ら・彼女ら」「それら」を意味する「them」をよりカジュアルにした表現であり、日常会話でよく使われます。 demの意味や発音を知ることで、ネイティブ・スピーカーのようにこなれた英語を話すことができるでしょう。 そのためには、demを使った例文とその意味をきちんと知っておく必要があります。ここからは、demの例文とその意味を4つピックアップしてご紹介していきます。

demの例文1:Among dem.

demを使った例文としてまずご紹介したいのが、「Among dem」です。 「among」は「~の中で」という意味の前置詞になりますので、「Among dem」で「それらの中で」「彼女・彼らの中でも」といった意味になります。 たとえば、「ここにはたくさんの本があるが、それらの中でも特にこの本が好きだ」といった意味合いの時に「Among dem」を使います。

demの例文2:Return dem to me

「Return dem to me」も、demを使った例文のひとつとして挙げられるでしょう。 「return A to 人」で「Aを人に返す」という意味になりますので、「Return dem to me」で「それらを私に返してね」という意味になります。 誰かにものを貸していて、その返却を求める時にこのような表現を使うことになるでしょう。

demの例文3:I don't forgive dem.

demを使った例文のひとつとしてご紹介したいのが、「I don't forgive dem」です。「forgive」は「許す」という意味の単語ですので、「i don't forgive dem」で「私は彼ら・彼女らを許さない」という意味になります。 ただ、「dem」は「them」をよりカジュアルに表現した言い方ですので、やや下品にはなりますが、より正確には「私はあいつらを許さない」という意味になるでしょう。

demの例文4:I like dem both.

初回公開日:2019年11月30日

記載されている内容は2019年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング