IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

あの有名なAmazonで募集されている4つのアルバイトをご紹介

初回公開日:2019年10月08日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネススキル

Amazonではアルバイトを募集しています。仕事内容は大きく分けて4つです。入荷、出荷、品質管理、仕分けに関するアルバイトです。基本的に立ち仕事、歩き仕事で体力が求められます。この記事はAmazonでアルバイトをしてみたいという方に役立つ情報になっています。

Amazonでアルバイトをしてみたい

Amazon.com,Incは1997年にオンライン書店としてサービスを開始、その後取り扱うものを増やしていきました。 日本版のwebサイトAmazon.co.jpができたのは2000年のことです。日本ではAmazonを利用したことがある人がほとんどではないでしょうか。 今回はAmazonでできるアルバイトを紹介していきます。

Amazonのアルバイトの種類

Amazonでできるアルバイトにはいくつか種類があります。 Amazonのアルバイトのカテゴリー大きくを分けると、入荷、出荷、品質管理、仕分けの4つに分類されます。 日本各地の勤務先によって配送センターでの荷物の仕分け作業やコンピュータを使用した商品管理、商品の検品、棚入れ、発送準備作業などさまざまです。 勤務地は東北1か所、関東10か所、中部2か所、近畿5か所、中国1か所、九州1か所にあります。

Amazonのアルバイトの仕事内容4つ

Amazonでアルバイトをする場合、どのような仕事内容なのか「入荷」、「出荷」、「品質管理」、「仕分け」のカテゴリーごとに詳しく説明していきます。 勤務地によってできる仕事内容は異なっており、チームで分かれて行っているところもあります。詳しい募集要項が知りたい場合はAmazonのホームページを参照してください。

Amazonのアルバイトの仕事内容1:「入荷」

Amazonのアルバイトの一つ目は入荷に関する仕事です。 Amazonはさまざまなところから商品を入荷し、在庫として持っています。その入ってきた商品に不具合がないかなどを調べた後、システム上で処理をして棚入れとなります。

検品

検品は商品に不良がないか、注文された数量と合っているか、異物が混入していないかなどを確認する仕事です。検品が済んで初めてAmazonの商品の在庫として登録がなされます。 検品で重要なのが、注意力とスピードです。しっかり検査できないとお客様とのトラブルにつながります。そして、早さがあることで注文したいのに在庫がないという状況を防ぎます。

棚入れ

棚入れは運び込まれた商品を検品・登録・仕分け後に保管場所へ持っていくことです。 商品はバーコードで管理されています。指定された棚へ商品を入れます。商品によって重量に幅があり、10kg以上になることもあります。 棚は高いところもありますから、重い荷物を持ち上げるのは体に負担がその分かかります。体力に自信のある方にはです。

Amazonのアルバイトの仕事内容2:「出荷」

棚出し

アクセスランキング