IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

漫画家のアシスタントに必要な4つのスキルと応募する方法5選を紹介

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

漫画家のアシスタントは、漫画原稿の制作現場において重要な役割を果たします。こちらの記事では、プロ漫画家のアシスタントに必要な要素、アシスタントに応募する方法をなどをご紹介します。画力に磨きをかけ、プロの現場に挑戦してみてはいかがでしょうか。

漫画家のアシスタントに応募する方法の1つ目は、有志の方によって作られた専用の掲示板を利用することです。 ウェブ上には、現場で働くアシスタントになるための有効な条件が備わった掲示板があり、多くの方に機会を提供しています。 漫画家のアシスタントになりたい方は、ぜひ一度閲覧してみてください。現場を知る有志の方によって作られた掲示板は、信頼性と質が高く、アシスタントの方の心意気も醸し出されています。

アシスタントに応募する方法2:マッチングサービス

漫画家のアシスタントに応募する方法の2つ目は、マッチングサービスです。この方法は、信頼性がとても高く、安心して応募できるという魅力があります。 漫画家のアシスタントになりたい、けれどどうアプローチしていいかわからない、編集部に連絡するのも気が引けるといった場合に、アシスタントのマッチングサービスはです。 無用なトラブルも回避できる確率が高く、編集者の方も多く利用しています。

アシスタントに応募する方法3:編集部へ連絡する

漫画家のアシスタントに応募する方法3つ目は、編集部へ直接連絡してみることです。 漫画の編集部に電話などで問い合わせれば、直接漫画家さんと付き合いがある編集者と話すこともできるでしょう。 ただし、編集部の方は大変お忙しいですから、その点を配慮しながら連絡するのが大切です。

アシスタントに応募する方法4:作家へ連絡する

漫画家のアシスタントに応募する方法4つ目は、作家の方へ連絡してみることです。 たとえば、ファンレターと同じ宛先に、アシスタントとして雇っていただけないかという旨の手紙を書くことができます。その際、参考となる背景、描画の所要時間などを添付するといいでしょう。 ただし、切迫した制作現場を抱えていることが多いプロの漫画家の方はすぐに目を通すことができない場合があります。負担をかけないように気をつけましょう。

アシスタントに応募する方法5:コネを使う

漫画家のアシスタントに応募する方法5つ目は、個人的なコネを使うことです。たとえば同人活動などをしている方で、編集者の方から声をかけていただいたといった場合は、思い切って相談してみるといいでしょう。 また、個人的な知り合いに漫画家の方がいらっしゃる場合、アシスタントの仕事を探していることを伝えてみると機会が得られることもあります。 アシスタントの仕事に繋がる道は、いくつも開けていると言えるでしょう。

アシスタントのスキルをアピールする方法2つ

続いては、アシスタントのスキルをアピールする方法を2つご紹介します。 アシスタントとして仕事ができることをアピールするために、mixiやTwitterの機能を使うという方法です。それぞれのウェブサービスの機能を利用して、自分を売り込んでみましょう。

アシスタントのスキルをアピールする方法1:mixi

アシスタントのスキルをアピールする方法1つ目は、mixiを使うという手段です。 mixi上に、自己紹介や制作した背景画像などをアップロードしてみるのもいいでしょう。思わぬところからチャンスが開けることもあります。どんどん試してみてください。

アシスタントのスキルをアピールする方法2:Twitter

アシスタントのスキルをアピールする方法2つ目は、Twitterの機能を使うことです。 Twitterには画像をアップロードすることもできますので、背景などを作成し、所要時間の補記を含めて記事に掲載してみてはいかがでしょうか。 その際に、「漫画家のアシスタント勤務を希望している」とアピールしておくことで、仕事への取っ掛かりが掴める可能性があります。テクノロジーの機能を駆使し、希望を叶えましょう。

気になる漫画家のアシスタントの待遇とは

初回公開日:2019年10月16日

記載されている内容は2019年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング