IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

漫画家のアシスタントに必要な4つのスキルと応募する方法5選を紹介

初回公開日:2019年10月16日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2019年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

漫画家のアシスタントは、漫画原稿の制作現場において重要な役割を果たします。こちらの記事では、プロ漫画家のアシスタントに必要な要素、アシスタントに応募する方法をなどをご紹介します。画力に磨きをかけ、プロの現場に挑戦してみてはいかがでしょうか。

漫画家のアシスタントになるには

漫画家のアシスタントになるには、マッチングサービスを使う、編集部に連絡するなど、いくつもの方法があります。 たとえば、作家の方へ直接アプローチをかける、募集掲示板などを参照してみるのも一つの手です。 また、新人漫画賞の応募要項に、「アシスタント希望の有無」といった項目がある場合、そこにチェックすることで、編集部の方から紹介してもらえることもあります。 実力を磨いてプロの世界にチャレンジしてみましょう。

漫画家のアシスタントに必要なスキル4つ

漫画家のアシスタントを務める上では、作画のスキルはもちろんのこと、社会人としての常識や、自己の健康管理ができることが必要です。 プロの原稿制作現場は過酷です。アシスタントとして自らのスキルを提供し、作家の方に役立つスタッフとなるためには、地道な努力や忍耐力、周囲に対する適応力が必要です。 以下に、漫画家のアシスタントとして必要なスキルを4つご紹介します。常に作家の方をサポートできるよう頑張りましょう。

漫画家のアシスタントに必要なスキル1:漫画家としての基礎的なスキル

アシスタントは漫画家ではありませんが、漫画家に求められる基礎的なスキルが身についていると、色々と応用が利きます。 正確なパースで背景を描く、効果的にトーンを削るなど、重用されるアシスタントになるために必要とされるスキルはたくさんあります。 街の通行人や電車の乗客などを描く場面もあり得ますので、指定された時に困らないよう、日頃からさまざまなシチュエーションの作画の訓練をしておくといいでしょう。

漫画家のアシスタントに必要なスキル2:社会人としての一般常識

漫画家のアシスタントに求められるスキルとして、社会人としての一般常識が挙げられます。 プロの現場で作画を担当する訳ですから、当然コミュニケーション能力や礼節などをわきまえておかなくてはなりません。 あいさつができる、適切な言葉遣いで話せるなど、作家の方にストレスをかけないアシスタントとして勤務することが大切です。敬語なども使いこなせるといいでしょう。 物事に向かう姿勢は、努力でより良くできます。

漫画家のアシスタントに必要なスキル3:雑用でもなんでもこなせる柔軟力

漫画家のアシスタントに必要とされるスキルとして、雑用だろうと何だろうと、スムーズにこなせる柔軟性が挙げられます。「アシスタントだから絵が描けるだけでいい」、というのは捨てた方がいい考えです。 締め切りに追われる作家の方は、時間という貴重な資源をやりくりしています。ちょっとした買い物や、雑用を頼まれることも多々あります。 柔軟に対応できるアシスタント力を身に付けましょう。

漫画家のアシスタントに必要なスキル4:自身の健康管理

漫画家のアシスタントに必要とされるスキルとして、自身の健康管理を行える能力が挙げられます。作画の工程を滞りなく行うには、いつでも万全の体調であることが必要です。 人間はちょっとカゼをひいただけでも、本来の実力を発揮できなくなります。また、作家の方にカゼを感染させては大変です。 日々の食事や睡眠、適度な運動など、健康を作り上げるための努力を続けましょう。ストレスにも強くなります。

アシスタントに応募する方法5選

続いて、プロ漫画家のアシスタントに応募する方法を5つご紹介します。編集部に連絡してみる、コネを使うなど、積極的な行動を起こすことでアシスタントへの道が開ける可能性があります。 昨今では、有志によって作られているアシスタント専用の掲示板やマッチングサービスなど、ウェブの普及に伴い、アシスタントの仕事を得る方法の選択肢は多くなっています。 自身に合った応募方法で、漫画家アシスタントへの道を邁進しましょう。

アシスタントに応募する方法1:有志が作った専用の掲示板

アクセスランキング