IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【シチュエーション別】不採用電話の対応ポイント6つと注意点を解説

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

面接や書類選考、中途採用の選考を受けた時の不採用の電話にどう対応すればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、3つの状況別に不採用電話のケースと対応方法を紹介しています。就職・転職活動やバイトの面接を受けている方はぜひ読んでみてください。

不採用電話に対応する際の注意点3:不採用の電話が来たらすぐ次の準備をする

不採用電話に対応する際の注意点の3つ目が、不採用の電話が来たらすぐ次の準備をすることです。 不採用の電話が来たらすぐ次の準備をする理由は、主に2つあります。1つは、次の準備をしているうちに不採用の電話で受けた残念な気持ちが薄められるからです。 そしてもう1つは、就職・転職活動の場合は時間に限りがあり、スケジュールを管理して行動することが必須だからです。

不採用の電話だったとしてもマナーや常識は忘れずに

不採用の電話を受けた時に重要なことは、マナーや常識を忘れずに対応することです。 採用の電話とは違い、不採用の電話はできれば受けたくありませんし、不採用と知らされただけでも残念な気持ちになりがちです。ですが、不誠実な電話対応をすると、いつかどこかでその企業とかかわりを持った時に、悪印象を持たれる可能性があります。 長い人生のことを考えて、お互いに気持ちよくやり取りできるように気を配りましょう。

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング