IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【シチュエーション別】不採用電話の対応ポイント6つと注意点を解説

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

面接や書類選考、中途採用の選考を受けた時の不採用の電話にどう対応すればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、3つの状況別に不採用電話のケースと対応方法を紹介しています。就職・転職活動やバイトの面接を受けている方はぜひ読んでみてください。

不採用電話の対応ポイント3:電話がくるタイミング

書類選考での不採用の電話がくるタイミングは1、2週間後で、一般的にはバイトや面接結果の不採用電話よりも少し遅めです。 書類選考での不採用電話が遅くなりがちなのは、合格した人たちのための手続きが多いからです。合格者の面接スケジュール調整などを優先して行うため、書類選考で不採用になった人への連絡は必然的に遅くなってしまいます。

不採用電話の対応ポイント4:理由は大体は教えてもらえない

書類選考での不採用電話の場合、理由を教えてもらえることはほとんどありません。 不採用の理由を教えてもらえない理由はいくつかあります。代表的な理由としては、書類選考時の人数が多いため一律の対応を取っている可能性、企業への悪感情を避けるためテンプレートを使用している可能性が挙げられます。 マナーの観点も含めて考えると、不採用電話がかかってきたときにも理由を聞かないほうがよいでしょう。

中途採用での不採用電話

中途採用、転職での不採用電話にはどのように対応すればよいのでしょうか。 中途採用や転職の場合、合否がわからないと前職の退職手続きや退職相談のタイミングに影響するケースがあります。 ここでは中途採用や転職での不採用電話の一般的なケース・特徴を紹介するので、中途採用あるいは転職での面接・書類選考結果の合否を待っている方は参考にしてみてください。

不採用電話の対応ポイント5:電話がくるタイミング

中途採用での不採用の電話がくるタイミングは、1、2週間後です。 リクナビが300名の採用担当者に調査したところ、8割が「1週間以内に選考結果を通知している」と回答しました。 ただし、応募が多かった場合や社内での調整、担当者の状況によっては伸びることもあり、上のリクナビの調査でも0.3%が「選考結果の通知に15日以上かかる」と回答しています。平均的には合否通知まで1-2週間を見ておきましょう。

不採用電話の対応ポイント6:合否の連絡は日時指定しておく

中途採用や転職面接を受けるときには、合否連絡を日時指定しておくのがです。 合否連絡の日時指定を面接時にお願いすることで、転職活動のスケジュールが立てやすくなるというメリットがあります。また、いつ合否連絡が来るかと心配する必要もないので、気持ちの余裕ができる方法でもあります。 すべての企業が答えてくれるとは限りませんが、面接時に「合否連絡はいつごろか・日時指定は可能か」を確認してみましょう。

不採用電話に対応する際の注意点3つ

面接、書類選考、中途採用などで不採用電話があった場合には、どのよう対応すればよいのでしょうか。 ここでは、不採用電話を受けるときの3つの注意点を紹介します。これらの注意点を覚えておくことで合否連絡が急に来ても慌てずに対応できるようになるので、ぜひポイントを押さえて電話を受けましょう。

不採用電話に対応する際の注意点1:感謝の気持ちを伝える

不採用電話に対応する際の注意点の1つ目が、感謝の気持ちを伝えることです。 今回の面接・書類選考では残念ながら不採用だったとしても、その企業との縁が完全に切れたわけではありません。 いずれどこかで面接や書類選考を受けた企業と関わる可能性もあるので、不採用だったからといって残念がらず、電話してもらったことや時間をかけて先行してもらったことへの感謝を伝えましょう。

不採用電話に対応する際の注意点2:電話を受ける前はあまり期待しすぎない

不採用電話に対応する際の注意点の2つ目が、電話を受ける前はあまり期待しすぎないことです。 「面接や書類選考を受けた企業に就職したい」という気持ちが強いと電話をつい心待ちにしがちですが、期待が大きいとその分不採用だった時の失望も大きくなります。 電話口の採用担当者にも「がっかり」「失望」という気持ちが伝わってお互いに気まずくなりやすいので、電話を受ける前には期待しすぎないように気を付けましょう。

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング