IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

windows10で窓の手は使える?カスタマイズできる7つの項目

更新日:2020年08月14日

言葉・雑学・歴史

窓の手はwindows10の設定を簡単に行えるフリーソフトで、単純な作業ならツールごとのアイコンを変更できるだけでなく、スタートメニューの表示や表示できる項目を変更することができます。窓の手にない他の機能には、マウスやキーボードを掃除してくれる機能です。

インストールする手順4:セットアップをする

窓の手はwindows10で使うことができますが、タブはWindowsXPや7より環境が少ないため、カスタマイズできる項目があまり多くありません。「アイコン」で各種アイコンの設定、「デスク有数」でショートカットの作成を行えるのが特徴的です。 「タスクバー」はデスク有数レビューやライブサムネイルの作成、他にも「右クリックメニュー」、「パフォーマンス」などの項目を細かく設定することができます。

窓の手の設定項目7つ

窓の手はwindows10で使用することができますが、windows 95や2000、XPを使用している人はほとんどがご存知のソフトです。windowsのコントロールパネルよりも設定項目が多く、とてもマニアックですが各項目を簡単に設定できます。 現代は他にソフトが配布されていますが、当時のPC雑誌には必ず毎回記載されていた定番ソフトです。ここからは、窓の手の設定項目を詳しく調べていきましょう。

窓の手の設定項目1:アイコン

窓の手でカスタマイズできる項目はアイコンです。windows10のパソコンから確認できるアイコンを、自由に変更できるのが特徴的です。窓の手以外のソフトを使わなくても、ほとんどのソフトでほとんど変更することができます。 インターネットやゴミ箱などのアイコンに飽きてしまった方には、思い切って変更してみましょう。windowsの各種アイコンを変更できるので、気分をリフレッシュすることができます。

窓の手の設定項目2:デスク有数

窓の手で他にカスタマイズできるのが、デスク有数です。この項目からデスク有数に色々な機能を配置し、コントロールパネルなどの機能もデスク有数に追加できます。他にも、ショートカットを追加した際の細かい設定などが行えます。 windows10はコントロールパネルからほとんどの機能をカスタマイズすることができますが、細かいところまでは設定できないのを窓の手は細かいところまで設定できます。

窓の手の設定項目3:タスクバー

窓の手でカスタマイズできる項目には、タスクバーがあります。色々なソフトを1つのパソコンで同時に使用する人には便利はツールで、タスクバー上でソフトをたくさん開かなくても効率よく作業できるのが特徴的です。細かい誤作動を減らし、素早く操作をすることができます。 windows10でもショートカットアイコンを作成した際に、「○○ショートカット」とのようにタグ付けされません。

窓の手の設定項目4:右クリックメニュー

窓の手でカスタマイズできる箇所は、右クリックメニューです。右クリックメニューはパソコンを使用する際に中で多く用いられる動作の1つで、右クリックメニューに表示される項目に色々なツールを設定できるため、作業が効率化することができるでしょう。 windows10ではコマンドプロンプトやフォルダを開くために使用する機会が多く、何も関連付けられていないファイルを開く際にどれで開けるようにするかも設定できます。

窓の手の設定項目5:パフォーマンス

初回公開日:2020年01月10日

記載されている内容は2020年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング