IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

首輪を英語で何と言う?使い方と例文3つで完全マスター|類語まで

初回公開日:2019年11月01日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2019年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

「首輪」を英語で言うとなんと言うのかについての記事内容となっています。「choker」「necklace」「neckband」の英単語で「首輪」を表す場合の意味や、具体的な例文もそれぞれの英単語や類語についても紹介しています。

首輪を英語で言うと

「首輪」を英語で言うとなんという英単語になるのでしょう。 「首輪」と言えば、ペットの首輪だったり、人が装飾品として身につけるものだったり、さまざまな場合がありますが、場面に応じてどのような英語を使えばよいでしょう。 「首輪」の英語では、「choker」「necklace」「neckband」などが考えられます。まずはひとつひとつの英単語についてみていきましょう。

「choker」の場合

首輪を英語で言うと「choker」になります。 発音は「チョーカー」で名詞です。1.息を詰まらせるもの。2.チョーカー(首のまわりにぴったりする短い首飾り)。3.高い立ちカラー。などの意味があります。 ペットの首輪としても使いますし、最近若い女性にの装飾品としての「チョーカー」もあります。 「首輪」と言えば、一般的に「choker」という英語だと覚えておいてよいでしょう。

「necklace」の場合

首輪を英語で言うと「necklace」になります。 発音は「ネックレス」で名詞です。1.ネックレス(装飾として首につけられるコードやチェーンなどからなる宝石)。2.首飾り。などの意味があります。 この場合の「首輪」は、装飾品としての首輪に使うことが多いでしょう。

「neckband」の場合

首輪を英語で言うと「neckband」になります。 発音は「ネックバンド」で名詞です。1.シャツの襟(カラーをつける部分)。2.ネックバンド(瓶などの首のまわりにつける飾りひも)。などの意味があります。 ネックバンドは検索すると「ネックバンド型イヤホン」や「ネックバンド型ヘッドホン」など、U字のネックバンド型のヘッドホンや、イヤホンがつながったタイプが上がってくることが多いでしょう。

首輪の英語での使い方の例文3つ

「首輪」の英語での使い方はどのようなものになるのでしょうか。 先にご紹介させて頂いた「choker」「necklace」「neckband」の3つの「首輪」を意味する英単語ですが、具体的に、どのような場面で、どのような使い方をすればよいのでしょうか。 それぞれの英単語の意味も考えながら、実際に英語の例文を3つあげてみました。

首輪の英語での使い方の例文1:choker

首輪の英語の使い方の例文として、まず「choker」から見ていきましょう。 先にも述べたように「choker」には1.息を詰まらせるもの。2.チョーカー(首のまわりにぴったりする短い首飾り)。3.高い立ちカラー。などの意味がありますので、その意味などを含んだ例文となります。 「ペットの首輪」として、「装飾品としての首輪」として、「息を詰まらせるもの」としての例文をあげてみました。

犬に首輪をつける

ではまず、「犬に首輪をつける」という例文を「choker」を使ってつくってみましょう。 I put(attach) a choker to tha dogとなります。 ここでの「choker」は「ペットの首輪」の意味で使われています。

アクセスランキング