IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本語をヒエログリフ(象形文字)に変換するための方法を8つご紹介

初回公開日:2019年11月05日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2019年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

古代エジプトの象形文字であるヒエログリフは表音文字なので、変換表があればアルファベットに変換することができます。ネット上には変換表がありますし、アルファベットをヒエログリフに変換してくれるサービスやアプリもあります。書籍やYouTubeで学ぶこともできます。

ヒエログリフとは?

ヒエログリフとは、古代エジプトの象形文字のことです。象形文字は聖刻文字とも呼ばれますが、ピラミッドやミイラを入れている棺などに、この絵文字が書かれています。 長い間この文字を解読することができなかったのですが、1799年にロゼッタ・ストーンが発見され、1822年にフランス人のシャンポリオンが解読しました。解読されてわかったことは、象形文字がアルファベットのような表音文字だということです。

ヒエログリフの変換表3つを活用する

ヒエログリフは表音文字なので、それをアルファベットなどに変換することができます。ヒエログリフとアルファベットとの変換表があれば、ヒエログリフをアルファベットに変換するとともに、アルファベットをヒエログリフに変換することも可能です。 ここで、ヒエログリフの変換表を3つ紹介します。ローマ字にした日本語を古代エジプトの象形文字で書くことができるとは、誰も想像できなかったと思います。

ヒエログリフの変換表1

ヒエログリフの変換表1として、「日本語五十音をヒエログリフで表現」をご紹介します。この変換表では、日本語のカナとヒエログリフとの対応が書かれています。 ただし、ヒエログリフには子音しかないので、日本語との対応関係はあくまで参考との注意書きがあります。この変換表を参考にしていただき、日本語を象形文字に文字変換をされてみてはいかがでしょうか。

ヒエログリフの変換表2

ヒエログリフの変換表2として、「世界の文字で遊ぼう」をご紹介します。「世界の文字」ということは、この変換表にはヒエログリフ以外にさまざまな文字が載っています。 この変換表には、「キャ」のように、小さな仮名文字で表記される日本語に対するヒエログリフも書かれています。子音しかないヒエログリフですが、母音を示すヒエログリフは変換表1と同じです。

ヒエログリフの変換表3

ヒエログリフの変換表3として、「ヒエログリフ」をご紹介します。この変換表には、そもそも古代エジプトのヒエログリフはどういうものであるのか、ということについての詳しい説明も付け加えられていますので、参考にしてください。 またこの変換表には、アルファベットとヒエログリフとの対応関係だけではなく、ヒエログリフの発音も書かれていますから、古代エジプト語を音声として読むこともできます。

ヒエログリフに変換してくれるサービス2つを利用する

アクセスランキング