IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Amazonクレーム!販売を行う際のクレーム5つ種類|対処の基本

更新日:2020年08月14日

ビジネスマナー

Amazonで販売を行いたいと考えている人は、クレーム対策を知っておく必要があります。Amazonではクレーム対策をしっかりしないとアカウントが停止されてしまう事態になる可能性が少なくありません。基本的な対処方法などを紹介していきます。

Amazon

Amazonは、本や日用品を購入することができる世界的なECサイトです。Amazonは簡単に個人が出店することができる点も魅力的で、本業やプチお小遣い稼ぎに利用している人も少なくありません。 ただAmazon販売で販売を行う以上避けられないのが、クレームです。クレームの対処法を誤ってしまうと、大きな損をしてしまう可能性もあります。 クレーム対応をしっかりできるようにしておきましょう。

Amazon販売でのクレーム

Amazon販売でのクレームは、稀に起こるトラブルです。Amazonで出店する以上、色々な考え方を持った人と取引する必要があります。 基本的にAmazonでは、クレームに関しては出品者と購入者の間で解決してほしいというスタンスを取っています。 初めてクレームが来た時はどうしたらいいか分からない人も多いですが、適切に対処して乗り切っていきましょう。

アカウント停止

Amazonクレーム対策をしっかりしない場合は、アカウント停止になる可能性もあります。アカウントが停止してしまうと、商品の販売だけでなく、売上金も保留になってダメージを受けるでしょう。。 他には顧客満足指数が下がってしまったり、Amazonの規約違反に触れてしまうとアカウント停止になってしまいます。 新規のアカウントで売れ過ぎという場合も、アカウント停止になる場合が少なくありません。

モノレートグラフとは

モノレートグラフとは、Amazonの商品と価格の変化を確認することができるサイトです。商品名や規格品番などを入れて検索すれば、簡単に探すことができます。 モノレートグラフは、Amazonで販売するための必須ツールと言われています。グラフで売れているものを仕入れることができれば、利益に繋がるでしょう。 さらに出品者数が減っているものは、メーカークレームが付いた可能性があり、注意が必要です。

Amazon販売でのクレームの種類5つ

Amazonクレームは、大きく分類すると5つの種類があります。Amazonで販売をしようと考える人は、まずクレームの種類を知っておくことが大事です。 クレームの種類によって、対処法も変わってきます。Amazonクレーム対策を適切に行って、アカウント停止などを防ぎましょう。

Amazon販売でのクレームの種類1:購入者からのクレーム

Amazon販売でのクレームの1つ目は、購入者からのクレームです。実際にAmazonで購入した人が、販売に不満を感じて抗議してくることは少なくありません。 顧客第一主義を取っているAmazonは、購入者からクレームに敏感です。ただ購入者によっては、世間一般の常識では考えられないようなクレームをつけて来る場合もあります。 精神的にダメージを受ける販売者もいますが、上手く立ち回ることが大事です。

Amazon販売でのクレームの種類2:商品に不備があった

商品に不備があったというクレームは、Amazonで多いです。商品を発送する時にしっかり状態を確認するなどして、クレームになることを事前に防ぎましょう。 ただどれだけ販売者が気を付けていても、配達中に傷がついてしまったり、予想していなかった不備が見つかる可能性が高いです。 本当に商品に不備があった場合は、誠心誠意対応しなければなりません。返金手続きに応じて、スムーズに解決することがです。

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング