IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職を上司へ報告するために必要な手順6選!円満退職のポイントとは

初回公開日:2019年10月30日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2019年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

退職を決意したものの、どうやって上司に報告しようか考えあぐねているという方も少なくないことでしょう。そんな方のために、この記事では上司に退職の報告をする際の注意点に加えて、円満に退職を進めるための手順についてご紹介しています。

退職を報告する前にすること

転職や結婚などによって退職をすることになったものの、どのように上司に退職の報告をすればよいのかわからないという方も多いことでしょう。 職場の人と上手くいっていようといなかろうと、退職の報告をするのは気まずく感じるものです。 ここではまず、退職の報告を円滑に行うために事前にしておくべきことを3つピックアップしてご紹介していきますので、退職をお考えの方はぜひご覧ください。

退職の時期を決める

退職の報告の前にまずやっておかなければならないのが、退職の時期を決めるということです。 引き継ぎをすることや、転職をする場合には転職先との入社時期の調整などをよく考慮したうえで、退職の時期を決める必要があります。 上司に退職の申し出をする際には、いつごろまでに退職をしたいのかを具体的に伝える必要があるため、この点は必ずはっきりとさせておきましょう。

退職理由を考える

退職理由を考えるというのも、上司に退職を報告する前にやっておくべきことのひとつとして挙げられるでしょう。 退職の報告をすると必ずと言ってよいほど「なぜ退職をしたいのか」と聞かれるため、その時にまごついてしまわないようにあらかじめ退職の理由を考えておきましょう。 なお、たとえ職場に不満があって退職を決意したとしても、それをストレートに伝えてしまうと角が立つのでポジティブな理由を考えるべきです。

本当に退職してもいいか熟考する

上司に退職を報告する前に、本当に退職してしまってよいのかをもう一度よく考えることも必要でしょう。 他にやりたいことが明確にあったり、キャリアアップのためにすでに転職先から内定を得ている場合には退職の報告をしても問題ありませんが、まだ迷っている段階や熟考していない状態で早まって退職の報告をしてしまうと自分の首を絞めてしまいかねません。 退職をして後悔しないかどうか、自問してみてください。

退職を報告する際の手順6選

以上では、退職の報告を実際に行う前にやっておくべきことについて解説してきました。退職日や退職理由についてきちんとクリアにし、さらには退職して本当によいのかを熟考したならば勇気を出して上司に退職の報告をしましょう。 では、具体的にどのような手順を踏めばよいのでしょうか。ここからは、退職を上司に報告する手順を6つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。

退職を報告する手順1:遅くても1ヶ月前に報告する

退職を報告する手順としてまずご紹介したいのが、遅くとも退職希望日の1ヵ月前に報告をするということです。 退職希望日まで1ヵ月を切った状態で退職を報告すると退職のための手続きや引き継ぎのための時間的な余裕がなくなってしまいます。 また、職場によってはもっと早くに退職を報告するよう社員に求めているところもあるので、就業規則などを確認しておきましょう。

退職を報告する手順2:前もって報告する相手にアポをとっておく

アクセスランキング