IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

片道1時間の通勤時間どう過ごす?過ごし方4選を解説

初回公開日:2019年10月29日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2019年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

みなさんは通勤に満足しているでしょうか。ストレスなく通勤できるかで、仕事のパフォーマンスに影響を与えます。本記事では、通勤時間が1時間以上のときのメリット・デメリットや過ごし方などをご紹介します。長時間通勤されている方はぜひ参考にしてみてください。

理想の通勤時間の長さ

あなたは理想の通勤時間を考えたことがあるでしょうか。 ある研究結果では、通勤時間は20分以内が理想と言われています。20分以上になると、無意識にストレスを感じるようになり、その後の仕事へのパフォーマンスにも悪影響を与えるそうです。 そんな通勤時間について、今回はご紹介していきます。

現実の平均的な通勤時間

それでは現実の平均的な通勤時間はどれくらいの時間でしょうか。人口が多い都内と少ない地方では通勤における環境が大きく異なります。 都内では公共交通機関、地方では車での通勤の比率が高くなる傾向があります。このような違いが平均的な通勤時間に大きな影響を与えるため、ここからは都内と地方で分けてご紹介していきます。

都内

現実の平均的な通勤時間
※画像はイメージです
出典: /s/photos/crowded-train

都内周辺の住人の平均通勤時間は1時間程度が最も多いと言われています。理想の通勤時間である20分の3倍もの長さを、通勤に費やしています。 鉄道のみでの通勤の場合はさらに通勤時間は長くなる傾向にあります。最寄り駅までの移動時間や乗り換え時間が多いことが要因の1つです。 さらに、都内は人口が多いため、通勤ラッシュに巻き込まれたりすることも大きな要因です。中には、平均時間である1時間を大幅に超して、2時間以上の人もいます。

地方

地方の住人の平均通勤時間は30分程度と言われています。理想の通勤時間を超えていますが、都内の平均である1時間の半分の時間となっています。 都市部と比較して、地方では車通勤が多いです。人口が少ないため渋滞が少なく、通勤時間は短くなりやすい傾向にあります。 さらに、都市部よりも地方では地価が安いため、職場に近い場所に家を買ったり、借りたりしやすい環境があることも要因の1つです。

片道1時間の電車通勤中の過ごし方

片道1時間の電車通勤中の過ごし方
※画像はイメージです
出典: Free New york Image on Unsplash

通勤時間に限界を感じる時間は片道1時間と言われています。ここからは限界を感じる通勤時間である1時間で区切って、電車通勤中の過ごし方についてご紹介していきます。 まずは、電車通勤時間が片道1時間の場合の過ごし方についてご紹介します。

片道1時間の電車通勤中の過ごし方1:音楽鑑賞

片道1時間の電車通勤中の過ごし方の1つ目は音楽鑑賞です。 音楽鑑賞が趣味であれば、通勤時間中に音楽を聴けば通勤時間を趣味の時間に変えることができます。家事や子育てなどで家ではなかなか時間が取れない人なら、通勤時間ではゆっくり音楽を聴ける絶好の機会にできます。 1時間程度であれば、お気に入りのアルバムを一周するのにちょうどいい時間でもあります。また、これから始まる仕事に向けて、やる気を入れるための起爆剤として使うのも良いでしょう。

片道1時間の電車通勤中の過ごし方2:読書

片道1時間の電車通勤中の過ごし方2:読書
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

アクセスランキング