IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイクで行くキャンプツーリングで必要なもの・便利アイテムまとめ

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アウトドア・スポーツ

今回は、バイクでキャンプへ出掛ける際に必要なアイテムをご紹介します。初めてのキャンプをバイクで楽しむ方は必見です。おすすめの便利アイテムをゲットして、バイクツーリングとキャンプを一緒に楽しみましょう!ぜひ参考にしてください。

バイクでキャンプに行くならどんなものが必要?

キャンプをバイクツーリングで実践するには、車とは異なって積載の荷物が限られてくるため、荷物の選別が重要です。 バイクは積載量が限られていますので、初めてのキャンプではコンパクトになるアイテムを用意しておきましょう。専用バッグを装着し、多くの荷物が積めるようにカスタマイズすることもおすすめです。

バイクでキャンプに行く際に必要なものリスト

下記に、キャンプで使う最低限のアイテムを紹介します。キャンプ場によってはアイテムの貸し出しをしているところもありますので、事前に調査しておくと良いでしょう。 バイクでキャンプへ出かける際はぜひ参考にしてください。

バイクで出掛けるキャンプに必要なアイテム一覧
  1. テント
  2. タープ
  3. マット
  4. 寝袋・シュラフ
  5. ランタン
  6. テーブル
  7. チェア・椅子
  8. 焚火台
  9. バーナー
  10. ロープ
  11. シュラカップ
  12. ゴミ袋
  13. クッカー
  14. 着替えの洋服
  15. レインウエア
  16. バイクウェア
  17. 軍手
  18. 飲み物
  19. 救急アイテム

バイクでキャンプに行く際に必要なものリスト

ソロキャンプ用のコンパクトサイズがおすすめ!「テント」

コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J
コールマン:テント

¥ 16,495

口コミ

実際バイクに車載してみると重くてかさばった。広さは1人と荷物でちょうどいいくらい。

山で楽しむキャンプ用品リストの中でテントはもっとも重要なアイテムです。コンパクトに折りたたむことができ、バイクへ積載できるテントはキャンプ好きのライダーにとって必需品です。こちらはソロツーリング、ワンデイキャンプにも合うサイジングでしょう。

雨風から荷物やテントを守ってくれる「タープ」

スノーピーク(snow peak) タープ/R ライトタープ"ペンタ" シールド STP-381 [1人用]
snow peak:タープ

¥ 12,744

口コミ

軽くてサイズもソロにちょうど良い感じです。ポールエンドを尖ったモノに変えて両サイドの固定をストレッチコードにすると、かなりの強風でも問題なく使用できています。

もう一つのキャンプ必需品がタープです。タープは絶対に揃えるべきアイテムの一つで、春夏のキャンプはもちろん、季節を問わず活躍します。冬でも山の直射日光や日差しは強いため、キャンプにでかける際は必ず持っていきましょう。

バイクキャンプの足腰を休めるために重要な「マット」

【アストロプロダクツ】AP バイシクルメンテナンスマット BM782
アストロプロダクツ:マット
口コミ

予想以上に良い素材で良い物だった。 メンテナンス時以外でも家にロードバイク置くなら常にシートとして使っても申し分ない。

キャンプに必要なマットは、工具メーカーから販売している商品がおすすめです。こちらは、バイクで疲れた体をキャンプ場でゆったりと休ませるのに最適なアイテムで、コンパクトにたたむことが可能なためライダーに必須のキャンプアイテムです。

アクセスランキング