IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャンプ用の調理器具ランキングTOP15!万能アイテムも厳選紹介

アウトドア・スポーツ

キャンプの楽しみのひとつが、アウトドアを満喫できる食事ではないでしょうか。最近はキャンプ用の調理器具も充実しており、料理をするのも食べるのも楽しめるようになっています。本記事ではキャンプで使える調理器具について人気TOP15の器具をご紹介します。

更新日時:

キャンプに必要な調理器具・道具リスト

キャンプで調理をするために、家庭で使っている調理器具をキャンプに持っていくのは無理があるということは、誰にでもわかることでしょう。 キャンプ用の調理器具は、器具の数が少なくても色々な活用ができるよう工夫されていて、揃えるのも楽しくなります。 あると便利で楽しいキャンプ用の調理器具や道具には、以下のようなものがあります。

キャンプに必要な調理器具・道具
  • ナイフ
  • クッカー
  • ガスバーナー
  • ダッチオーブン
  • ケトル

キャンプで使う調理器具の種類紹介

キャンプ場で使う調理器具は、多くのキャンプ用品ブランドからいろいろなものが発売されています。キャンプ用ブランドでなくても、使いやすいものが見つかったら活用しましょう。 ここでは、キャンプに持参したい調理器具の種類をご紹介します。

キャンプで使う調理器具の種類1:ナイフ

キャンプでは調理のときだけでなく、いろいろな場面でナイフが必要になります。万能ナイフを持参する人も多いでしょう。 しかし、食材はほとんどナイフを使って調理することになるので、できれば調整器具としてのナイフも別に持参することをおすすめします。

キャンプで使う調理器具の種類2:クッカー

鍋やフライパンなどのことをクッカーと呼びます。クッカーは、素材や形、持ち運びが工夫されたものなど、キャンプ用にもたくさん用意されています。 キャンプ料理に必要な、ちょうどいい数の器具がセットになったクッカーを探して持参しましょう。

キャンプで使う調理器具の種類3:ガスバーナー

まきを集めて火を起こして料理をするのは、キャンプのイメージですが、現代では多くのキャンパーがガスバーナーを使っています。 自由自在に料理もでき、寒い季節には暖を取るためにも利用できるので、ガスバーナーも持参しておいた方がよいでしょう。

キャンプで使う調理器具の種類4:ダッチオーブン

ダッチオーブンは、キャンプの料理に必須というわけではありませんが、キャンプ料理の醍醐味を味わうためには用意しておいた方がよいでしょう。 一般的なキャンプ料理だけでなく、野外ならではの大胆な料理を作ることもできます。

キャンプで使う調理器具の種類5:ケトル

ケトルというと「やかん」のイメージで、お湯を沸かすだけの調理器具かと思われてしまいますが、食材を茹でるタイプのケトルというのもあります。 鍋でケトルの役目を兼用することもありますが、ケトルで鍋の役目を兼用できることも覚えておいてください。

初心者に役立つ!キャンプ用で買う調理器具を選ぶコツ

初心者に役立つ!キャンプ用で買う調理器具を選ぶコツ
  • 値段と機能・品質からコスパで選ぶ
  • 使用用途を考えて選ぶ
  • 口コミなどの評判をもとに選ぶ

キャンプで使えるおすすめの調理器具ランキングTOP15

キャンプで料理をするのなら、揃ておくと便利になる調理器具のTOP15をご紹介します。 自分がキャンプに行く頻度や、キャンプの際に作る料理の種類などを考えて、使いそうなものは揃えておきましょう。

1位:コールマン グリル ロードトリップグリル

コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066 【日本正規品】 [5~6人用]
コールマン グリル ロードトリップグリル
口コミ

デザインすごく素敵で、ちゃんと使えましたが、ガスの減りが早い。横置きでしか、しまえないため、メチャメチャ場所取って困っています。

本商品は、5~6人というキャンプとしては大人数にも対応しているガスタイプの大型バーベキューグリルです。BBQでも使えます。 サイドテーブルが付いていて、調理台としても、食事の際のカトラリー置き場としても使えて便利です。

2位:snowpeak スノーピーク ギガパワーツーバーナー液出し

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220
snowpeak スノーピーク ギガパワーツーバーナー液出し

¥ 36,504

スノーピークのハイエンドモデルのバーナーで、専用のガスが必要ですが、安定した火力が得られます。 ガスカートリッジを逆さまにセットすることで、気温の変化に左右されずに安定した火力が保たれるという特徴の調理器具です。

3位:Aandyou アルミクッカーセット

キャンプクッカー クッカーセット アルミクッカー アウトドア調理器具セット 登山用鍋 2-3人に適応 BBQ食器 ポータブル キャンピング鍋 収納袋付き
Aandyou アルミクッカーセット
口コミ

2ヶ月使用しての感想です(登山、キャンプ、普段使い)。 フライパンは、焼く対象がくっつきますので、ホイルを敷いてからでないと上手くいきません。レトルトカレーなどを温めるにはぴったりの

キャンプ用のクッカーは多くのメーカーから販売されていますが、本商品は、数あるクッカーの中でも、デザインがおしゃれで人気があります。 単一カラーが多いクッカーの中、グレーのボディーにオレンジの持ち手というのがおしゃれ心をそそります。

4位:スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット

スノーピーク(snow peak) チタン パーソナルクッカーセット SCS-020T
スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット

¥ 8,078

口コミ

初心者なので、焦げ付きにくいチタンを選択しました。お湯もすぐに沸きますし、使うほどに色合いが深くなっていくのが愛おしいです。このクッカーを購入してから週末が待ちきれないでいます。

外観はよくみる一般的なキャンプ用クッカーですが、軽量かつ熱伝導に優れたアルミニウム製で、便利な2深型鍋も2種類セットになっています。 浅い鍋と深い鍋があるので、調理の幅が広がります。2~3人程度のキャンプに適したサイズです。

5位:キャプテンスタッグ 3層鋼キャンピングクッカー Lセット

キャプテンスタッグ バーベキュー BBQ用 鍋セット 3層鋼キャンピングクッカー Lセット バッグ付M-8601
キャプテンスタッグ 3層鋼キャンピングクッカー Lセット
口コミ

キャンプに行くとほぼ毎回の確率で煮込みを作りますが薪でガンガンに熱を加えても焦げ付いたことが一回も無く美味しい煮込みを食べることが出来ます。3層鋼が良いのかわかりませんが気に入って

本商品は、理想的に熱を伝える軟鉄を、耐食性に優れたステンレスではさんだ3層鋼のクッカーセットです。 熱効率、耐久性ともに抜群で、火力の強い焚き火やガスバーナーにもしっかり対応できます。地面に落としたときの衝撃にも耐えられる強度があります。

6位:ロッジ ロジックキャンプオーブン

[ロッジ]LODGE ロジック キャンプオーブン L10DCO3 [並行輸入品]
LODGE ロジック キャンプオーブン L10DCO3

本商品は、キャンプ用の脚付きダッチオーブンです。フタにふちが付いているので、フタに炭をのせても落ちません。 上火が必要なパンやローストチキンなどの調理も可能になります。DEEPタイプは、ノーマルタイプより少し深めにできているので、煮込み料理にも使えます。

7位:ニトリ スキレット

ニトリ 6インチ スキレット
ニトリ スキレット
口コミ

最近流行りのスキレット! 色々なレシピがあるみたいなので、楽しみです^o^ 配送も早くて丁寧に梱包されてました。ありがとうございます☆〜

スキレット鍋は鋳鉄でできた分厚くずっしり重い鍋のことです。食材の旨味を引き出し、でき立ての状態で食卓に出せるので最近人気がある調理器具です。 キャンプ用調理器具というわけではありませんが、日常使いのモノをキャンプ時にも活用できます。

8位:プリムス ワンバーナー

イワタニプリムス(イワタニプリムス) イワタニプリムス IWATANI-PRIMUS 2243バーナー IP-2243PA キャンプ用品 カートリッジガスこんろ
プリムス ワンバーナー

¥ 8,100

口コミ

小さくまとまるタイプのバーナーは中心に火力が集中するため、アルミのコッヘルを痛めやすく、収納性とクッカーの安定性はトレードオフだったりします。これは折りたたむことはできませんが

本商品は、非常に軽量・コンパクトですが、火力の高いワンバーナーです。 通常のワンバーナーの火力と比較すると、1.8倍の火力があり、調理スピードの短縮にもつながります。お湯が沸くまでイライラして待つということはなくなります。

9位:weberウェーバーオリジナルケトルプレミアム

#14407001 ウェーバー オリジナルケトル プレミアム グリーン 57cm【2017モデル】 並行輸入品
weberウェーバーオリジナルケトルプレミアム
口コミ

Love my barbecue !!

ウエーバーのBBQグリルは、BBQ大国アメリカで絶大なシェアを誇っています。分厚い鋼鉄をホウロウでコーティングされており、サビと高熱に強いグリルです。 取り外し可能な灰受けがついていたり、蓋に温度計が内蔵されているなど、きめ細やかな使い勝手が考えた設計になっています。

10位:ユニフレーム ファイアグリル

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040
ユニフレーム ファイアグリル
口コミ

評判通り、初めての焚き火でもなんなく着火しました。コンパクトなのに予想より焚き火が乗りました。次は焚き火以外に料理なんかにも使ってみようと思います

本商品は、1台で焚き火・バーベキュー・ダッチオーブン料理を行える3WAY仕様のグリルです。 炉と網を交差しているため、、火の調整ができたり、食材の保温スペースができたり、使い勝手の良い調理器具です。

11位:イワタニ カッティングセット

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF カッティングセット P-C738006
イワタニ カッティングセット

¥ 8,640

口コミ

Great!

本商品は、包丁とまな板がセットになった包丁セットです。シンプルなデザインで軽量性に優れています。 まな板のサイズ分の大きさになってしまうので、キャンプの持ち物のサイズにシビアな場合などは注意が必要です。

12位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 マルチ トング

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー BBキュート マルチバーベキュートング23cm ライトブルー UG-3208
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 マルチ トング

¥ 756

口コミ

トングなんてみんな一緒! だいたいそんな感じだと思います。 このトングの特徴は持ち手のわっかの部分を押したり引いたりしてロックがかかるところ。 これがとても使いやすい、そして、しっかり

トングはキャンプ料理にはあった方が便利な調理器具のひとつです。本商品は、キャンプ用の調理器具ですが、家庭用のトングでも使えます。 キャンプ専用のものは、野外調理に便利な機能があるので、キャンプやBBQに行くことが多い人は、キャンプ用トングも揃えておいてはいかがでしょう。

13位:sotoハイパワ-2バーナー

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525
ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525
口コミ

数回使用しましたが汚れが目立たず、非常に気に入りました。

本商品は、1本のボンベと1つのバーナーがつながっている方式ではなく、常に2本のボンベからそれぞれのバーナーへガスを供給する「ガスシンクロナスシステム」を採用しています。 この方式により、バーナーは安定した火力がキープできます。

14位: PicoRico アウトドア キャンプ クッキングツール

(ピコリコ) PicoRico アウトドア キャンプ クッキングツール 調理器具用収納バッグ バーベキュー
(ピコリコ) PicoRico アウトドア キャンプ クッキングツール
口コミ

ソロキャンプでよく使っています。 すごく使い勝手がよく重宝しています。 ただ、包丁は他のものを買うべきだと思います。

本商品は、収納バッグの中に以下の忘れがちな調理器具がセットになっています。 ・穴あきステンレス包丁 ・キッチンばさみ ・ナイロン製お玉 ・ナイロン製フライ返し ・カッティングボード(まな板) ・しゃもじ ・万能トング ・菜箸 ・ピーラー

15位:トランギア メスティン

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
トランギア メスティン

¥ 1,155

口コミ

公式のHPを見れば分かることですが、メスティンは1600円(税抜)の商品です。気をつけましょう。

ソロキャンプの人に人気の調理器具がメスティンです。そのまま直火にかけて調理することができ、調理後は食器として使うことができます。 荷物を極力減らし、それでも十分な調理器具や食器を持参したいという人は、メスティンを持参しましょう。

キャンプで使うのに便利な万能調理器具5選

キャンプに必須の調理器具を揃えるうえで、知っていればさらに料理の幅が広がったり、料理時間を短くすることが可能になる、万能調理器具というものもあります。 ここでは5種類の万能調理器具をご紹介します。キャンプのお供として、持参することも検討してみましょう。

コンパクトに収納できるクッカー

鍋セット アウトドア キャンプ クッカー セット ソロ 1人 コッヘル 登山 軽量 調理器具セット BULin アルミクッカー コンパクト BBQ ツーリング 調理セット 食器セット 収納袋&スポンジ付き BL200-C7
BULinアルミクッカーセット
口コミ

いつか息子とキャンプ行くために色々とキャンプ道具を集めてる為、購入しました。 写真でみて一目惚れして購入し、実際にとどいたら期待通りの品物でした。 軽くて丈夫そうでとても良いです。

本商品は、収納すると直径13cm×高さ14cm程度の大きさにまとまるクッカーです。 小鍋はボウルやミニフライパン、鍋蓋などとして使用でき、大鍋はボットにすることができます。炊飯、煮込む料理にも対応し、袋麺も調理できます。

お湯を冷まさずに保温できるケトル

BioLite ケトルポット 軽量アウトドアクッキング ポットとケトル機能 キャンプとバックパック 1.5リットル 25.9 x 13.2 x 13.2 cm (10.2 x 5.2 x 5.2インチ) シルバー/イエロー/アクア (KPA) グレー、ターコイズ、イエロー
バイオライト BioLiteケトルポット 1824233 ヤカン

¥ 7,020

口コミ

まだ未使用です。デザインが気に入っています。

本商品は、別売りのキャンプストーブ専用のポットです。調理用の鍋としても使用でき、持ち運び時はキャンプストーブを収納できます。 保温性に優れているわけではありませんが、キャンプストーブと一体型になるので、炎を効率的にポットに取り込み、素早い調理や湯沸かしができます。

フライパンからお皿までセットになったクックセット

ハック アウトドアクッカー8点セット HAC1247
ハック アウトドアクッカー8点セット HAC1247
口コミ

キャンプにて使用。 強い火力で使うとフライパンがすぐ変形してしまった。(きになるほどではないが) ただし、値段のことを考えると十分に良い 品。

本商品は、鍋(大)・鍋(小)・フタ兼用フライパン・フタ兼用皿・小皿・マグカップがセットになったクックセットです。 小皿とマグカップは2つずつセットされており、収納袋も付属しています。

ケースとまな板が付属するナイフセット

スノーピーク(snow peak) マナイタセット M CS207
スノーピーク(snow peak) マナイタセット

¥ 4,104

口コミ

サイズがキャンプにはちょうどよい、包丁もよく切れる、最高に気に入った。 まな板は木なので使用後はよく乾燥させなといけないが、プラスティックは嫌なのでこれで良い

スノーピークのマナイタセットは、本格的な包丁セットがほしいという人にもおすすめできる優れた設計のセットです。 包丁の収納ケースが、そのままマナイタになるので無駄がありません。

脚付きで安定したダッチオーブン

コールマン ダッチオーブン12インチ 170-9391
コールマン ダッチオーブン12インチ 170-9391
口コミ

キャンプ場までの持ち運びには少々重いが商品としてはとても良い

本商品は、脚付きで安定しており、大きなローストチキンを丸ごと焼いたり、具だくさんの煮込み料理などに適した調理器具です。 重いことは否めませんが、大人数のグループで豪快なメニューを楽しめます。

調理器具で人気なキャンプギアメーカー紹介

キャンプに持っていきたいと思わせる調理器具は、キャンプギアメーカーからも販売されていますが、日用品を扱うメーカーにも思わぬ掘り出し物があります。 ここでは、キャンプ用調理器具を扱うキャンプギアメーカーと日用品メーカーをあわせご紹介します。

100均はちょっとしたキャンプ備品グッズが揃う

セリアなどの100均にも、シエラカップが置いてあることがあります。アウトドアブランドのシエラカップは一般的に1,000円くらいします。 キャンプ専用ではありませんが、トングなどの調理器具も複数の種類の取り扱いがあるので、100均で調達するのもおすすめです。 特別な形状のものを必要としなければ、調理器具のほとんどが100均で調達可能です。

ニトリは安くて丈夫なキッチン用品が充実

ニトリは家具のイメージが強いという人もいますが、調理器具も充実しています。価格的には100均よりも高くなりますが、ニトリでキャンプ用に調理器具を調達するのも良いでしょう。 ニトリはキャンプ専用の調理器具も販売しており、なかでもスキレット鍋「ニトスキ」はとても人気が高い商品です。

コールマンはおしゃれな見栄えが魅力的

コールマンは、アウトドア用品の総合メーカーです。キャンプグッズならコールマンですべて揃えることも可能です。有名なメーカですが、価格帯は手ごろで、製品ラインナップも豊富です。 手ごろな価格とはいえ、品質は安定した品質しており、安心してコールマンで揃えることもできます。いかにもキャンプなおしゃれな見栄えは、キャンプ初心者のあこがれでもあります。

ユニフレームは使いやすいさを重視したグッズがたくさん

「ユニフレーム(UNIFLAME)」は、キャンプ慣れしている人にとってはおなじみのキャンプ用品ブランドですが、初心者は知らない可能性もあります。 アルファベットですが、新潟県燕市にあるアウトドア用品キャンプ用品総合メーカーのブランド名です。 燕市といえば品質の高い調理器具で有名なので、キャンプ用の調理器具にも期待ができます。

スノーピークは信頼性の高い器具を揃えている

「スノーピーク(snowpeak)」は、新潟県三条市に本社を置くアウトドア用品の総合メーカーです。三条市も良質な調理器具で有名な場所です。 スノーピークのキャンプ用調理器具も、信頼性の高い製品が提供されており、キャンプ初心者からベテランキャンパーまで多くの人たちに支持されてます。 製品ラインナップも多く、キャンプの仕方に応じて選択することができます。

調理器具を使ったおすすめキャンプ料理

キャンプで作る料理といえば、カレーライスが王道でしたが、最近はキャンプ用の調理器具が充実していることもあり、さまざまな料理が作られています。 キャンプならではの料理もあれば、家庭でも作れるけれど、アウトドアの調理器具を使うからこその楽しさが味わえるという料理もあります。 煮炊きであれば、クッカーなどの調理器具で作れます。少し凝ったアウトドア料理をするのなら、調理器具としてダッチオーブンも揃えておきましょう。

キャンプ料理
  • カレーライス(クッカー)
  • パエリア(スキレット)
  • 鳥の丸焼き(ダッチオーブン)
  • チーズフォンデュ(グリル・バーナーのいずれか、クッカー)

キャンプに必要な調理器具を揃えて美味しい料理を満喫しよう!

キャンプに行くならキャンプ用の調理器具は不可欠です。必要最小限の調理器具を持参するか、アウトドアライフを満喫するために、少し凝った調理器具も持参するかも自由です。 キャンプ生活に慣れたら、調理器具も見直して、コンパクト化を図ったり、逆に凝った調理器具も調達してより充実させたりし、自分にあったラインナップを揃えていきましょう。

アクセスランキング