IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「エントリーパックTT」とは?話題の3つの理由と全体詳細まとめ

アウトドア・スポーツ

皆さんはキャンプがお好きですか?家族や大人数で行く方も多いでしょう。そんな場合に重要になるのがテント選びです。ここではそんなキャンプにおすすめのテントとタープのセット「エントリーパックTT」を紹介していきます。興味のある方はぜひ読んでみてください。

更新日時:

エントリーパックTTとは

皆さんは「エントリーパックTT」をご存じですか。 「エントリーパックTT」とはテントとタープがセットになった、スノーピークの初心者向けテントセットです。単品でそれぞれ購入するよりお得で価格も5万円程度と手頃になっています。 ここではそんな「エントリーパックTT」の特徴についてさまざま紹介していきます。キャンプ初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

エントリーパックTTのメリット3つ

それではここからエントリーパックTTを使用するメリットについて、3つほど紹介していきます。 エントリーパックTTはもちろんキャンプ慣れした人にもおすすめですが、特に初心者に向いているテントセットです。これから初めてキャンプをしてみようという方は検討してみてはいかがでしょうか。

エントリーパックTTのメリット1:初めての人でも設営しやすい

まず1つめのメリットは、初めての人でも設営しやすいというところです。 エントリーパックTTは構造が割とシンプルですので初心者でも比較的設営がしやすいです。設営がしやすいということは撤収もしやすいということです。 また、基本的に4人程度の使用を考慮して作られていますので、大きすぎないというところもポイントの一つです、

エントリーパックTTのメリット2:チャレンジしやすい価格帯

2つめのメリットは、チャレンジしやすい価格帯というところです。 テントは大きさや性能によって違いがありますが、基本的に値段は万単位になります。特にこういったがセットになっている商品は値段が高めです。 その点このエントリーパックTTは比較的手に入れやすい価格帯で、キャンプ初心者がチャレンジするにはぴったりの商品といえるでしょう。

エントリーパックTTのメリット3:家族でも広々と使える

3つめのメリットは、家族でも広々と使えるところです。 エントリーパックTTの対応人数は4人ですので、よほど大家族でなければ充分な広さがあります。初心者の場合いきなり大人数でいくことも少ないでしょう。 また、前室も広くタープもセットされていますので、泊りがけのキャンプというわけでないのならあと数人増えても充分利用可能です。

エントリーパックTTのデメリット3つ

それではここからはエントリーパックTTの少しダメな部分、デメリットについても紹介していきます。 エントリーパックTTは、基本的に初心者に優しい仕様ですが、残念な点もいくつか存在します。ここでは3つほど紹介しています。購入する際には参考にしてみてください。

エントリーパックTTのデメリット1:高さが無いのでテント内の移動が大変

まず1つめのデメリットが高さが無いのでテント内の移動が大変、という点です。 エントリーパックTTの天井までの高さは150cmほどです。大人が中で移動するには少々低めのため、動きづらい可能性があります。特に背の高い方や男性などは圧迫感を感じてしまうのではないでしょうか。 基本的にテントは寝る場所と考えて使用すると良いでしょう。

エントリーパックTTのデメリット2:テントを張る場所が限られる

2つめのデメリットはテントを張る場所が限られる、という点です。 エントリーパックTTはその構造上とても幅をとられます。一続きに綺麗に張りたくても区画サイトでは無理な場合がほとんどです。なぜなら小川張りにしたときの最大の長さが16mもあるためです。 こういった場合、タープを少し斜めにして張るなどの工夫が必要になります。

エントリーパックTTのデメリット3: ペグが曲がりやすい

3つめのデメリットはペグが曲がりやすいという点です。 エントリーパックTTに付属しているジェラルミンペグは、使用してみるとわかりますが結構曲がりやすくなっています。特に砂利の多い場所にテントを張る場合には注意が必要です。 どうしても無理な方はあらかじめ別のペグを持っていくことをおすすめします。特に初心者の方は頑丈なペグを別途購入しておくと良いでしょう。

エントリーパックTTが話題の3つの理由

スノーピークのテントは人気のある商品が多いですが、特にこのエントリーパックTTはよく話題になる人気商品です。 それでは一体どんなところが話題になるほど良い点なのでしょうか。その理由について紹介していきます。エントリーパックTTのメリットと併せて読んでみてください。

設営が簡単で片づけるのもあっという間!

まずは設営が簡単で片づけるのもあっという間、という点です。 エントリーパックTTはシンプルな構造ですので設営も比較的簡単です。機能面でもっと優れたテントセットもあるでしょうが、初心者には少々難しいことも多いです。 その点、このエントリーパックTTは初心者にも分かりやすい構造で片付けもあっという間にできてしまいます。

前室があって大きな荷物も雨から守れる

次に前室があって大きな荷物も雨から守れる、という点です。 エントリーパックTTのテントは前室が広くゆったりとしたスペースがあります。こういった前室の良いところは、荷物を置いたり雨をしのげるところです。テーブルや椅子などを置いてくつろぐのも良いでしょう。 このような前室があることによってゆとりができ、かなり使いやすくなっています。

強風対策がされていて丈夫

次に強風対策がされていて丈夫、という点です。 エントリーパックTTの形状は結構特徴があります。トンネルのようなカマボコのような形をしています。そして、よく見ると分かりますが風を受け流すことができる形状になっています。 テントは外に設置する物ですから、やはり雨風に強いというのは重要なポイントといえるでしょう。

エントリーパックTTの全体詳細

セット内容サイズ重量対応人数デザイン
テント60×23×23(h)cm7.65kg4人 ヴォールト
タープ80×17×22(h)cm7kg4人ヘキサタープ

それではここからはエントリーパックTTの全体像について紹介していきます。 サイズについては上記を参考にして、大体の大きさを予想すると良いでしょう。多人数で行く場合は大きさやサイズは重要です。対応人数にもあるように、4人家族にベストなセットといえるでしょう。 また、デザインはヴォールトというトンネルのような形で前室と後室で分けて使うことができ、とても便利です。タープがあることにより雨にも強い仕様です。

設営にかかる時間

エントリーパックTTの設営にかかる時間は約1時間ほどです。 大体の目安としてテントの設置に30分、タープの設置に30分くらいみておくとよいでしょう。もちろん手慣れた方であればもう少し時間は短縮できます。あくまで目安として参考にしてみてください。 試しに1つずつ設営してみるのも良いでしょう。いざキャンプに行った際にあたふたしないように練習しておくと安心です。

テントの相場とエントリーパックTTの値段

テントの相場は一概にいくらとはいえません。なぜなら機能やどういった部分を重視するかでかなり値段が変わってきてしまうからです。数千円から10万円以上する物まで幅広くあります。 エントリーパックTTは大体5万円ほどです。テントとタープがセットでついており、機能面や性能の面からみてもかなりお得なセットといえるでしょう。

エントリーパックTTの設営する流れ

エントリーパックTTの設営する流れ
  • 1:フレームを組みたててテントに通す
  • 2:金具にフレームを差し込んで立ち上げる
  • 3:テントのフックとポールを連結させる
  • 4:ペグを打ち込んで固定させる
  • 5:インナーテントを付ける

それではここからはエントリーパックTTの設営について説明していきます。 テントの設営はキャンプ慣れした方にとっては問題のないことでも初心者の方にはなかなか難しいでしょう。ここではそんな方に向けて、エントリーパックTTの設営の仕方を一から解説していきます。

1:フレームを組みたててテントに通す

まずはフレームを組みたててテントに通します。 この際にはテント本体を広げておきましょう。それから付属のフレームを伸ばします。この際に接続部を隙間なくしっかり連結させましょう。そしてテントのスリーブにそのフレームを差し込んでいきます。

2:金具にフレームを差し込んで立ち上げる

フレームはコーナーテープの色を合わせて金具に差し込みましょう。 この際、フレームはアーチを作るようにゆっくり差し込んでください。急いで強引に差し込んだりするとフレームがゆがんで破損する場合もありますので注意してください。

3:テントのフックとポールを連結させる

それからテントのフックとポールを連結させます。 フックはテントについているのでそこにポールをひっかけて固定させます。ポールはさほど力がいりませんので女性でも扱いやすく安心です。ここまでくると潰れていたテントが立体的になり、完成が見えてきます。

4:ペグを打ち込んで固定させる

それからペグを打ち込んで固定させます。 ペグは番号順にペグダウンしてください。ただし、エントリーパックTT付属のジェラルミンペグは曲がりやすいので注意が必要です。場合によっては別のペグも用意しておくと良いでしょう。

5:インナーテントを付ける

最後にインナーテントを付けます。 インナーテントはひっかけるだけですので簡単です。ただし、入口の方が高いので向きにだけ注意してください。これでエントリーパックTTの設営は終了です。 付属の説明書と併せて読むともっと分かりやすいのでおすすめです。

エントリーパックTTの設営動画を紹介

エントリーパックは初心者キャンパーにおすすめ!

ここまでエントリーパックTTについてさまざま紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 何度も書いているように、エントリーパックTTは初心者向けのセットです。キャンプを初めてする方にとってテント選びはとても重要です。特に家族で行く場合は使いやすさを重視して購入するべきです。 このエントリーパックTTはその点で間違いなく初心者キャンパーにおすすめできます。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング