IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職を繰り返す原因10個|転職を繰り返す人が考えるべきこと3つ

初回公開日:2019年11月01日

更新日:2020年10月02日

記載されている内容は2019年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職の悩み・不安

転職をするからには良い会社に出会って安定したい方も多いのではないでしょうか。しかし、転職を何度も繰り返してしまう人がいます。転職を繰り返してしまう人の原因について説明し、転職を繰り返さないために考えるべきことについても説明していきます。

転職を繰り返す人には共通したパターンが存在している

今回は転職を繰り返す人の共通した特徴、パターンについて説明します。 会社勤めをすると、転職を繰り返している人が職場に1人は必ずいるでしょう。働いている人の中には転職を一回もせずに勤め上げる人もいますが、どのような点が違うのでしょうか。

転職を繰り返す原因10個

転職を繰り返す原因10個
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

まず転職を繰り返す原因について10個説明していきます。 転職を繰り返す人や転職を考えている人もこの10個をみて、どのくらい自分に当てはまるかどうか参照しましょう。そうすることで自分がどのような思考で転職を繰り返す可能性があるかがわかるはずです。

転職を繰り返す原因1:隣の芝生が青く見えてしまう

転職を繰り返す原因として他人がしている仕事がとても魅力的に見えてしまうことが挙げられます。 仮に内容も収入も条件としては自分の仕事が一般的によいものでも、他人がしている仕事と比べて、常に自分の仕事の粗探しをしてしまう人がいます。 自分の仕事自体を客観的に認識できていないため、自分の仕事に自信がない可能性が高いです。自分の仕事に自信がない状態で、満足のいく仕事を行うことは難しいです。

転職を繰り返す原因2:人間関係で悩みやすい

転職を繰り返す原因2:人間関係で悩みやすい
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

人間関係で悩みやすいことも転職を繰り返す原因となります。 会社で働くということは様々な人と関わりながら仕事を進めていくことが多いです。その中で職場や取引先の人と人間関係を作ることができない状態や人間関係に悩みがあって周りに打ち明けられらない状態は特によくない状態です。 仕事も中々うまく進められず、会社行くこと自体が嫌になるからです。結果として転職をしようと繰り返し考えるようになります。

転職を繰り返す原因3:自分に合う仕事の見極めが苦手

自分のできることや得意なことが見極められないことも転職を繰り返す原因です。優れた能力を持つ人でも、どの能力に優れているのかを理解していなければ、自分の能力を活かすことはできません。 また自分の適性に合わない会社へ転職してしまうと、良い評価を得られず、自分の自信も失ってしまいます。まずは自分の職務経験や取得した資格を参考にして、そこに自分の好みや性格を加えて考えましょう。第三者の協力も有効です。

転職を繰り返す原因4:自分のやりたいことが明確でない

自分のやりたいことや今後のプランが明確でない人は転職を繰り返す傾向にあります。 経済的な理由などで急いで転職先を探す場合や自分の今後の展望がないままに転職すると短期間で再び退職、転職をする可能性が高いです。自分が情熱や興味を向けられない仕事に就いてしまい、勤務に耐えられなくなるからです。 本来転職は勤務している会社よりもよりよいと思える会社に行くことを目的としています。そのために自分の展望を考えましょう。

アクセスランキング