IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

外食産業売上高10|これからの外食産業に大切なこと

更新日:2020年08月14日

営業

外食産業は食に関わるビジネスのため、需要がなくなるということはありません。しかし、食は人の生活と切り離すことができず、また人が口にする物を扱うため、この外食産業には他のビジネスとは異なった特徴を持つ部分がいくつかあります。

外食産業売上高1:株式会社ゼンショーホールディングス

すき家 生麦駅前店は1982年にオープンしました。2000年には子会社のグローバルフーズを設立しています。 また、2000年にココスジャパンの株式取得し、2001年にはぎゅあんの株式取得、2002年にはウェンディーズ、ビッグボーイジャパン、2005年になか卯の株式も取得しています。 2011年に持株会社体制への移行を発表し、2019年3月期の連結売上高は607,679百万円となっています。

これからの外食産業に大切なこととは?

消費税の増税や、食材の高騰など、外食産業は厳しい状況が続いています。また、外食産業では消費税の増税や、食材の高騰などで経費が増えたとしても、顧客のために簡単に値上げをすることはできません。 そのため、今度の外食産業は、大手であれば経費の削減、中小企業や個人経営であれば国や自治体などに頼ることなく自力での利益確保が課題となるでしょう。

増加するインバウンド需要への対応で外食産業をさらに盛り上げよう!

外食産業は食に関わるビジネスのため、需要はなくなりません。しかし、増税や経費の高騰など、外食産業は苦しい状況を強いられています。 ですが、日本の食が海外で注目されてきているため、インバウンドによる新しい需要が増えてきているという面もあります。 今後も食の需要を絶やさないためにも、外食産業に関わる人たちは、外食産業を苦しめる環境を作る人たちに屈しないためにも、外食産業を盛り上げて行きましょう。

初回公開日:2019年10月08日

記載されている内容は2019年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング