IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

TOEICのリーディングスコアを上げるための方法は?鍛えておきたい技能2つ

英語

TOEICのリーディングスコアがなかなか上がらないとお悩みの方は多いのではないでしょうか?こちらでは、TOEICのリーディングスコアを上げるための方法や、鍛えておきたい技能を2つご紹介していきます。どのような点に注目したらいいのか参考にしてみてください。

更新日時:

TOEICのリーディングは3パート100問を75分で解かなければいけない

TOEICリーディングセクションは難しいといわれています。 TOEICのリーディングは3パートの100問を75分で解かなければいけません。 そのため、TOEICリーディングを最後まで解くことができないという声が多く見受けられます。 特に、リスニングは問題なく解答できても、リーディングスコアだけなかなか上がらないという声が多いです。 100の問を75分間の制限時間で解くためには、TOEICリーディングセクションのPart5(短文穴埋め問題)、Part6(長文穴埋め問題)、Part7(長文読解問題)の3パートの攻略法をそれぞれ理解する必要があります。 確実に解答できる問題を、しっかりと解答していきましょう。

練習なしでは高得点は難しい

TOEICのリーディングスコアを上げるためには、効果的な勉強方法を理解して対処する必要があります。 TOEICのリーディングセクションは、事前の練習なしで高得点を取ることは困難です。 また、試験本番となると緊張によって普段の力を発揮できないことも考えられます。 これらは、練習を繰り返すことで改善されていきます。 TOEICで高得点のスコアを目標にするには、基礎固めが何より重要です。 基礎ができていない人は、まず基礎を理解しましょう。 基礎固めができている状態で、なかなかスコアが上がらないという方は翻訳のコツでつまずいている可能性が高いです。 参考書例文のように翻訳しようとすると問題を解くスピードが落ちます。

TOEICのリーディングで必要な技能2つ

TOEICには、高得点を獲得するためのコツがあります。 これは、TOEIC以外のペーパーテストにも共通しているといわれます。 TOEICのコツを知っておくことは、高得点を獲得する上で非常に効果的だといえます。 例えば、問題文の時制の意味を意識することで、問題を解きやすくなるといわれています。 また、最初の一語をしっかりと聞き取ることも問題を理解する上で非常に重要になります。 TOEICでは、可能な限り問題を先読みすることが高得点スコアを獲得するポイントです。 そのためには、TOEICのリーディングで必要といわれる2つの技能を理解して鍛えておく必要があります。 その2つとは、速読力と精読力だといわれています。

必要な技能1:速読力

TOEICのリーディングで必要な技能1つめは、速読力です。 速読力とは、文章を速く読むための力です。 文章を読む速度が向上すれば、短時間で多くの情報を手に入れることができます。 読書においては、速読力の向上によって知識が増えたり学力が上がるだけでなく、脳が活性化するともいわれています。 また、速読力をつける上で年齢や男女差は関係ないといわれています。 つまり、努力次第で老若男女問わず、誰でも鍛えることができるということです。 具体的に速読力を鍛えるには、まず視野を広げることを意識しましょう。 例えば、普段1度に2~3文字を見ていた場合、3~4文字や5~6文字と少しずつ一度に目に入る文字数を増やしていきます。

必要な技能2:精読力

TOEICのリーディングで必要な技能2つめは、精読力です。 速読力も大事ですが、それ以上に重視すべきなのは精読力だといわれています。 精読力とは、熟読する力を意味しています。 文章の細かい箇所まで注意して読むことが熟読ですが、TOEICでも熟読して情報を得ることが非常に重要です。 精読力が身につけば、効率的に英文解釈ができるようになります。 そもそも、速読力身につける上では精読力が欠かせません。 TOEICは、一見重要ではないように見える箇所にも、問題を解くポイントが隠れている場合があります。 細かい部分に気づくためには精読が必要です。 普段から、精読することを意識して文章の内容を把握できるようにしましょう。

スピードを身に着けないと問題を解き終えることもままならない可能性がある

現在、TOEICのリーディングセクションは、スピード力がないと問題を解き終えることすら難しいです。 TOEICのリーディングセクションは問題量が非常に多く、TOEIC上級者であっても、最後の問題までたどり着かないといった声も多く見受けられます。 特に、2016年5月に新形式のTOEICとなってからは、Part7にトリプルパッセージが増え、 TOEIC上級者ですら全問解答することが困難だともいわれています。 高得点スコアを獲得するために重要になるのは、スピードと時間配分です。 TOEICでは、それぞれのパートで解きやすい問題と解きづらい問題がありますので、時間がかかりそうだと思ったら諦めることも大事です。

大まかに目標時間を決めておきたい

TOEICを受験する際は、大まかに目標時間を決めておくといいでしょう。 TOEICのリーディングセクションは3つのパートで構成されています。 Part5の短文穴埋め問題、Part6の長文穴埋め問題、Part7の長文読解問題ですが、これらは合わせて計100問となっています。 100問に対して解答時間は75分です。 ここで時間配分を間違えてしまうと致命的ですので、まずはTOEICのパートごとに解答にかける目安の時間を決めておきましょう。 ポイントは、最も多い問題数が多いPart7に時間をかけることです。 そのためにPart5とPart6はそれぞれ10分程度で解答を終わらせ、残りの時間はPart7に費やします。

時間を意識しつつ解答する

TOEIC本番では、時間を意識しつつ解答しましょう。 Part5は短文穴埋め問題で、TOEIC Part6は長文穴埋め問題です。 それぞれの文章には空白が用意されていて4つの選択肢の中から正しい答えを選びます。 Part7の長文読解問題は長文の文書が15個用意されており、問題は54個あります。 シングルパッセージでは、1つの文章を読んでいくつかの問題に解答します。 ダブルパッセージは2つの文章をんでいくつかの問題に解答します。 そして、受験者が苦戦するトリプルパッセージでは3つの文章を同時に読んで問題に答えなければなりません。 時間がかかりそうな問題がある場合は、解きづらい問題を諦めて次に進む判断が必要です。

環境づくりも有効

TOEICのリーディングスコアを上げるには、環境づくりも有効です。 TOEICなどの英語学習は、続けているとだんだんつらくなってくる方もいるでしょう。 英語など勉強に対するモチベーションをずっと維持するのは大変です。 TOEICの学習を継続するには、やらないといけない環境づくりにこだわることです。 一度環境づくりがうまくいけば、モチベーションが下がっても英語に触れる機会が増えます。 英語に触れることで、英語学習が当たり前になっていきます。 日本で生活していると、どうしても日本語だけの生活になりがちですが、少しの工夫で英語に触れる機会を増やすことができます。 ポイントは、無理せずに英語に触れるということです。

毎日英文に触れることは特に効果が高い

まずは毎日英文に触れる環境づくりを目指すために、可能であればよく目にするアイテムを英語設定にしてみましょう。 オススメなのは、簡単に設定が変更できるスマホやパソコンの言語です。 最初は英文で表示された内容に戸惑いがありますが、使い続けることで英文に慣れていきます。 数ヶ月続ければ、迷うことなくスムーズに使いこなせるようになるでしょう。 その他にも、英字新聞や英語のニュースなどを読むことで毎日英文に触れることができますので、どのような方法が自分に合っているのか試してみましょう。 ポイントは、日常生活に上手く取り入れることです。 通勤電車で英語のニュースを読むようにするなどの取り入れ方もオススメです。

TOEICのリーディングに慣れて高得点を獲得しよう

いかがでしたか。 TOEICで高得点を獲得するには、リーディングに慣れることが重要だということがわかりました。 TOEICを勉強する理由は、人それぞれです。 現在も、入社後の昇進や中途採用の目安にTOEICのスコアを参考にする企業も多いといわれています。 今後もグローバル社会化が進むにつれて、TOEICのスコアを判断材料にする企業は増えていくことでしょう。 中には、「TOEICや英検は意味がない」という人もいますが、TOEICや英検を勉強することで英語力が上がることは間違いありません。 これらの発言は、高得点のスコアを獲得していても、実際の英会話がスムーズにできない人がいることが原因です。

しかし、TOEICなどの英語資格の勉強をすることで英語力は確実に身につきます。 TOEICのリーディングスコアが向上すれば、リスニング能力も確実にアップします。 TOEICは単なる英語学習という意味合いだけでなく、英語力の底上げのきっかけにもなりますので、なかなかスコアが上がらないという方は、一度勉強方法を見直してみるといいでしょう。 この機会に、TOEICのリーディングスコアの向上に目を向けてみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング