IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英語を話せるようになるにはどうすればいいのか?正しい勉強法を解説

英語

グローバル社会の今において、英語は能力の一つです。しかし初心者がゆえに、英語をを話せるようになるには何から勉強すればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。英語を話せるようになるための勉強法のコツを紹介します。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

しばし「英語を勉強しないビジネスマンは損をしている」と言われます。英語を話せるようになると多方面で有利になるのは事実です。 しかし、「自分の仕事は海外とは関わらない仕事だし、いざとなれば翻訳が使える。本当に今更英語の勉強が必要なのか」と思う方も多いでしょう。 実際、日本人にはまだまだ英語は浸透していません。だからこそ英語を話せるようになることがに他人と差をつけ、成功する近道でもあるのです。

英語ができると情報ソースが増える

世界で英語を話す人口はおよそ6億人を超えると言われています。日本語を話す人口が1億3000万人とされていることから、英語を話す人の多さがわかるでしょう。 英語を話す人口が多いという事は、当然英語を話す人向けの情報も多いという事です。 もちろん日本にもその情報が入ってきますが、耳に入る頃には情報の鮮度が落ちていることもあります。英語を話せるようになると、より鮮度が新しく質のよい情報をキャッチできます。

英語ができると年収が上がる

年収が上がるほど、英語の読み書き・日常会話ができる人の割合が増えていることが株式会社キャリアインデックスの調べで判明しています。 英語を話せる人はより年収アップに繋がりやすい事がわかるでしょう。 やはり国内の仕事しかできないのと、国外にも視野を向けられるというのは大きな差が出てきます。 企業としても、業務で英語を使うかどうかに関わらず、英語を話せる人を重要な人材と認識しているということがわかります。

年収英語ができる英語ができない
500万円未満22.4%77.6%
500-700万円未満34.0%66.0%
700万円以上48.7%51.3%

「英語力と年収は密接な関係あり。年収700万円以上の人は約半数が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答」年収・転職 実態調査 vol.7:キャリアインデックス

英語ができると仕事のチャンスが増える

日本が経済成長を果たしたのも昔の話です。2016年に調査した「世界競争力ランキング」において、「景気動向」「政府の効率性」「経営効率」「インフラ」4つの軸から日本はシンガポール、マレーシアを下回る61カ国中26位となりました。 これは日本の語学力が、61カ国中60位と、かなりの低評価になっていることと関連しています。 仕事のチャンスを増やすには語学力を上げ、海外との繋がりを増やすことが重要という事が分かります。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

英語が話せるようになるということは、海外との繋がりに強くなると言うことです。 つまり海外向けの仕事に積極的に挑戦できるようになるということです。 企業によっては、海外出張や、海外支社への派遣などといった仕事も任せてもらえるようになります。 つまり会社のお金で海外に行けるようになるという事です。 日本国内のマーケットしか知らないのと、海外のマーケットを見てくるのとでは仕事の成長度が異なってきます。

初心者でも英語を話せるようになりたい

社会人の方で、まったく英語を話せないと言う方は少なくありません。 学生時代から苦手で、今やすっかり単語や文法などを忘れてしまった、どうやって勉強すればいいのかわからないという方が多いです。 結論を言うと「継続が全て」です。 今は英語がペラペラ話せるようになると言う方も、最初は初心者です。 その初心者が英語を話せるようになるには、どうやって英語を身に着けたのか、不安な方でもチャレンジしやすい勉強法をご説明します。

勉強法

初心者が一番向かない勉強法は「聞き流し教材」です。 よく「聞くだけで英語が話せるようになる」という教材が販売されていますが、これは英語の基礎ができているから理解できるのであって、何も英語を知らない人にとってはBGMでしかありません。 まず、初心者が英語を話せるようになるには、多くの語彙力を増やすことに尽きます。 例えば、「毎日●個英単語を覚える」という目標を決めるといいでしょう。 どの単語がどの英語になるのかを理解する事で、最低限の意思疎通ができるようになります。 次に、英語の基本的な文法を理解します。これも英単語と同じ、「毎日●個文法のパターンを覚える」としていくといいでしょう。 これらをしないでいきなり英会話スクールを始めたり、海外留学をしたりしても、そもそも英語自体が理解できず挫折してしまいます。 まずはひとつひとつ身につけていくことから始めます。

英語を話す機会を増やす

次に英語話せるようになるには、英語を話す機会を増やすことが大事です。 CDを聞いてリピートするよりも、この時点で英会話スクールを受けたり、ネイティブと積極的に話したりと、英語を話す機会を増やしていきましょう。 これは英単語と文法を覚えた次のステップとしてインプットとアウトプットの強化につながります。 インプットは「リスニング(聞く)」、アウトプットは「スピーキング(話す)」で強化されます。 聞いて話すこと、両方ができる一番の行動が、英語で会話をする事です。 相手が話す英語の音を聞き取って意味を理解し、その答え、自分が話したい意味の言葉を英語に置き換えて話すことが会話では求められます。 これは英単語の理解力だけではなく、相手の問いかけに答えられるかという考え方のトレーニングや、相手に伝えられるような発音の勉強にも繋がっていきます。

本気で英語を話せるようになりたい

英語を話せるようになる一歩を踏み出したら、本気で英語を話せるようになりませんか。 本気で英語を話せるようになるには、初心者の練習方法を基礎として、習慣にしていく事が大事です。 初心者から英語ペラペラにちょっとでも近づくには、練習方法のコツが必要になってきます。 ただ漠然とテキストを読んだり、聞き流したりしているのではなく、コツを意識する事で、無理なく確実に英語を話せるようになるのです。

日本人が英語を話せない理由2つ

まず、日本人に英語が浸透しづらいというのは、既に説明の通りです。 「英語を話す」という経験の少なさと、日本人特有の考え方も相まって、日本人の多くは「英語を話す」ことへのハードルの高さを感じてしまいがちなのです。 その理由のひとつとしては、やっぱり「話す機会がない」ことが一番大きいのではないのでしょうか。 学校の英語の授業を振り返ってみると、おそらくこのときに英語を使って誰かと会話をしたという経験がある方がほとんど少ないはずです。 ほとんどが教科書の音読や、英単語や文法の暗記、筆記に関するものではないでしょうか。 本気で英語を話せるようになるには、日本人が持つ英語への苦手感覚に上手に向き合うことが大事なことの一つです。

日本人が英語を話せない理由1:英語を間違えたくない

まず、日本人は「失敗すること」に対して強い抵抗感があります。 英語を話せないという人のほとんどは、失敗する事が嫌いだったり、極端な完璧主義だったりします。 また、どうしても英語の授業では文法中心になりがちです。 ほとんど文法が正しいかによって成績が判断され、発音や話し方についてはあまり教わる機会がありません。 文法の正しさも勿論大事ですが、英語を話せるようになるには正しい・間違っている以前にとにかく話してみないと始まらないのです。 まずは、一度完璧主義を捨てて、相手に伝えるということを一番の目的としてみましょう。 誰でも最初は失敗が当たり前ですが、英語が話せるようになるにはここで継続するかどうかが第一歩です。

日本人が英語を話せない理由2:英語を話すのが恥ずかしい

日本人は「失敗すること」同様「恥をかくこと」に強い抵抗感があります。 慣れない英語を話ことで恥をかいてしまう、だから英語を話さないという無限ループに陥りがちです。 「世界の果てまでイッテQ」という番組では、英語が全く話せない出川哲郎さんが、覚えている限りの英単語と文法をなんとか駆使して現地の人と会話をし、目的にたどり着く企画があります。 この時出川さんが話す独特の英語「出川イングリッシュ」は正直文法がめちゃくちゃで笑ってしまうようなものなのですが、それでもミッションは成功しています。 この理由は「積極的に話しに行っているから」ではないでしょうか。 伝わらなくて笑われたりする事もありますが、出川さんはこれらを恐れずにどんどん現地の人と会話をしています。 恥をかくことを恐れて英語で話すことをやめてしまいがちな多くの日本人が見習うべき姿勢でもあります。

英語を話せるようになる方法とコツ

英単語を覚え、なんとなく英語で伝えられるようになっただけでも、英語が全くできない状態から一歩踏み出しました。 では、ここから更に英語がペラペラになれるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。 英語を話せるようになるポイントは「習うより慣れろ」です。 難しく勉強しようとするのではなく、日常的に英語を使う機会を増やすことで、インプット・アウトプットをバランスよく行うことができます。 後述しますが英語が話せない原因のひとつは「英語の勉強が続かない」ことが挙げられます。 英語の勉強が続かないのは色々な理由がありますが、英語のインプット・アウトプットをしないでいると、いつまでも英語は上達しません。 それならば無理に勉強しようとするのではなく、日常的に英語に触れざるを得ない環境を作りましょう。 無理なく、しかし確実に英語に触れることができるおすすめの方法と、続けるためのコツをご紹介します。

英語を話せるようになる方法とコツ1:英語の勉強を継続して上達させるための目標を設定する

まず英語を話せるようになるためのポイントで大事な事は「どうして英語を話せるようになりたいのか」「いつまでに話せるようになりたいのか」理由をしっかり見つけることです。 「海外旅行に行きたい」「英語で仕事ができるようになりたい」などなんでも大丈夫です。 そうすることで、「日常会話ができる」「ビジネス用語まで網羅する」など、どのレベルまで英語を話せるようになるのかを明確にする事ができます。 目標を明確にしたら、できれば英語の練習ノートなどを作り、設定した目標を書いておきましょう。 これによって自分が「目標にする事」から優先して始められ、より効率よく英語を話せるようになります。 自分がやりたいと思うことから始めると、より継続して勉強する事ができます。

英語を話せるようになる方法とコツ2:文法と単語は一通り覚えたら実践で覚える

先述の通り、単語と文法を覚えることは英語初心者がまず始めに試すことです。 そして覚えた単語や文法を文字で書いたり、会話で使ってみたりと、積極的に実践することが英語を話せるようになるために大事なことです。 先述の出川さんも、自分の覚えている範囲の英語から会話に挑戦しています。 例えば「宇宙」の英単語が分からない場合「E.Tはホワッツマン?(E.Tは何?)」の質問で「Alien」を聞き出し「エイリアンステイホウェア?(エイリアンはどこにいる?)」と聞くことで「Out of space」の単語を知ることができています。 このように「なんていう単語で表すんだっけ?」と疑問に思ったことでも、躊躇わずにどんどん聞くことが大事です。 こういった実践によって、より新しい知識を得ることもできるのです。

英語を話せるようになる方法とコツ3:発音トレーニング

日本人の英語でやってしまいがちな失敗が「カタカナ英語で話しがち」というものがあります。 普段、日本語で話しているときはカタカナ英語でも意味は通じますが、これをそのままネイティブに話すと全く伝わらないことがあるでしょう。 ネイティブが話す英語は文字の組み合わせによって読み方が変わったり、文字と文字を繋げて発音する「リンキング(リエゾン)」があったりします。 わかりやすい例だと「Let it go」は日本語では「レット・イット・ゴー」と読みがちですが、ネイティブの発音は「レリゴー」です。 これらをマスターするには、英語を沢山聞いて、ネイティブがどのように話しているのかを聞き取るトレーニングが必要になります。 そしてそれを真似して同じように発音できるようなトレーニングを重ねていくことで、だんだんとネイティブと同じように話せるようになるのです。

英語を話せるようになる方法とコツ4:インプット

英語の勉強において、自分の中に英語で情報を取り込む「インプット」は非常に重要です。 「聞き分けられること」「何を意味するか理解すること」のトレーニングに当たります。 このインプットでは、わからない単語が何かをいち早く理解することが可能です。 例えばリスニングでは、相手が何を話しているか聞き分けるだけではなく、相手が何を話しているかを理解する必要があります。 英語を話せるようになるには、まず相手の言うことを理解しないことには始まりません。 またリーディングも同様、文章が何を記しているかを理解することが求められます。 最初は短い文章から読み始め、だんだんと長いテキストが読めるようになってくるように継続していくことが求められます。

英語を話せるようになる方法とコツ5:アウトプット

英語を話せるようになるには、インプットと同じくらいにアウトプットは大事です。 身についた英語に関する勉強内容を積極的に発信する機会を増やすことが、英語が話せるようになるための一歩なのです。 例えばスピーキングは、自分の話したいことをいかに正確に相手に伝えるかが大事になります。 これが英語での会話に当たると、相手の話していることをしっかり理解し、それに対する応答を英語でできるような能力が身につきます。 またライティングもアウトプットの一つです。 これも自分の伝えたいことを正確に表現するトレーニングになるのですが、ライティングの場合は文字に書くことで間違っている箇所が明確にわかりづらいと言う利点があります。 どちらも最初は自分のわかっている範囲からの発信から始めましょう。 次第に英語表現への理解を深め、より発信できる頻度が増えることを目標にします。

英語を話せるようになる方法とコツ6:継続する

英語を続けることにおけるポイントは、英語の勉強をルーティン化することです。 きっちりと時間を作って勉強しようとするよりも、生活の一部として英語の学習を取り入れることが英語を話せるようになるためのコツです。 例えば通勤時間、寝る前、お風呂に入っているときなど、隙間時間を有効活用することがおすすめです。 通勤中にも英語のラジオを聴きながらテキストを読めます。 また今はオンライン英会話教室も充実しているので、わざわざ英会話教室に足を運ばなくても、自宅で英語を話す機会が作れるのです。 「やらなきゃ」と考えるよりも、英語の勉強を生活習慣にしてしまうと、少し得した気分になれるうえに継続しやすいです。 どうしても時間が取れない、という方は試してみてはいかがでしょうか。

英語を話せるようになる方法とコツ7:常に自分とネイティブの違いを探し修正する

物事を上達させている人は「自分と、自分よりそれが上達している人の違いを見つける」と言うことを日々実践しています。 これは英語が話せるようになることにおいても同じことが言えるでしょう。 例えばネイティブと話していてなんとなく英語が通じると言うようなこともあるでしょう。 しかしより英語を話せるようになる人はそこで終わらせず、自分と発音、イントネーション、会話の速度など、ネイティブの人とどう違うのかをしっかりと見極めています。 そして自分とネイティブの間で違う箇所を見つけたら、自分の英語を近づけようと努力します。 自分の英語力に満足せず、自分よりも元から英語に馴染んでいる人の真似をすることで、よりペラペラな英語力に近づくことができるのです。

英語を話せるようになる方法とコツ8:やらなきゃという義務ではなくやりたい という娯楽に思考を転換する

「やらなきゃ」という意識は大事ですが、義務感に駆られすぎても続きづらいのが現状です。 ならば生活習慣にしてしまったり、「やりたい」と思えるような娯楽に考えたりしてしまった方が、英語の勉強は続きやすいです。 例えば、ニュースを見るのが日課という方は、英語でニュースを見てみるという手があります。 しかし、いきなり英語圏のニュースを読むとなるとハードルが高いので、「The Japan Times」というサイトをおすすめします。これは日本のニュースを英語で翻訳して配信していて、普段馴染んでいる内容英語で読むということができます。 このように、全く知らない内容ではなく、ある程度知識が頭に入っている内容を英語で読んでみることが英語に親しむための第一歩です。ニュース以外にも、いつも自分が慣れ親しんでいる趣味の内容を英語のウェブサイトやSNSで見てみましょう。

英語を話せるようになる方法とコツ9:会話の形をシミュレーションする

「英語で話すことが苦手」な理由のひとつに、自分のことを英語で表現することに慣れていないというものがあります。 それを解消するために、自分のことを英語で話せるように練習しておくという手があります。 自分がどこに住んでいるのか、どういうものがどういう理由で好きなのか、といったことを細かく日本語で表現してみてください。 例えば「日本に住んでいます」だけではそこで完結してしまいます。 そこから「今日は暑いです」「晴れています」「私の家は職場から離れています」「職場まで電車で何分かかります」などの情報をひたすら整理していきます。 その引き出した情報を英語に翻訳していきましょう。 こうすることで自分のことを話すことができるほか、表現方法もより幅広く身につくことができます。

英語を話せるようになる方法とコツ10:映画を字幕なしで観る

映画を字幕で楽しんでいると言う方は、既に英語に親しんでいる状態です。 そこから英語をより深く理解出来る様になるために、映画を字幕無しで鑑賞する事をおすすめします。 その理由は、どのようなシチュエーションで会話がされているのかといったことがとてもわかりやすいです。 また発音やイントネーションまで、よりリアルに近い英語を聞くことができるからです。 字幕だとどうしても日本語を読むことに意識が向いてしまいますが、英語が理解できることでよりスクリーンの内容に注目できるという利点もあります。 字幕なしで洋画や海外ドラマを見て内容が楽しめるようになれば、かなり英語が理解できている状態です。 好きな海外の映画やドラマをより深く楽しむことを目標に英語を勉強してみてもいかがでしょうか。

英会話を身につけるために英語を使う機会を増やそう

英語を話せるようになるためには、英語を継続して使うことが必要になってきます。 でも普段日本で生活しているうちは、なかなか日常的に英語を使う機会は現れないかもしれません。 ネイティブと同様に英語をペラペラ話せている人の中にも、最初は全く英語を使う環境にいなかったと言う人はいます。 しかし、どのようにその人たちが英語力を成長させていったのかと言うと、自ら英語を使う機会を積極的に増やしているのです。 「身の回りに英語を話す人なんかいないし、英語を話す機会がない」と思っている方は、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。 国内にいながらできることから、思い切りが必要になってくるものもありますが、いずれも英語力を上げるにおいて、効果的な方法ばかりです。

英会話教室のマンツーマンで英会話力を鍛える

もっとも簡単に英語を話す機会を増やす方法は、英会話教室のマンツーマンレッスンです。 教室によって教材に沿って英会話レッスンを進めるところや、自由な質疑応答によって英会話レッスンを進めるところもあるので、自分に合ったところを選ぶと良いでしょう。 この方法は自分の英語力に自信がないと言う方に効果的です。 その理由は間違いがあった場合講師が指摘してくれるので、すぐ修正しやすいと言う点があります。 今はオンラインでの英会話教室が充実していて、スカイプのTV電話機能を使用し、通話感覚で英会話ができるのです。 これなら一日数分、家にいようが外にいようが英会話レッスンを受講することが可能です。 忙しくて英会話教室に通う暇がない、と言う方でも手軽に始めやすい仕様になっています。

短期留学やワーホリに挑戦する

留学は何ヶ月、何年もの単位で取り組まなければいけないと言うイメージを持っている方もいるでしょう。 しかし今は、数日と言う社会人でも取得しやすい日程で短期留学ができるところが増えているのです。 短期留学は長期留学に比べて、ぐっと費用が抑えられます。全寮制の学校の場合、宿泊や食事の心配をしなくて済むと言うところもメリットです。 留学なので英語の勉強をする時間はありますが、それ以外の時間は観光も可能なので、旅行以上にコスパよくその土地の暮らしぶりを見ることができるのです。 またさらに渡航費を抑えたいと言う方は、ワーホリもおすすめ。渡航先で働くことを条件に、渡航費や宿泊費を抑えることができるのです。 ワーホリには条件があるのですが、より効率的に英語を話せるようになることを目標にしている方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

英語を使って働く

英語をよりペラペラに話せるようになるには、「英語を使わないと生活ができない」状態に自分を置くことが大事です。 英語を使った仕事で生計を立てることにより、英語力を上げる人は多いです。 例えば先述のワーホリ制度を利用して、海外を仕事の拠点にすると言う手があります。 ワーホリには条件がありますが、それ以外の方も就労ビザを所得すれば海外で働くことは可能です。 ワーホリにしろ就労ビザにしろ、所得には知識が必要になるので、その点に詳しくなれることもメリットです。 また海外に行かなくても、日本国内で英語を使う仕事も多いです。 空港関係者や英語学校での教師といった専門性のある仕事もあります。 しかし、海外向けのライター、エンジニア、海外観光客が利用しやすい店舗のスタッフなど、日常的な会話から始められるところもあります。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語を話せるようになるためには、継続することが必要であることを説明しました。 しかし、日本人にとって英語の勉強で最も難しいのは、継続することであると言われています。 事実、日本人は英語の勉強を始めたはいいものの、何らかの理由で中断してしまう人が非常に多いのです。 最初は苦手で、上手に話せなかった人でも、ペラペラになるまで上達している人というのは、いずれも英語の勉強を周囲と大きく差がつくくらいまで続けている人と言えます。 失敗を恐れたり、モチベーションが上がらなかったり、様々な理由で中断するのは簡単です。 しかしここで辞めてしまっては、せっかく覚えた英語が勿体ないです。諦めずにゆっくりと自分のペースで続けていきましょう。

英語学習が続かない理由

多くの日本人が「忙しい」「難しい」という理由で英語の勉強を中断してしまっているという事実があります。 しかし、あくまでもそれは建前でしょう。 英語を続けることに対してのモチベーションが上がらない、英語を勉強するのに退屈に感じてしまうというのが本当の理由であると言われています。 実は、英語のモチベーションが上がらないような勉強方法をしていると、この状況に陥ってしまいがちなのです。 この状況を回避するには、ちょっとした工夫が必要です。 日本人が英語を勉強するのに陥りやすい主な問題点と、それへの対処法を紹介していきます。 ちょっと意識を整理したり、環境を変えてみるだけでも、英語を続けてみようと思えるものです。 英語の勉強がきついと感じている方は是非試してみてはいかがでしょうか。

勉強の目的が不明確

例えば山登りやマラソンなどでも、明確なゴールが設定されていないと、ただただ辛いだけになってしまいます。 英語も同じで、勉強の目的を明確にしておかないと、自分がどこまで上達したのかがわかりづらく、続けるのが辛くなってしまいます。 「英語で仕事ができるようになる」「海外旅行先でも英語で会話ができるようになる」といった具体的な目的だとより良いでしょう。 自分がいつまでに、どのくらいまで話せるようになるとベストなのかが見えてきます。 目標を明確にすることで、モチベーションが上がるということにも繋がってきます。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

日本にいるうちは、英語をペラペラに話せなくても生活は可能です。 そのため日本人は「英語ができなくてもなんとかなる」という考えになってしまいがちです。 これを打破するために、英語をペラペラに話せる人は英語が取得できないと困るような状況を自ら作っています。 先述した海外での暮らしや旅行もそうですし、英語を使う仕事も英語が使えないとはかどりません。 先述の通り、日本のマーケットは今後どんどん縮小すると言われています。 今よりもより豊かに、余裕をもって暮らすために、海外の仕事も視野に入れておくことを推奨されています。

英語を話すには正しいステップと環境づくりが上達の秘訣

英語初心者から脱却するには、単語や文法などを少しずつ覚えていくことで叶います。 しかしそこからさらに英語をスムーズに話せるようになるには、「目標の設定」と「勉強を継続したいと思う状況」の二つが非常に大事となっています。 いずれもポイントは、「難しく考えすぎない」ということで、難しく考えずに勉強し、積極的に学んだ英語を実践することで、「意外と英語は使える」という自信につながるはずです。 初めは誰もが初心者でしたが、ちょっとした気合いを入れることで今や英語で生活できている人がたくさんいます。 ぜひ自分のペースで続けてみましょう。

アクセスランキング