IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英語のヒアリングが上達する5つの方法|音を意識して最後まで聞く

英語

ビジネスシーンがグローバル化する中で、英語のヒアリング力を上達させたいと考える方も多いでしょう。ヒアリングの上達のためには、ただ英語に慣れるだけでは足りず、基礎力を意識したやり方が重要です。この記事では、英語のヒアリングが上達する方法やポイントをご紹介します。

更新日時:

英語のヒアリングが上達しない理由

英語のヒアリングがなかなか上達しない場合、やり方や単語・文法力に原因があります。 英語のヒアリングは、やり方を間違えるとなかなか上達しません。 単語・文法をあまりに知らない場合も、同じく上達は難しいでしょう。 英語のヒアリングは、ただ英語を聞いて英語に慣れるだけで上達するというものではありません。 もちろん、英語力を鍛えるには英語に慣れることが必要です。 ただし、普段の日本語中心の生活では、ただ英語に慣れるだけで自然にヒアリングが上達するとは限りません。 こうした点を常に意識し、どうすればヒアリングが上達するか考える必要があります。 まず、英語のヒアリングが上達しない理由から整理し、ポイントをおさえておきましょう。

やり方が間違っている

勉強を重ねても英語のヒアリングが上達しない場合、一度やり方を見直す必要があります。 ヒアリングが上達する方法・やり方について詳しくは後述しますが、「英語をただ聞くだけではヒアリングは上達しない」という点は大前提になります。 ヒアリングを上達させるには、英語の音を最後まで聞く、知っている単語が出てきても止まらない、といったポイントをおさえなくてはなりません。 自分の勉強が英語を聞くだけになっていないか、参考書に書いてあることをただ流し読みしていないか、ヒアリング時に守るべきポイントを守っているか、一度見直しましょう。 こうしたやり方を意識しないと、時間をかけて勉強してもヒアリングの上達は難しくなります。

単語や文法を知らない

基本的な英単語や文法を知らない場合も、ヒアリングが上達しない原因となります。 こちらは当然といえば当然の話ですが、近年特に単語や文法をおろそかにする見方も増えているので、注意しなくてはなりません。 英語の上達に単語や文法力はあまり関係がないという見方は、嫌でも英語を使わざるを得ない環境において言えることです。 留学などで日常的に英語を使う環境であれば、単語や文法を意識しなくても自然と英語が聞き取れるようになります。 しかし、日本語中心の生活で普段英語を使わない場合、単語や文法からまず勉強しないと、基本的な英語を聞き取ることさえ難しくなります。 このように、ヒアリングの上達には単語・文法力が欠かせません。

英語のヒアリングが上達する方法

それでは、英語のヒアリングが上達する方法について具体的にご紹介していきます。 英語のヒアリングを上達させるには、意識しながらヒアリングを行うこと、英語の音を最後まで聞くこと、知っている単語が登場しても止まらないこと、頭の中で文字化しないこと、英文の中で単語はいくつあるか数えることなど、いくつかポイントがあります。 こうしたやり方・方法をおさえ、勉強を重ねていくと、ヒアリングの上達につなげることができます。 もちろん勉強の積み重ねは大前提ですが、まずはヒアリングを上達させるやり方・方法を知り、普段の勉強で活用してみましょう。 以下、上記でご紹介した5つの方法について、それぞれのポイントをご紹介します。

方法1:英語のヒアリングをする時は意識しながら行う

流れる英語をただ聞くだけではヒアリングは上達しないので、ヒアリングをする時は意識しながら行うことが大切です。 例えば、英語は基本的に主語と動詞が最初に来るので、流れる英語の最初の部分を特に意識して聞き、ひとまず主語と動詞を把握しておく、といったように意識して聞く必要があります。 特に主語と動詞だけでも把握しておけば、「何が(主語)、どうする(動詞)」という英文の基本部分がわかります。 その後、細かい形容詞や副詞、その他の文法事項から文構造を把握し、より正確に英語を聞き取ることができれば問題ありません。 このように、ヒアリングといってもただ英語を聞くだけではなく、英語の意味を捉えることに意識を向けましょう。

方法2:意味を無視して英語の音だけをしっかり最後まで聞く

最初のうちは、意味を一つ一つ和訳せず、まずは英語の音だけをしっかり最後まで聞くという方法も大切です。 もちろん単語や文法を知っていることはヒアリングの上達に欠かせないので、単語の意味を確認することも大切です。 ただ、単語の意味を捉えようとしすぎて英語を最後まで聞くことができないという事態も好ましくありません。 肝心の「英語を聞き取る」という習慣が定着しにくくなるからです。 そのため、特に最初の段階では、まずは英語の音を意識して最後まで聞くことを心がけてみましょう。 その際に単語の意味を多少無視することになっても、後で改めて単語・文法を勉強して補うことができれば、問題はありません。 慣れないうちは、まず英語の音から意識しましょう。

方法3:知っている単語が出てきてもそこで止まらない

知っている単語が登場しても、そこで止まらずに最後まで英語を聞き取るという意識が大切です。 例えば、2つの意味がある単語が登場したとして、その単語の意味を知っていた場合に、「この場合はこちらの意味か、それとももう片方の意味か」などと考え、そこで止まってしまうと、肝心の英文全体の内容が把握できないおそれがあります。 これでは、ヒアリングはなかなか上達しません。 ヒアリングは、あくまで英文全体の内容を理解することに焦点が置かれます。 確かに一つ一つの単語の意味をおさえていけば、英文の内容を把握することはできますが、ヒアリングではそのような時間は限られます。 そのため、一つ一つの単語で止まることなく、まず最後まで英語を聞き取る習慣が重要です。

方法4:英語の音を和訳して、頭の中で文字化をしない

英語の勉強ではもちろん和訳も大切ですが、ヒアリング時に頭の中で一つ一つ和訳をしても、ヒアリングは上達しにくくなります。 頭の中でその都度文字化し、和訳をすると、そこでタイムロスが発生し、英文を最後まで聞き取れないおそれがあるからです。 単語を勉強する時は和訳も必要ですが、最終的には和訳を介さずに即座に単語の意味を理解できる状態が好ましいです。 そのため、新しい単語や文法を勉強する際には和訳を行いつつ、ヒアリングでは和訳を介さずに意味を捉える練習が必要です。 先ほどもご紹介したように、ヒアリングは最後まで英語を聞き取り、全体の内容を把握する必要があります。 一つ一つ和訳をしても大幅に時間がかかるので、あくまで時間内に聞き取ることを優先しましょう。

方法5:最初は英文の中に単語はいくつあるか数えてみる

ヒアリングが特に苦手な方は、英文の中に単語がいくつあるか数えてみることも重要です。 単語を聞き取ることがそもそも苦手な場合は、単語を一つ一つ正確に聞き、まず慣れることから初めてみましょう。 その際に、英文の中の単語数を数え、きちんと単語を正確に捉えているか、2語を1語と勘違いしていないかなど、チェックすることが大切です。 もちろん最終的には、知っている単語が登場しても止まらず、和訳を介さず、最後まで聞き取るというやり方が重要です。 ただ、ヒアリングが本当に苦手という方は、まず単語を聞き取る練習から積み重ね、実力を養う必要があります。 その際に、文構造を把握する意味でも、単語の数は正確に捉えておきましょう。

英語のヒアリングを上達させるために必要な事

ここまで、英語のヒアリングが上達する方法についてご紹介しました。 次に、英語のヒアリングを上達させるために必要なことについて、詳しく見ていきましょう。 英語のヒアリングを上達させるには、英語の音を最後まで聞く、知っている単語が登場しても止まらないといった方法のほか、基本となる単語力や文法力も必要です。 単語や文法を知らないと、そもそも基本的な英語を聞き取ることが難しいからです。 また、英語のアクセントや特有の発音に慣れることはもちろん、英語圏の文化・背景を理解することも大切なことです。 以下、こうした点を踏まえ、英語のヒアリングを上達させるために何が必要か、ポイントを整理していきましょう。

単語力をつける

単語力を身につけることは、英語の勉強において最も基本となるもので、ヒアリングも例外ではありません。 基本的な単語はもちろんのこと、ビジネスでしばしば使用される単語・言い回しも覚えておく必要があります。 知らない単語が登場し、その単語の重要度が高い場合、その都度チェックする習慣をつけましょう。 また、ヒアリングで知らない単語が多く登場すると、どうしても焦ります。 知らない単語があまりに多く登場すれば、そもそも英文の内容が把握できないからです。 先ほどご紹介した、「知っている単語が登場しても止まらない」「和訳を介さない」という状態にすらたどり着けません。 焦りをなくす意味でも、単語力はしっかり鍛えておきましょう。

文法力をつける

単語力と同様に、文法力を身につけることもヒアリングにおいて重要なポイントです。 単語力と文法力は、英語の勉強において基礎力となるものです。 これらの基礎力を鍛えておかなければ、そもそも英語自体の理解が進まず、ヒアリングの上達も難しくなります。 地道なやり方になりますが、単語に加えて文法の勉強も積み重ねておきましょう。 特に文法は、わからないままにしておくと後々厄介です。 ある文法知識が他の文法知識の理解に役立つことが多いため、一つの文法を理解しないまま放っておくだけでも、後々損をすることになりかねません。 文法の勉強は一つ一つ理解しながら進める必要があります。 また、一つの文法が理解できたら、ヒアリングで実際に聞いて確認しましょう。

英語のアクセントに慣れる

単語の理解を深め、きちんと聞き取れるようにするには、英語のアクセントに慣れておくことも大切です。 単語を勉強しても、アクセントを間違えて覚えてしまうと、実際にヒアリングで単語を聞き取れなくなってしまいます。 日本人が読む英単語とネイティブの発音は異なる部分が多いので、単語帳に収録されている音声を必ず確認し、正確なアクセントに慣れておきましょう。 また、単語の学習では、なるべく声に出して読んだ方が理解は深まります。 そして、アクセントは単語の中で強く発音する部分ですので、アクセントを意識して声に出すと、発音がより印象深く頭に残ります。 さらに、国によっては英語のアクセントが異なるため、なるべく多くの国の英語を聞き、アクセントの理解を深めておくことも大切です。

英語特有の発音を理解する

英語と日本語の発音は異なる点が多いので、ヒアリングの上達のためには、英語特有の発音に慣れておく必要があります。 単語帳には発音記号がきちんと載っているので、まず発音記号から理解し、実際に声に出して覚えていきましょう。 英語圏で生活をしていると英語特有の発音に慣れていきますが、日本語中心の生活では、特に意識をしないと英語の発音に慣れることができません。 そして、英語の発音が理解できていないと、ヒアリングで英語を正確に聞き取ることも難しくなります。 発音を間違って覚えていると、知っている単語でも聞き取ることができません。 英語のヒアリングの勉強では、先ほど述べたアクセントに加え、正確な発音の理解を心掛けるようにしましょう。

その国の文化を学んで、背景を理解する習慣を身につける

相手の国の文化的な背景・慣習を知っておくと、お互いの会話の理解が深まります。 こちらも英語のヒアリングに関連するポイントで、その重要性はしばしば話題になります。 英語だけを正確に聞き取れたとしても、その会話の意図や背景がわからないと、コミュニケーションが進まないおそれがあります。 そもそも会話は相手の文化的な背景や慣習を理解して行うからこそ、より高度な意思疎通ができるのであり、これはもちろん英語も例外ではありません。 特に日本人と英語圏の人々では、文化的な背景・慣習に異なる点が多く見られます。 ただ英語のヒアリングの勉強を進めるだけでなく、より高度な会話を図るためにも、普段からその国の文化を学んで背景を理解する習慣をつけておきましょう。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

ここまで、英語のヒアリングが上達する方法、ヒアリングを上達させるために必要なことについてご紹介しました。 英語が正確に聞き取れるようになるには、ヒアリング時に意識すべきポイントも大切ですが、コツコツ勉強を重ねることが大前提になります。 この点を踏まえ、もう少し話題を広げ、英語の勉強そのものについてのポイントを整理しておきましょう。 英語の勉強では、「勉強を続ける」という習慣を身につけることが難しい場合があります。 英語力を向上させたくても、勉強が続かない、モチベーションが下がって勉強できない、といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 以下、英語の勉強が続かない原因について知り、対処法を考えてみましょう。

英語学習が続かない理由

英語学習が続かない理由としては、「勉強の目的が不明確であること」「周囲の環境に英語習得の強制力がないこと」という点が考えられます。 英語に限らず、何かを勉強する場合には、「こういう知識・スキルを得たい」「勉強で得た知識・スキルでこういうことがしたい」という目的が大切です。 こうした目的が明確でないと、そもそも勉強のモチベーションを維持することが難しくなります。 また、現在の日本では英語ができなくても普通の生活を送ることはできるため、英語をどうしても習得しなければならないという強制力がありません。 こうした周囲の環境も、英語の勉強がなかなか続かない原因と言えます。 これら2点について、以下、詳しく整理していきましょう。

勉強の目的が不明確

何となく英語の勉強をするだけでは、目的が不明確なため、勉強は続かなくなります。 ヒアリングの勉強であれば、「ビジネスシーンで英語が聞き取れるようになりたい」「外国人の方ともっとコミュニケーションを取りたい」など、目的を明確にする必要があります。 こうした目的がないと勉強の継続は難しいでしょう。 特に社会人が行う勉強は、周りに流されて行うものではありません。 周りに影響されて何となく勉強をしても、目的を持って勉強をしている人と比べて緊張感は少なくなります。 緊張感がないとモチベーションが維持できず、勉強も続かなくなってしまいます。 意味のある勉強を行うためにも、勉強の目的を明確にし、目的に沿ったカリキュラムを決めましょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

英語ができなくても生活できる環境が続けば、英語習得の強制力がないため、勉強が続かない原因になり得ます。 もちろん英語を重要視する企業も増えていますが、ビジネスシーンで英語を必要としないケースも多く見られます。 こうした環境の中で英語の勉強を継続するには、なおさら目的を明確にし、モチベーションを維持する必要があります。 例えば、英語が必要な職場を転職先として考えている場合であれば、現時点の環境で英語が必要でなくても、英語を勉強するモチベーションは維持されるでしょう。 こうしたケースでは、周囲の環境にかかわらず勉強の目的がはっきりしています。 このように、目的さえ明確であれば、周りに関係なく勉強を継続することも可能です。

英語のヒアリングを上達させるために英語の基礎力をしっかりつけよう

今回は、英語のヒアリングが上達する方法や、ヒアリングを上達させるために必要なこと、英語の勉強を継続するポイントなどをご紹介しました。 英語のヒアリングを上達させるには、英語の音を最後まで聞く、知っている単語が出てきても止まらない、なるべく和訳を介さないなどのポイントを意識したうえで、単語や文法などの基礎力を磨くことが大切です。 ただ英語を聞いて英語に慣れるだけでは、ヒアリング力が上達するとは言えません。

また、より正確なヒアリング力を鍛えるためには、単語力や文法力といった基礎力のほか、英語のアクセントや特有の発音に慣れることも大切です。 そのほか、コミュニケーションの質を上げるため、相手の国の文化的な背景にも目を向けると良いでしょう。 近年、ビジネスシーンがグローバル化する中、英語によるコミュニケーションの重要性も高まっています。 こうした動向に対応するためにも、英語のヒアリング力を上達させておくことが重要です。 英語を話す力も必要ですが、相手と良質なコミュニケーションを取るためには、まず相手の言っていることを正確に理解する必要があるからです。 このようなポイントをおさえ、英語のヒアリングの上達にぜひ役立ててみてください。

アクセスランキング