IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネス英語の効果的な勉強法10個|ビジネス英語の無駄な勉強法3つ

英語

ビジネス英語をマスターするために効果的な勉強法を探してみると、世の中には多くの勉強法があることがわかります。本記事では、ビジネスマンが時間を無駄にすることなくビジネス英語をマスターできるように、本当に効果が得られる勉強法を厳選してご紹介します。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

多くのビジネスマンが英会話教室に通ったり、独学したりして英語習得に取り組んでいますが、一方で英語への苦手意識を口にし、まったく英語習得に取り組んでいない人も数多くいます。 苦手のひとことで、「ビジネス英語に取り組む時間をもっと有意義に使いたい」と考えている人は、実はとんでもなく損な時間の使い方をしています。 ここでは、ビジネス英語がわかるかわからないかで、ビジネスにどのような影響があるかについてご紹介します。

英語ができると情報ソースが増える

現代では、学術界でもビジネス界でも、公用語は英語が使われています。 新たな発見があった場合や、新しい技術が生まれた場合に、その情報を論文や記事などでいち早く手に入れるためには、英語力が必要になります。 英語力がないと、誰かが必要な情報を日本語訳してくれるまで待たなければなりません。 世界情勢にアンテナを高く張り、いち早く有効な情報を仕入れるためには、英語力、中でもビジネス英語に関する力が不可欠となります。

英語ができると年収が上がる

ビジネス英語の能力と昇給とが直結するかは、勤めている会社の人事制度や所属する部署の業務などにもよりますが、株式会社キャリアインデックスの調査によると、年収700万円以上の人の半数近くが、英語の読み書きに問題がないと回答しています。 株式会社キャリアインデックスの調査の全体平均で、自分の英語力に自信のある人が20%程度のなか、年収700万円以上の人は50%近いことからも、高年収を得ている人が英語習得へのモチベーションも高いということが読み取れます。

英語ができると仕事のチャンスが増える

ビジネス英語を習得できていれば、仕事のチャンスは断然増えます。 現在のビジネス界はグローバル化が著しく、海外に自社の支店や事業部などを抱える会社も多いため、ビジネス英語ができる社員は会社から頼られる存在となります。 海外企業との取引、自社の海外展開、いずれもビジネス英語を使って意思疎通を行うことが必須です。 日本語だけのコミュニケーションでは、たちうちできない世界であることに気づいて、ビジネス英語を強化してください。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

ビジネス英語に長けていると会社に認めらえて、海外出張が増えるということは、会社のお金で海外に行く機会が増えるということです。 海外取引の多い会社では、ビジネス英語ができない社員も海外に出さざるを得ない状況ですが、ビジネス英語ができる社員は、英語を母国語とする国へも優先して派遣します。 決まった国だけでなく、多くの国に出張してみたいという人は、ぜひともビジネス英語を習得し、どこの国へも行ける体制を整えておきましょう。

ビジネス英語の勉強法のポイントは実践で役に立つことである

ビジネス英語は、一般的な日常英語と区別して使われていますが、どこがどう違うのかご存じでしょうか。 ビジネス英語は、ビジネス相手に失礼がないよう、丁寧な表現で専門的な内容を扱う英語です。 表現が丁寧なだけでなく、ビジネスの場で語らう実践的な単語も必要になるので、覚えなければならない単語や表現が多くなります。 日常英語は、日常の会話で使われるので、くだけた表現もたくさん含まれています。 日常英語よりもビジネス英語の方が高いレベルを要求されているイメージがありますが、覚える順番としては、丁寧なビジネス英語の表現を覚えた後、日常のくだけた表現を取り入れていく方が、英語習得が楽になるという人もいます。

ビジネス英語を習うからには、ビジネスの場で活かせないと意味がありません。 ビジネスの場の交渉というと、流ちょうな英語で、ネイティブと議論を交わす姿を想像しがちですが、実際には「伝えるべきことをきちんと伝える」「相手の言っていることをきちんと理解する」ことが求められます。 ビジネス英語では、ネイティブのみならず、非ネイティブの話す英語も理解でき、非ネイティブに対しても英語で意思を伝えられる実践的な力が求められます。

ビジネス英語の効果的な勉強法10個

ビジネス英語は、中学校や高校の授業で習う英語に比べると、専門的な単語も多く、高いレベルの英語力が求められるイメージがあります。 「英語レベルが高い」というイメージだけで、やみくもに難しい単語を覚えたり、ビジネスの専門用語を覚えたりするのは、良い勉強法とはいえません。 学校で習った英語の知識をベースとして、ビジネス英語につなげていくために、体系的な勉強法を実行することで、効率的にステップアップを図ることができます。 ここでは、ビジネス英語を身につけた多くの人が実施してきた、効果のある勉強法をご紹介します。 すべての勉強法を実施する必要はありませんが、自分ができそうなところ、自分に足りていないところなどから優先的に組み込んでみましょう。

ビジネス英語の効果的な勉強法1:定番のフレーズから覚える

ビジネス英語の中でよく使われる表現は、定番のフレーズとして丸暗記してしまうのが早道です。 中学英語の中でも最初の方で覚える、「How do you do?」などは、単語ひとつひとつの意味や文法として覚えているというよりも、「よろしく」という表現のフレーズとして覚えているのではないでしょうか。 同じように、ビジネス英語の中でよく使われる表現はフレーズというひとつのまとまりで覚えてしまうのが、とても有効で簡単な勉強法のひとつです。 簡単なところでは、「いい考えですね」という表現の「Good idea!」や、反対に「それは残念ですね」を表す「That’s too bad.」などを覚えておくとよいでしょう。 最初のうちは、「よく聞き取れませんでした(I’m sorry, I couldn’t catch that.)」も便利です。

ビジネス英語の効果的な勉強法2:レベルに合った教材やレッスンを選ぶ

ビジネス英語を始めようと決意したら、英会話レッスンに申し込むか、ビジネス英語の市販教材を購入することになるでしょう。 この初めの選択として大切なのは、背伸びをしたり、自己評価を低くしたりすることなく、自分の英語レベルに見合ったレッスンに申し込んだり、教材を購入したりすることです。 ビジネス英語は、難しいイメージがあるものの、英語力が初級レベルの人からでも始められるので、教材やレッスンの中にはかなり平易なものから高度なものまで幅広いレベルの選択肢があります。 英会話教室の多くは、レベル判断をしてくれる面接やテストがありますが、オンラインレッスンや購入する教材は自分がレベル判断をすることになるので、身の丈にあったものを確実に選ぶようにしましょう。

ビジネス英語の効果的な勉強法3:実践できる場を設ける

独学という勉強法を選択した人は、実践的にビジネス英語を使う機会をなかなかつかむことができません。 ビジネス英語を使う機会は、自分で積極的に設けたり、参加したりする必要があります。 レッスンに通っている人も、いつも決まったメンバでの会話になりがちなので、できるかぎり実践の場を自分で作りましょう。 初めのうちは、覚えたフレーズを使う場面を自分で想像し、シミュレーションしてみるという勉強法も有効です。 英語力がある程度付いたら、英語しか使えない英会話カフェに行ってみるものおすすめです。 短期ホームステイやワーキングホリデーなどに思い切って踏み切ってみれば、飛躍的にビジネス英語が身につきます。 リアルな世界で機会を持てないという人は、SNSなども活用してみましょう。

ビジネス英語の効果的な勉強法4:注力ポイントを絞る

ビジネス英語とひと口に言っても、学ばなければいけないポイントはたくさんあります。 日常英語と同様に、「聞く」「読む」「書く」技術が必要になります。 すでに英語の仕事が決まっている場合は、その仕事の中でもっとも重視されている技術から取り組んでみましょう。 将来を見据えて、自発的にビジネス英語に取り組もうとしているのなら、まずは自分が一番得意な分野から始めてみましょう。 追い込まれている分野や、自分が好きだと思える分野であれば、あまり苦に感じずに取り組むことができます。 また、「聞く」「読む」「書く」のいずれから始めたとしても、英語力を身につけることはできます。 続けられるところから始めることこそ、ベストな勉強法といえます。

ビジネス英語の効果的な勉強法5:スケジュールを立てマイルストーンを置く

ビジネス英語の勉強は、TOEIC試験対策などと異なり、明確な目標ポイントがない場合が多く、継続していく中でモチベーションがだんだん下がってきてしまうことがあります。 勉強開始時の自分の実力を把握し、いつ何をやるかというスケジュールと、自分の英語学習が身についているかを確認するためのマイルストーンを用意しましょう。 スケジュールに基づいて、自分が選んだ勉強法を実施した結果を、途中のマイルストーンで確認することができるため、「学習継続する」というモチベーションを維持できます。 マイルストーンで確認した結果、あまり芳しい結果が得られないときは、勉強法を見直して、スケジュールを再立案します。

ビジネス英語の効果的な勉強法6:シャドーイング

シャドーイングは英語の勉強法の王道といえる方法ですが、少々難易度が高い勉強法だともいわれています。 しかし、ビジネス英語を学んでいる以上、いつかどこかでビジネスに関するスピーキングも必要となるはずなので、高度であっても積極的に取り組みましょう。 シャドーイングの教材とするのは、ビジネス英語教材でも構いませんが、英語レベルが追いついていないようであれば、大統領の演説なども利用できます。 大統領演説は、教養が高くない人でも理解できる、平易な英語が使われているため、初期のリスニング教材としても適しているといわれています。 平易な英語でありながら、大統領の演説として正式な英語が使われているので、ビジネス英語のシャドーイングにもおすすめです。

ビジネス英語の効果的な勉強法7:ビジネス英語の頻出単語を覚える

ビジネスの場では少々格好悪いことですが、最悪でも単語を並べればコミュニケーションをとることができます。 特に、相手も非ネイティブの場合は、流ちょうな英語よりも、単語を並べただけの英語の方が通じることもあります。 いろいろな勉強法がある中で、単語の暗記は必ずやるべきことです。 ビジネス英語として極めたいのであれば、単語もビジネス英語頻出単語に絞って暗記しましょう。 ビジネス英語でよく使われる英単語を、ただ覚えるだけではなく、自然とその英単語が出てくるようになるまで、徹底的に暗記をしましょう。 スペル・発音・意味を覚えきれたと感じたら、ビジネスシーンを思い浮かべ、ところどころで必要な英単語が使えるか試してみましょう。

ビジネス英語の効果的な勉強法8:スマホアプリの利用

英語習得のため、スマホアプリを活用することもできます。 ビジネス英語に特化したアプリが見つからなければ、TOEIC対策のアプリがビジネス英語習得にも活用できます。 スマホアプリは、通勤通学の隙間時間や、何かを待っている間の無駄になってしまう時間などを有効活用できます。 ゲームやクイズ形式の勉強法だからといって、内容のレベルが低いわけではありません。 むしろ、音と文字とイメージが提示されるので、「聞く」「読む」「イメージと単語を結びつける」ということの学習に長けた勉強法といえます。 スマホアプリは数も多く、どれにしようか迷ってしまいますが、口コミなどを参考に自分のスタイルにあった勉強法を提示してくれるものを選びましょう。

ビジネス英語の効果的な勉強法9:ディクテーション

ビジネス英語習得のためには、ディクテーションも取り入れてみましょう。 ディクテーションは「書き取り」にあたる勉強法です。 リスニング教材を使用して、聞き取った内容をそのまま書き出します。 聞き取れなかった単語や聞き取れたけれどスペルがわからなかった単語などは、そうわかるように印をつけるなどして、とにかく最初から最後まで聞き取れたすべてを書き出します。 リスニング問題のスクリプトを確認し、自分が書き出した英文と比較して復習しましょう。 復習として、聞き取れなかった単語や正しく書けなかった単語の確認を行い、再度リスニングしてみましょう。 ディクテーションのときに聞こえなかったり、間違えたりした単語に集中して聞くようにしましょう。

ビジネス英語の効果的な勉強法10:テレビの活用

英語放送のテレビ番組を活用する勉強法は、かなりレベルの高い英語力が必要になります。 英語力を向上させていく過程の勉強法としてはあまりおすすめではありませんが、自分に英語力がどのくらい身に付いたかの確認方法として有効です。 ドラマでは、ビジネス会話と日常会話が混在しているので、ビジネス部分だけを英語教材として注力して聞くようにすると良いでしょう。 英語のテレビ番組を教材とする際におすすめなのは、ニュース番組です。 ニュース番組も、英語力があまりない者にとっては難しい教材ですが、英語を話す人にとって、日常的に耳にし、理解できている番組です。 そう考えれば、ニュースが理解できる英語力は目指すべきといえるでしょう。

ビジネス英語の無駄な勉強法3つ

ビジネス英語を学ぼうと、有効な勉強法を調べていると、確かに勉強法としては有効な手法であるものの、初心者には向かないとか、ビジネス英語には向かない、など、誤った勉強法になってしまうものもあります。 がんばって勉強していたのに、効果的でなかったり、遠回りになってしまったりする勉強法だとしたら、一気にモチベーションも落ちてしまいます。 ここでは、ビジネス英語を低めのレベルから習得しようと考えているという人は、避けた方がよい勉強法をご紹介します。 ここでご紹介する勉強法は、あくまでも「初心者でビジネス英語を習得したい人」に適していないだけで、勉強法としてダメなわけではありません。 英語レベルがあがったら、取り組んでみるのも悪くはありません。

ビジネス英語の無駄な勉強法1:ネイティブの発音習得

ビジネス英語が必ずしもネイティブによって語られるとは限りません。 そのため、ネイティブの発音にこだわるのは無駄になる場合があります。 誰にでも伝わるように話すことができ、どのような発音がされても話されている内容が理解できるようにしておく必要があります。 インドや中国の人たちがビジネス社会で多数を占めていることもあり、彼らが話す英語を聞き取れるようにしておくことも必要です。 そのため、アメリカやイギリスなどの人が話す英語を「正解」として覚えるのではなく、インド人の発音の傾向や、中国人の傾向など、多角的に理解できるようにトレーニングしておく方が重要になります。

ビジネス英語の無駄な勉強法2:洋書や映画で勉強する

ビジネス英語では難しい英語は使いません。 複雑なものの言い方をして混乱を招くよりも、シンプルに必要なことを伝えることが大切です。 ビジネス英語は日常英語よりも高度なイメージがありますが、むしろ構成はシンプルです。 受験英語の参考書はビジネス英語にとってはハイスペックな参考書といえます。 受験英語のように難しい単語や言い回しを使う必要はありません。 長文を不要です。 ビジネスの世界では、難しい英語長文を使う人は「伝え方が下手な人」と認定されてしまいます。 洋書や映画の中では、難しい言い回しや特殊な単語、スラングなども使われているので、ビジネス英語の教材としては不適当です。

ビジネス英語の無駄な勉強法3:速い英語を聞く

ネイティブのスピードに慣れるために、速い英語を聞き取る練習というのは英語の勉強法としてよく使われていますが、ビジネス英語の習得時にはおすすめできない勉強法といえます。 ビジネスの場合は、一方的に相手の話を聞くような局面は少なく、基本的に聞き取れなければ、「早くて聞き取れないので、ゆっくり話してください」とお願いすることができます。 スピードに慣れようとあいまいなままの英語をハイスピードで聞くよりも、「もっとゆっくり話してください」という英文を覚えた方が実践に活かせます。 相手もビジネスを成功させたいはずなので、お願いすればゆっくりとわかりやすい英語で話してくれます。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語は義務教育として教えられているにも関わらず、皆が実際に英語を使いこなせているわけではありません。 自己啓発学習として英語を学び続けている人でも、自分で納得がいくほどの実力がついていないということも良く耳にします。 他の勉強にも言えることですが、特に英語では継続学習が大切だといわれています。 なんとなく勉強続けるのではなく、毎日学習意識をもって続けていくことが必要で、アスリート同様の鍛錬が求められるともいえます。 英語が話せるということにあこがれて自ら英語に取り組んでいるにも関わらず、長続きしないという人もいます。 継続することが大切だとわかっているのに、長続きしないのはなぜでしょう。 ここでは、英語学習が続かない理由をご紹介します。

英語学習が続かない理由

英語学習が続かない理由は、自分のことを振り返ってみてもなかなか明確にはなりません。 英語学習をやめてしまう明白なきっかけがあるわけでではなく、なんとなく続かなかったという反省しかないためです。 しかし、英語学習が続かない人を客観的に見てみると、確かな共通点があります。 この共通点は、強い意思とか想いといったものではありませんが、「続かない理由」になっています。 英語学習を継続できていない人は、「今日はサボってもいいかな」という想いがきっかけとなり、なし崩し的に勉強を中断してしまいます。 中断した勉強を再開することもありますが、またしばらくすると、同じ過程を経て中断してしまいます。 せっかく始めたことを、フェードアウトするかのように中断したりやめてしまう原因を考えてみましょう。

勉強の目的が不明確

「英語をペラペラに話せたらカッコいい」という理由で勉強を始めた人が、いつのまにか勉強をやめてしまう原因に多いのが「目的不足」です。 「カッコいい自分になりたい」ということも、十分学習目的になりますが、ただ漠然と「カッコいい自分」をイメージするだけでは、モチベーションが続きません。 たとえ「英語の話せるカッコいい自分」という目標だとしても、真剣に目指すのであれば、目標達成に向けたカリキュラムを考え、スケジュール化・マイルストーン化しておかないと、目的なくズルズルと過ごすことになってしまいます。 せっかくカリキュラムを考えても、実力にあったレベルでなかったり、スケジュールが無謀であったりすると長続きしません。 英語を学習する目的を、自分自身の意思として刻み、意識しながら勉強していくことで、モチベーション維持が図れます。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

業務で英語習得の必然性に迫られているとか、海外出張や転勤がすでに予定されているという場合は、英語習得しなければいけないという想いが強いため、英語学習をサボる気にもなれません。 あまりにも疲れていたりして、「今日はサボってしまえ」という気になる日があっても、英語を必要とする期限は待ってくれないので、翌日からはしっかりとまた学習を継続できます。 しかし、自己啓発として英語の勉強を始めた場合などは、こうした差し迫った問題がないので、「サボってしまえ」という日が毎日続き、いつのまにか勉強しないことが日課になってしまいがちです。 差し迫った必要性がないのに、自分の意志で勉強しているという人も、スケジュールを立てる際に何らかの「締め切り」を用意することで、モチベーションを維持できます。 「締め切り」は、TOEICなどの試験でも、英語圏への旅行でも効果があります。

効果的な勉強法でビジネス英語をマスターしましょう

ビジネス英語を習得しようとしている人は、これから海外ビジネスに携わろうとしている人やすでにビジネスで英語を使う予定があり、スケジュール的に追われている人も多いでしょう。 限りある時間を有効に使い、なるべく早くビジネス英語をマスターするために、自分にあった勉強法をいち早く見つけ出すことが大切です。 誰かが実施して効果があったからといって、必ずしも自分にあった勉強法とは限りません。 しかし、誰かが実施して効果があった勉強法をいろいろ試してみれば、自分にあった勉強法が見つかる可能性があります。 自分で勉強法をゼロから試行錯誤するよりも、手っ取り早く自分にあった勉強法が見つかる可能性があるので、まずは「効果がある」という勉強法を試してみましょう。

自分が継続できそうだと思う勉強法や、自分の弱点克服に有効だと思われる勉強法がみつかったら、その勉強法を自分のものとし、英語学習を継続していきましょう。 あせることなく、着実な勉強法を継続して実施することで、英語は着実に身についていくはずです。 自分に一番適した勉強法を活用することで、効率的にビジネス英語をマスターし、グローバルビジネスの世界でも活躍しましょう。

アクセスランキング