IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英会話学習に効果的なシャドーイングのやり方5ステップと注意点

英語

英語の学習方法として「シャドーイング」という方法があるのをご存じでしょうか。シャドーイングは効果的な英語学習方法として取り組む人も多く、きちんと継続学習できれば確実に英語力が身につくとされています。本記事ではシャドーイングの効果や学習方法についてご紹介します。

更新日時:

シャドーイングとは

「シャドーイング」は、英語を聞きながらすぐに発声する通訳訓練法のことです。 復唱とは異なり、「聞きながら」というところがポイントになります。 リピートや復唱では、英語の一文を聞き終えてから、発声を行います。 シャドーイングでは、音を聞いてすぐ、遅れても0.2秒程度の遅れで、元の音声の影であるかのように、追いかけていかなければなりません。 影(shadow)のように追いかけることからシャドーイング(Shadowing)と呼ばれています。 「聞く」ことと、「発音する」ことを同時に行わなければならないので、難易度の高い学習法ですが、ポイントをおさえて実施できれば、確実に英語のスキルをあげていくことができます。

シャドーイングによって身につくスキル

英語の効果的な学習方法としてシャドーイングが必ずあげられます。 シャドーイングが効果的な学習方法として注目されているのは、ネイティブの真似をすることで、「発音」、「英語のリズム」、「音の強弱」、「イントネーション」を自然と学ぶことができ、よりネイティブに近い話し方ができるようになるからです。 シャドーイングによる英語発声の練習を重ねることで、テキストを読むんで訳すだけの勉強法よりも、「リスニング力」、「スピーキング力」、「語彙力」いずれの強化も図ることができます。 読めるけれど話せないという悩みを抱えている人には、ぜひとも試していただきたい勉強方法といえます。 ただし、シャドーイングは一度実行すればよいという勉強法ではなく、毎日繰り返して実施する必要があります。

リスニング

シャドーイングによりリスニングを強化する際に重要となるポイントは、「聞こえてくる英語と全く同じ発音、同じスピードで発声する」ということです。 自らが発声するためには、集中して英語を聞かなければ音の判別ができません。 ただ「よく聞きましょう」といわれてリスニングだけをする場合よりも、聞こえてくる音声により集中して向かい合うことができます。 繰り返し練習する中で何度も集中して英語の音声を聞くため、英語のスピードに慣れ、シャドーイング実施前には聞こえてこなかった単語や子音まで聞こえてくるようになります。 耳がネイティブの英語発声に慣れることで、日本人に聞こえにくかった音も聞こえるようになるため、リスニングの際の英語単語の聞き分けができるようになります。

スピーキング

テキストを声に出して繰り返し読むのと、シャドーイングによるスピーキングとでは、英語独特のイントネーションや、リズム、区切り方などに対する気づきが異なります。 ただテキストを読んでいても、ネイティブのイントネーションなどはわからず、自分の中にある英語のイメージを掘り起こして実施するにすぎません。 シャドーイングでは、ネイティブが発生した直後に自分も真似をして発生するので、それまでの自分の思い込みなどを持ち込むことができません。 そのため、自然とネイティブのリズムが口から出てくることになります。 シャドーイングのレベルが高くなり、スピーチの意味にも注意を向けることができるようになると、「相手に伝わる英語の話し方」までもが身につきます。

ボキャブラリー

ネイティブが話した英文を、そのまま真似して発声するシャドーイングは、自分でひとつひとつの単語を声に出すので、テキスト上の単語をただ暗記する勉強法よりも、語彙力が確実にあがります。 文章の中の語彙をひとつひとつ声に出すこと、繰り返し発声することで、多くの単語を頭に刻み付けることができるためです。 ただし、シャドーイングだけで身につけることができるのは、文章を構成する単語の音のみです。 単語の正しいスペルや意味は、シャドーイングの復習としてしっかりと確認しておく必要があります。 シャドーイングにより英語力が向上すれば、単語の発音からスペルはある程度検討がつくようになり、文章の脈略からおおむね意味も理解できるようになります。

シャドーイングで学習効果が上がる人とは?

シャドーイングは、基本的に誰でも英語の学習効果を上げることができます。 シャドーイングをやったつもりでも、一向に英語が話せるようにならないという人は、シャドーイングのやり方が間違っているか、ポイントを外しているということになります。 シャドーイングは一朝一夕で効果がでる学習法ではなく、日々の鍛錬が必要な学習法です。 いわば筋トレに似ています。 サボれば、一歩後退することにもなりかねません。 また、シャドーイングはいかに元のネイティブ音声を真似できるかもポイントになります。 ものまねの恥ずかしさを気にせず、マネすることに徹することができれば、発音・イントネーション・リズムなど重要な音の出し方を身につけることができます。

効果的なシャドーイングのやり方5ステップ

せっかくがんばってシャドーイングに取り組むのなら、無駄にならないよう効果的なやり方を覚えて取り組みましょう。 前述したように、シャドーイングにより身につく英語力と、シャドーイング外で身につけなければならない英語力があります。 この2つは別々に勉強するよりも、ルーチンに組み込んで順番通りに実施したり、並行して行ったりした方が、学習効果が期待できます。 ここでは、シャドーイングの効果を十二分に発揮するために考えられた、5つの学習ステップをご紹介します。 シャドーイングを初めて始める際は、まずご紹介する5ステップに沿う形で学習してみましょう。 慣れてきたら自分なりにカスタマイズしたステップを追ってみるのも良いでしょう。

シャドーイングのやり方ステップ1:リスニング

シャドーイングといえば、「聞く・話す」なのでリスニングをすることは当然の順番といえますが、リスニングする際のコツがあります。 最初のリスニングに際しては、「何も準備をしない」ことが鉄則です。 テキストを開いて、あらかじめ文章を読んでおく、知らない単語の意味や発音を調べておく、といった「予習」は必要ありません。 最初のリスニングでは、テキストを見ずに全文を聞くことが大切です。 シャドーイングの1ステップ目ですが、この段階ではシャドーイングは行いません。 まず、聞いてください。 リスニングする中で、何の話題が語られているのか、ざっくりと意味をつかみましょう。

シャドーイングのやり方ステップ2:シャドーイング1回目

シャドーイングの2ステップ目で、1回目のシャドーイングを行います。 このとき、テキストは見ずに、聞こえる英文だけを手がかりにシャドーイングします。 最近はスマホなど、簡単に録音できる機器が身近にあるので、シャドーイングの音声を録音しておくと、後のステップで効果的な復習ができるようになります。 格好よく英語で語りたいこととは思われますが、シャドーイングの途中でつまずいたり、ついて行けなかったりしても、シャドーイングを止めることなく次に進みましょう。 まずは流ちょうに話すことよりも、発音、イントネーション、リズムを真似することに注力するのが大切です。

シャドーイングのやり方ステップ3:テキストの確認

シャドーイングの3ステップ目として、テキストなど、シャドーイングの文章が文字として書かれた資料を見て、文章全体の内容をきちんと把握します。 シャドーイングした文章の中の、聞き取れなかったり単語や意味がつかめなかった単語の確認をしましょう。 1回目のシャドーイングで録音していた場合は、このステップで自分が真似できずに過ごしてしまった単語や、音で聞いただけではうまく単語として発音できなかった単語などを把握しておきましょう。 この3ステップ目で、1回目のシャドーイングをいかに効果的に復習できるかが、この日のシャドーイング全体に大きく影響します。 テキストを見て復習した内容をもとに次のシャドーイングを開始します。

シャドーイングのやり方ステップ4:シャドーイング2回目

4ステップ目は2回目のシャドーイングです。 2回目のシャドーイングもテキストは一切見ずに、耳から聞こえた音声をそのまま真似て発声します。 振り返りのためにも、可能であれば録音はしておいた方がよいでしょう。 1回目のシャドーイングと比較することもできるよう、1回目の録音にかぶせることなく、別に録音しておくことをおすすめします。 ステップ3で文章の意味や単語を確認した後なので、1回目よりもスムーズにできるようになっているはずです。 1回目のシャドーイングで、ついていけなかったり、リズムを外していたような場所でも、2回目の方がましになっているのではないでしょうか。 1回目のシャドーイングで、大きな声が出せていなかった場合は、2回目にはきちんと周囲の人に聞き取ってもらえるくらいの大きさの声を出せるように注意しましょう。 慣れてたら文章の意味も考えながら練習してみましょう。

シャドーイングのやり方ステップ5:ディクテーション

最後のステップとして、ディクテーションを行います。 ディクテーションは、書き取りの練習です。 ディクテーションもリスニングに集中するため、リスニングの上達にも効果があります。 ディクテーションは「聞きながらの書き取り」なので、書くということを通じての語彙力向上に効果があります。 シャドーイングだけでは強化できなかった単語のスペルを、ディクテーションで脳に刻むことができます。 シャドーイングでリズムとして刻まれた語順を、ディクテーションにより書き表すことで文法として確認するという効果もあります。 ディクテーションよりもシャドーイングの方が難しい勉強法なので、シャドーイングができる段階の人にとっては、軽めの確認作業ということになります。

シャドーイングをするときの注意点

シャドーイングは効果的ですが難易度は高めの学習方法です。 毎日続けることが難しいということもありますが、「聞きながら話す」という行為自体が難しい行為であるためです。 学習効果を得るためには、あまり背伸びをせず、できるところから始めて続けていくことが重要になります。 ここでは、シャドーイングを効果的に実施するために、実施時に注意すべき事項をご紹介します。 学習した効果がきちんと自分に戻ってくるように、注意点を踏まえて効果をしっかりと得られるように勉強しましょう。 シャドーイングは一朝一夕で効果が出る学習方法ではないので、長丁場になることを前提に、身の丈にあった方法で進めていきましょう。

集中できる環境で行う

シャドーイングは集中してリスニングする必要があります。 どのような場所であっても集中してのめりこむことができるという人もいますが、多くの人は環境によって集中力を左右されます。 人によって集中できる環境は異なりますが、シャドーイングをする際は、周囲にほかの人がいない場所がおすすめです。 シャドーイングは、もととなるネイティブの音声をものまねすることが大切なので、自分が真似をして発声していても恥ずかしいと感じない環境、声をしっかり出せる環境を選びましょう。 雑踏などの中で音声を聞き取る能力をつけることも大切ですが、シャドーイング初期のうちは、静かな場所やヘッドフォン使用などでリスニング音声を集中して拾えるように工夫しましょう。

短い文章から始める

シャドーイング用のリスニング教材を選ぶ際は、語られる文章が長いものや、使われている単語が難しいものは避け、簡単に聞き取れるものからにしましょう。 おすすめなのは、幼児向けや小学生向けの音声教材です。 絵本や児童書をもとにした音声教材なら、日本人の中学英語までで覚えた単語が使われている可能性が高く、文章や文節も短めです。 単語や文章から絵本の挿絵などの映像も思い浮かべることができ、語彙習得のヒントにもなります。 子供向けのものでは物足りないという人は、英会話の学習教材などがおすすめです。 映画やオーディオブックは、かなり難易度が高くなるので、シャドーイングに慣れてからチャレンジするようにしましょう。

スペルの間違いに固執しすぎない

シャドーイングのステップとして行うディクテーションでは、スペル間違いにはあまり固執する必要はありません。 シャドーイングの主目的は、スピーキングのリズムや発音を学ぶところにあります。 乱暴な言い方をすると、スペル間違いをしてもネイティブには推測で読んでもらえることもあり、また、書けなくても話すことはできます。 シャドーイングの中での書き取りは、あくまでもシャドーイングで覚えた単語や文章の再確認のために行っている学習であり、シャドーイングの主目的となる部分ではありません。 やるからには、きちんとやりたいという心がけは褒めるべきものですが、あまり自分に完璧さを求めると、くたびれてしまうのも早く、学習が長続きしません。

短時間毎日継続する

シャドーイングによる学習効果を得るために一番重要なことが「継続」です。 真似がへたであろうと、ついていけない部分が多かろうと、あきらめずに日々続けていれば、気が付いたら英語が話せるようになっていた、という効果を期待することができます。 シャドーイングを始めた当初は、わりとできているような気がしていても、気まぐれにしか実施しなかったり、ちょっと壁にぶつかったときにあきらめてしまったりすると、結局何の効果も得られずに終わります。 初めから気負う必要はありません。 短い文章から初めて、短い時間で終わってもかまいません。 継続して毎日続ける、到達点に達したら、ステップアップして少し難しい教材に取り組む、ということを繰り返すことで、英語力は確実にあがります。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

すでに成人している多くの人が、中学校から高校にかけての6年間、英語学習をしているにも関わらず、自信をもって「英語ができます」といえる人は少ないのが現状です。 その中には、英語に苦手意識があり、勉強をあまりしていないという人もいますが、英語に興味があり、自分んありに取り組んでみたことがあるという人も少なくはありません。 なぜ英語を習得できないのかということが話題にのぼったときに、「継続学習が難しく、挫折してしまう人が多いからだ」と理由もよく耳にします。 なぜ、英語を学びたいと思っているにも関わらず、継続して学習していくことが困難になるのでしょう。 ここでは、英語学習をなかなか続けていけない理由について考えてみましょう。

英語学習が続かない理由

英語が思うように上達しなくて頭を悩ませているという人は、自分の英語学習に対する取り組みを振り返ってみましょう。 英語教材を手に入れるだけで満足していたり、英会話教室に通うことで安心していたりしていないでしょうか。 逆に、日本語をきちんと話せているのはなぜでしょう。 日本語は多くの日本人が、生まれたときから毎日聞き、言葉を覚えてからは毎日話している言語です。 英語が母国語でなくても、日本語と同じように取り組むことができれば、日常会話に支障がないレベルには到達できるはずです。 ここでは、英語学習に取り組んでいても、日本語を覚えた過程と同じように継続して取り組むことができない理由を考察してみましょう。

勉強の目的が不明確

なぜ、英語を習得したいと思ったのでしょう。 「英語がペラペラだと格好いいから」 「旅行に行ったときにコミュニケーションに困らないように」 「洋画を字幕なしで観たいから」 など、それぞれの理由や目的が語られますが、この目的を達成したいという欲求はどのくらい強いのでしょうか。 目的がはっきりしているようでいても、達成欲求が強くないと、英語習得に向けての計画もあいまいになったり、計画すら立てられなかったりします。 達成目標によって、学習方法も異なるので、目標を明確にし、目標達成に向けたカリキュラムを組むべきです。 適性なカリキュラムであれば、自分の目標を確認しながら、無駄のない学習に納得し、毎日の継続も苦にならないでしょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

日本語を習得したときは、周囲に日本語を話す人ばかりで、日本語ができないとコミュニケーションが取れない環境だったのではないでしょうか。 ご飯が食べたい、トイレに行きたい、かゆいところがある、すべてつたない日本語であっても、しゃべらなければ周囲の人は理解してくれません。 英語も同じように、どんなにつたない英語でも、しゃべらなければ何を伝わらないという環境に放り込まれれば上達します。 海外生活をしているのでない限り、強制的に英語しか使わない環境に身を置くのは難しく、意思が強い人でなければ、英語学習がなかなか続かないということになってしまいます。

シャドーイングでしっかり英語をマスターしよう

シャドーイングの学習効果が高いことをご理解いただけたでしょうか。 学習の方法論としてのシャドーイングは決して難しいものではありません。 特別なツールを必要とするわけでもなく、お金がかかるものでもありません。 しかし、確実に効果をあげることができる学習法であることは証明されています。 シャドーイングを行っても、英語力が身につかないとしたら、シャドーイングのポイントを理解できていないためだと考えられます。 シャドーイングは、特別なお金がかからない分、自己との戦いとなります。 しっかりとした学習計画を立てることと、毎日の継続学習がシャドーイングのキモになります。 毎日継続するためにも、モチベーションを継続するためにも、学習計画を立てる際は、ところどころにマイルストーンを置き、達成度を確認するようおすすめします。

定期的に、TOEICテストに挑戦してみたり、英会話カフェに行って実力を確認してみたりする、自分なりのイベントを学習計画の中に盛り込みましょう。 毎日継続できるような学習計画を立て、シャドーイングを実施し、ぜひとも英語をマスターしてみましょう。

アクセスランキング