IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英会話を独学でマスターするための勉強法4つ|英語が上達するための方法

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

英語

英語の重要性は年々上がっているといえるでしょう。この記事では、英語がなぜ必要なのか、どのように勉強を進めたらよいのかなど、詳しくご紹介していきます。また、勉強が続かない理由についても紹介しているため、興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

英語の重要性は上がっている

英語の重要性は年々上がっており、世界での共通言語が英語になりつつあります。また、小・中学生の学習でも英語は取り入れられています。 現在ではグローバル化が進み、大人だけでなく子供にも英語の習得が要求されているのです。 日本に住んでいても、外国人と話したり、見かけたりする機会があるのではないでしょうか。 それくらい英語は世界で重要性を高めている、将来に欠かせないものになっています。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

英語を学習することによる利点はどのようなことがあるのでしょうか。ここでは、2つ紹介します。 1つ目は、留学のチャンスが生まれることです。日本以外の国に行くことでその国の文化や価値観を学び、自分の考え方の幅を広げることができます。 2つ目は、MOOCにおいて充実した学習が受けられるようになることです。MOOCとは、海外の大学の講義が受けられるシステムのことです。よりレベルの高いスキルを身に付けたい方におすすめでしょう。

職業や人生の選択の幅が広がる

英語を学習することによって、職業や人生の選択の幅が広がっていくでしょう。 英語力を身につけると、就職先の1つに外資系企業や、海外の企業を含めることが可能になります。海外の企業に就職する場合は、海外への移住も実現できるかもしれません。 多くの日本人が海外へ移住してしまうと、日本のマーケットが縮小してしまうリスクが高まります。そうすると、日本の経済が悪化してしまうので、海外の企業と日本の企業の連携を可能にしていける活動ができるとよいでしょう。

受験や就職に有利

英語が母国語でない人が多いからこそ、受験では点数の取り所になったり、就職においては有利なスキルになったりしていくのです。 ビジネスにおいても海外企業と連携する場合、外国人とコミュニケーションをとる必要があります。コミュニケーションなしで、連携プロジェクトが成功することは少ないでしょう。 英語が話せるだけで企業に大きく貢献できるのではないでしょうか。このような視点からも、英語力が身についているか身についていないかでは、大きな差が生じます。

今までの勉強法で英語が身につかない理由

英会話教材で勉強しても上達しない理由

英会話をしようと思っても、語彙力がまだ十分に身についていないのであれば、わからない単語に出会う可能性もあるでしょう。 英会話教材だけを利用すると、対人で学ぶことができません。そのため、わからないことがあっても簡単に解決できないでしょう。 それに加えて、教材に載っているセリフが日常的に使われるかというと、全てが使われるわけではないでしょう。英語には、その日本語を表す言葉はいくつもあります。 様々な場面に合わせて使い分ける能力も身につけないといけないので、限られたセリフを覚えても、なかなか上達しない事態が生じます。

英会話スクールに通っても上達しない理由

英会話スクールに通っても、わからなくなると日本語に頼ってしまう可能性があります。 言いたいことが英語で表現できないと、日本語で言ったら伝わるのに、と思ってしまうかもしれません。 また、たとえ文を思いついたとしても、少ない語彙の中で作られたのなら、実際に話そうと思っても、相手に自分の言いたいことが伝わるという保証はできません。 これでは、お金も時間もただ浪費しただけになってしまいます。英語を学ぼうと思っても意味がないと思い込み、せっかく学ぶ機会がやってきても「諦める」という選択肢をとってしまいます。

英会話を独学でマスターするための勉強法4つ

様々な方法を試しても自分の英会話に上達が見られないとき、独学という手段を選択するかもしれません。 独学だと、自分に合う英会話の勉強方法を追求できるというメリットがあります。 自分で足りない能力を知り、自身のスケジュールにあわせて勉強できるなど、たくさんの利点があるでしょう。 しかし、独学をするにあたって1つだけ心に留めておいてほしいのが、「人それぞれ自分に合う勉強方法が見つかるまでの時間には差がある」ということです。 英会話教室や塾に通うと、先生が自分の苦手や自分に合う勉強方法を教えてくれますが、独学で勉強しようと思うと、先生がやっていたことを自分がやらなければいけなくなります。

英会話を独学でマスターするための勉強法1:基礎文法を一気に学ぶ

単語はある程度覚えたけど、英会話能力が身についている気がしないという人に足りていないのが、基礎文法だといえます。 いくら単語を覚えていたとしても、それが文として成り立っていなければ、英会話で相手に正確に伝えるのは難しいでしょう。単語の羅列とジェスチャーで伝わる場合はあります。しかし、きちんとした英会話をしたいという人は、基礎的な文法からマスターしましょう。 基礎的な文法を学ぶだけでも、英会話のコミュニケーションの幅は広がっていきます。ここでのポイントはダラダラせず、一気にマスターすることです。 ダラダラすると1つ覚えたところで1つ忘れてしまうかもしれません。気合いを入れて、一気にマスターしましょう。

英会話を独学でマスターするための勉強法2:基礎文法を実際に使えるようにする

英会話の基礎文法を独学で身につけたら、次のステップはそれを実際に使えるようにすることです。日本語も1つの文法を覚えるだけで、色々なことを自分から発信できるようになります。英語も同じでしょう。 今度は応用できるように、簡単な単語を用いながら自分で表現する練習をしていく必要があります。 これには実際に声に出して話してみることと、書いてみることの2つの方法があります。どちらを先にやってもいいですが、両方やると独学での効果は倍増するのではないでしょうか。 隙間時間などを有効利用すると、独学での英会話の練習は気軽に続けられるでしょう。そして、インプットをしたら次はアウトプットをすることが、独学での英会話を上達させる近道になるかもしれません。

英会話を独学でマスターするための勉強法3:リスニングのトレーニングをする

自分の伝えたいことが伝えられるようになったら、今度は会話ができるように相手が伝えていることを、聞き取れるようにトレーニングしていきましょう。 一方的に自分の意見を伝えるだけでは、どんな会話も発展していきません。 現在、インターネットも普及して様々な情報を得られる環境が整っています。ですが、英会話におけるリスニングのチャンスを手に入れられるのは自分だけです。 これからいくつか独学でのリスニングの練習をするための手段を紹介していきます。手段によっては、レベルの高いものもあると思うので、無理のないレベルで実践していきましょう。

・ラジオやテレビで外国語のニュースを聞く
・英会話のリスニング用の教材を利用する
・テレビの番組を日本語ではなく、英語で視聴する
・身の回りにいる人に協力してもらい、本などを音読してもらう
・YouTubeでリスニングに関係するものを視聴する

英会話を独学でマスターするための勉強法4:効果的なアウトプットを継続する

「継続は力なり」といわれるように、継続こそが独学での英語力の維持、発展につながります。アウトプットは1度や2度では効果は現れません。また、断続的な実践でもすぐに効果がないことに気が付きます。 アウトプットを継続するには、日記を英語でつけてみてはいかがでしょうか。日記は毎日つける癖がつくと、自然と日課になっていきます。また、何日も全く同じ行動をとることはないので、新しい単語や言い回しに出会うかもしれません。 1度でも今日はいいかな、と思ってしまうと、独学は3日坊主になってしまいます。同時に、今までの単語や文法、リスニングの勉強が水の泡になってしまうでしょう。 そうならないように、決まった時間に行うなど、ルーティンにするのがベターです。

絶対にしてはいけない勉強法

英語力を身につけるにあたって、全ての勉強方法が英会話力を身につけるのに必要かというと、そのようなことは一切ありません。 もちろん、人それぞれ独学での勉強方法には違いがありますが、注意するべき勉強方法はあります。どれだけ勉強時間を費やしていても、「効果がないな。」と思うときはこれから紹介する方法で勉強していた可能性があります。 もしも、これを読んで自分に当てはまるものがあれば、直ちにやめることを検討してもいいでしょう。これは人によってあう、あわないがあるのではなく、どのような人にも一貫していえることではないでしょうか。自分は身についていると思っても、実際にはその気がするだけなのです。 独学で英会話力をつけようと思っているあなた、これからお伝えする方法で時間を浪費しないようにしましょう。

作業としての「書く」ことより読んだり聴いたりすることに時間を費やす

なぜ、「書く」ことよりも、読んだり聴いたりすることに時間を費やすと英会話力は身につかなくなるかというと、わからない単語や言い回しを知らないまま、過ごしてしまいやすくなるからです。 実は、意外と多くの人が独学でやろうとした時にやりがちな勉強方法ではないでしょうか。どうしても、自分で書いて練習するのは他の手段よりも手間がかかります。ですが、その手間を省いて英会話力を伸ばすことは不可能です。 もちろん、読んだり、聴いたりといった手段を辞めろといっているのではありません。何事も独学でも、独学でなくても、バランスよく勉強することが大切です。1つとして欠けてもいい英会話力はありません。 ただし、バランス良く学習しなければ、独学で英会話力を身につけようにも、効果が見られない動作になってしまいます。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語の勉強で一番難しいのは、継続して学習し続けることではないでしょうか。短期間で英語力を身につけようと思っても、それはほぼ不可能なのです。 たしかに、単語や文法を覚えるには短期学習も効果があるかもしれません。しかし、学習したい英語の能力によって効果は変わります。 そして、その身につけた英語力を持続させるためには、継続した学習をすることが大切でしょう。毎日やる事がとても多く、まとまった時間をとることが難しいという人もいるかもしれません。 しかし、寝る前に単語帳を開いたり日記をつけたりすることを日課にしていけば、隙間時間の有効利用と英語力の2つを実現することができます。 何事も継続していくには、無理なく自分にあった実践方法を見つけることが大切です。

英語学習が続かない理由

英語学習が続かない理由は、いくつか挙げられます。張り切って学習予定を立てても、自分が1日にできる学習量や学習時間には限りがあります。 そのため、英語学習を続けていくうちに、自分の限度に合わせた学習計画を週ごと、もしくは日ごとに立てていくことがポイントです。 毎週決まった曜日に1週間分の予定を立てれば、自分が1週間後にどこまで出来ていればいいのかという見通しをつけられます。 また、日ごとに計画を立てると、その日の予定にあわせて1日のゴールを設定することができます。自分が「継続できそうだな」と思う方で実践してみてください。 何より、無理をした学習計画を組んではいけません。挫折してしまうかもしれません。そのため、自分にあった方法を探してみるとよいでしょう。

勉強の目的が不明確

自分ではきちんと計画を立てて学習しているはずなのに、いつになっても英語力が身についている気がしない、なんてことはありませんか。もしかすると、それは勉強の目的が不明確なのが原因かもしれません。 何をするにも一貫していえることですが、目的からそれたことを長時間やっていても、意味がありません。ただ、時間を浪費していることになります。 しっかりと、自分が英語を勉強する目的をはっきりさせ、それに合わせた学習カリキュラムを立てることが重要でしょう。 英語を学習する目的は人それぞれです。それは、観光に来た外国人とコミュニケーションをとるため、仕事で必要であるため、外国に留学するためなどいろいろあります。 自分が英語を学習する目的を立てることで自分に必要な能力がわかり、計画的に学習できるので、英語力の向上につながるでしょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

「今の生活であまり英語を使わないし、今は翻訳機などの便利なものがあるから、英語の学習はあまり重要ないのでは」と思う時はありませんか。 そういった英語の必要性を否定する環境で学習しても、結局は必要ないのではという気持ちに流されてしまうため、英語力が身につかなくなってしまいます。 ここで大切なのが、英語の大切さを自分の中ではっきりさせておくことです。 周囲がどれだけ否定していても、英語は世界共通の言語になりつつあるので、学習して損することは決してありません。むしろ、利点が多いといっても過言ではありません。 自分なりに英語学習の必要性を見つけて、それをモチベーションにして学習していくと、きっとよい結果や成長がみられることでしょう。

英会話の勉強で挫折しないために

最後に、英会話で挫折しないために3つのことを心に止めておいてください。 1つ目は、自分の英語を勉強する目的をはっきりさせておくことです。目的がはっきりしていないようであれば、学習計画も立てることができません。小さな目的で構いません。 2つ目は、自分にあった学習計画を立てることです。人によって、学習内容の理解にかかる時間には差があります。そこで、無理をして大量のやることリストを作っても、最終的には追いつくことができず、挫折につながってしまうのです。 自分のやれることから、少しずつでいいので始めてみてください。

3つ目は、継続して学習していくことです。先ほども述べたとおり、「継続は力なり」です。継続するからこそ、真の英語力が身につきます。 その日にあった出来事を、まずは簡単な文章で日記として記録していくだけでも、アウトプットになるでしょう。それを毎日のルーティンにしていきましょう。 毎日続けていくと、自然に書く文章量も増えていき、語彙力もついていきます。 英語力を身につけることにおいて、時間がかかってしまうのは当たり前のことです。辛抱強く、諦めずに学習し、英語力を身につけていきましょう。

アクセスランキング