IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英会話を独学でマスターするための勉強法4つ|英語が上達するための方法

初回公開日:2020年05月08日

更新日:2020年05月08日

記載されている内容は2020年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

英語

英語の重要性は年々上がっているといえるでしょう。この記事では、英語がなぜ必要なのか、どのように勉強を進めたらよいのかなど、詳しくご紹介していきます。また、勉強が続かない理由についても紹介しているため、興味のある方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

英語の重要性は上がっている

英語の重要性は年々上がっており、世界での共通言語が英語になりつつあります。また、小・中学生の学習でも英語は取り入れられています。 現在ではグローバル化が進み、大人だけでなく子供にも英語の習得が要求されているのです。 日本に住んでいても、外国人と話したり、見かけたりする機会があるのではないでしょうか。 それくらい英語は世界で重要性を高めている、将来に欠かせないものになっています。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

英語を学習することによる利点はどのようなことがあるのでしょうか。ここでは、2つ紹介します。 1つ目は、留学のチャンスが生まれることです。日本以外の国に行くことでその国の文化や価値観を学び、自分の考え方の幅を広げることができます。 2つ目は、MOOCにおいて充実した学習が受けられるようになることです。MOOCとは、海外の大学の講義が受けられるシステムのことです。よりレベルの高いスキルを身に付けたい方におすすめでしょう。

職業や人生の選択の幅が広がる

英語を学習することによって、職業や人生の選択の幅が広がっていくでしょう。 英語力を身につけると、就職先の1つに外資系企業や、海外の企業を含めることが可能になります。海外の企業に就職する場合は、海外への移住も実現できるかもしれません。 多くの日本人が海外へ移住してしまうと、日本のマーケットが縮小してしまうリスクが高まります。そうすると、日本の経済が悪化してしまうので、海外の企業と日本の企業の連携を可能にしていける活動ができるとよいでしょう。

受験や就職に有利

英語が母国語でない人が多いからこそ、受験では点数の取り所になったり、就職においては有利なスキルになったりしていくのです。 ビジネスにおいても海外企業と連携する場合、外国人とコミュニケーションをとる必要があります。コミュニケーションなしで、連携プロジェクトが成功することは少ないでしょう。 英語が話せるだけで企業に大きく貢献できるのではないでしょうか。このような視点からも、英語力が身についているか身についていないかでは、大きな差が生じます。

今までの勉強法で英語が身につかない理由

英会話教材で勉強しても上達しない理由

英会話をしようと思っても、語彙力がまだ十分に身についていないのであれば、わからない単語に出会う可能性もあるでしょう。 英会話教材だけを利用すると、対人で学ぶことができません。そのため、わからないことがあっても簡単に解決できないでしょう。 それに加えて、教材に載っているセリフが日常的に使われるかというと、全てが使われるわけではないでしょう。英語には、その日本語を表す言葉はいくつもあります。 様々な場面に合わせて使い分ける能力も身につけないといけないので、限られたセリフを覚えても、なかなか上達しない事態が生じます。

英会話スクールに通っても上達しない理由

英会話スクールに通っても、わからなくなると日本語に頼ってしまう可能性があります。 言いたいことが英語で表現できないと、日本語で言ったら伝わるのに、と思ってしまうかもしれません。 また、たとえ文を思いついたとしても、少ない語彙の中で作られたのなら、実際に話そうと思っても、相手に自分の言いたいことが伝わるという保証はできません。 これでは、お金も時間もただ浪費しただけになってしまいます。英語を学ぼうと思っても意味がないと思い込み、せっかく学ぶ機会がやってきても「諦める」という選択肢をとってしまいます。

アクセスランキング