IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学生におすすめの英会話教室9選|グループとマンツーマンはどちらがいい?

英語

日本人は英語が苦手な傾向にありますが、グローバル化社会ゆえに英語は必須です。現にビジネスマンは英語が苦手であるために損をする場面もあります。今回は、大学生向けの英会話スクールについてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

今や日本は鎖国もしておらず、グローバルになってるため英語は必須といえます。 日本語とは違い、英語は世界中で喋られている言葉であることから、英語を操ることができるだけで活躍できる場は増えてきています。 日本人は、受験英語で書くことは慣れていますが、話すことや聞くことを不得意と感じる人が多いことが特徴です。 英語は言語ですので書くだけでは不十分で、聞くこと、話すことが必要です。英語が不得手な日本人が多いですが、ビジネスの場においても英語を勉強しないことによって損をしている場面もあります。 ではビジネスマンにとって英語が必須である理由とはなにでしょうか。英語を学ばないビジネスマンが損をする場面を解説します。

英語ができると情報ソースが増える

昨今はいろいろなインターネット上の情報がありますが、英語もできることにで、より質の高い情報を取ることができる可能性があります。 もちろん 英語が原本であるものを、日本語に翻訳をしているものもあります。しかし言葉のニュアンスというのは、少しのことで感じかたが違うことがあります。 よく聞く話では映画で英語だとドッと笑いが起きるのにも関わらず、日本語だとあまり面白くないということがあります。 そのように言葉には英語と日本語の直訳とは感じが違うということはよくあることです。 このニュアンスの違いをダイレクトに感じることができることにより、情報のソースが増えより仕事やプライベートに役立つでしょう。

英語ができると年収が上がる

英語ができる人の割合が多くなるのは年収700万円ぐらいからと言われています。具体例を挙げると年収500万円のかたを集めてアンケートを行ったら、英語ができるかできないかの質問したときに、英語ができないと答えた人のかたが割合が多かったです。 しかし年収700万円クラスになってくると、英語ができる人のかたが割合が増えてきます。それほどに英語ができるとビジネスチャンスに恵まれるという一面があります。 英語ができなくても年収700万円以上の方もいらっしゃるでしょう。しかし世界を股にかけて活躍できたほうがより、その年収を得ることができるチャンスが増えます。 だからこそ英語はビジネスマンにとっては必要と言えます。

英語ができると仕事のチャンスが増える

日本のマーケットは縮小されることが予想されるので、英語ができることにより仕事はチャンスが増えるという大きなメリットがあります。 なぜ日本のマーケットは縮小される可能性が予想されるのかと言うと、それは少子高齢化だからです。 従って日本人だけをターゲットにしていては、ビジネスチャンスは縮小されていく一面があります。 日本語しか使えないことは、この先ビジネスチャンスを無くす可能性も否定できないです。 しかし英語ができることにより仕事のチャンスに恵まれます。 海外への着目でビジネスチャンスも広がっていくでしょう。 日本は人口減少傾向ですが世界は人口が増えています。 また海外移住で海外の仕事を得るチャンスもあります。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

英語ができると海外出張など会社の経費で海外に行く事ができるのが大きなメリットです。 たしかに最近は Googleマップなどで世界中の様子を見ることはできます。 その一方でその世界の空気や雰囲気を感じるというのは、写真だけでは限界があります。 だからこそ海外に行くということは非常に意味深いことです。 しかし海外に出向くとなると非常に経費がかかります。 近くの海外であればまだしも、アメリカやヨーロッパとなるとなかなかお金がかかります。 会社の経費でいくことができれば、そのお金を自分が払うことなく、行くことができます。 海外に出向くことで、世界の雰囲気を肌で感じることが可能です。

大学生が英語を勉強するメリットは?

ビジネスマンが英語がいかに大切かということを解説してきましたが、大学生にとってももちろん非常に大切なことです。 せっかくの学生の大切な時期をぜひ意味のあるものにしましょう。そのためにもマスターしてみたいのは英語です。 さらには英語を取得することによって、いろいろなメリットが生まれます。 英語を使った仕事への就職であれば、TOEICで高得点を取ってアピールも可能です。 では大学生が英語を勉強するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。 大学生が英語を勉強するメリットを2つみていきましょう。

メリット1:就活に有利

大学生の最終目的は就職ですので、就活に有利であることが非常に大きなポイントです。 先ほども触れたように日本だけをターゲットにしていては、ゆくゆくはビジネスが先細りになってしまいます。 将来長く働き続けようと考えたら、英語は力があったかたがビジネスマンとして長く活躍できる可能性が非常に高いです。 大学生が英語を学ぶことは大きな収穫になるでしょう。 特に大学生はいろいろな学部があるので一概には言えませんが、もし文系であれば時間もある人も多いことでしょう。 英語の勉強に費やすることも一つの選択肢です。 理系のかたも、もし英語を学ぶ余裕があるのであれば学ぶことにより、就職の幅により余裕が生まれる可能性があります。

メリット2:留学の可能性も広がる

学生のかたであれば留学も可能になってきます。 留学をするのなら現地で勉強したら良いのではないかと思われる一面があるでしょう。 人によるので一概に言えないところはありますが、多くのケースでは日本人同士で固まっていて常に日本語で話し、日本のコミュニティに属していることによって、英語を上達させることなく帰ってきたという話もよく聞かれることです。 英語を学ぶのは日本においてもできることです。 だからこそ英語の勉強は日本でしっかりとしておき、現地でその英語を使いこなすようにしましょう。 そうすることによって現地の人との話もより深みが出ることになります。 まずはその理解力を得るために日本でしっかりと学びましょう。

大学生におすすめの英会話教室9選

英会話教室もいろいろなものがあり悩む一面がありますが、大学生におすすめの英会話教室は9選をこちらでは紹介していきます。 テレビ CM などで見たことのあるものもあるので、ご存知のかたも多いことでしょう。 その一方で、なかには聞いたことがないというような英会話スクールもある可能性もあります。 しかし色々な特徴がありますので色々な英会話教室を見比べたうえで、自分に合いそうなものを選んでいきましょう。 ただ、漠然とデータを見比べるだけであれば、どの教室が適切かを決めれないでしょう。 体験も可能な教室が多いですので、実際に体験してみてから習うかどうかを決めることも可能です。 では大学生におすすめの英会話教室についてみていきます。

大学生におすすめの英会話教室1:Gaba

Gabaは人に合わせた英会話教室を展開するので、大学生にもおすすめのコースがあります。 大学生向けのコースは留学のための対策と就活のための対策です。 同じ大学生でも留学をしたいのか就活のために必要なのかの違いがあります。 いつか海外で働きたいという、まだ漠然とした夢であっても、カリキュラムが用意されています。 だからこそ大学生にもおすすめな英会話教室です。 大学生は比較的時間があるとはいえサークル活動などに入っていれば忙しいです。 なかには学費などが精一杯で仕送りはない大学生であればアルバイトで忙しいでしょう。 そんな忙しい大学生であっても、自由に予約制が取れますので、無理なく英語を教室を学ぶことができます。

大学生におすすめの英会話教室2:NOVA

駅前留学ということで有名なNOVAですが、アルバイトなどであまりお金がない大学生の方でも英会話教室で学ぶことができる点で非常にオススメです。 1万円ポッキリで月に4回のレッスンを受けることができるので、コスパ的には最高であると言えるでしょう。 もちろん教室ごとにより違うので一概には言えないところがありますが、安いから講師陣の質が悪いのではないかと言われる一面はありますが、そのようなことはないケースが多いと言われています。 レッスンは40分間ですが生徒は4人までなっていますので、きめ細やかに見てもらえる可能性も高いです。 多くの場合は体験入学などもありますので実際に行って見てから決めてみましょう。

大学生におすすめの英会話教室3:イーオン

イーオンはどちらかと言うと英語が非常に苦手なかたに効果的な英会話教室です。 苦手な人のためのコースというのは「はじめての英会話コース」があります。 いろいろな人が英会話教室の生徒がいますが、「もし下手な英語で笑われてしまったらどうしよう」という不安から英会話教室に行くのに二の足を踏んでいるかたもいるでしょう。 しかしはじめての英会話教室であれば、英語が苦手な人ばかりですので自分の下手な英語で笑われるのではという心配はなくなります。 「文法も怪しく、間違ったら笑われてしまうのでは」と不安に感じているかたも安心です。 初心者コースを卒業したらコース変更もできますので、自分に合った英会話のレベルを選ぶことが可能です。

大学生におすすめの英会話教室4:シェーン英会話

シェーン英会話の一番の強みは、非常に質の高い講師陣です。 高い講師から英語を学べますので、質の高い英会話を習得できる可能性があります。 なぜ非常に質の高い講師陣であると言い切ることができるのかですが、CELTA、CertTESOLの国際資格である英会話教師の資格を持っているからです。 例外的に資格を有していない人もいますが、多くの場合はその資格を持っているか否かを基準に採用されています。 このようなことから高い講師陣が集まってくるというのは必然的です。 自分で英語を話す時間も取れますので、教室に通ったけれどまったく話せないということはありません。 質の高い英会話を学びたいかたにとってはちょうどいい英会話教室です。

大学生におすすめの英会話教室5:ECC外語学院

英語が苦手でネイティブの英語の先生だと、うまく英語が話せないのではないかと恐ろしく感じている方にとっては ECC 外語学院がおすすめです。 バイリンガルの日本人講師と外国人講師が英会話教室を習うことができるからです。 外国人講師のかただと少し不安だというかたは、日本人の先生もいることより安心して英語を学べます。 中1の文法などからと言われているように、基本中の基本から教えてくれるところがありますので、英語がどうしても苦手だけど英会話ができるようにしたいと考えているのであれば非常にちょうどいい英会話スクールです。 レッスン時間が100分と非常に長いですので、英会話を学ぶ環境としては非常にいい一面があります。

大学生におすすめの英会話教室6:ベルリッツ

大学生向けのコースも用意しており、本当に英語が苦手な方向けで初心者レベルからやって行くコースと、日常会話や海外で役立つような英会話を学ぶことができるコースがあります。 英語は本当に苦手だという人から、ビジネス英語もやっていきたいという人まで幅広く対応しています。 大学生は留学の機会もありますし、さらには就活において英語を使うというときにもベルリッツで学べます。 そればかりではなく、TOEIC を取得したいかたにもおすすめです。 TOEIC は就活に非常に役立ち、スコアが高ければ高いほどに採用される可能性も高いです。 英語圏の仕事も意識しているということであれば、ベルリッツを検討してみてもいいでしょう。

大学生におすすめの英会話教室7:Merise(ミライズ)

読む聞く書くというような初歩的な英語を学ぶところから、ビジネス英語まで、クラス分けを3つされているので、自分に合った酵素を選ぶことができることが最大の魅力です。 オーダーメイドの英会話教室であるということから、自分に合った英会話教室にすることができることも非常に大きな魅力です。 英語講師も優秀なかたを集めていますので、必然的に英会話教室の質は非常に高くなっています。 さらにはコストパフォーマンスの良さも挙げられていますので、アルバイトの給与の中でやりくりをしなくてはならないという大学生の方にも非常に助かるところがあります。

大学生におすすめの英会話教室8:ネイティブキャンプ

パソコンやスマホなどからも英会話を学べますので、気楽に英会話を学ぶことができることが大きなメリットです。 レッスン回数も制限を設けないことから繰り返し英語に慣れていけることが特徴です。 とくに英語が苦手なかたにはよくあることですが、英語が苦手すぎて、どのように学習を進めていったらいいのか分からないこともあります。 さらには自分の力がどれくらいなのかが客観的に見れずに悩んでいることもあるでしょう。 しかしそのような相談を英語ですることは、英語が苦手なかたにとっては困難です。 そこで日本人による英語の勉強に関するカウンセリングなどもありますので、英語では話せないけれど、込み入った相談をしたいときにも受け付けてくれます。

大学生におすすめの英会話教室9:イングリッシュビレッジ

イングリッシュビレッジは主に東京近郊にお住まいのかたにおすすめで、駅から徒歩3分圏内にあるということと、低価格であるという点からおすすめです。 駅から徒歩3分ですので行くまでにハードルを感じるということがない点が魅力です。 バイト代でやりくりしている大学生も、低価格である事ことで助かる一面があります。 しかし低価格であることで心配になのは、講師陣の質です。 仮にどんなに低価格でも講師の質が悪くて、英語を身につけることができなければ本末転倒です。 イングリッシュビレッジはそのような心配は全くありません。 それは採用率がわずか1%であるという狭き門を潜り抜けてきた英会話教師たちですので講師としての力は折り紙つきです。

英語を学ぶ大学生ぶにはグループ・マンツーマンレッスンのどちらが向いている?

英会話教室にもいろいろな種類がありますが、主にグループで英語を学ぶのか、マンツーマンで英語を学ぶのかという2つがあります。 どちらにも一長一短がありますので、自分に合った方法について選んでいきたい物です。 どちらを選ぶべきかは、自分の性格なども吟味しましょう。 具体例を挙げるとグループだと、学んでいる人が複数人いるので他の人に触発されて「もっと頑張ろう」という気持ちになることもあります。他の人を見てモチベーションアップができる点があります。 その一方でマンツーマンは自分一人で学べる事にメリットを感じる人がいます。 では大学生が英会話を学ぶ時の種類のメリット、デメリット についてみていきましょう。

大学生がグループレッスンを選択するメリット・デメリット

大学生がグループレッスンを選択するメリットは、レッスンを受ける時の費用がマンツーマンのレッスンに比べると低いことが挙げられます。 人数がいますので、楽しくレッスンができることや、複数人でのレッスンで、友達ができる可能性もあります。英会話を通して仲間作りをしたいかたにも最適です。 グループレッスンに参加するデメリットとしては、自分が英語で話す時間が少なくなる、もしくは、なくなることです。 英語は会話をしてこそ英会話を取得することが可能になります。 話す時間が少ないということは、習得に少し時間がかかるなど、少人数でも話に詰まったりするかたがいるため、時間がつぶれる可能性もあります。

大学生がマンツーマンレッスンを選択するメリット・デメリット

マンツーマンであれば自分に合ったレベルで英語を教えてもらえる可能性が高いです。 もし英語が非常に苦手で人前で話すのも恥ずかしいのであれば、マンツーマンレッスンを受けてもいいでしょう。 色々な生徒を見てきているので、英語が苦手で言って笑われることはありません。 マンツーマンですので、一対一ですので必ず話をする状態になります。 話す時間が非常に長くなることがメリットです。 たくさん話すことによって、英語をマスターできる可能性が上がります。 その一方でグループレッスンのように友達作りは難しいです。 グループレッスンに比べると先生1人が割り当てられる形になりますので、どうしても月謝は割高になります。

大学生にあった英会話教室を見つけよう!

大学生は就職に向かって段階ですので、これを機会に英会話をマスターし就職活動留学などに備えましょう。そのためには自分に合った英会話教室を見つけていくことが大切になります。 どうしても英語が苦手でというかたでも、英語初心者コースもありますので、悲嘆にくれることはありません。 またそのような苦手な人向けのクラスであれば、そのような心得が先生にありますので、初心者でも分かりやすい教えかたをしてくれる可能性が高いです。 就職をするさいの強みにいかすなど、留学に行ったりと英語を身につけることによって自分が望みを叶えていきましょう。

英語は得意だけど、もっと極めたい方にとっても英会話スクールの活用をしましょう。 TOEICの取得をして高スコアを取ることができたら就職に大変有利です。 留学経験もすることで、就職に有利になる可能性も高いです。 英語が得意な大学生も、不得意な大学生も、これからのグローバル化社会に対応するべく英会話スクールを検討してみましょう。

アクセスランキング