IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

本気の英語!マンツーマン英会話スクール18選|英語力を伸ばす!

英語

グローバル化の時代を迎え、社会人になって英語を勉強しなければならないシーンが多くなってきました。とくに、短期集中や個人のレベルに合わせたマンツーマンレッスンは、人気があります。たくさんある英会話スクールのなかでも注目の18のスクールをご紹介します。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

ビジネスにおける公用語は、英語だとされています。「うちの会社は、国内だけだから」と安心もできません。グローバル化の波は、中小企業にも押し寄せてきています。 企業は、英語でコミュニケーションがとれる人材を欲しがっています。英語を勉強しないと、ビジネスマンは損する時代になってきたのです。 求められる人材として時代に乗り遅れないように、ビジネスマンの最低限のスキルとしての英語を勉強しましょう。

英語ができると情報ソースが増える

みなさんは、まず情報を得る方法として、ネット検索しませんか?ほとんどの日本人は、日本語のWebサイトでの情報収集に限られてしまいます。 しかし、英語のWebサイトは世界中から無数の情報を発信しており、英語を理解できるだけで、情報ソースが何百倍にも増えることになります。 英語が理解できるということは、それだけ情報が早く手に入るということです。できるビジネスマンは、あらゆるところにアンテナを張って、情報収集に努めているのです。

英語ができると年収が上がる

グローバル企業のほとんどは、英語力を重要視しています。日本の企業でも世界にマーケットを広げようとしているところは年々増えています。このような企業は、積極的に英語の資格試験を推奨しており、試験に合格、高得点をあげることで、それに見合った高額な奨励金を提示しています。 一時的な奨励金だけではありません。英語のスキルを身につけることで、かなりの年収アップが期待できます。実際に、年収が高くなればなるほど、英語が話せる、理解できるといった人が増えています。

英語ができると仕事のチャンスが増える

英語ができると、さまざまなプロジェクトにかかわるチャンスが生まれます。そして、海外に活躍の場を求めることもできます。 ビジネスの世界では、英語は公用語です。外国企業との取引となれば、会話も文書やメールのやり取りもすべて英語になります。 今や日本の企業は、マーケットを世界に向けて広げていくしかなくなっています。そんな中で、英語力を身につけることは、ビジネスマンとして当然のことといえます。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

海外出張となれば、同じキャリアの人なら、やはり英語ができる人の方が選ばれやすいというのは当然のことです。 会社の命により海外出張するのですから、交通費はもちろん、現地での生活費や移動費など、すべて会社持ちです。そのうえ、出張手当が出るところもあります。 海外出張に行ったからといてプライベートがないわけではありません。休日には現地の観光を楽しんだり、交流を深めたり、まるで海外旅行気分を味わうこともできます。

マンツーマン英会話レッスンのメリット4つ

いち早く的確な情報を得ることがビジネスにおいて必須の時代です。 世界中のニュース配信や学術書、専門書などもほとんどが英訳されたものです。そのため、英語を日本語に翻訳している間のタイムラグなしで、ダイレクトに情報を得ることこそ、ビジネスマンにとって重要になってきます。

英会話スクールには、さまざまなレッスン形式があります。そのなかでも講師と1対1で学習するマンツーマンレッスンは、効率よく英語が身につくと人気になっています。 教室での大勢のレッスンでは集中できない人、レッスンを受ける時間がまちまちな人、集中的に勉強したい人などに、マンツーマン英会話レッスンはおすすめです。 マンツーマンによる英会話レッスンのメリットは、具体的に、どのようなものがあるのでしょう。

マンツーマン英会話レッスンのメリット1: レッスン内容をカスタマイズできる

英会話スクールに通う人には、いろいろな目的や動機があります。ある人は、海外赴任が半年後に控えている。ある人は、就職に有利なように英語の資格を取得したい。ある人は、苦手な英会話をブラッシュアップしたいなどさまざまです。 まったくゼロから英会話を始める人、ある程度の基礎はできている人、ビジネス英語に自信が持てない人など、人それぞれ得意・不得意があります。 マンツーマンレッスンなら、個人のレベルや目的に合わせた授業内容にカスタマイズできるため、より最短距離で目的を達成できるというメリットがあります。 マンツーマンレッスンなら、自分の弱点を補強して、強みを伸ばすこともできるので、楽しくステップアップすることができます。

マンツーマン英会話レッスンのメリット2: 自分のペースで進められる

急な残業や接待などビジネスマンなら、仕事上、決まった時間にレッスンを受けるというのは難しいことも多いでしょう。そのようなときでも、マンツーマンレッスンなら、スケジュールの自由度が高いので、自分のペースで英語の勉強が続けられます。 また、英語の習熟度はそれぞれ違っていて当然です。「もっと初心者レベルから」「ビジネス英会話に重点を置いて」など、自分のペースで進めることができます。 個人個人の習熟スピードに合わせてくれるので、途中で周りのスピードに付いていけなくなるということもありません。 苦手な部分はゆっくりと時間をかけて、得意な部分はサラッと流してなど、自分のペースで進められるので、常に、モチベーションを保つことができます。

マンツーマン英会話レッスンのメリット3: スピーキングの量が多い

マンツーマンレッスンでは、講師との1対1の会話になります。グループレッスンでは、より積極的な人がどんどん発言してしまい、消極的な人は、スピーキング量が少なくなってしまいます。 しかし、マンツーマンレッスンでは、好きなだけ話すことができる。というよりも、何とか間を持たせるために積極的に話さざるおえなくなります。 初めは、会話が中断することもありますが、その繰り返しを続けていくことで、どんどん会話の内容が広がってきます。英語で話をするのが楽しくなってくるので、スピーキング量が圧倒的に多くなります。 スピーキングは、文章などと違って「習うより慣れろ」の部分が大きいので、マンツーマンレッスンでたくさん話をすればするほど上達していきます。

マンツーマン英会話レッスンのメリット3: 疑問もその場で解決できる

少人数制の場合、もし疑問や質問があっても、全体の授業の流れを中断させてはいけないと気を遣ってしまいなかなか質問しにくいことがあります。 結局、質問しそびれてしまうこともあるでしょう。質問・疑問はその場ですぐに解決したほうが、知識として吸収されやすいものです。消化不良のままでレッスンを続けていっても、また同じ壁にぶつかってしまいます。 その点、マンツーマンレッスンなら、まわりの人を気にせずに、疑問に思った時にすぐに質問できるので、理解力も高まります。講師も、生徒が質問することで、個人個人の疑問や弱点を知ることができます。こうしてQ&Aを繰り返していく過程で、的確な指導や学習方法を指導することができます。

マンツーマン英会話スクール18選

マンツーマン英会話スクールを選ぶ場合、最も大切なことは「目的」を明確にすることです。あなたは、なぜ英会話スクールに通いたいのか、もう一度自問自答してみましょう。 初心者として英会話を学習したいのか、ビジネス英会話をブラッシュアップしたいのか、海外赴任が控えているのか、TOETICなどの試験で高得点を取りたいのかなど、目的に合わせてスクールを選ぶことが大切です。 お目当ての英会話スクールが見つかったら、無料体験に申し込んで、カウンセリングの中で自分の目標や目的を具体的に伝えましょう。要望に対して、適格なカリキュラムを計画してくれたり、アフターフォローをしてくれるところを選びましょう。 受講料が高いと思っても、内容や講師のレベルが高く、結局コスパがいいということもあります。

マンツーマン英会話スクール1: PROGRIT(プログリット)

PROGRITがほかのマンツーマン英会話スクールと違うところは、「英語の学習をコンサルティングサービスに特化」していることです。一般的な英会話スクールのように、講師とのマンツーマンレッスンではありません。 今までの英会話スクールのように、学習量や時間の多さ、講師の経験による指導に頼るのではなく、あくまでも科学的根拠に基づく理論によるレッスンになります。 ひとりひとりの弱点を徹底的に分析して、学習計画を立案、サポートしていくことで、最も効率的な英会話のスキルをアップさせていきます。 短期間の学習でもきっちりと成果が実感できるようにプログラムされています。継続率も97%と、途中でリタイアする人がほとんどいないという点も注目です。

マンツーマン英会話スクール2: bわたしの英会話

PROGRITがほかのマンツーマン英会話スクールと違うところは、「英語の学習をコンサルティングサービスに特化」していることです。一般的な英会話スクールのように、講師とのマンツーマンレッスンではありません。 今までの英会話スクールのように、学習量や時間の多さ、講師の経験による指導に頼るのではなく、あくまでも科学的根拠に基づく理論によるレッスンになります。 ひとりひとりの弱点を徹底的に分析して、学習計画を立案、サポートしていくことで、最も効率的な英会話のスキルをアップさせていきます。 短期間の学習でもきっちりと成果が実感できるようにプログラムされています。継続率も97%と、途中でリタイアする人がほとんどいないという点も注目です。

マンツーマン英会話スクール3: One Month Program

ビジネスマンに特化したマンツーマン英会話スクールです。1か月間限定の短期集中型プログラムが用意されています。 単なる英会話だけの上達を目指すのではなく、あくまでもビジネスシーンにおける実用的な英語表現、ビジネス用語、日本と海外のビジネス習慣の違いなどを身に付けます。 毎日の課題提出、添削レポート、ネイティブとのマンツーマンレッスンと最短期間で最大限の効果を目指します。そのため、かなりハードですが、一気に英語力がアップするので、忙しいビジネスマンにはおすすめの英語スクールです。 近々、海外赴任や出張が予定されている人などにとって、短期間である程度のビジネス英会話ができるようになるので、人気になっています。

マンツーマン英会話スクール4: Gabaマンツーマン英会話

Gabaのレッスン形式は、マンツーマンだけです。講師と生徒が1対1で向き合うことで、一人一人の理解度や進行速度に合わせた英会話レッスンを行うことができます。 マンツーマンレッスンなので、自分に合ったカリキュラムを作ってもらえるので、無理なく効率的な英会話を身につけることができます。 レッスンは朝7時から、夜9時55分まで行っているので、ビジネスマンにとって出勤前、仕事終わりの時間帯を使って、英会話の勉強ができます。 レッスンは、毎回自由予約になっているので、忙しいビジネスマンでも、途中挫折しないようにいろいろな面でサポートしてくれます。 内容の濃さや満足度、クオリティにこだわるなら、ぜひチェックしておきたいスクールです。

マンツーマン英会話スクール5: RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

RIZAPといえば「結果にコミットする」というフレーズが有名です。英会話スクールでも、マンツーマンスタイルで、専属のトレーナーが至れり尽くせりのサポートをしてくれます。 まるで日本語で話すくらいの自然体で英語を話せることを目指します。そのため、英語で考え、英語で話すことができるように「英語脳」へとトレーニングを重ねていきます。 RIZAP ENGLISHでは、英語力の診断とカウンセリングを常に行い、目標をはっきりさせてモチベーション維持をサポートしてくれます。 専属のトレーナーは、全員日本語ネイティブです。そのため、わからないところや悩んでいる点など、微妙なニュアンスでも日本語で理解してくれるので、気後れすることなく積極的に質問することができます。

マンツーマン英会話スクール6: レアジョブ本気塾

短期集中型のマンツーマン英会話スクールです。2か月間という短期間で英会話スキルを習熟するため、効率のよいカリキュラムを作成してくれます。明確な目的があり、本気モードで英会話の勉強をしたいと思う人にとって、最適なスクールといえます。 2か月間という短い期間での習熟のため、経験豊富な専属トレーナーが一人一人に合った効率的な勉強方法を教えてくれます。そのため、モチベーションを高く維持することができます。 また、オンラインレッスンでは、質の高いトレーナーが講師として習熟度の引き上げを行います。オンラインレッスンは、回数無制限で、何度でも受講できるので理解度を深めることができるので、自然と体に身についた英語が使えるようになります。

マンツーマン英会話スクール7: ロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは、講師陣がすべて日本人への指導経験を持つ厳選された人材で構成されています。そのため、日本人に対する英会話習熟へのノウハウを持っています。 個人に合わせた目標設定を行い、目標に向けて完全徹底サポート体制が整っています。どこで、挫折しやすいのか、得意・不得意のポイントはどこなのかといった、傾向と対策を熟知しているので、安心してレッスンを受けることができます。 また、レッスンの様子はすべて録音されています。レッスンで学んだことをいつでも、どこでも都合のいいときに復習することができます。このオンライン復習レッスンによって、気が付かないうちに英語漬けの毎日になって、自然とネイティブ英語が話せるようになります。

マンツーマン英会話スクール8: MeRISE(ミライズ)英会話

MeRISE英会話は、フィリピン・セブ島に本校を構える「MeRISE留学」が運営するスクールです。講師は、英語教授法の国際資格であるTESOLを取得しているので、質の高いマンツーマン授業を受けることができます。 受講スタイルは「通学」と「オンライン」があります。自分のペースや環境に合わせた授業スタイルが選べるので、継続しやすくなっています。 MeRISEの人気の秘密は、高いマンツーマンレッスンが、リーズナブルに受けられるという点です。「一括プラン」と「月額プラン」が用意されています。一括プランではレッスン単価が2,980 円~、月額プランではレッスン単価が4,700 円~と、ほかの英会話スクールに比べても安い金額に設定されています。

マンツーマン英会話スクール9: イングリッシュビレッジ

前身は、全寮制の英会話スクールだったイングリッシュビレッジ。培ってきたノウハウを生かして、マンツーマンに特化したレッスンを行っています。 すべて駅から徒歩3分という便利さです。通える人は限られてきますが、もし、通勤・通学路の近くにあったら、ぜひチェックしてみましょう。 イングリッシュビレッジが人気なのは、レッスン料金がとても安いからです。マンツーマンでありながら、1レッスンの料金が2,100 円~で、少人数制であれば1レッスン1,050円~という料金設定になっています。 自由予約制になっているので、自分のスケジュールに合わせて予約を取ることもできますし、平日夜10時まで開校しているので、仕事終わりに受講することもできます。

マンツーマン英会話スクール10: シェーン英会話

このスクールの特徴は、「全員がネイティブスピーカー」であること。そして「月額制」であることです。 シェーン英会話の講師陣は、英語を母国語とするネイティブスピーカーのみです。とくにイギリス国籍の講師が多いため、イギリス英語の発音、文法、言い回しなどを勉強したい人にはピッタリです。 レッスン料が月額制を採用しているので、月々支払う金額が少なく、さらにひと月ごとに受講を続けるかどうか決めることができます。もちろん、年一括払いの方法もあますが、受講生の90%以上が月額制を選択しています。 一括払いをしてしまうと、たとえ自分に合わないと感じても、なかなかやめることができません。しかし、シェーン英会話のように月額制なら解約もしやすくなります。

マンツーマン英会話スクール11: ECC外語学院

CMなどで、一度は耳にしたことがある英会話スクールではないでしょうか。創立から半世紀以上の実績のある老舗英会話教室です。 ECCの最大の特徴は、バラエティに富むコースがそろっていることです。シニアから幼児まで幅広い年代の英会話レッスンが受けられます。もちろんマンツーマンレッスンもあります。 また、ECC外国語学院の強みは、TOEICやTOEFL、英検といった資格対策コースが充実しているという点です。大学生協をはじめ、企業・団体割引制度が用意されているので、チェックしましょう。 英会話教室は、大小が乱立しており、途中で倒産してしまうところもあるなか、半世紀以上の実績のあるECC外語学院は、信頼できる英会話教室といえそうです。

マンツーマン英会話スクール12: NOVA

「駅前留学」のキャッチフレーズでおなじみの全国展開している英会話教室です。2019年9月現在で、295か所も教室があります。この先も、どんどん展開していくようで教室数からすると、トップクラスではないでしょうか。 NOVAの最大の特徴は自由度が高いところです。忙しいビジネスマンにとって、受講時間などに縛られてしまうと、なかなか長続きしません。その点、NOVAなら毎回自由に都合のいい曜日や時間が指定できるフリープランが用意されています。 マンツーマンレッスンから、最大4人で受講する少人数グループレッスンを選択することができます。費用面からみると、入会金が不要であったり、「学割」「シニア割」「乗り換えキャッシュバック」など、魅力的です。

マンツーマン英会話スクール13: ワンナップ

ワンナップ英会話スクールは、企業と提携して、英会話を通してグローバル化のコンサルティングなども行っています。 マンツーマンレッスンのみで英会話力をアップさせ、個人のレベルに合わせた専用のテキストを使って、自分に合ったペースで学習することができます。 ワンナップの特徴は、レッスン時間が50分であることです。ほかの英会話教室は、ほとんど40分クールになっています。たった10分と思うかもしれませんが、1年で大きな違いになります。 また、よくある「担任制」をとらず、好きな講師を選んで指名できる「指名制」をとっています。モチベーションを保つためにも、講師との相性はとても大切です。自分に合った講師を見つけることで、効率的に英会話の勉強ができるでしょう。

マンツーマン英会話スクール14: セブンアクト(7アクト)

セブンアクトは、成長率NO1の英会話スクールとして注目されています。その理由は、画期的な料金システムにあります。 マンツーマンレッスンでは「カフェでレッスン」として自宅の近くのカフェでマンツーマンレッスンが受けられるコースもあります。毎回、教室まで通うことができなかったり、平日は仕事で時間が取れなかったりする場合、自分のスケジュールに合わせ、都合のよい場所でレッスンが受けられます。 初めに入会金、講師紹介料を支払えば、1回3,000円で受講できるというコスパが最高にいいところが人気の秘密です。 教室内のレッスンだけでなく、オンラインでのレッスンなど、今までの形式にとらわれないさまざまなレッスン形態が選べるところが魅力になっています。

マンツーマン英会話スクール15: ベルリッツ

ベルリッツは、ベネッセグループの英会話スクールです。ベネッセといえば、幼児教育や受験生におなじみです。日常会話から、ビジネス会話、さらにTOEIC受験対策にも力を入れています。 「教育」というノウハウを長年積み重ねてきているため、教え方、モチベーションに維持、学習のやり方にも定評があります。また、大手出版社のベネッセグループなので、安心してレッスン契約を結べます。 マンツーマンレッスンは、自由予約制です。レッスンの曜日や時間、回数、さらには受講教室も自由に選ぶことができます。 レッスンは、朝8:30~夜21:10まで開講しています。仕事帰りに寄ることができるので、仕事終わりの時間帯を英会話のスキルアップとして、有効に使うことができます。

マンツーマン英会話スクール16: アルプロス

アルプロスは、国際社会を生き抜くビジネスマンに特化した短期集中型の英会話スクールです。グローバルビジネスに対応、海外留学、英会話の苦手意識の克服を目指します。 基本的に、マンツーマンレッスンで1か月、あるいは3か月の短期集中型のレッスンになります。そのため、短期間で圧倒的な学習時間を確保します。一般的な英会話スクールが1か月から半年で行う学習を、なんと1週間で行うのです。 アルプロスでは、単に「話す」だけでなく、「読む」「書く」「聞く」もバランスよく学ぶことができるので、英語力やテクニックが総合的にアップしていきます。 海外赴任まで余裕がない、海外出張を控えているといった「切羽詰まった人」におすすめの英会話スクールです。

マンツーマン英会話スクール17: ENGLISH COMPANY (イングリッシュカンパニー)

実績面で評判の高いスクールです。専任のトレーナーが2人もつくので、英会話能力を身につけることができます。 ENGLISH COMPANYでは、英語のパーソナルジムであるという考え方で運営されています。「第二言語習得研究」という科学的な手法を使って、英語を身につけていくため、効率のよい学習方法を学ぶことができ、結果を出すことができます。 具体的には、音声変化に対応できるリスニング力、ナチュラルスピードでの英語の理解、文法の正確なアウトプットなどがスムーズにできるようになります。 このような科学的根拠に基づくレッスンによって、短期間でTOEICの点数が200~300点もアップしたという人が続出するなど、確実に結果を残しています。

マンツーマン英会話スクール18: 24/7English

24/7Englishの特徴は、完全個室のマンツーマンレッスンであるとともに、ワンレッスンの時間が90分と長いことにあります。一般的な英会話スクールの場合は、40分が基本になっているので、2倍以上の長さです。 完全個室であることで、ほかの人の目を気にせずに話すことができます。どんどん自信をつけて、英語で話すことの楽しさを体験していきます。 レッスン時間が90分というのも大きな意味があります。一般的な英会話レッスン時間である40分~50分では、気持ちをリラックスするための雑談などであっという間に時間が過ぎてしまいます。 また、24/7Englishでは、営業時間が朝7時~22時45分と長いので、ビジネスマンにとって受講しやすくなっています。

マンツーマン英会話スクールの選び方ポイント3つ

マンツーマン英会話スクールはたくさんあります。どのスクールを選んだら、より英会話力がつくのか。また、続けることができるのかなど、選び方にもポイントがあります。 マンツーマンですから、講師との相性が最も大切です。さらに、通勤通学の途中にあれば、続けやすいでしょう。また、駅から近ければ雨の日でも憂鬱にならずに済みます。このような些細なことでも、モチベーションを維持することができます。 失敗しないマンツーマン英会話スクールの選び方のポイントなど押さえましょう。一ケ所だけでなく、いろいろな英会話スクールの無料体験を試してみましょう。実際に体験することで、スクールの雰囲気をつかむことができるので、失敗のリスクを回避することもできます。

ポイント1: 講師の質が高い

講師の質が高いことが選ぶ時のポイントです。英会話スクールのなかには、ネイティブのアルバイトを雇って、雑談だけでお茶を濁すようなところもあります。このような英会話教室では、きちんとした会話をすることはできません。 質の高い講師を提供してくれる英会話スクールでは、厳しい採用条件を設けていたり、年に数回、能力テストするなど、質の向上に努めています。 英会話スクールの講師の選び方やレベルなどをしっかりとチェックしておきましょう。ネイティブスピーカーだからといって、教師としてのスキルや能力がなければ、生徒の問題点や能力を引き出すことはできません。 評判や口コミなどを参考にしたり、無料の体験入学をしたりして、講師の質を見極めましょう。

ポイント2: 目的やレベルに合わせたカリキュラムを組める

マンツーマンを選ぶ理由としては、はっきりとした目的があるからです。3か月で、英語のプレゼンができるようになりたい。もうすぐ海外赴任になりそうだから、それまでに恥ずかしくない英会話を身につけたいなど、目的やレベルに合わせたカリキュラムが組めることが大切です。 一人ひとり、目的や期間は違ってきます。そのニーズに即応してカリキュラムを組める英会話スクールを選びましょう。 そのためには、最初のカウンセリングで話をじっくりと聞いてくれるところを選ぶべきでしょう。その後、きめ細かなカリキュラム提案を出してくれるところ。そして、習熟過程でカリキュラム修正をこまめにチェックしてくれるところを選ぶようにしましょう。

ポイント3: 講師や時間の指定がフレキシブル

とくにビジネスマンにとって、英会話スクールに通うのは相当負担になります。アフターファイブにレッスンを入れておいても、急な接待や残業などもあるかもしれません。 そのような不急な場合、自由にキャンセルしたり、時間の指定変更、さらに講師の指定などができることです。これが自由にできることで、気持ちの負担がすくなくなり、途中挫折することなく続けることができます。 また、講師が変更できることも大切です。英会話は「会話」ですから、相性の悪い人とは、どうしても会話は弾みません。ギクシャクした時間が過ぎるだけです。 人間には相性というものが必ずあるので、どうしても合わないという講師を変更できるというのは、安心感につながります。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

どんな習い事にも共通していることですが、英会話レッスンでも一番難しいのは続けることです。「継続は力なり」は十分わかっているはずなのですが、現実は厳しいものです。 思い立ったときには、やる気満々だったのに、1、2か月経ったら「あれ?なんだか面倒になってきちゃった」と挫折する人が多くいるのも現実です。では、どうして続けられずに途中で挫折してしまうのでしょう。 人によって原因はさまざまですが、共通する原因もあります。もし、自分に当てはまることことがあれば、ぜひ意識して改善してみてください。

英語学習が続かない理由

英語の必要性を実感し、一念発起して英会話スクールに入学したにもかかわらず、途中で挫折してしまう人がなんと多いことでしょう。英語学習は、マンツーマンでも続かないことが最大のネックになります。 しかし、英語を勉強し始めたときのモチベーションは、あっという間にしぼんでしまいます。 必要性は感じていているのにもかかわらず、忙しさを理由にどうしても後回しになったり、学生時代に英語が苦手だったという人は、苦手意識が先行してしまいます。そして、徐々に英会話スクールから足が遠のいてしまうのです。 なぜ、英語学習が続かないのでしょう。その原因がわかれば、何とか続けることができるかもしれません。続けることで英語を話す楽しさもわかってきます。 英語が続かない理由を探っていきましょう。

勉強の目的が不明確

英語学習が続かない理由の多くが、目的意識の希薄さです。なぜ英語を学びたいのか、どうして英語学習が必要なのか。それを明確に自覚していなければ、確実に途中挫折します。 ただ、単に英会話ができるようになりたいという人と、恋人との愛を深めるために英会話が上達したいという人のでは、その動機の強さに雲泥の違いがあります。 英語がペラペラしゃべれたらかっこいいだろうなという人と、半年後に海外赴任が決まっているから、何が何でも英語をマスターしなければという人では、必死感が違ってくるのは当然です。 このように、英会話を始めるための動機によって、高い勉強意欲やモチベーションが保てるか否かの分岐点になることを覚えておくといいでしょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

漠然と「英語は勉強しておいた方がいいかな」と思って、英会話スクールに入学するような人は、残念ながら長続きしません。切羽詰まった動機と環境がないからです。 たとえば、今度海外取引部門に異動になったとか、英語でのメールや電話のやり取りをしなくてはならなくなったなど、英語を使わなければ、業務に支障が出るといった環境がなければ、どうしても続かないものです。 このような英語習得の強制力が働く環境に身を置いてこそ、レッスンは長続きします。 それでは、どうしたら切羽詰まった状況に自分を追い込めるのでしょう。それは、目標を持つことです。「1年後には、海外留学する。」「海外部門への移動を希望する」「外資系の会社に転職する」など実現可能な目標を持ちましょう。

マンツーマン英会話レッスンで英語力を伸ばそう

学生時代に英語が苦手だったという人でも、仕事でどうしても英語を使わなければならなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。自分で勉強をするには、ハードルが高すぎます。そこで英会話スクールに通うのが一番確実で、手っ取り早い方法です。 英会話スクールに受講タイプは、いろいろあります。そのなかでも、マンツーマンでの受講は、短時間でも集中できて、とても効率が高いので最近の主流になりつつあります。

マンツーマンは、受講料が高いと尻込みしてしまう人もいますが、コストパフォーマンスを考えると、短期間で英語力を身につけることができるので、むしろお安いといえるのではないでしょうか。 日本にも、世界各国から多くの外国人が訪れる時代です。ビジネスチャンスだけでなく、おもてなしの気持ちを伝えるためにも、ぜひ英語を勉強しましょう。 英語が話せることは、大きなアドバンテージになります。年収が増えるチャンスが広がります。また、自分のビジネスフィールドを広げることもできます。日本を飛び出して、世界で活躍することもできます。夢は大きく、世界へと羽ばたくことができます。 マンツーマンレッスンで英語力を伸ばして、このグローバル社会を乗り越えていきましょう。

アクセスランキング