IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネイティブイングリッシュの評判は?口コミからわかった効果の出る使い方

英語

皆さんこんにちは、今回は「ネイティブイングリッシュの評判は?口コミからわかった効果の出る使い方」と題して、「ネイティブイングリッシュの評判」についての詳細情報をはじめ、その際にわかるネイティブイングリッシュの効果や口コミの評判をご紹介します。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

日本では今後もさらに国際化・グローバル化が進んで行くことが想定され、語学力・英会話力を身に付けることは必要なステータスになるでしょう。 しっかりした将来ビジョンを確立させるためにも、現代のビジネスマンにとっては英会話・語学力アップは必須の前提となるでしょう。 海外企業・外資系企業への就職・転職の際でも、まず英会話力アップが条件とされる上で語学力が注目され、条件によっては(女性の場合でも)年収が2倍・3倍にアップさせられます。

英語ができると情報ソースが増える

英語・英会話をしっかり学習することで、それまで日本語の情報だけしか扱えなかったのが英語圏内の情報まで使いこなせるようになるでしょう。 英会話・語学力によりさらに希望できる職種を増やすこともでき、ビジネススキルを習得する上で、英語圏内の情報を活用しながら多くの場面で出世への機会も備えられます。 グローバル化が進む日本では「英語系の職種ジャンル」もさらに増え、海外企業で働く場合でも語学力アップは前提となるでしょう。

英語ができると年収が上がる

「英語の知識・英会話力があれば自己発展できる上に年収もアップする」という評価は世間でよく言われますが、実際に語学力・英会話能力が認められることにより国際関連の仕事を多く任され、さらに得意分野の幅を着実に広げることもできるでしょう。 「英語・英会話力がある」という自己PRによって年収が30%向上する例も多く、その後の出世によってさらに何倍もの年収アップが期待できます。

英語ができると仕事のチャンスが増える

英語・英会話力を単に学ぶだけでは、仕事での得意分野を着実に広げる場合にハードルが設けられ、その後の出世もスムーズに行かないことがあります。 就職の際には「企業ニーズへの対応力」が求められ、グローバル化が進む日本では語学力・英会話力の習得が期待されやすく、また外資系企業へ実際に就職する上では多彩な仕事が任される上で語学力アップは自己PRになります。 英会話・語学力を確保するための環境を整え、今後の出世に生かしましょう。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

英語・英会話力が自己アピールにできれば、海外企業・外資系企業にもスムーズに就職でき、そこで任される海外出張の場合でも成長のためのステップになるでしょう。 今後も一層国際化が見られ、外資系企業・グローバル企業の躍進が想定されます。 海外出張の場合際に必須となるのは「英会話・語学力」をはじめとする語学力・コミュニケーション力の高さです。 海外出張は自分のステータスを確実に飛躍させるためのステップともなるので、出世のチャンスもねらえます。

ネイティブイングリッシュの内容と特徴

まず「ネイティブイングリッシュの内容と特徴」についてのご紹介です。 ネイティブイングリッシュではネイティブな英会話学習がメインとなる上で、実践で使える語学・英会話を着実に学ぶことができ、そのための学習環境を成立させてくれます。 テキスト(1冊192ページ)、リスニング用CD(全6枚)、スピーキング用CD(全6)枚、英会話シーン聞き流し用CD(全3)、ニュアンス解説用CD(全3)が送付され、それらの教材をもとに学習を個別で進めていく形になります。 英会話を音声によってバイリンガルネイティブ・スピーカーになるための学習ができる上で、それまでの机上の勉強では意識してこなかった発音や英語表記の違いといった、細かい点にも十分配慮した英語学習が可能になるでしょう。

コスパも充実している

またネイティブイングリッシュを利用する上では、コストパフォーマンスの良さについても定評があります。 ネイティブイングリッシュで学ぶ上で必要な教材をすべて購入してもその単価は「3万円」程度で済み、普通に英会話教室に通う場合よりも安価で済む可能性も十分あるでしょう。 実用的・実践的な個別学習環境をまずしっかり確保させてくれる上で、授業料も安く、学習サポートが誰にとっても十分行き届いた点がとても魅力の学習環境になります。

ネイティブイングリッシュで期待できる効果

ネイティブイングリッシュで期待できる効果についてよく言われるのは、CDの音声を聞いて、英会話フレーズをインプットしていく際に得られる実力の確保となるでしょう。 耳で実際に聴いて英会話フレーズを覚えるという学習が進められる上で、実践ならではの「速いスピードの英語」を聞き続け、その後に通常速度の英語を聞くことによって自己レベルの向上へ役立てていきます。 この点でさらに効果的な使い方としては、初心者の場合はそのCDから流れる速いスピードの英語を聞き取ろうとしないことで、マイペースで学習を進めるために何度も聴き取りを続け、それによって英語のフレーズ・自分の口でもう一度実践することが大切です。 CDから流れるスピーキングを真似するだけであるため、実際に自分の口から話してみることでさらに定着していく学習の形を取ります。

スピーキング力を着実に養うことができる

ネイティブイングリッシュでは、スピーキング用のCDの活用が利点となり、実際に英語を話す場合の練習を実践で行なうことができます。 先にリスニング用CDでインプットした英語を今度は実際に自分の口からアウトプットする学習方法を取ります。 聞き流し用CDは、「通常速度の日本語・空白・遅いスピードの英語・空白・速いスピードの英語」という順番で音声システムが構成されています。 先に日本語での翻訳を聞いておき、それを英語で表現するとどうなるかを考え、CDの空白を利用して実際にそれを口から話す形になります。 自分が表現したい日本語に対する(遅いスピードでの)英語が流れるので、自分が表現した英語の正誤を確認することができ、この点がネイティブイングリッシュによる利点になります。 遅い速度の英語を聞いてどのように表現すればよいのかを確認し、その後のCDの空白でその表現をもう一度確認しましょう。

ネイティブイングリッシュの基本的な使い方

「ネイティブイングリッシュの基本的な使い方(やり方)」についてですが、これはリスニング用とスピーキング用のCDで英会話フレーズを覚える方法に醍醐味があります。 そのため、一概に「このやり方がベスト」というのは各自で変わります。 ネイティブイングリッシュでは、まずリスニング用のCDとスピーキング用のCDをある程度マスターしてから使うことが基本になり、それを「発音をもって学ぶこと」、「1週間間隔でのノルマ達成の確認」という形でのレッスン方法になります。 ・速度に合わせたテキスト学習によるラーニングカリキュラム ・リスニングによる長文英文の勉強法 ・英語をニュアンスから読解するための簡潔なラーニングプラン ・音声授業によるスピーキングと理解による勉強法 ・オンライン英会話による確認を織り交ぜた勉強法 ・実践英語の勉強を兼ねたスクーリング授業 ネイティブイングリッシュの基本的な使い方では、まず上記の内容が重要です。

生徒各自の学習カリキュラムが大切

先述のように、ネイティブイングリッシュでは独自の学習カスタマイズを組み、英会話を実践していくための土台やスキルを培うことになります。 一般的に「リスニング用のCDとスピーキング用のCDから学ぶ」という形での英会話学習の環境・方法が取り入れられ、ネイティブイングリッシュでは「リスニング用のCD・スピーキング用のCD」の活用をもって実践英会話の基本を学んでいきます。 そして仕上げとして英会話シーン聞き流し用のCDを使います。 基本的に個別の学習法に沿って個別の学習環境が設けられていき、それぞれの英語力・会話力に見合った学習プランを取り入れつつ英会話カリキュラムを進めていく形になるでしょう。

ネイティブイングリッシュを利用するメリット

ネイティブイングリッシュの最大の特徴と言われる点は、ニュアンス解説CDの活用で、バイリンガルDJによる「ネイティブイングリッシュで学習する英会話フレーズの使い方やニュアンス」を生徒個別に楽しく学習するための方法を解説します。 ネイティブイングリッシュで勉強するポイントは、「快適に楽しく元気に学ぶ」という点です。 英会話を学ぶ上では、自己レベルに見合った学習環境を先に取り入れておき、継続できる環境・土台の確保が大切です。 ネイティブイングリッシュではそのような学習環境の確保の仕方を教える上で、なるべくテンションを保ったままで学習できるベターな環境を用意してくれます。

ネイティブイングリッシュの悪い口コミ

さてここからは「ネイティブイングリッシュの悪い口コミ」と題し、ネイティブイングリッシュで英会話を学ぶ上で、実際にネイティブイングリッシュを利用した生の声をご紹介していきます。 まず多い評価では「いろいろな勉強プランを使っても効果がない」や、「自分には学習内容が合わない」、「カリキュラムが自己ニーズを充足しない」といった、学習プラン・内容そのものに対する不満の声です。 一般的に英会話講習というのは「個別能力に見合った学習プランニング」が立てることが重要で、それが立てられなくては継続率も大きく下がり、その影響が直結の形で出てしまう傾向に見られます。 「リスニング効果がある」と名目が有名なのに、まったくその点で効果がなかったり、スピーキング力がどんなに勉強しても上がらなかったりすることも一般では多く見られ、その点では学習プランニング・環境そのものの改善が必要になるでしょう。

・一日数分の勉強で良いとキャッチコピーのフレーズがあったのに、そのとおりにしてもまったく実力が伸びなかった。 ・ビジネス英語を勉強しようと挑戦したのに、一般的な会話内容や、レベルが初心者レベルに近すぎる点があってまったく役に立たなかった。 ・学習プランをできるだけ工夫したのですが、まったくプランについていけなかった。

勉強の効果があまり見られない?

語学というのはそもそも向き不向きがはっきり分れやすいもので、いくらネイティブイングリッシュの評判が良いと言っても、自分のペースに完全に見合った勉強方法・学習カリキュラムを組まなければその成果・効果は上がりません。 その点から見てもネイティブイングリッシュの勉強法では、かなり学習カリキュラムを組むことが難しく、また継続して勉強を進めていける環境を確保しにくい状況も見られます。 先述でもご紹介しましたように、ネイティブイングリッシュを利用する場合はマイペース・通信教育での学習の形になるため、勉強を効率よく進めることができ、その上で「自分に最適な学習環境」を取り入れることができない場合が多々あります。 そのため事前にその辺りの勉強方法・学習環境の確立への考慮をしておき、実際に勉強していく際に効率の良い方法を独自に見付けておく必要があります。

・実際の学習カリキュラムではほとんど実力アップできない。 ・独自で学習環境をカスタマイズするのがかなり大変。 ・実際にどのように教材を使い分けて良いのかがわかりにくい。

レベルに見合わない場合が多い?

ネイティブイングリッシュで学べる英会話の内容というのは、基本的にビジネス英語や、日常英会話にしてもややレベルの高い内容、また留学してもコミュニケーションに困らないレベルといったややハイレベルな内容になることがあります。 初心者の場合、ネイティブイングリッシュで進められる授業内容に付いていけない人も多く見られ、利用する前に「あるていどの英語・語学の知識を向上させておく必要」が実際にある場面が見られます。 これはネイティブイングリッシュだけに限らず、特に通信教育制で進めていく英会話授業の場合はあるていどの語学力・英会話力が必要になることは普通に多く、特に勉強プラン・勉強の目的によってはさらにハイレベルな内容になることもあります。 「学習レベルに合わない」という点でのデメリットも(人によっては)多々見られ、いざネイティブイングリッシュを利用しても「付いて行けない」という形で利用をやめる人も多くいます。

・学習カリキュラムそのものの内容が難しい ・送付されてくる教材の内容が、すべてやや中級者向けの内容になっている。 ・聞き流しの勉強法を継続しても、あるていどの英語力が土台にないと難しい。

ネイティブイングリッシュの良い口コミ

ネイティブイングリッシュではよく「聞き流しCDによる勉強だけで英語が上達する」といったキャッチコピーが多く聞かれており、実際にそれを目標にしてネイティブイングリッシュを上手く利用してみようとする人が多く見られます。 しかしこの点は人によって間違いともなり、ネイティブイングリッシュ側もその点については公表しています。 「聞き流すだけをメインに勉強していたのでは着実に英会話の上達は見られない」と断言しています。 「聞き流しの授業」によって英会話を上達させる場合には、他の教材をオプションとして使い分け、自己レベルに合った勉強方法・学習環境を組み合わせなければならないのであり、その点でのカリキュラムを立てる工夫が必要です。

ネイティブイングリッシュでは独自のカリキュラム設計が必要

自己ニーズに沿った学習環境の設定を上手く組めない人の場合(初めてネイティブイングリッシュを利用する人の場合)、能力に見合わせた英語上達のポイントやコツを、自分で見付け出さなくてはいけないという状況になるでしょう。 英語の勉強がそもそも苦手な人、英会話を初めて習う人にとっては、その点でなかなか四苦八苦してしまう状況も生まれてきます。

・ネイティブイングリッシュを利用することによってCDからの聴き取り学習が大いに役立ち、もう一度英語を勉強する際にカリキュラム設計が楽にできました。 ・毎日の忙しい時間を上手く活用して勉強が進められ、英会話のCDをまるでBGMのように聴くことで、自然と英会話を実践で学ぶことができた。 ・初心者向け英会話教材としては最適で、すらすらと自分なりのニーズに沿って学習を進めることができました。

ネイティブ感覚で英会話を勉強できる

これもネイティブイングリッシュの大きなメリット・特典です。 ネイティブイングリッシュで英会話を学習することによって、通常の英会話教室・英語の授業などでは、なかなか得られないネイティブ感覚での「実践英会話」を会得することができます。 ネイティブイングリッシュは教材ツールが満点の評価を受けやすく、その上で実践英会話の講義を受けられるとなれば、それだけで二重の特典が得られる強みがあります。 ネイティブイングリッシュではCDによる動画付きの授業を進めることができ、その点でも通常の英会話教室・英語の授業ではなかなか得られない学習環境を手に入れることができるでしょう。 ネイティブイングリッシュで学習する利点の多くに「音声変化」というものがあり、これはネイティブな発音を学べることに起因します。 それらの勉強における利点をすべて集約させたメリット・高評価が、ネイティブイングリッシュを利用する際には得られます。

・独学でも英会話の練習が十分できる ・音声聞き流しによってネイティブ感覚での授業がとても新鮮 ・英会話の実力をスムーズに身に付ける際には最適 ・リスニング力アップも簡単にできる ・教材費用が安価だから、学習環境のカスタマイズ・環境がありがたい ・英語を周囲から馴染む形で勉強する方法は自分に合っている

ネイティブイングリッシュ

この「コスパ(コストパフォーマンス)」というのは、一般に教材費・ネイティブイングリッシュを利用する上で扱えるさまざまな学習ツール利用費になります。 一般の英会話教室や、英語関連の学習を続けられる予備校や専門学校・塾といった場所では、どうしても月謝制での継続したコスパがかなり高くなる場合があり、その点でのデメリットが見られます。 ネイティブイングリッシュを利用する場合には、完全個別(マンツーマンレッスン)の形で個別での学習環境を持てるため、その場合のコスパを(自己都合によって)かなり抑えられるパターンが増えてきます。 英会話を学ぶ上ではこの「コスパを抑える」というのはかなり大切なことであり、それによってその後の学習率・学習環境の確保などにも大きく影響することになるでしょう。

・教材費が3万程度で、自己学習環境だけを整えられるのはよい ・ネイティブイングリッシュでは教材費以外のコストがかからない ・学習環境をスムーズに保ち続けることができる ・英会話の学習する際に利用できるオプションツールがどれも安価

口コミからわかったネイティブイングリッシュを効果的に使う方法

ネイティブイングリッシュというのは、一般に言われる通信教育で英会話を勉強する場合と同じ状況になるでしょう。 ネイティブイングリッシュサイトから直接教材・CDが送付されてきて、それを自分なりの勉強方法・学習カリキュラムに組み入れて実践的に英会話の授業を進めていく、といった形になるため、その点ではカリキュラム設定が難しくなる場合も多くあります。 つまり、自己能力に最適な勉強方法を事前に想定しておき、その実践を効率の良い方法に置き換えておかなくては効率アップにつながりません。 ネイティブイングリッシュの利点は「完全マイペースで設計できる勉強方法・学習環境の確保」に見られますが、それによって始めからすべて自分で学習方法・カリキュラムを組まなければならないデメリットもあるでしょう。 これらの点を事前に確認しておき、いざ実際に英語・英会話の勉強をしていく際に困らないよう配慮しておくことが必要になるでしょう。

ネイティブイングリッシュとスタディサプリEnglishの比較

「スタディサプリ(受験サプリ)」というのは一般に「現役東大生・ネイティブアメリカン講師によるオリジナル解説」を提供するなどし、個別学習に役立てる「モバイルデバイス用の学習アプリ」として認められていました。 現代ではその学習システムカリキュラム・学習ツールの改良がなされており、特にオンライン英会話によって配信されるいろいろな学習環境の充実が進められており、生徒個別に特化した学習環境として非常に評判を呼んでいます。 ネイティブイングリッシュでもオンライン英会話・自宅学習を率先して勧めているため、この「スタディサプリ英語」による学習環境はかなり効果的です。 スタディサプリ英語を使うことで「30日間無料で使い放題」の特典も付き、どんな環境でも(ネット環境下にあれば)英単語・文法・英会話力を柔軟に高めることができるでしょう。 留学対策・TOEIC対策としてもこのアプリは使えるため、その用途はかなり広いです。

コスパでの比較

まずネイティブイングリッシュというのは、先述のように「オンライン授業」や「通信教育課程」に見られる自宅学習の形を取ります。 その場合、学習用教材・付録CDが送られてきて、1週間を基準にする形で24週間(半年)を1つのカリキュラムとして学習し、その区切りをもって1レッスンとされます。 ・聞き流し用CD ・各種説明書 ・テキスト (全192ページ) これらの教材・付録書が送付される上でカリキュラムを組み、初心者の場合は何度も学習を反復しつつ、学習を継続するためには十分な教材であることがわかります。 スタディサプリENGLISHの場合は、月額980円で利用できるオンライン学習サービスとなるため、ネイティブイングリッシュでかかる費用「3万円弱」との組み合わせが重要になるでしょう。 スタディサプリでは、無料おためし学習できるという特典もあり、その場合は「30日間無料で学習できる」となります。

学習ツールでの比較

まずネイティブイングリッシュで通常採用されている学習プランでは、「テキストによる学習」、「オンライン授業」、「付録CDによる音声授業」の3点となります。 「聞き流し授業(英会話)」では基本的にCDの音声を継続して流し、その流れる音声を日常で聴き取りながら自分の英語表現に置き換えていくという学習の形を取ります。 ネイティブイングリッシュでは主に「リスニング」が中心となる勉強形態となる上で、ネイティブ感覚による英会話(スピーキング力・表現力)の実力をさらに引き上げることに効果があります。 これに比べてスタディサプリの場合は、モバイルデバイス(スマートフォン)から授業内容・コース・プランニングが用意され、個別の学習カリキュラムを自由に設計する形で勉強が進められます。 必要なコーチングという形でのアドバイス・コーチチャットの勉強となるため、完全マンツーマンレッスンの形で学習を進めることができます。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語・英会話を独学する際にその環境を継続させることは、誰にとっても難しいでしょう。 しかし日本は今後もさらに国際化が進み、就職・転職する上でも語学力・英会話力の向上は必須の課題となっていきます。 英会話力の向上は日本の将来において必ず重視され、就職後の安定率・出世率・実力の応用、職種の多様性を図る上では、将来ビジョンを確立させる際には必須の実力となります。 英会話力・語学力を十分向上させておくことにより、その自己PRをもって活躍できる職種分野も広げられ、将来ビジョンを安定させるための有利な条件・環境を整えることができます。 語学を基礎からしっかり学べる環境をできるだけ早期に取り入れておき、日常から英語・英会話力を着実にアップさせましょう。 英会話の勉強を継続して進めるための十分な学習環境を確保しておき、将来ビジョンを安定させるための情報収集を率先して始めてみましょう。

英語学習が続かない理由

「英会話の学習が続かない理由」はやはり英語・語学力を発揮できる機会に恵まれていない点に見られるでしょう。 安定した将来ビジョンを設計することにおいて、英語を学ぶ必要がない場合はやはり語学・英語力の実力は伸びません。 今後も日本の将来では益々語学力・英会話力アップの飛躍・その必要性が見込まれます。 国際化・グローバル化に十分対応できる実力を持つ上で、自己成長を想定する上では外資系企業への就職の際には、まずその採用基準に語学力アップが必須とされます。 将来ビジョンを安定させるためには、将来的に目指す職種で適用される語学力・英会話力を持つことに十分配慮することが必要です。 今後の国際化・グローバル化を早期にしっかり想定しておき、その際に求められる英会話力・語学力を確実に備えておきましょう。

勉強の目的が不明確

英語・英会話をしっかり学ぶ場合、将来において希望する職種で必要となる「英語力の必須性」を十分把握しておくことが大切です。 「自分の将来にどのような企業ニーズが求められるか」をしっかり踏まえておき、その場合に必要となる語学・英語力を十分備えきましょう。 日本は今後も確実に国際化・グローバル化が飛躍していきます。 その将来を想定する上では、現代よりも確実に語学力アップが必要となり、その上で外資系企業・グローバル企業も躍進も図られつつ、そこでは英会話力アップが必須となります。 今後の日本の将来像・世情を早めに確認しておき、将来の職種分野で必要とされる英語・英会話力を今から予習・学習しておきましょう。 安定した将来ビジョンをじっくり確保するために、語学力アップのための充実した学習環境を確保することが大切になるでしょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

現代ではまだ「英語能力が必須」というイメージはあまり見られません。 しかし今後においては、世界でも日本でも確実に国際化によって英会話力・語学力が求められるようになるでしょう。 将来的な自己ニーズを早期に想定しておき、その社会情勢にしっかり応えられる実力を確保しておくことが重要です。 英会話の知識・語学力をさまざまな環境からじっくり確認できる学習ベースを持ち、将来のステータスアップのための語学トレーニング・英会話力アップを目指しましょう。 「周囲の環境に英語習得の強制力がない」というのはこのような点でも不利になり、自分の将来ビジョンを確立するための環境を見捨てることにつながります。 今後も着実に伸展していく外資系企業・国外企業を希望する場合でも、語学力・英会話能力のニーズが求められる上で、その状況にしっかり対応できる即応性が必要です。

口コミ評判を参考にして理想的な学習プランを立てよう

今回は「ネイティブイングリッシュの評判・口コミからわかった効果の出る使い方」と題して、「ネイティブイングリッシュの評判」についての詳細情報をはじめ、その際に口コミからわかった効果の出る使い方・注意点についてご紹介しました。 ネイティブイングリッシュを利用する場合には、自分の英会話レベルと学習プラン・レベルとその環境が合致しているかどうかを確認しましょう。 自分が希望する英会話プランがきちんと採用されているかを確認しておき、自己ニーズを満たせる学習プラン・コースを選ぶことを念頭に、その後の学習向上率・継続率を確保することが大切です。 多くの英会話サプリでは「無料体験学習」が理容できるため、その教室と自分との相性・ニーズの合致をチェックするためにまずその「無料体験」の特典を活用しましょう。 さまざまな側面から事前準備をすることによって、理想的な英会話プランニングを簡単に立てることができるでしょう。

アクセスランキング