IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リップルキッズパークの料金は高い(安い)?コースとコスパを調査

英語

「リップルキッズパーク」は、質が高いレッスン内容が特徴で、料金も安いと評価が高い、子供専門のオンライン英会話スクールです。この記事では、そんなリップルキッズパークの詳しい特徴についてご紹介します。初めての英会話レッスンを考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

更新日時:

英語の重要性は上がっている

最近では、「機械翻訳があるので英語は勉強する必要がない」という話がよく聞かれますが、実はそそのようなことはありません。 現在もコミュニケーション・ビジネスがグローバル化する中で、英語を当たり前に使えるようにしておくことは非常に重要です。 その証拠に、2020年の大学入試改革では、英語の「読む」「書く」だけではなく、「話す」「聞く」能力が重視され、小学校でも英語が正式科目になるなど、英語の重要性は増すばかりです。 都心の名門校では日本の大学ではなく海外の大学受験を選択する学生も増えています。 そんな英語を、「使いこなせる言語」として身につけておくことは非常にプラスになります。

つまり、英語を身につけていることでレベルの高い教育を受けられやすくなった今、英語が使いこなせれば海外で仕事することも可能で、職業や人生の選択肢が増えます。 2020年から始まる大学受験においても英語の力をいっそう求められており、受験にも有利な上に、グローバル化が進む社会に出る時には就職の際にも有利になります。 幼い頃から英語に触れる機会を持たせたいと考えるパパやママも増えています。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

英語を自分のものにするということは、レベルの高い教育を受けられる機会が増え、留学の機会も多く持てることにつながります。 たとえば、無料で受講できる大規模公開オンライン講座(MOOC=Massive Open Online Course)でも世界トップクラスの大学や機関によってはさまざまなコースが提供されています。 その中でも、英語で対応するコースの方が圧倒的に充実した講座になっており、英語を身につけることで海外の大学や学校への進学などの選択肢が広がります。 都心の名門の中高一貫校の学生は、今や東大ではなく、海外の有名大学を目指す時代になっています。 学校教育においても英語の重要性はますます高まり、終始英語での授業なども当たり前の時代になりつつあります。 そのため、英語に慣れ親しみ、自分の言葉として身近に使えることは、レベルの高い教育を受けられやすくなるという利点になります。

すでに私立の小学校では当たり前になりつつある英語教育ですが、小学生の時から海外へホームステイを経験することや、普段から英語に触れることができるインターナショナルスクールも人気です。 公立の小学校においても、高学年で英語が必須科目となり、評価の対象となることは既出のとおりです。

職業や人生の選択の幅が広がる

現代の日本では、人口の減少と高齢化が急激に進み、マーケットも縮小して行くリスクが高くなっています。 その一方で、日本だけにとらわれず、海外大学への進学、海外企業への就職など、「海外での生活」という選択肢が増えているのも現代社会の特徴です。 現代は、今の子どもたちが将来働く頃には、ほとんどの企業でAI化が進み、今ある職業が30種類以上なくなると言われている時代です。 現在の就職氷河期の原因も、不況だけではなく、世界中の若者が日本企業での就職を争うようになっているためとも言われてもいます。 そんな中、日本の学生の目は海外に向いています。 特に、理系分野の学生などからは「海外の大学機関の方が充実した研究ができる」と言われ、海外に進学したい、海外で就職したいという声がたくさん聞かれます。

都心の私立中高一貫校では英語教育にかなり力を注いでおり、学校のホームページにも、進学先としての海外の大学の記載が目立つようにもなってきています。 さらに、海外の企業に就職し、活躍している先輩たちの声も掲載されるようになってきています。 英語を母語のように話せれば、職業や人生の選択の幅が広がり自分にプラスになって行くことは間違いないでしょう。

受験や就職に有利

今日では大学受験、高校受験などで英語検定試験などの資格取得の有無が重要視され、「英語外部検定利用入試」と呼ばれる試験が増加しています。 大学入試の場合、出願資格に「英語検定試験合格」の記載が必要でその記載がなければ受験することができません。 資格を有している場合は、英語入試の得点に換算する、加点として入学試験の総合点数に加算するなど、英語の重要度が高まるばかりです。 また、企業においても「業務で英語を使用する」と答える上場企業は75%になっており、TOEICなどは就職に有利な検定資格となっています。

つまり、それだけ就職してからも海外とのやり取りが多い現場で、英語を使いこなせる人材にニーズがあるという時代になっていると言えるでしょう。 たとえば電車などでも、若い車掌が録音ではなく、ネイティブのような英語でアナウンスをする時代になりました。 今後も、受験や就職の際に英語を使いこなせる力が求められる時代になることは確実です。

リップルキッズパークの特徴

リップルキーズパークの特徴は、「子ども専門のオンライン英会話教室」であることです。 2009年から、10年以上の子ども専門オンライン英会話教室としての実績があります。 教師への研修をしっかり行っており、アルファベットを全く知らない子供でもレッスン開始可能で、その子どものレベルに合わせたコース編成ができます。 「もっと先生と話をしたい」という気持ちが自ら学ぶ意思を育て、子どもが飽きない趣向を凝らした楽しいレッスン内容が特徴です。 子どもと一緒にゲームをしたり、歌を歌ったり、パペットを使ったりなど、子ども専門の英会話教室として培ってきたノウハウが活かされたレッスン内容です。

また、レッスン料金の安さもその魅力となっています。 週何回レッスンを受けるかによって、毎月のレッスン料金が変わる仕組みになっており、現金での支払いと、チケットを利用しての支払いの2種類があります。 さらに、1人分のレッスンを兄弟や親と分け合ったり、並んで一緒に受講したりできることも魅力です。

リップルキッズパークのコースと価格

リップルキッズパークでは、「通常コース」と「リップル英検コース」の2コースがあり、料金は週1日~週5日のレッスン回数で変わる設定です。 また、オプションですが英検2次試験対策コースもあります。 1ヵ月のレッスン料金は、週1日/3,065円、週2日/4,800円、週3日/6,600円、週4日/8,200円、週5日/9,772円(全て税込価格)で、各25分間のレッスンになります。 レッスンでは個人に合ったテキストを選び、内容に希望があれば応じてくれます。 レッスンは、兄弟や親と分け合うことも一緒に並んで受講することも可能です。 たとえば、親が1回、兄弟で1回ずつで週3回のレッスンを想定した場合は、週3回・1か月/6,600円で受講可能です。

リップル英検コースは、実用英語検定とはまったく関係のない試験で、英語に初めて触れる小さなお子さんのために作られたコースなので、基礎力を育み、成果もはっきりとわかるため、親も安心できます。 幼い子どもをターゲットに工夫が凝らされた、充実した内容のレッスンを受講でき、しかも比較的安価に受講ができるところが魅力です。

通常コース

通常コースでは9段階でレベル判定を行い、インプットとアウトプットがバランス良く学べるように、市販教材(Let’s go Let’s Begin)とオリジナル教材を使って授業を行います。 どんなレベルでも納得できるレッスンを提供できるよう、英語の習熟度を9レベルで判定し、初級・中級・上級と、それぞれ3レベルずつレッスン内容が組まれます。 レッスンは英語のみで行われ、インプットとアウトプットをバランスよく学べるように組み立てられています。 そのため、市販教材の「Let’s go Let’s Begin」「Let’s go 1~6」とオリジナル教材をレッスンでは使用しています。 レッスン後にはレッスンレビューが送られ、アフタフォローもしっかり行うことで、評価が高いレッスン内容となっています。

レッスンに対する要望がある場合は、事前に伝えておけば、可能な限り柔軟に対応してもらえます。 レッスンをお休みした場合には振替レッスンもあり、急な発熱などが起こりやすい小さな子どもにも安心です。

リップル英検コース

リップル英検コースは実用英語技能検定とは全く関係がない内容です。 しっかりと成果確認ができて、基礎知識の定着を図ることを目的にした独自開発された教材を使い、英語を英語で理解する準備ができるまでを日本語フォローを行いスムーズにサポートする内容です。 1級から3級まであり、総合チェックテストをクリアしないとコース終了にならないため、コース終了後には具体的で明確な内容が身についています。 色々な単語を見聞きし、使うことで理解するという工夫がされている内容で、レッスン以外でもテキストと先生の音声のダウンロードを行うことができるため、復習や自宅学習も可能です

基本的には英語のみのレッスンですが、少し日本語でフォローがあったり、テキストに日本語訳が載っていることで、内容が把握しやすくなっています。 アルファベットも分からない、英語自体が分からない、という小さなお子さんをもつユーザーの声が活かされて作られたコースになっています。 「通常コースはついて行けなさそう」、「ちょっと心配」という声にも応えた内容になっています。

オプションコース(英検2次試験対策・親子プチ留学)

リップルキッズパークの英検2次試験対策は、模擬試験形式で実用英語検定の面接対策ができます。 3級、準2級、2級の面接対策模擬試験形式が可能になっており、3級であれば5~10分、準2級、2級であれば10~15分の模擬試験対策のレッスンとなります。 残りの時間で先生が評価コメントを作成し、送信されてきます。 プチ留学については、セブ島に旅行に行った際に、先生がホテルに来てくれてレッスンができる、というシステムです。 内容は普段のレッスンの続きで、50分授業です。 料金は1時間/3,240円、2時間/5,400円、3時間/7,128円、4時間8,640円(税込)です。 実際に海外で先生に会ってレッスンを受けられることは、幼い子どもにとっても楽しく貴重な経験となります。 「もっと先生とお話したい」という気持ちがふくらみ、その後のレッスンの継続にもプラスになるでしょう。

リップルキッズパークの料金の評判

ここからは、子供専門オンライン英会話教室リップルキッズパークの料金の評判について紹介します。 やはり、レッスン料金の安さと練習時間を多く取れること、そして料金の割に内容が非常に充実しているということに対する高い評価が目立ちます。 他にも、個別段階評価や、インプット、アウトプットのバランスが良く、アルファベットに初めて触れる小さな子供が英会話に興味を持つ工夫がちりばめられているなどの声も多く見られます。 さまざまな口コミサイトでも、オンライン英会話教室としての内容と料金での評価は、常に上位に入っています。 では、実際にリップルキッズワークを利用した方による口コミをご紹介しましょう。

「オンライン英会話+フィリピン人講師」なので、当たり前ですが料金は非常に安いです。一般的な店舗経営のスクールに通うより、はるかに安い料金で多くの練習量を確保できるのはありがたいと思います。定額制とチケット制を選択できるのもありがたいと思います。利用者の事情やスケジュールに合わせてプランを選べるのは好印象です。 女性 / 2011年頃から 7〜12ヶ月間 / 中級 タクシミリ

我が子に少しでも国際化に対応してほしいと習わせたのが、リップルキッズパークでした。入会させた当初は多少なりとも不安はあったのですが、私が想像していたよりも良かったですね。テキスト型ではなく、インターネットとスカイプで学習するというのが斬新です。家にいながら学習できるので、親も安心です。授業内容はテキスト型ではないので、レベルも落ちるのかと思いきや、子供の学習速度に合わせてくれたり、英語の童謡などを披露して子供が飽きない様に工夫されており、とても感動しました。これだけの充実した内容でありながら低価格な料金も嬉しいところです

週1回のコースから週5回コースまであるようですが、うちはまだ週1回コースです。2980円と安くて満足です。 -1の理由は、いいと思う先生がなかなか予約できないことです。 まだ新入りの先生なら難なく予約できますが、こっちも英語が習いたてなので初心者の子ほどベテランの先生について楽しく勉強していけるきっかけ作りができればいいと思うんですが。 回数をこなせば予約システムが変わりお気に入りの先生を予約しやすくなるようです。 女性 / 10歳未満 / 2012年頃から 1〜3ヶ月間 / 初心者 TOMO

家でインプットの機会を持ちつつ、うまくアウトプットの機会を与えてあげると、子供はおもっている以上に楽しんでやってくれるなという印象です。まだ四歳という素直さの残る年齢も奏功しているのかもしれません。インター系の幼稚園や保育園に通わせたいけどお金や時間がない、という悩み・焦りを持っている親御さんには、是非試してみることをお勧めしたいです。自分自身の精神安定にもつながります(笑)様々なオンラインの勉強機会が増えている昨今、お金をかけすぎなくても工夫すれば平等に良い学習環境に触れることができるのだな、と感動を覚えます。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語の勉強を始めたものの、なかなか続かないということは、子どもでも大人でもよく起こることです。 普段の生活が日本語だけで済むため、あえて英語で話す必要がないこと、小さな子供であれば、「英語を学びたい」という気持ちをどのように作り、継続させるかということがが非常に難しいです。 学ぶ目的がはっきりしなければ、大人でも子供でも頑張る気持ちは沸きません。 その点、リップルキッズパークでは、一人ひとりに合わせたカリキュラムを立て、目的を明確にしてレッスンが進行します。 しかも、リップルキッズパークのベースには「先生が大好き、先生ともっと話してみたい」という気持ちを育てることがあるので、小さな子供でも自らの意思で継続しやすい内容になっています。

レッスンの内容も、幼い子どもが飽きないようにゲームや歌、パペットなどを利用しながら楽しんで継続できる工夫が凝らされています。 まず根底に、「子どもを楽しませよう」という気持ちがあるので、リップルキッズパークでは楽しく学ぶことができます。 小さい子どもでも楽しんでレッスンを続けることができるのが、リップルキッズパークの最大のメリットです。

英語学習が続かない理由

日本では、日常会話で英語を利用しないので、日常での会話の必要性がないという点で学習を続けることは難しくなります。 英語を学ぶ目的がはっきりしなければ、何のために英語を勉強しているのか、幼い子供ほど分からなくなるのは至極当然と言えるでしょう。 もちろん、英語が好きで興味があれば、勉強を続けることはできます。 しかし、幼い子供にとっては、「訳がわからない言葉を聞いたり、書いたり、話したりするだけ」と言う状態になれば、続けることが苦痛でしかないということになりがちです。 その点でも、リップルキッズパークでは、子どもにとって苦痛にならないようにパペットを使ったり、歌やゲームを利用したりして、楽しく子どもの興味を持続させることができています。

さらに、レッスンが継続していくと、大好きな先生とのやり取りが少しづつスムーズになり、理解できるようになることで、英語への興味も持続します。 レッスン内容にも選択肢があり、「通常コースではついて行けない」、という子ども向けの「リップル英検コース」を選択することができます。 そして、リップルキッズパークのレッスンで特筆すべきは、レッスンへの要望が出せることです。 出した要望に可能な限り応えてもらえることや、窓口が日本にあることで、さまざまな疑問や問い合わせにも細やかな対応をしてもらえることも、継続しやすい環境と言えます。

勉強の目的が不明確

前述のように、目的がはっきりしていても継続して勉強するのが難しい英語ですが、大人であれば「仕事で必要」、中高生であれば、「受験でどうしても必要」など、はっきりとした勉強の目的があることが多いでしょう。 しかし、まだ目的がはっきりしない幼い子供にとっては、英語の勉強が続けることが難しくなりやすいと言えます。 子供にとっても、目的がはっきりしている中で英語を学習することはとても大切ですし、子供にとっても目的に合わせたカリキュラムが大事になります。。 リップルキッズパークでは、その目的が子どもにとって、とても分かりやすく構成されており、楽しんで学べるカリキュラムになっています。

それは、「リップルキッズパーク」が利用者の声を活かして成り立っている英会話教室だからです。 子ども専門のオンライン英会話教室として培われたノウハウを持っているため、カリキュラムの内容は充実しており、安心して学ばせることができます。 子どもが楽しく参加できるので、楽しむことを目的にスタートすることができます。万が一、途中で飽きてくるようになれば、問い合わせ電話への相談も可能なので、適切な対応をしてもらえるでしょう。 家族とのレッスンのシェアも可能なので、親も英会話を一緒に習うという場合には、子どもが飽きた時でも、親がレッスンを受けることが可能です。 その姿を見て、子どもも興味を取り戻すことができるでしょう。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

日本には、「英語を学ばなければ生活に支障がでる」という環境がありません。 この、「英語習得の強制力がないこと」が学習を続けることが難しい原因のひとつでもあります。 そのような環境の中で、どのように勉強を続けたらいいのでしょうか。 その点を踏まえ、リップルキッズパークでは、子ども一人ひとりに合わせたカリキュラムで進行します。 同時に、幼い子どもに「先生が大好き」と思う気持ちを育て、その気持ちが「もっと先生と英語でお話したい」という意欲に変わります。 英会話を学ぶ意欲を育て、学習が継続する内容になっていると言えるでしょう。

オンライン学習は自宅で決まった時間に学ぶため、生活の中に英語が溶け込みやすく、英語に触れることが習慣化できます。 このような環境で英語に触れることは、英語の強制力がない日本人に向いた学習方法と言えるでしょう。 特に小さな子どもの場合は、「生活リズムの一部としての学びの時間」を組み込んで行く方が、負担に感じることが少ないと言われています。 リップルキッズパークでは、「週1回25分のレッスン」から用意されているので、無理なく英語に触れる時間が取れるため、生活の一部にすることが可能です。

リップルキッズパークの値段が安い理由は?

ここまでリップルキッズパークについて見て来ましたが、レッスンを受講する際の料金が安いのはなぜでしょうか。 その理由は、講師陣をフィリピン人講師とすることで人件費を安く抑え、教材もオリジナルなものだけではなく、市販教材を利用しているためです。 フィリピンの公用語は英語で、実は世界第三位の英語大国でもあります。 そのため、ネイティブに非常に近い英語を話すことができます。 また、明るく朗らかで献身的な国民性は、幼い子供が出会う初めての外国人としても非常に馴染みやすく、子供たちの講師になるにあたって最適な人材と言えるでしょう。 レッスンのための研修も徹底していて、リップルキッズパークの講師陣は厳しい研修を重ねて、さらに利用者から一定の評価が得られるまでは講師として授業を担当できないシステムになっています。

教材についても、内容の良さで評価が高く、教科書としても利用されている「Let’s go Let’s Begin」とオリジナル教材を使用しています。 上記のような工夫から、リップルキッズパークでは料金が安く設定できています。 ただし、オリジナル教材を利用する場合は、料金が少し割高になることが想定されますので注意して下さい。

リップルキッズパークの教室の場所

リップルキッズパークは完全個別対応で、フィリピン在住の講師とオンラインでやりとりを行うレッスンのため、残念ながら教室はありません。 リップルキッズパークのオンラインレッスンのメリットは、1人分のレッスン料金で兄弟や友人と一緒にレッスンを受けられることです。 家族であれば、週2回のレッスンを1回ずつ分けることも可能です。 フレキシブルに利用でき、レッスン内容も可能な限り要望を聞いてもらうことができるので安心です。 個人で受講することに不安がある場合は、兄弟で一緒に試しに受講してみるのもいいでしょう。 また、一度問い合わせをしてみるのも一つの方法です。

一般的に、オンライン英会話教室の場合、事務所が海外にあることも多く、細やかな対応が受けにくいことがありますが、リップルキッズパークは日本に事務拠点があるので安心です。 問い合わせ先や会社は日本にあるため、早急で細やかな対応を受けることができます。 会社概要は以下のとおりです。

サービス名称リップルキッズパーク
運営者名称株式会社エンビジョン
所在地〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル
TEL050-5532-5251
URLhttp://www.ripple-kidspark.com/
代表者代表取締役社長 杉山 朋也
問い合わせ先事務局専用:050-5532-5251 事務局受付時間:平日13:00~20:00 (土日祝日定休)ほかにスカイプでの問い合わせも可能。

まずは無料レッスン(カウンセリング)を受けよう

以上、子供専門のオンライン英会話教室リップルキッズパークの内容や料金についてご紹介しました。 リップルキッズパークでは週1回から週5回で料金設定が変わり、コースは通常コースとリップル英検コース(実用英語検定とは関係がない)の2コースがあります。 オプションとして、英検(実用英語検定)2次対策講座、親子プチ留学(フィリピンへ旅行することがあれば現地でレッスンを受講できます)という講座もあります。 小さな子供でも飽きずに楽しんで英会話を学べるよう工夫を凝らした内容ですので、興味を持った方は、まず無料レッスンを受講してみましょう。 9段階レベル判定を行った後にレッスンコースを考えますが、無料レッスンではこのレベル判定を行うことができます。 また、どんな感じでレッスンが受けられるのか、どんな先生なのかも知ることができます。

リップルキッズパークの問い合わせ先は日本になっているので、細やかなフォローもしてもらえて安心です。 英語学習を考えている方は、安い料金でも充実した、質の高い内容のオンライン英会話、リップルキッズパークで学んでみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング