IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

English Companyの特徴と評判・口コミまとめ

英語

ここ最近話題になっている、EnglishCompanyと言う英語スクールをご存知でしょうか。英語のジムと言われる、この英語スクールは通常のスクールとは、どのような違いがあるのでしょうか。実際に通った方達の意見も取り入れながらご紹介します。是非ご覧ください。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

ビジネスマンが、英語ができるのとできないのではどちらが得でしょうか。 言うまでもありません。それは、英語ができる人ほどビジネスチャンスが広がります。 現在のグローバリゼーションの波は、ITやAIの登場により、より一層の加速度を増しています。 その中にあって、いち早く世界の情報を入手することは、必要不可欠になっています。 あなたの一分一秒のアクションの遅れが、企業の評判と明暗を左右することがこれから先ますます増えることになります。 英語を習得することは、ビジネスの安定を維持するガイドラインにもなってきています。

英語ができると情報ソースが増える

世界情勢のニュースは、全て英語で発信されています。 アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、中国と個々の国によって政治も経済状況も異なる中にあっても共通することは、どこのメディアも英語を用いて自国のニュースを発信しています。 もちろん、日本の特派員もいるので、その人たちの情報分析されたニュースは瞬時に日本へと伝わるようになりました。 しかし、現在は新しくなった日本の元号「令和」までもが、英語訳されて世界に発信されるほど世界と日本が身近になってきています。 もし、あなたが英語を話すことができれば、そのようなグローバル社会の波に取り残されることなく、常に最前線の情報入手ができるのではないでしょうか。

英語ができると年収が上がる

仕事で稼ぐことができる人は、英語ができる人が多いです。 2014年の語学力と年収に関する調査では、年齢が上がるにつれて、英語のできる人の年収が英語のできない人に比べて高くなる傾向があります。 40代や50代の人では、男女に関わらず、200万円くらいの差があることがわかりました。 英語の語学力次第では、男女の年収差もなくなるということです。 逆に言うと、英語ができない男性は、英語ができる女性に年収面で劣るということでしょうか。 単純に考えると英語ができると、高収入の良い仕事に着けることや、昇進の英語のテストもラクラク突破できること、グローバル社会で生き残れる企業を作るために役職に就ける機会が増えること、つまり昇進の道が開けることが挙げられます。

英語ができると仕事のチャンスが増える

日本国内は、高齢化や人口減少が進んでいるためにこれ以上の内需拡大は望めません。 そこで企業は、今まで以上に海外進出や輸出の窓口を広げようとしています。 そのような企画やマーケティングに必要なのは、現地の人々とうまくコミュニケーションが図れる人材です。 社員には、海外に赴いて現地事情を正確に把握することや、現地のニーズをしっかりとくみ取ることが求められます。 そのような場合でもコスト削減のために通訳を伴わない社員が必要になってきています。 近年、英語で会議を開いたり、TOEIC試験などを昇進の査定においている企業が増えてきています。 英語ができるというだけで、仕事のチャンスが何倍にも膨らむことは間違いありません。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

海外旅行をして色々な国を回ってみたい、見聞を広げてみたいという人は、英語を学習することによりその道が近くなることがあります。 突然の辞令で、海外出張や海外赴任のお役目が回ってきたりする場合でも、企業は英語ができる人を優先して選ぶ傾向にあります。 外国旅行が好きな人にとっては、たとえ仕事であっても魅力的なお役目になります。 また、英語ができることで、フライトアテンダントやツアーコンダクターなど、世界を飛び回る仕事につくことも夢ではありません。 英語ができることで、その才能を生かして海外に行けるチャンスは、英語ができない人の何倍も多くなります。

English Companyとは

English Companyは、株式会社スタディーハッカーが運営する評判の良い英語ジムです。 2010年2月に代表の岡健作氏により設立されたスタディーハッカーは、予備校運営、教育系アプリの開発、メディア運営などを手掛ける資本金2100万円の企業です。 スタディーハッカーは、教育系ベンチャー企業「恵学社」と同企業です。 そのスタディーハッカーが手掛けているもう1つの事業が、評判の良い英語ジムの運営English Companyです。 2015年に設立された、English Companyは「Study Smart 合理的に、スマートに学ぼう」をコンセプトに「英語のパーソナルジム」としてオープンし、その手法は、約3か月でTOEICの得点を400点以上アップさせると評判になり一気に知名度を上げました。

英語に科学的トレーニングを組み込み、パーソナルトレーナーをつけることにより、短期に英語の能力アップが見込めると評判になったことから、多くの受講生が受講待ちの状態が続いているのも特徴です。 トレーナーは、効果のある無駄のないトレーニングメニューを個々の生徒に合わせて設定し、目標達成までのスケジュール管理や自宅における学習のサポートまで、さまざまな点において英語学習サポートを行います。

English Companyの特徴は?

English Companyは、短期で英語力が増すと評判になっていますが、実際どのように英語力を伸ばしていくのでしょうか。 English Companyは、学業を終えたと同時に1度はあきらめてしまった英語学習にもう1度やる気を起こさせてくれると評判の良いスクールです。 「英語学習に近道はない、しかし回り道をする必要はない」をモットーに短期で各生徒に最適の英語学習方法を提供しています。 では、English Companyと他のスクールでは、一体何が違うのでしょうか。 English Companyの特徴に迫っていきましょう。

English Companyの特徴1:英語のジムであることが評判になっている

English Companyは、評判の良い英語のジムです。 ジムには通常パーソナルトレーナーが付きますが、English Companyも同じように各生徒に専属のトレーナーが付きます。 トレーナーは、マンツーマンレッスンとリーズナブルなグループレッスンのどちらかを選択できます。 「英語のパーソナルトレーナー」は、日本人ですが、英語習得の専門家集団だと評判になっています。 「第二言語習得研究」という科学的な英語学習の方法を用いて各生徒の英語習得の現在位置を特定します。 生徒が、どのように進めて行けばゴールまで最短距離でたどり着けるかをコントロールして行くのがパーソナルトレーナーの役割です。

ENGLISH COMPANYの速読リーディングというトレーニングで、英語をかたまりごとに前から理解する「速読リーディング」というトレーニングがあるのですが、それを通して英語が単語単位ではなくて何語かのかたまりの単位で頭に入ってきていたんです。話す時にはその感覚が役に立ちました。

English Companyの特徴2:言語習得の科学『第二言語習得研究』の知見をベースにしたトレーニング

English Companyでは「第二言語習得(SLA:Second Language Acquisition)」の理論に基づく効果的な学習方法を取り入れていると評判になっています。 「第二言語習得研究」は、人が母国語以外の言語を習得する過程を科学的に解明する学問のことで、英語学習のノウハウを熟知した専任講師がその知見を実践的に取り入れることによって、英語のトレーニングをしていきます。 各生徒の英語学習の問題点を的確に判断し、解決するプログラムを組んでくれますので、英語習得に時間をかけることなく最短距離で目標に達することが可能になります。

自分のやり方に固執するよりも、いっそプロにおまかせしたほうが良いのではないでしょうか。英語学習にもコツのようなものがあって、それがわかれば時短で結果を出せる。それを叶えてくれたのがENGLISH COMPANYでした。個々の課題や学習フェーズに合わせてていねいにプランニングをしてくれますから、皆さんもトレーナーを信じて頑張ることで成長が実感できると思います。

English Companyの特徴3:大学受験予備校を母体とする強み

English Companyの母体、スタディーハッカーは大学受験の予備校運営に携わっています。 English Companyは、日本人が受験を通じて、どのように英語学習を進めてきたかをよく理解していると評判です。 どのように学び、どのような知識が不足しているのかをよく理解し、受験の際、あんなに勉強したのに、まだ英語につまずいている原因は何なのかをよく理解しています。 各生徒さんが、学生時代に費やした英語学習の時間を無駄にすることなく、使えない英語から使える英語へと改革して行く、適切なトレーニング方法で英語学習をサポートしてくれると評判です。

課題の発見についても、それを解決する練習方法についてまったく知らないことばかりで、自分一人ではこれは無理だったと思います。シャドーイングやディクテーションが良いということは聞いたことがあっても、自分にいま何が必要なのかはわからないものですから

English Companyのコース内容と料金は?

English Companyは、多種多様なコースがあり、個々の都合に合わせて色々なコースが選べるようになっていると評判です。 下記に表示した内容は、主要なコースとその料金です。 English Companyは、各生徒さんの都合に合わせて、色々なコース設定がされており選択肢が豊富なことも魅力の1つです。

コース名内容期間料金
全レベル対応コース・トレーニングセッション45分×48コマ ・トレーニングスペース3ヶ月利用 ・IT教材利用費 ・教材費 ・進捗サポート3ヶ月90日(全3か月)入会金 50,000円(税込54,000円) 1ヶ月分 165,000円(税込178,200円)
初級者向けコース・グループトレーニング 75分 ・週2回 × 2ヶ月(全16回) ・IT教材利用費 ・教材費 ・学習進捗サポート2ヶ月 ・TOEIC Bridge IPテスト受験料60日(全2か月)入会金 20,000円(税別) 1ヶ月分 82,500円(税別)
中級者向けコース・グループトレーニング 120分 ・週1回×2ヶ月(全8回) ・IT教材利用費 ・教材費 ・録音音声フィードバックサービス ・学習進捗サポート2ヶ月 ・TOEIC Listening & Reading IPテスト受験料全2か月入会金 20,000円(税別) 1ヶ月分 100,000円(税別)
上級者向けコース・グループトレーニング 120分 ・週1回×2ヶ月(全8回) ・IT教材利用費 ・教材費 ・学習進捗サポート全8回入会金 20,000円(税別) 1ヶ月分 92,500円(税別)
オンライントレーニング週2回のオンライントレーニングまたはENGLISH COMPANYスタジオにて対面のトレーニングとオンライントレーニングをそれぞれ週1回ずつ基本は、90日(全3か月)入会金 50,000円(税込54,000円)1ヶ月 165,000円(税込178,200円)
法人向けコース通学スタンダードコースまたは講師派遣コースまたはTHE CONSULTANTコース要相談要相談

15分あたりの単価はだいたい3000円前後に収まっている。 1レッスンあたりの時間やコストを正確に比べてみれば、大手の英会話学校との差はほとんどないです。 むしろ3ヶ月間で濃密なトレーニングに集中して結果が出せるのは、時間投資効果で見れば明らかに高いはず。 だらだらと長く続けるより、期間を区切ることで本気で効果が出せるようになっている。

他の英会話スクールよりも、値段が高い。これは多くの口コミにも書いてあったこと。全レベル対応コースは1ヶ月分165,000円。75,000円。それに加えて入会金も数万円払わなければならない。つまりは、全レベル対応コースを3ヶ月受講すれば50万円以上かかるということになる。そのため気軽に受講することができない。 この値段設定は、考え方次第。独学で英語勉強できると思い込んでいる僕のようなタイプは、独学で英語を勉強した方が費用はかからない。自分で勉強できるタイプは、断然、自分でテキストを購入してサクッと勉強すればいい。

English companyとベルリッツの比較

English Companyと大手の英会話スクールベルリッツとでは、どのような点が違うのでしょうか。 英会話スクールと言っても、全国展開している大手の評判の良い学校から、地方にあるその街に特化した小さな学校までさまざまな学校があります。 そのような学校とEnglish Companyとは、どのように違うのでしょうか。 今回は、大手のベルリッツと比較して見ていきましょう。

料金での比較

コース料金では、English Companyの方がリーズナブルな料金ではないでしょうか。 今回は、マンツーマンレッスンの料金を単純に比較してみました。 English Companyの料金は、1か月178,200円税込み料金で、これを単純計算すると1回のレッスン料は、11,138円です。 ベルリッツは、1回のレッスンが6000円から8000円の税抜きです。 料金だけを比較するとベルリッツの方が安く見えます。 しかし、English Companyの料金には、教材費、IT教材費、進歩サポートなど諸経費が全て含まれた料金になっています。 対して、ベルリッツの料金は教材費別、教室以外の学習サポートはありません。 また、レッスン時間もEnglish Companyは、1回45分とベルリッツよりも5分ですが、長く設定されています。

英語習得スピードでの比較

English Companyの短期集中型レッスンは、ベルリッツよりも効率的な英語習得方法を用いています。 English Companyのレッスンは、3か月の間に1回のレッスン45分が48コマと、他のどの英会話スクールと比較してもマンツーマンレッスンの時間が集中して取れるようになっています。 ベルリッツにも短期集中型コースはありますが、テストなど目的に合わせた集中型コースで、目的以外の英語スキルアップを狙うには改めて受講が必要な場合があります。 そういう意味では、英語全体の習得には、English Companyの方がより効果的な勉強の仕方ができるのではないでしょうか。

英語の習得に1番大事なのは継続

「英語は、1日にしてならず」と言われるように継続が大きな力になります。 どの言語にでも言えることですが、英語を勉強することは終わりの無い果てしないゴールに向かって走り続けているようなものです。 成人のネイティブ・スピーカーの語彙数は、23,000から28,000語彙と言われています。 驚いたことに、1年365日、毎日単語を忘れずに1つずつ覚えたとして最低60年から70年くらいかかります。 聞いたとたんに英語学習に嫌気がさした方がおられるのではありませんか。 しかし、ご安心ください。 ビジネスにおいて、ネイティブ・スピーカー以外の人が必要な語彙数は、8,000から9,000と言われていて、その数はグンと下がります。 この数字は、英検準1級程度か、またはTOEIC730点ぐらいです。

ネイティブ・スピーカーの中高生の語彙よりもはるかに少ない語彙ではありますが、成人には多くの見識からその語彙でも難しいビジネスの会話に入っていけるようになります。 English Companyで、最初にしっかりと英語のベーシック部分を鍛えることによって、学習ハードルを少し低く抑えることができると評判です。 後は、継続して語彙を増やす工夫をして英語を使うことを習慣づけることです。

English Companyの受講生はこんな人が多い

English Companyの受講生には、英語に対してさまざまなバックグラウンドがある人ばかりです。 English Companyの受講生には、TOEIC対策のためにやってくる人、ビジネスでもっと英語を活かしたい人、単純に英語が苦手で英語力を高めたい人など色々な方がいますが、ほとんどの人がレッスンに満足したと評判になっています。 その理由としては、多くの生徒さんがぶつかる英語学習方法のつまずき課題を1から見直すことによって、個々に見合った学習対策が取られることにあるのではないでしょうか。 また、時間の取れないビジネスマンやビジネスウーマンにとっても短期で集中して学習することで、飽きることなく短期間で集中して継続が可能になっていることも魅力の1つです。 しかし、一番大切なことは、受講する生徒さんのやる気と熱意ではないでしょうか。

学習期間が決まっているからこそ、各生徒さんの集中力が問われることになります。 その結果として、TOEICの点数がアップすると言う後付けの評価と評判がついてくるのは言うまでもありません。

English Companyの受講生はこんな人が多い
  1. 英語を短期で習得したい人
  2. 英語のリスニングに自信が無い人
  3. 英語を自己流で学習してきた人
  4. 英語理解の技術力を高めたい人
  5. ビジネスでもっと英語を上手く活用したい人

English Company利用者の体験談と口コミ

English Companyは、やればやるほど成果が実感できると評判になっています。 また、夫がEnglish Companyを受講してみた妻の意見として、英会話スクールとして、全体的にみてみると、English Companyは満足度が高いと言う意見もあり良い評判です。 English Companyでのレッスンは、英語のトレーニングをこれまでよりもシンプルに行えるようになったと言う人もあります。 しかし、English Companyの無料体験レッスンを受けた後、レッスン開始までに日にちが開くと言う人もいることは確かで、あまりにも人気があるために常に予約が詰まっている状態で、急いでいる人には予約が取れない場合があります。

急な海外赴任や海外出張に合わせて、英語を勉強することになったと言う人には、時間に余裕がないためにEnglish Companyは適さない場合があります。 しかし全体的に口コミとしては、良い評判の口コミが多くTOEICや英語の成績が向上したと言う人が多いです。

English Comapnyのきついトレーニングで夫婦ゲンカになることもあった。 ぶっちゃけ、トレーニングはきつかったです。3ヶ月のトレーニング中は、結構イライラすることも多かったです。 奥さんとそれが原因でケンカになることもあったくらい。笑 2ヶ月目くらいに一回「やめようかな・・・」と思ったこともあります。 それでも続けられたのは、成長を実感できていたからです。やればやるほど効果が上がっていくので、続けることができましたね。 ツライけどEnglish Companyで勉強することが、1番の近道だと信じてました。

毎日先生に進捗を確認してもらえるので、やる気が持続しやすいところがとても良かったですね。 ただ、この満足度や達成感は本人の頑張りの部分もかーなり大きいはず。 私はヘロヘロになりながら英語と向き合う夫を毎日眺めてました。そりゃ、こんだけやりゃTOEICの点数も上がるわ!!そして、夫にこんだけやらせたイングリッシュカンパニーはすごいわ!!

ENGLISH COMPANYでのレッスンのメリットはこれまでの勉強方法とは違う方法を身につけられるということです。 ENGLISH COMPANYでは科学的な分析に基づき、効率的に第二言語を習得するプログラムを開発し実践しています。文章を字面で理解するのではなくてイメージで理解するという方法は、英語の勉強を楽しくさせるものですし、シンプルに覚えることも出来ます。 ENGLISH COMPANYで英語を勉強することのメリットは中学や高校の時とは違った英語の勉強方法を身につけることが出来ることです。

でもスタートまで1ヶ月半くらい待つことになるって言われて。 かなり待つかなって思ったんですけど、1ヶ月経たないくらいに空きが出たって急な連絡があって。ラッキーだったのかもしれません(笑)

マンツーマン英会話・英会話コーチングスクール・通常の英会話教室の違い

マンツーマン英会話と英会話コーチングスクールと通常英会話教室の違いは、指導メソッドが全く違います。 英会話スクールと言っても、多種多様な学校が看板を掲げており、どれにするか迷ってしまいます。 その中でもマンツーマンレッスンを謳い文句にしている所もあれば、グループレッスンの通常英会話教室や現在評判の英会話コーチングスクールなどあり、料金もレッスン料もさまざまです。 しかし、1つ覚えて頂きたいことは、マンツーマン英会話や通常英会話教室と英会話コーチングスクールの違いは、前者は、ティーチング(教授すること)で、後者は、コーチング(指導)することという風に分けられるのではないでしょうか。

間違えた箇所を指摘して教えると言う部分では変わりはありませんが、その誤りがなぜ起こるのか、また繰り返し同じ間違いが起こらないように指導してくれるのがコーチングです。 また、英会話コーチングスクールの講師の質は、どの英会話教室よりもずば抜けていることも評判になっています。 指導者には、TOEIC900点以上の人や、海外経験が豊富な知識人ばかりが選ばれていて、貰える知識の豊富さに驚かされます。 それに加えて、英会話コーチングスクールでは、レッスン時間以外のフォローアップも準備されている所がほとんどです。 携帯電話などのチャットサービスを利用して、日常生活からの英語力アップを図ります。

English Companyの無料レッスン(カウンセリング)がおすすめな理由

English Companyの無料レッスンを受けるだけで、個々の抱える英語の問題が見えてきます。 無料体験レッスンを受けることは、教室の雰囲気やコーチングトレーナーの指導を直に感じられると言うだけでなく、無料体験レッスンを受けただけで、あなたの英語学習の問題点を指摘して貰え、それを克服するような指導を行ってくれます。 体験レッスンでは、ネイティブ・スピーカーと同じように、英語を英語のままイメージで捉えることが可能になる認知文法を取り入れて、脳に負担の無い英語理解の方法を鍛えてくれます。 また、速読リーディングと言った、英語のリーディング力を高める能力トレーニングを行い、脳内の英語の処理能力を高めます。

体験レッスンでは、英語の能力を高めながら、楽しく時間が過ごせるようにパソコンやプリントを利用してレッスンを進めて行きます。 最初は、困難に感じた英語の文章がトレーナーの指示に従って、トレーニングを進めることによって、最後にはよく理解できるようになる仕組みには驚かされると評判になっています。 さらには、今後の勉強の参考になる語彙の増やし方や発音の指導なども行ってくれることも無料体験レッスンの魅力に繋がっています。

まとめ

英語学習の方法が変わろうとしています。 留学や海外赴任など時間に追い込まれている人にとっては、ある程度短期間に英語をしっかりと勉強しなければならないと言うことで英語学習に取り組むことができますが、それ以外の人はどうでしょう。 単に英語の能力を伸ばしたい人は、英会話スクールで取りあえずネイティブ・スピーカーの先生についてもらって生の英語を聞き、訓練すると言うことがこれまでの常識だとされてきました。 もちろん、英語を耳に慣らすと言う点では本物の英語を聞く、話すと言うのは重要なことです。 しかしそのような学習方法は、終わりに来ています。 英語の能力を伸ばすためには、ある程度自分を追い込んだ学習方法の方が効率的に学力を伸ばせることが分かってきました。 そのためにはまずは目標を定めて、それに向かって勉強を進めて見ることではないでしょうか。

その目標は、ある程度短期間で達成できる効果的な目標であることも大切です。 理由は、モチベーションを高く保つために、英語学習が嫌にならないことと飽きないことがあるからです。 そのような環境作りを手助けしてくれるのは、English Companyのような英会話スクールではないでしょうか。

近くで人気の英会話スクールを探す

これからの社会は、資格や語学力が就職に問われる時代になってきています。 終身雇用制度にある程度限界が見えてきています。 大企業でもグローバルな波に乗り遅れた企業は、取り残されて無くなっていく時代です。 取り残されないためには、企業はグローバルな視点を身に着けること、つまり社員たちに英語力を着けるのが一番の早道と考えるようになってきています。 また、これからは1つの企業で長く務めるのではなく、機会があれば自分に合った良い条件の企業へ転職して行くことが普通になってきています。 その際にも英語ができることは、強力な強みになってきます。 まずは、英語に興味を持ってお近くの英会話スクールを訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング