IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

イーオンの料金は高い?コースとコスパを調査

英語

英会話スクール業界最大手のイーオンは、L&Aメソッド法や外国人講師と日本人講師のダブルサポートを受けることができるという特徴があります。料金は口コミから高いと感じている人が多いようですが、講師の質や教室の立地から妥当と感じている人もいます。

更新日時:

従来の英会話教室が効果がないと言われる理由

英会話を学びたいと思ったら独学で学ぶよりも英会話教室に通った方が効率よく学べ英語が話せるようになるような気がしますが実際はどうなのでしょう。 実際には英会話教室に通ったからといって必ずしも英語が話せるようになるわけではありません。 英語を話すことができるようになるためには英会話教室に通うだけではなく、十分な勉強時間を確保できるようにしないとダメです。 英会話を取得するために必要な時間は約3,000時間とされています。 3,000時間の中で学校で英語学習にあてられる時間は約1,500時間といわれています。 あとの1,500時間を自分で確保する必要があり、英会話教室に週1時間通っただけでは約30年の年月がかかってしまいます。 英語漬けにできる環境でないと英語を習得するのは非常に難しいことがわかります。

従来の英会話教室では十分な勉強時間の確保ができないので、従来の英会話教室が効果がないといわれてしまう理由です。 では英会話教室に通うのは意味がないことなのかという疑問が湧きますが、短い期間で集中して効率よく学習することができる短期集中マンツーマン型の形式をとるスクールであれば英語を習得できるでしょう。

英語の重要性は上がっている

2008年度から小学校5・6年生で外国語活動として英語学習がスタートし、2011年度からは小学校5年生から必修となりました。 そして2020年度からは英語が小学校3年生から必修科目となり、小学校5年生からは教科化され成績がつくようになります(2018年度から移行期間として始まっている学校もあります)。 今や英語は国語や算数などと同じような扱いを受けるようになっており、中学生から小学校高学年、小学校高学年から低学年へと英語教育の低年齢化が進んでいることよくわかります。 でも教科化するほど英語はなぜ重要なものとしてとらえられているのでしょう。 英語が重要になっている理由を見ていきましょう。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

英語が重要視される理由としては英語を理解し話すことができることでレベルの高い教育を受けやすくなるということがあります。 英語を使うことができれば英語を学ぶための留学ではなく、自分の学びたい分野を学ぶための海外留学をすることができる可能性があります。 英語を話すだけではなく、より高い目標を実現できるでしょう。 また海外に行かなくてもMOOC(Massive Open Online Course=大規模公開オンライン講座)で提供されているオンライン講座で海外の大学の講義をを受講することができます。 海外にいる講義の参加者とのディスカッションにも参加することができますので、有意義な機会を得ることができます。

職業や人生の選択の幅が広がる

英語を習得していることで職業や人生の選択の幅が広がるため英語が重要視されています。 英語が使えると就職先に外資系企業を加えることができ、国内企業だけでなくさまざまな選択肢を考えることができるので人生の選択の幅を広げることができます。 もちろん国内の外資企業で就職するだけでなく、海外でその国の企業に直接就職するということも可能です。 海外で就職することができれば、生活の基盤を海外に移すこともできます。 また日本国内での消費は今後減っていくことが予想されるため海外にマーケットを移す企業が増えていますので国内の企業でも英語が使えることは強みになります。

受験や就職に有利

英語を使えることは受験や就職にも有利に働くので英語を学ぶことは重要視されています。 大学受験や高校受験では民間の英語検定を重視し、英語の得点に反映したり、英語の試験そのものを免除されることもあります。 推薦入試では英検で、ある一定以上の級に合格していることを受験資格にしている場合もあり英語ができることだけでほかの受験生よりも評価してもらうことができます。 もちろん受験だけでなく就職にも役に立ちます。 多くの企業が英語の資格を持っていることを評価するということがわかっています。 特に英語を必要とする職種では有利に働きますので、そのような職種を目指すのでしたら早くから英語を学習しておいた方が良いです。

イーオンの特徴

英会話スクール大手のイーオンは石原さとみさんがイメージキャラクターを務めていることでも知られています。 1973年に創業された歴史ある英会話教室で全国の主要都市で249校のスクールを開校しています。 イーオンの特徴は、日本人の弱点を分析して開発されたオリジナル教材を使用し、「話せる英語」「使える英語」が身につくための「L&Aメソッド法」を取り入れ日本人とネイティブ外国人の2人に講師から学ぶことができることです。 日本人視点で開発された教材は、一人一人のレベルや目的に合わせて600種類以上のテキストがあり、わかりやすく上達しやすいと評判でイーオンの特徴です。 学習法は「L&Aメソッド法」を取り入れておりLearningで英単語や文法ルールを学びAcquisitionで英語を話す自信を身につけ本当の英語力を身に着けることができます。

イーオンでは日本人の弱点を理解した日本人講師と北米オフィスで採用したネイティブ外国人講師のダブルサポートを受けることができますので効果的に英語を学ぶことができます。 担任制を採用しているので講師が変わり困ることもありません。 また全国に教室があるので通いやすいのも特徴です。

イーオンのコースと価格

英会話を続けられる条件は無理なく支払できるか、楽しく勉強できるかとということがあります。 生活が苦しくなるような支払いだと続けていくことは難しくなりますが、イーオンの料金は半年や1年などの契約期間に合わせた一括払いです。 料金の一括払いが難しい場合にはクレジットカードの分割払いを選ぶことができるようになっています。 イーオンの料金は週にどれぐらい通うのか、どれぐらいの期間通うのか、グループレッスンなのかマンツーマンレッスンなのかで違いが出てきます。 通う回数が多くて通う期間が長く、マンツーマンレッスンであれば料金は高いくなります。 ではここからはイーオンの具体的なコースと料金についてみていきましょう。

日常英会話コース

イーオンの日常英会話コースは英語を読み書きだけで終わらせたくない、英語を使ってコミュニケーションをとりたいという人のためのコースです。 日常英会話コースの受講にかかる料金は、入学金32,400円とシステム管理費月額864円、教材費(入会コースにより料金が違う)、コース料金です。 日常英会話コースの中でも週に何回通うのか、どれぐらいの期間通うのか、レッスン形態によりコース料金が変わってきます。 代表的なコースとしてははじめて英会話コースというものがあり、週1回の8人前後のレッスンを1年行う内容です。 料金は150,660円で、1ヵ月あたり12,555円で、1回あたり約3,100円です。

トラベル英会話コース

トラベル英会話コースは、海外旅行で役に立つ実践的な英会話を学ぶことができるコースです。 さまざまなシチュエーションを細かく想定した実践的なレッスンが特徴的なコースで、学校で学んだ文法を活かしながら正しい英会話力を身につけることができます。 人気の海外旅行のための日常英会話コースは週1回の8人前後のグループレッスンを1年間行うコースは、150,660円です。 より多くを学べる海外旅行を楽しむための基礎+実践の英会話コースは、少人数のラウンドアップ英会話クラスを週2回4ヶ月行うものを2レベル分(合計8ヶ月)行う内容で379,080円です。 1ヶ月あたり47,385円で、1回あたり約6,000円です。

海外留学&ホームステイ準備コース

海外留学&ホームステイ準備コースは、海外留学やホームステイを考えている人が海外生活を送るためにコミュニケーションが取れるレベルの英語力を身につけ海外生活を充実させるためのコースです。 イーオンでは40年以上の実績がある留学ジャーナルがあり、留学生募集情報など事前に必要な情報収集から出発手続きのサポートもしてもらえます。 準備万端で出発したい人向けの留学ホームステイ総合英会話力習得コースは少人数のラウドアップレッスンで英会話クラス週2回4ヶ月を2レベル分(合計8ヶ月)行う内容で379,080円です。 1ヶ月あたり47,385円で、1回あたり約6,000円です。

ビジネス英会話コース

イーオンのビジネス英会話コースは、グローバル化が進み外資系企業の参入や国内企業の海外進出が進み英会話が求められるビジネスシーンで役に立つ英会話力を身につけるためのコースです。 こちらも日常英会話コース同じように、入学金とシステム管理費、教材費実費、コース料金が必要です。 コース料金は条件により変わりますが、代表的な週1回のグループレッスンを1年行うの実用英会話コースで150,660円です。 急いでビジネス英会話を身に着けることができる週2回の少人数レッスンを8ヶ月行う短期速習コースで379,080円です。 1ヶ月あたり47,385円で1回あたり約6,000円です。

一般教育訓練給付制度対象コース

一般教育訓練給付金対象コースは、雇用保険の加入者が利用できる一般教育訓練給付制度の対象となるコースです。 一般教育訓練給付制度は学費の20%(最大10万円)がハローワークから支給される制度で、一定の条件を満たすと利用できます。 ビジネス英会話はもちろん日常英会話などを学ぶことができるコースです。 給付制度対象の英会話ジョイント実践A3・A7・A9コースは、少人数英会話クラス週2回4ヶ月とに役立つ会話などが身につく週1回の8人前後のグループレッスン8ヶ月の内容で教材費41,148円を含んで326,268円です。 このほか入学金とシステム管理費、副教材費が実費で必要です。

TOEICL&Rテスト対策コース

資格取得対策コースは世界で年間のべ500万人以上が受験するTOEICL&Rテストの試験対策やスコアアップを目指すことができるコースです。 自宅学習だけでは知ることができないコツやテクニックを教えてもらうことができます。 こちらのコースも入学金とシステム管理費、教材費実費、コース料金が必要です。 代表的なコースにTOEICL&Rテスト対策コースがあり、週1回の8人前後のグループレッスンを半年行うコースです。 コース料金は85,536円で、1ヶ月あたり14,256円、1回あたり約3,500円です。 短期速習プライベートレッスンになると週2回4ヶ月のコースで333,720円です。

小学校英語指導者資格取得コース

小学校英語指導者資格取得コースは、小学校5・6年生の英語必修化に向けて英語を教える資格を持っていない小学校の先生などがJ-SHINE(NPO小学校英語指導者認定協議会)の小学校英語指導者資格取得を目指すコースです。 イーオンはJ-SHINE登録団体で多くの人がこのコースで資格取得をしています。 英語がはじめての人向けの小学校指導者資格取得準備コースは、少人数英会話クラス週2回4ヶ月と実践英会話クラス週1回8ヶ月、計1年間学習するコースで12ヶ月で294,840円です。 上級者向けの資格取得コースは週1回半年間通うコースで198,914円です。 こちらも入学金とシステム管理費、教材費実費が必要です。

学生向けコース(中学生クラス)

イーオンには学生向けコースもあり、中学生クラスは高校入試だけでなく大学入試や英検で求められる聞く・話す(やりとり/発表)・読む・書くの4技能5領域を身に着けることができるようになるためのコースです。 週2回外国人講師+日本人講師(英会話週1回と文法週1回)コースは最大8名のグループレッスンで月謝17,172円、教材費26,676円~(文法教材費別)といった料金です。 週1回の英会話コースは最大8名のグループレッスンで外国人講師月謝10,368円、日本人講師月謝9,720円、教材費26,676円となっています。 コース料金のほか入学金10,800円とシステム管理費月額864円が必要です。

学生向けコース(高校生クラス)

イーオンの学生向けコース高校生クラスは、2020年から始まる大学入試への対策や資格試験への対策はもちろん留学などの目標や社会人として必要な英語でのコミュニケーション力を身に着けられるコースです。 高校生は部活や学校などとの両立が難しく続けられないと心配になりますが、振替も可能で安心して通えます。 高校生クラスにかかる料金は入学金32,400円とシステム管理費月額864円、教材費実費、コース料金です。 代表的なコースには高校生向けはじめて英会話コースがあり、週1回8名前後のグループレッスンを1年間行う内容で、133,056円です。 1ヶ月あたり11,088円、1回あたり約2,800円です。

学生向けコース(大学生クラス)

多くの大学がグローバル人財育成を意識した教育プログラムを取り入れており英語力が大学生でも役立つようになっています。 また就職活動ではTOEICL&Rテストを多くの企業が採用時に参考にしています。 イーオンの学生向けコース大学生クラスでは大学生活で活かすことができる英語力はもちろん就職から社会人として働いていく上で役立つ英語力を身につけることができるコースです。 代表的なコースには大学生向けはじめて英会話コースがあり、週1回8名前後のグループレッスンを1年行うコースで150,660円です。 1ヶ月あたり12,555円で1回あたり約3,100円です。 このほか入学金とシステム管理費、教材費実費が必要です。

ベビークラス(1・2歳)

イーオンには一般コース以外にイーオンキッズというものがありベビーから英語に触れることができます。 ベビークラスは1歳から2歳の子供を対象としたクラスで、親子でのふれあいや遊びの中から英語に触れ自然に英語を覚えることができるコースです。 外国人講師+日本人講師の英会話週2回のクラスで月謝12,744円、教材費13,716円~15,336円(月齢により違う)です。 英会話週1回のクラスは外国人講師クラス月謝8,532円、日本人講師クラス月謝7,452円、教材費13,716円~15,336円です。 こんほか入学金とシステム管理費、アテンダンスブック(週1回用200円/週2回用250円)が必要です。

幼児クラス(3歳クラス、4・5歳クラス、6歳クラス)

幼児クラスは年齢に合わせた英語を学ぶための土台作りをできる内容のクラスです。 外国人講師+日本人講師の英会話週2回クラスで月謝16,416円、外国人講師英会話週1回クラスで月謝10,368円、日本人講師英会話週1回クラスで月謝8,640円です 教材費は年齢により異なり3歳は週2回25,704円、週1回19548円、4歳から6歳は週2回33,372円、週1回26,136円です。 3歳クラスは親子で参加できるクラスもあり外国人講師+日本人講師英会話クラス週2回で月謝18,576円、教材費25,704円です。 外国人講師週1回月謝12,096円、日本人講師週1回月謝10,044円、教材費19,548円です。

小学生クラス(1・2年生、3・4年生、5・6年生)

イーオンキッズの小学生クラスは、新時代の英語教育に対応したプログラムや教材で総合的な英語力の習得を目指したクラスです。 5・6年生クラスでは英検3級が取得できる英語力の育成ができます。 外国人講師+日本人講師の英会話週2回クラスは月謝16,416円、外国人講師の英会話週1回月謝10,368円、日本人講師の英会話週1回月謝8,640円です。 教材費は1・2年生が週2回クラスは33,912円、3~6年生が34,344円です。 週1回クラスは全学年33,912円です。 このほか入学金10,800円とシステム管理費月額864円、アテンダンスブック(週1回用200円/週2回用250円)が必要です。

イーオンの料金の評判

イーオンの料金の具体的な金額がわかりましたが、実際に通っている人たちはこの料金について高いと考えているのでしょうか、安いと考えているのでしょうか口コミから見てみましょう。 口コミを見てみますとイーオンのコース料金は決して安いものではなく、多くの人が高いと感じる金額であることがわかります。 コース料金以外にかかってくるシステム管理費の月額864円や別にかかってくる教材費も高いと感じている口コミもあり、利用経験者の多くが高く感じていることがわかります。 ただイーオン以外の英会話スクールと比較して講師の質や教室がある場所、授業内容に対して満足しているという口コミも多くみられます。 そのことから高い授業料を払う価値はあるという口コミや料金は妥当だと感じているという口コミも多くみられます。

またほかの大手英会話スクールと比較してとびぬけて料金が高いという口コミは見られず、むしろ安く感じるという意見も口コミからわかります。 料金が高いと感じていても授業の内容や講師の質、得られる成果などに満足を得ることができるので料金に納得している方が多くいます。

イーオンの値段が高い理由は?

イーオンに通うために必要な費用が高いといわれる理由にはどのようなことがあるのでしょう。 イーオンの値段が高いといわれる理由は、講師の質・教室の立地があげられます。 イーオンでは日本人講師と外国人講師のダブルサポートを受けることができることが値段の高さと考えられます。 日本人講師だけに習うことで感じる発音への不安を解消することができ、外国人だけだとわからない部分があっても質問しにくいという不安を払拭できるためイーオンで学習するメリットとなります。 また在籍する講師がほかのスクールと比較して質が高いということが値段に反映されていると考えられます。 日本人講師はただ英語を話せるだけでなく豊富な国際経験を持つ人やTOEICL&Rテストテストハイスコアを持つ人から選ばれています。

外国人講師は北米イーオンリクルートオフィスで10倍以上の倍率から選ばれた真のネイティブのスピーカーであり質が高いことが値段にも反映されています。 イーオンの教室の立地は多くが通いやすい駅の近くで、立地の良さは値段に反映されているといえます。 通いやすいことは学習を続けられるかに直結しますから、この値段でもと考える人が多くいます。

イーオンの教室の場所

イーオンの教室は全国47都道府県に現在249校あります。 東日本エリアに34校、首都圏エリアに86校、中部・東海・北陸エリアに54校、関西エリアに34校、中国・四国エリアに26校、九州・沖縄エリアに15校があり、首都圏や愛知県などの大都市圏に多くの教室があります。 すべての都道府県に教室を開講しているところが英会話スクールの中でも業界最大手といわれる理由でしょう。 多くの教室が駅から近いところにあり、通いやすい環境にあることも大手だからできることです。 各教室により開校しているコースには違いがあり、一般コースのみを開校しているところと一般コースとイーオンキッズを併設しているところがあります。

首都圏など教室が多くあるところでは通いやすい場所にあるか教室の雰囲気は自分に合うかということも大事なポイントですが、教室により開校しているコースに違いがあるので自分が受けたいコースがあるのかということも教室を選ぶうえでの重要なポイントになります。 多くの教室は平日が12:00~21:00、土曜日が10:00~19:00、日曜と祝日が休校日となっています。

エリア教室数詳細
東日本エリア34校北海道6校/青森県1校/秋田県1校/岩手県1校/山形県1校/宮城県3校/福島県4校/茨城県5校/山梨県1校/新潟県2校/長野県4校/栃木県2校/群馬県3校
首都圏エリア86校東京都41校/神奈川県20校/千葉県11校/埼玉県14校
中部・東海・北陸エリア54校愛知県32校/岐阜県4校/三重県5校/静岡県7校/富山県2校/石川県2校/福井県2校
関西エリア34校大阪府14校/兵庫県12校/京都府3校/滋賀県1校/奈良県3校/和歌山県1校
中国・四国エリア26校岡山県4校/鳥取県2校/島根県2校/広島県9校/山口県5校/香川県1校/愛媛県1校/徳島県1校/高知県1校/
九州・沖縄エリア15校福岡県7校/佐賀県1校/熊本県1校/鹿児島県1校/宮崎県1校/大分県1校/長崎県2校/沖縄県1校

まずは無料レッスンを受けよう

英語を学習し習得することで高い教育を受けやすくなることや職業や人生の選択幅が広がること、受験や就職に有利になることが考えられるので重要性が年々上がっています。 英語を身につけるためには約3,000時間の勉強時間を確保することが必要で、従来の英会話教室では何十年とかかってしまうので途中で挫折してしまうこともあります。 短期集中型でマンツーマンレッスンが一番英語を習得できる可能性が高まります。 イーオンでは短期間で集中してしかもマンツーマン形式で行われるコースから忙しい人が通いやすいような長期間のコース、コミュニケーションをとりながら楽しくレッスンできるグループレッスンで行われるコースもあり、自分の好みや都合に合わせたコースを選ぶことができます。 全国47都道府県に249校の教室があり通いやすい特徴もあります。

全国にある教室では無料の体験レッスンや個別の説明会が開催されているので、自分に合う教室の雰囲気なのか、講師はどんな人なのか、どんなレッスンなのかということをしることができます。 通うかどうか迷っている場合には無料の体験レッスンや個別説明会に参加してみましょう。

アクセスランキング