IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ハッチリンクジュニアの料金は高い(安い)?コースとコスパを調査

英語

国際社会にはばたくために必要な英語をインターネット使用で、子供英会話教育専門のトレーニングを受けた講師によるレッスンが、1か月2,980円から始められるハッチリンクジュニアの英会話スクール。料金を抑えるための無料教材など家計に優しいのに中身の濃い授業です。

更新日時:

英語の重要性は上がっている

2020年夏、東京オリンピックが開催される年の4月から、日本の小学生の英語教育が本格化するのはご存じですか? 現在5,6年生が行っている外国語活動を3,4年生が行い、5,6年生は英語が正式教科になります。正式教科になると通知表などに乗るようになります。 日本語の読み書きはもちろん、プラス第二外国語としての英語を年齢の早い段階から始めることは将来の可能性を限りなく広げるための必須アイテムです。 今や世界共通語となっている英語、ビジネスの世界でも国際語と言われるように、世界の人口約73憶人、そのうち英語人口は約15憶人ですが、第二外国語として話す人口は75%を超える勢いです。 今やバイリンガルは、珍しくありません。英語が話せて当たり前の社会になりつつあります。中学生からの英語教育を受けていた親世代の方々はびっくりすると共に子供たちにどのように英語を教えたらよいか悩むところです。

もうひとつ英語の重要性についてお伝えします。この先、日本の人口分布は若者が減って行き、高齢者が増えてゆくことはご存知の事実ですが、加えて、慢性的な労働力不足になっている業種に海外労働者の導入が増えています。 当然その人たちとコミュニケーションをとるための英語力も必要になってきますし、企業のAIの導入によって職場が狭くなる可能性もあります。職業の選択肢がせばまることも充分ありえます。 日本語を使うことと同じレベルの英語が使えたら、2つの仕事があったら日本語しか選べ無かったものが、いや、どちらも選べない場合もあったのが、両方共選べる可能性が出てきます。 親の世代の私たちが感じていることを大事なお子さまたちに、言葉として伝えることは難しくても体験として導いてあげる事はできます。 英語の重要性は、英語をマスターして、それを使い何不自由なくコミュニケーションを取れるようになった時、改めて気が付きます。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

英語を武器にして高いレベルを目指すことができます。 一流大学の講義を無償で受けることができるMOOCと言うサービスがあります。 それは、英語が絶対不可欠です。 英語を基礎としそれ以上の教育や知識を得ることができ、日本国内にとどまらず、世界に飛び出す一歩として海外留学を選択することもできます ハッチリンクジュニアで英語を学ぶことによって、可能性が無限大に広がってゆく、その足掛かりに導いてあげる事ができます。

職業や人生の選択の幅が広がる

今や日本国内の購買需要は飽和状態で、多くの企業は顧客獲得に向け、すでに世界を相手にしています。 消費税増税に伴う買い控えなど日本のマーケットは縮小状態にあります。 外資系企業や海外での就職などグローバル化が進む中、英語力はもちろん、それ以上のスキルを掴み取るパワーも必要です。 選択肢が広がると言う事は可能性も広がると言うことで、ハッチリンクジュニアで英語を身につけ、世界へ飛び出す力を養っておく必要があります。

受験や就職に有利

英語にも読み書きがありますが、まず最初に会話することを取得すればその先の読み書きまでスムーズに進むことができます。 受験対策としても最善の方法です。 受験に勝つことによって、その先の就職の選択が広がっていきますから、最初の一歩として、英語を習得するのが大前提です。 その先の未来が広がっていく可能性を手に入れるのは、早い段階での英語とのふれあいで、スポンジのような吸収力を持った時期からはじめるのが最適です。

ハッチリンクジュニアの特徴

レッスンは、フィリピンにいる先生とパソコンを通してのマンツーマンオンライン授業です。 1レッスン25分間で、1か月分まとめて取ることができるので、都合に合わせた予約がパソコンでできます。 ハッチリンクジュニアの特徴の高スキルを持った先生たちの予約ですが、2、3人のお気に入りの先生を選ぶのがベストです。 申し送りがされるので、先生が代わっても授業は滞りなく行われます。 料金も入会金がかからず、1ヵ月の定額制で、6種類のコースの中から選ぶことができ、休んでも月内なら振替授業を受けることができたり、ひとつのコースを兄弟で分け合うこともできます。 テキストも無料でPDFの形でレッスン時に渡されますから、高額な教材を買う必要はありません。 フォニックスにも対応しているので、正しい発音を学べます。 レッスン内容のリクエストもできます。 いきなり英語での会話で不安な親御さんには、日本語対応のサポートセンターがあります。

最後にフィリピン人の先生の英語で大丈夫?と疑問に思われる方に、フィリピンでは、3歳から英語教育が始まり、大学まですべての授業が英語で行われます。 100%ネイティブ英語ですから、安心してまかせられます。

ハッチリンクジュニアのコースと価格

コースは全部で6種類に分かれていますが、コースの中でも、無料体験を受けた結果により、8段階のレベルに振り分けられ、お子さまに合ったレベルからのスタートとなります。 英語のえの字も分からなくても大丈夫です。高度な英語教育を受けた講師たちが1対1で丁寧に教えてくれますし、基本すべて英語にて行われますが、ゆっくりわかるように話してくれるので緊張も和らげてくれます。 ひとつのコースをご兄弟やご家族で分けて使用することもできるので大変経済的です。ご両親がレッスンを受ける場合には、大人用の教材も用意されています。 1番回数の多い1ヶ月30回のプレミアコースでも、1か月12,000円で、1回にすると約400円とてもお得な価格で、そのほかの費用は一切かかりません。 レッスンに必要なものは、パソコン、インターネット、スカイプのアカウント取得(無料)、スタンドマイクとWEBカメラです。

そのほかにも英検受験用レッスンとして、英作文ライティング対策コースが受講可能となっています。通常の英会話中心のレッスンに合わせて、英作文能力を向上させたいお子さまも受講することができます。 コースの種類は、英検3級コース 全20問/3か月 5,000円、英検準2級コース 全20問/3か月 6,000円、英検2級コース 全10問/3か月 7,000円の3コースとなります。 英検ライティング模擬試験に回答して、送付し、添削して返送する方法です。これを有効期限3か月で行います。1問あたりのコスパも良いのでお勧めです。 テスト・解答・添削(スペルチェック、文法チェック、模範解答)・評価の流れになります。1週間に1シートの提出目安なので無理なくできます。 スカイプを通じて行いますが、問題はMicrosoft Wordで作成されているので、Microsoft Wordのインストールが必要です。

1:エンジョイコース

エンジョイコースのレッスン回数は1ヶ月に4回で、レッスン料は1ヵ月で2980円、1回分約745円です。 1週間の授業目安は、週1回です。 はじめから無理をせず、1週間に1度位の軽い気持ちで始められます。 1か月やってその進捗状況により次の月のコース変更もできます。 はじめに行われる無料体験後の8段階クラス分けは、初級1.pre-beginner 2.beginner 3.upper‐beginner 中級4.pre‐intermediate 5.intermediate 6.upper‐intermediate 上級7.pre‐advance 8.advanceです。(すべてのコースに適応)

2:習い事コース

習い事コースのレッスン回数は、1か月に8回で、レッスン料金は1か月で3,980円、1回約498円で、1週間の目安は、週2回です。 授業時間は、平日・土曜日午前9時から午後11時まで、日曜日は、午前9時から午後6時30分です。 フィリピンの祝日以外、年間提供されます。 祝日は年間20日ありますが日本のような長期休暇はありません。 ただ急に祝日になることもありますが、当然そこは振替ができます。 日本とフィリピンの時差は、1時間で、日本の方が1時間進んでいます。(すべてのコースに適応) 時差を考えることは英語を使って仕事をする場合重要になりますから、今から慣れておきましょう。

3:しっかり学習コース

しっかり学習コースのレッスン回数は1ヵ月12回で、レッスン料金は1か月で5,800円、1回約484円です。 1週間の目安は、週3回です。 1週間にすると3回ですから、幼稚園や学校、ほかの習い事との割合がちょうどいい間隔です。 お子さんが週2回受けて、ご両親が残りの1回を受けることもできます。 コースの中では一番人気です。フィリピンの現地オフィスからの授業ですから、インターネット回線が安定していて、ストレスなく授業を受けられます。(すべてのコースに適応) こちらで用意するのは、インターネット回線とパソコン、カメラ、マイクです。 スカイプの無料プランを使用しますので、授業開始までに設定が必要です。

4:上級者への道コース

上級者への道コースのレッスン回数は1か月16回で、レッスン料金は1か月で7,800円、1回約488円です。 1週間の目安は、週4回です。 講師の先生たちは、採用後も英語教育の研修を受け、レッスンに関するアンケートや親御さんからのフィードバックを基にミーティング行い、レッスンの向上に努めています。 フィリピンの大学進学率は35.75%でそこを通ってきた優秀な先生たちが授業を担当してくれます。 インターネット授業を展開していますが、毎年英語のスピーチコンテストやフィリピンへの短期留学など行事も開催しています。(すべてのコースに適応) 学習塾、教育機関にもハッチリンクジュニアのレッスンは、取り入れられています。

5:ネイティブへの道コース

ネイティブへの道コースのレッスン回数は1ヵ月20回で、レッスン料は1か月で9,500円、1回475円です。 1週間の目安は、週5回です。 ハッチリンクジュニアの講師は、採用率5%の狭き門を通過してきた人ばかりです。当然英会話についてもなまりの無い、ネイティブ英語を話します。 ホームページ上に講師予約状況があり、実際の先生の英語でのメッセージを聞いてから、授業を予約できるので講師の選択が判りやすくなっています。 ひとつのアカウントでご兄弟で分け合って別々のコースを受講可能なので、料金の節約にもなります。(すべてのコースに適応) 1か月ごとの月謝になりますが、月途中でもそこから1か月のスタートになります。

6:プレミアムコース

プレミアムコースレッスンのレッスン回数は1ヵ月30回で、レッスン料金は1か月12,000円で、1回400円です。 1週間の目安は、週5回以上です。 週5回以上となるとほぼ毎日生の英会話に触れることになります。 人間の高い集中力が続くのは15分と言われていますから、その前後5分合計25分の超集中時間です。 基本フィリピン人の先生ですが、追加でチケット購入する事によって、英検対策など日本語で受講したい場合日本人の先生をお願いできます。(すべてのコースに適応) ポイントコースにての予約になります。 日本人の先生は、レッスン後のレポートも日本語で記入されますから、より細かい授業内容の確認ができます。

7:ハッチリンクベビー

付属になりますが、ハッチリンクベビーというレッスンもあります。 0歳児~3歳児となりますから、ハッチリンクジュニアの前段階になります。 お母さんと一緒に楽しく英会話を楽しむカリキュラムです。 週1~3回コース、1レッスン20分、料金は1か月3,800円から7,500円、担人制で固定スケジュールですが、赤ちゃんが寝てしまっても、代わりにお母さんが受けることができます。 無料レッスンを受けてから、3ヶ月のコースとなります。 3ヶ月コースのレッスンのみで、1か月単位では無いので間違えないようにしましょう。 早すぎることはありません、英語耳は早ければ早いほど自然に身につきます。 お子様が苦労せずにバイリンガルになれるチャンスです。

ハッチリンクジュニアの料金の評判

1か月の月謝以外料金がかからないので、1回あたりの料金は高いような気がしますが、入会金なし、教材費なし、無料のスカイプを使用して、教室を持たずにすべての費用を抑えているからこそできる料金です。 授業の予約やキャンセルも1時間、2時間前にでき、その振替が可能ですし、兄弟・ご家族で共有することもできるので大変経済的です。 たくさんの口コミにもその料金がリーズナブルであることが書かれていますし、実際入会してみて料金に関してのストレスが無いことも続けられる要因となっています。 日本人の講師を予約する場合は、ポイントを購入しなければならないので、料金がかかりますが、どの先生もクオリティが高いのでフィリピン人の先生でも当たり外れがありません。 レッスン内容と料金を検討してみても、安心してお子さま達の未来を預けることができる英会話スクールです。

授業の予約も判りやすく、ホームページにもよくある質問の項目があり、その他メールやスカイプでの問い合わせにも対応しているので、納得してからスタートできます。 スカイプを利用しているので、日本国内はもちろん海外からでも受講できますので、引っ越しても安心です。

レッスンを始めてから、普段の生活の中でも、ちょっとしたことで英単語が出てくるようになり、効果を実感できています。 月額料金も思っていたよりも安く、マンツーマンのレッスンなのに月額2980円からというのはリーズナブルで助かっています。

子供専門のスクールため料金は、大人向け英会話スクールに比べ若干割高ですね。この質なら旦那も私も納得しております。長く続けられたらいいです。

他の子供向けの英会話教室と比較しても価格が安く、利用しやすいと思う。先生のレベルは少しばらつきがありますが、それでもほとんどの先生が親切でわかりやすく教えてくれます。skypeとカメラ、マイクがあればすぐ使えるのでパソコンが苦手と言う人でもわかりやすいと思います。

英語の勉強で一番難しいのは続けること

必要に駆られて始める勉強ではないと言う観念が頭のどこかにあるので、英語の勉強は続けることが難しいと言われています。 それはあくまでも大人が考える事であって、何にでも興味を持ち始める子供たちにとっては関係ありませんし、子供たちが英会話を継続できるようにハッチリンクジュアの講師たちはそのスキルを持っています。 先生とのレッスンだけでは、続けることが難しくなる時もあります。 そんな時、大人の方たちの温かく、大きな手助けが必要となります。 しかし、私達の生活の中で、食べたり、飲んだり、寝たり、それは無理に続けているのではなく、生活の一部になっていますから、何の違和感も感じません。 同じように、子供たちの日常生活の中に英語が自然に入ってくれば、続けるのではなく子供の日常です。 日々の生活の中に英語がある。それを可能にしてくれるのが、ハッチリンクジュアであり、習った事をすぐ実践できる最高の場所が家庭です。

英語を勉強するぞと意気込んでスタートしても3日経つと、今日は疲れたからちょっとお休み、なんて始まりませんか。三日坊主でなかなか続かないのが普通です。 なんで続かないのかは、人間は自分に甘く、人に厳しいのが常です。 では一人でなければどうでしょう。 パソコンの向こうに三日坊主を打破してくれるパートナーがいれば続くのではないでしょうか。 子供たちもそうです。親御さんたちが声をかけるのではなく、初めて会う大人の人が楽しくお話をしてくれる。その環境だけでも続けることができます。 生たちのテンションが高いので、知らず知らずに引き込まれてゆき、毎回のレッスンが楽しくなる工夫も随所にされているので、長く続けることができます。 まず1か月からはじめてみましょう。1か月続いたら、また次の1か月と続けて、気が付いたら1年経っていた。ハッチリンクジュニアのレッスンは1か月先まで予約できるので三日坊主打開対策にはベストです。

英語学習が続かない理由

英語学習が続かない理由としては、実際日本国内にいてそんなに英語を使う機会が頻繁にないと言うことです。 だったら頻繁に使えばいいことです。 頻繁に使うと言ってもどのように使ったら良いのでしょうか? ハッチリンクジュアの英会話で先生とマンツーマンで話すことによって、家庭内でも同じように英会話が可能となります。 たとえば、お子さま達の英会話のレッスンを見ているお母様と話すときは英語で、仕事から帰って来たお父様と話すときは日本語で話すといったようにです。 相手に自分の考えていること、気持ちを伝えたいと思えば、自然と英語が頭に入ってきます。 英語の上達には、外国人の友達が一番というのも納得です。

勉強の目的が不明確

何のために英語を勉強するのか、まずその最終目的を考えてみます。目的がないので英語学習が継続できません。 そこからたどることによって、今何をやるべきか分かってきます。小さなお子さま達にその最終目的を考えろというのは無理があります。 最善の方法を選んであげることが、ハッチリンクジュニアの英会話を選択する理由となります。 ハッチリンクジュニアでは、目的に合わせたカリキュラムを用意して、各個人に対応するので目標に到達することができます。語学の国際基準を測るCEFR、英検、TOIECを目標にしてもよいでしょう。 少しハードルが高くても目標を高めに掲げる事が重要です。なぜなら、それが継続の力とな るからです。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

強制させられてする勉強は継続できませんし、いくらやっても身につきませんし、日本の場合特に、英語習得に対する強制力を感じることがありあせんが、あるとしたら、学校の勉教くらいでしょうか。 日本の普段の生活では英語を特に必要としません。 しかし、日常の生活を超えたときの事を考えてみてください。 英語を理解して、話せることによって、今までの2倍、いやそれ以上の経験を手に入れることができます。 楽しんでやらなくては継続することができません。 その点ハッチリンクジュニア英会話ではインターネットを通じて、先生と1対1でゲーム感覚で勉強することができます。 先生と話すことで英語環境ができます。

ハッチリンクジュニアの値段が高い(安い)理由は?

ハッチリンクジュニアの料金が高いか低いかそれぞれの理由はありますが、その授業内容を考えたとき、相対的に見たら料金は格段に安く設定されています。 ハッチリンクジュニアは、無料のインターネット・スカイプを使用し、フィリピンから直接レッスンをしていますし、教材費もレッスン時にPDFで渡すことによってかかりません。 教室を持たないので、その費用もかからず、全体的に費用を抑えています。 それを料金に反映させているので、ハッチリンクジュニアのレッスン料金は決して高いものではありません。 1か月のレッスンでも欠席したら、繰越すこともできますし、ご兄弟、ご両親までひとつのアカウントを分け合うこともできます。 レッスンを受ける側のメリットは、自分の都合により合わせてレッスンを取れること、教室までの移動がないこと、先生を選べることなど、すべてこの料金内でできるので決して高くはありません。

諸費用は抑えておりますが、講師の質は決して抑えておらず、幼児教育課程修了者や教員免許を取得者も多数おります。 レッスン後には、講師からのレッスンレポートが送られてきますから、確認や復習もできます。 親御さんたちの要望や質問にも丁寧に返信をもらえるので、安心してレッスンを受けることができます。

ハッチリンクジュニアの教室の場所

ハッチリンクジュニアは、スカイプを利用して、フィリピンにある海外事業部から直接マンツーマンの授業を行いますので、特定の教室を持ちません。 無料会員登録をしてから、登録後ご希望の時間・講師を選んでいただき、無料体験レッスンを最大2回受講していただきます。 それ以降のご入会手続きなどすべて、下記連絡先およびハッチリンクジュニアのホームページからのアクセスとなります。 そのほか、ハッチリンクジュニアのホームページより、メールやスカイプでお問い合わせください。 毎年夏に英語に特化したジュニアキャンプ(フィリピン短期留学)を開催しています。

運営会社名株式会社ブレンディングジャパン
英文名Blending Japan Co.,Ltd
所在地〒810-0004福岡県福岡市中央区渡辺通2-4-8福岡小学館ビル5F
連絡先TEL:050-5539-8691
海外事業部フィリピン ネグロス島 バコロド市

まずは無料レッスンを受けよう

”井の中の蛙大海を知らず”とは、有名なことわざですが、続きはご存知ですか? ”されど空の深さを(青さ)を知る”となります。 全体の意味は、井戸の中のかわずはずっと狭い世界しか見たことがなく、海を見たことが無いため、視野が狭くあたり前の知識しかないが、地道に努力を続けていたからこそ、ちゃんと成長することができるという意味です。 ハッチリンクジュニアという地道な努力の道が目の前にご用意できた今、大切なお子さまたちに英語と触れ合う機会を与えていただき、将来のための基礎作りをはじめませんか? 無料レッスンのご予約からスタートで、インターネット利用マンツーマンのレッスンですから、お子さまに合わせた学習内容で進めることができますし、レベルの高い講師陣もそろっています。 早い段階での英語習得は、将来お子さまのためにきっと役立つと確信します。 自然と口から出る英語と得た知識は、大切な財産となって、人生の糧となります。

ハッチリンクジュニアのレッスンは、フォニックスに対応しています。 フォニックスとは、子供に英語の読み方を教えるために広く用いられている方法です。 実際に、英語圏の子供たちもフォニックスで英語を学びはじめますが、親世代が習った英語とは全く違う発音で、ネイティブの英語を話すことができます。 ハッチリンクジュニアのレッスンは、このフォニックスを導入することで段階的に正しい英語の発音を覚えることができ、聞く、話す、書く、読むのすべての力が付きます。 独学で習得することもできますが、それは大人の話で、小さな子供たちには教え方の上手な先生に習うのが一番良い方法です。 かえって、何も知らない、発音のわからない段階から教わるのが上達への近道です。 最高の方法で英会話を教えてもらえるのに、料金設定が低いのは気軽に無料レッスンを受けられる要因のひとつとなります。

アクセスランキング