IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

産経オンライン英会話の特徴と評判・口コミまとめ

英語

英語を学ぶと人生の選択肢が広がる可能性や英語を学ぶ必要がある時代的な背景を説明しながら、どうやって英語学習を継続すべきかを説明しています。産経オンライン英会話の特徴や料金体系さまざまコースなども紹介しています。興味のある人は無料体験レッスンを申しこみましょう。

更新日時:

英語の重要性は上がっている

英語の重要性は上がっています。 2020年は東京オリンピックが開催されますし、2025年日本国際博覧会、略称大阪、関西万博が大阪此花区で開催予定です。 国際イベントが日本で開催されるアナウンス効果もあり、外国人観光客は年々増加しています。 またグローバル化も加速しています。 こういった現状もあり、小学校では中学年から外国語活動をとりいれており、異文化コミュニケーションの重要性を多くの方が認識しています。

レベルの高い教育を受けられやすくなる

レベルの高い教育を受けられやすくなる。 コンピューターネットワークやスマホの普及もあり手頃な値段でオンライン学習ができる環境も整いつつあります。 オンライン学習の非ネイティブプランだとアジア系の先生が比較的多いです。 ネイティブプランだとアメリカ人講師やイギリス人講師になりますが料金はそれなりです。 また、近年は比較的安く留学ができるセブ島留学が人気です。 インスタグラムなどでライブチャットをしている学校も多いので、学校の雰囲気や講師の質も事前に確認できます。さらに仕事上英語でコミュニケーションをとらざるを得ないケースもあります。 なるべく自分の言葉で外国人と意思疎通をはかりたい人も多いでしょう。

職業や人生の選択の幅が広がる

語学学習や生涯学習は職業や人生の選択の幅が広がります。日本のマーケットは少子高齢化の影響もあり労働市場は縮小傾向です。 それを補うために多くの企業が積極的に外国人労働者を雇用する傾向にあります。 一方グローバル化が加速することはメリットだけでなくデメリットもあります。 グローバル社会においてスピードとコストカットは重要ポイントなので激しい競争に勝ち抜く企業体力が必要になります。 優秀な人材の確保や生産拠点を海外移転することで企業体力を維持することに労力を要してもいずれ限界が見えてきます。 そこでテクノロジーの発展に伴う雇用創出や海外拠点で実績をあげる人材の確保などが必要になります。優秀な人材は人財です。

受験や就職に有利

語学学習は受験や就職に有利です。 2020年度からの大学共通テストでは国が認定した英語の民間検定試験も利用します。 多くの高校が高校生在学中に英検準2級、英検2級試験合格を推奨しています。 また留学希望の高校3年生にはGTECやTOEFLを4月から12月までに受けることを勧めています。 当初、文部省は2020年度以降は共通テストを廃止して民間の認定試験1本化を提案していたくらいですから受験生にとって民間の認定試験合格は必須でしょう。 また社会人は英文のビジネスメールや英文のビジネス文書を読む機会も多いため、TOEICのスコアが重要視されます。ビジネスに関する用語も出題されますから当然でしょう。

産経オンライン英会話とは

産経オンラインとは月5,980円から受講可能のオンライン英会話学習です。 スカイプオンライン英会話はパソコンだけでなくタブレット端末やスマホに対応しているケースも多く隙間時間を有効活用できるので評判がいいです。 無料体験をするときに音声チェックや画像診断テスト、設定チェックをしましょう。 この産経オンライン英会話の学習コースですが、週末集中50分プランがあるのも評判がいいです。 競合他社と比較してもらえば一目瞭然ですが、週末集中はここだけなので忙しい方にピッタリです。 3か月でTOEIC190点相当UPの実績もあります。 TOEICのスコアが気になる人はとりあえず問い合わせをしましょう。 日本人カウンセラーが徹底サポートするオプションサービスもあるので安心してたずねることができます。 また産経グループが運営しているので産経新聞などのニュース記事で学習することも可能です。 時事問題の教材の評判も上々です。

さらにフリートークで事前リクエストを送ると英文添削もしてくれます。 レッスン後に送られるレッスンレポートも評判がいいので、フォローが充実しています。 産経オンライン英会話の教材に沿ったAI判定も人気です。

産経オンライン英会話の特徴は?

産経オンライン英会話の特徴を考察しましょう。 まず、自由な時間でレッスンを設定するので自分でレッスン時間を決めることができます。 自由には責任と義務を伴いますので自己管理ができないと厳しいですが、業務に支障なく上達できるともいえます。社会人など平日忙しい人は決まった時間に受講するとなると、時間の都合があわなくなり欠席しがちになります。日によって都合の良い時間も違うはずです。 ですが、予約の幅も広いのでカスタマイズできます。 またSkypeを使った無料の通話機能を使ったマンツーマン英会話レッスンなので、全国どこでも受講可能です。 帰省先でも就寝前に英会話を楽しむこともできます。 スマホならWiFiの心配もいらないし、通信状況が悪いこともないでしょう。 AIを使った発音チェックも人気です。スカイプは操作のコツを覚えれば使いやすいですし聞き取りにくい場合、チャットボックスに文章を入力してもらうと良いです。

優秀な講師と毎日1コマ25分ないし50分など1回のレッスンを格安で受講できるので高い研修効果が期待できます。 講師の質も高いので充実感があります。外国の先生は褒め上手です。 やる気にさせてくれます。

産経オンライン英会話の特徴1 AIによる発音判定の評判も上々

産経オンライン英会話の特徴はAIによる発音判定です 最先端AI(人工知能)を活用した発音・会話力判定のサービスアイスピークの評判も上々です。 アイスピークは単語だけでなく、センテンス、フレーズで抑揚や流暢さを含めた発音評価を行います。 英語の発音が気になる人は試しにこの判定を受けてみましょう。 日本人は母音を大切にする文化がありますのでthや破裂音など苦手な音も多いです。 ネイティブの方にとって聞きとりづらい発音をしてしまいがちです。 産経オンライン英会話では対話問題や、テーマに沿ったフリーカンバセーションによる文章などもAIが即時に評価し判定してくれます。 自分の発音を客観的に評価する良い機会となります。

満足している点は①レッスンの形態(フリートーク・テキストレッスン・添削等)が選べる事 ②全て英語で説明し、こちらが解るまで説明してくれる事 ③本題に入る前の「今日は何してたの?」の日常会話を繰り返ししてくれるので、日常会話のフレーズを覚えやすい事 ④発音に厳しい事 ⑤1回200円25分が有難い事 です。③と④のおかげで友人より『上達したね』と言われるようになりました。

何よりもチューターの人柄が良いです。これだけ大量の人を採用して、オフィスだけでなく、自宅からレッスンを提供するシステムであるにも関わらず、どのチューターもサービス精神があり非常に気持ちよく英語の勉強ができる環境を整えられていることに感心します。カリキュラムや通信状態など、ベーシックな部分はもちろん問題なしですが、私はチューターの人柄がこのサービスの大きなポイントであると思います。

週末限定で受けられるコースが社会人にとっては便利です。 教材の数は少ないですが、ビジネス教材も一応あります。 オリジナル教材に関しては質が高いとは言えませんが(一回分のボリュームが少なすぎて、レッスン後半は大体雑談になる)、特筆すべきは教材にダウンロード音声が付いていることです。 予約は取りやすいですが、講師のレベルは他校と比べて低い人が多いと感じました。自分よりレベルが低いと思われる人もいました。 ただ、講師の皆さんの人柄は(受講した方の限りでは)大変良いです。

産経オンライン英会話の特徴2 教育関連のISOを2つ取得している

産経オンライン英会話の特徴は、教育関連のISOを2つ取得していることです。 ひとつはISO29990:2010、非公式教育・訓練における学習サービスで、もうひとつはISO29991:2014、公式教育外語学学習サービスです。 産経オンライン英会話がISOを取得できているのは優秀な講師が多く、質の高い教材を提供していることと良心的な価格設定をしていることでしょう。 日本で提供されているスカイプなどのオンライン英会話サービスの中で、教育関係のISOの認証を受けているのは産経オンライン英会話だけです。 オンライン英会話を受講する際のポイントとしてレッスンプランの価格設定だけでなく質は重要です。

他のスクールも試したことがありますが、産経さんは講師の管理がゆきとどいている印象があります。分かりやすい料金体系で、選びやすいテキストがあり、講師もみなさん親切で気持ちよく受けられるので、受講するのが毎日の楽しみになりました。まだまだお世話になろうと思っています。

4か月以上受けているが、基本的に、全員感じの良い先生で、テキストに沿ってきちんと教えてくれたり、ロールプレイを してくれたりするので大満足。他社のサービスも受けてみたが、講師の進め方やテキストの活用がイマイチだったので、産経を続けていきたい。

産経オンライン英会話の特徴3 レッスンの予約枠が幅広い

産経オンライン英会話の特徴はレッスン予約の幅が広いです 産経オンライン英会話のレッスンは、平日だけでなく、土日や祝日も含めて毎日受講できます。 また、予約可能な時間帯は朝5時~深夜1時と幅広いので、隙間時間を有効活用できます。 他のオンライン英会話サービスも比較的予約枠が広いですが、早朝から深夜までレッスンを受けられる産経オンライン英会話のようなサービスはなかなかありません。 また金曜日から日曜日の間、集中してレッスン受講できる週末プランの評判も良いです、社会人は勉強がしたくてもなかなか時間がとれない人が多いので、週末50分と決めてまとめて受講するほうが都合が良いのでしょう。

オンラインなので自分の好きな時にレッスンを受講出来る。また好きな先生との会話が楽しいため、勉強している、という感覚がなく学ぶことが出来る。 忙しければ、時間の間ときにまとめて2回受講等も出来るため、自分のペースで学習が出来る。

下記、良い点だと思ったことを上げます。 ①価格が安い・・・1回のレッスン料金がとても安い毎日レッスンを行っても、通うタイプの英会話週1の半額くらいです。 ②好きな時間に開始できるため、仕事が繁忙期でも無駄なく続けられる。 ③先生が選べる・・・色んな先生を、レッスン毎に選べるので、いろんな方の英語を聞いてみたいと思っていた私にはぴったりでした。どの先生も優しく、明るい方ばかりですので話せなくてもゆっくりでも、きちんと聞いて頂けます。 ④テキストが無料・・・英会話はテキスト代だけでも高い料金を取られるイメージでしたが、日常英会話やビジネス英会話などからテキストが選べてかつ無料であるのがとても魅力的でした。

産経オンライン英会話の特徴4 産経グループ

産経オンライン英会話の特徴は産経グループです。 産経新聞の記事を基にした英文ニュースを題材にオンラインレッスンをうけられます。 PDF形式に編集された産経オンライン英会話オリジナル教材を使って英文ニュースだけでなく日本語で書かれた元記事比べて読むことができますので、時事問題に強くなります。 日本のニュースを英語で読む場合、日本の文化を英文で伝えるとより日本の文化に興味がもてます。 たとえば日本の元号の意味だったり、皇室関連行事だったり、日本の気候や災害、祝日やイベントなどを英文で読むと異文化コミュニケーションンの奥深さを体感できます。 何より日本の今を知る機会になりますので大人の会話を楽しめます。

産経オンライン英会話のコース内容と料金は?

産経オンライン英会話のコース内容と料金と評判が知りたいはずです。 産経オンライン英会話コースは毎日25分プラン,毎日50分プラン,週末毎日50分プラン大学入試外部検定試験対応などさまざまなプランが用意されていますのでご自分の目的にあったプランを選択できます。 ちなみに比較的多くの人が利用する毎日25分プランは税込月額5,980円です。 毎日25分、31日レッスンも行ったと仮定すると1回あたりのレッスン料は192円となります。 よくオンラインを勧める人がいうのは、社会人が出先で眠気覚ましに飲むコーヒーなどを毎日我慢すればレッスン料は補えるという説明をしてくれます。 200円前後なら比較的多めのコーヒーを我慢すれば払える金額ですし、英会話受講料と考えるとかな財布に優しい価格です。値段については評判がいいです。 英会話はなるべくネイティブの先生に習いたい方が多いはずです。 先生の評判は気になります。

オンライン英会話は価格が良心的なので多くのオンライン英会話講師陣はアジア系の先生が多いです。 産経オンライン英会話も同様です。 レッスンは1対1のとマンツーマンレッスンとなので評判はいいです。

毎日25分プラン毎日50分プラン週末50分プラン大学入試外部検定
入学金無料無料無料無料
月額費5,980円(税込)9,800円(税込)5,980円(税込)9,990円(税込)
1日のレッスン時間25分毎日1コマ毎日2コマ50分金土日のみ2コマ最大4コマ
1レッスンあたりの単価193円(税込)158円(税込)213円(税込)319円(税込)

英語の勉強で一番難しいのは続けること

英語の勉強で1番難しいのは続けることです。 せっかく産経オンライン英会話の評判などをリサーチしても継続できなければ意味がありません。 オンライン英会話は2年継続すれば日常生活に支障がない程度の日常英会話はマスターできるといわれていますが、毎日25分休日や予定がある日もこなすのは大変です。 英会話を学習するにあたりトレーニングに例える人が多いです。 ランニングも毎日しないと筋力がアップしませんしオーソドックスなラジオ体操も毎日しないと意味がありません。 それとよく似ています。ただオンライン英会話は外国人講師とのマンツーマンレッスンなので日本人特有の発音もよく指摘されます。 日本語は文法の構造も違いますし、何より母音を大切にする文化があるのでthの発音も得意ではありません。 外国人の先生がいうには、日本人の英語教育が言語習得4技能の話すという項目を軽視しているということです。アウトプットは大事です。

近年は公立の小学校でも外国語活動をとりいれていますので、多くの日本人が大学2年生まで約10年も英語を学習しているはずなのに、英語を話すのが苦手と認識している人の割合が多いのが現状です。

英語学習が続かない理由

英語学習が続かない理由は人それぞれです。 産経オンライン英会話もそうですがオンライン英会話などが主流になるにつれて比較的安い値段で英語学習ができるようになりました。 語学ボランティアをするために英会話教室に通ったり、オンライン英会話を試しても費用対効果と学習期間を考えて挫折してしまった人もいます。 学生の時に言語習得4技能の聞く、書く、読むが得意だった人ほど、社会人になって話すという技能がレベルに達していない気がしてフラストレーションがたまるという人もいます。 また評判のよい英会話教室を探して受講したところ、受講クラスのレベルがなかなか上がらず理想と現実の狭間でやる気をなくしてしまった人もいます。

勉強の目的が不明確

英語を勉強したいという願望があっても目的が不明確だと継続しません。 外国の英語の先生は、なぜあなたは英語を勉強しようと思ったのですかとか、どうして英語を勉強するのですかという質問をよくします。 オンライン英会話などは講師の評価や評判をサイトから確認できますが、評判の良い先生ほど初回の英語学習の機会にカウンセリングの時間をとります。 学習目的でいうと映画が好きだけど映画を字幕なしで見れるようになりたい人は、リスニング重視の英語学習のほうが最適でしょう。 また家族に国際結婚をした人がいるので日常に支障がでない程度に英語が話せるようになりたい人はスピーキングに特化したカリキュラムのほうが効果が期待できます。

周囲の環境に英語習得の強制力がない

英語学習をしたくても周囲の環境に英語習得の強制力がないケースもあります。 慎重な人は英会話スクールの月謝とテキストと講師の評判などを入念に下調べをして英会話スクールを選択します。 残念なことに海外旅行にいく機会もなく、仕事上英語で議論するような機会にも恵まれず、必要性がないから身につかないという人もいます。 それも一理あるのですが、日本に住んでいても外国の方と接する機会はあります。 たとえば外国人観光客が上り、下りの意味がわからず立ち往生していて突然対応を余儀なくされたりします。 また日本はスマホ決済が普及していないので小銭を使うケースも多いのですが、外国の方にとっては電車の切符を買うのも一苦労です。

産経オンライン英会話の受講生はこんな人が多い

産経オンライン英会話では、日頃から外国人観光客と多く接する機会のある小売店、レストラン、鉄道、タクシー、郵便局で働く方のための職業別英会話テキストがあります。 おもてなしの気持ちを英語で伝えられるようなプランもあるので仕事に直結する英会話を受講したい人も多いです。 必要は発明の母ではありませんが、人間必要にせまられると何とかなります。 何とかしなければという思いが強い人ほど上達も早いでしょう。 また産経オンライン英会話では職業別英会話プランだと職業別にレッスンが分かれているので、想定されるシーンに応じられる英会話を身に付けられます。 職業別英会話プランの講師の評判や教材などの評判が気になる人はホームページをクリックするとよいでしょう。 また産経オンライン英会話では受講者の体験談などをブログでチェックできるのですが、比較的高齢な方も多いです。 シニア層のほうが時間とお金にゆとりがあるのでしょう。

産経オンライン英会話は講師の質に対する評判が良いので、講師の質の高さで受講する人も多いです。事前に口コミサイトをチェックしたり、レッスンの評判などをチェックして受講する人も多いのでしょう。

産経オンライン英会話受講生の特徴
  1. レストランやタクシーの運転手など接客業をしている人で仕事に直結することを望む人
  2. 時間にゆとりのあるシニア層で旅行が好きな人
  3. 事前に講師の評判や口コミをチェックする真面目な人

産経オンライン英会話利用者の体験談と口コミ

産経オンライン英会話利用者の体験談と口コミと講師の評判などはSNSなどでチェックできます。 産経オンライン英会話は、TOEICの教材こそ有料ですが、TOEICとビジネス英語の両方に対応しています。 口コミサイトでも週末50分プランをあげている人も多いのですが、平日忙しい人やビジネスで仕事に直結する英語を求めている人に配慮しています。 そもそも、ビジネス英語とTOEICのどちらかにしか対応していないオンライン英会話もありますし、両方に対応しているとしても、講師の指導力やレッスンの質に問題がある場合も多いです。 口コミサイトでも講師の質を上げる人が多いです。 産経オンライン英会話は、ビジネス英語とTOEICの両方に高いレベルで対応しているので、社会人にとってはとても便利です。 また、ビジネス英語とは別に、小売店、レストラン、鉄道、タクシーなど職業別のビジネス英会話を学べる教材もあります。

産経オンラインでは25分×2回の無料体験レッスンを受講することができます。 口コミサイトでも利用しやすくわかりやすいと評判です。無料体験レッスン用に教材が用意されているのでお試しください。

受講して1年半ほど経つので1度レベルチェックにTOEICを受けてみよう!と先日受験しました。日々のレッスンで徐々に英語が上達しているような気がしていましたが、825点というハイスコアに驚きました。日々のレッスンは少しずつ上手く話したい事を伝えることができるようになってきて楽しいし、仕事で英語を使う時も受講前より随分スムーズです。分からないことがあったら「先生に聞いてみよう!」「この話題を先生にしよう!」と思える博識で忍耐強く教え上手な先生に出会えたからだと思います。 レッスンは毎日1コマを基本に月に15日くらいは2コマ受講しました。予習復習をする時間は設けていませんでした。今後はちゃんと復習しようっと

マンツーマン英会話・英会話コーチングスクール・通常の英会話教室の違い

マンツーマン英会話・英会話コーチングスクール・通常の英会話教室の違いを確認しましょう。 まずはオーソドックスな通常の英会話教室から確認しましょう。 大手の英会話スクールはCMに有名女優を使っているところもありますし、何より人気女優さんが流暢な英語で語りかけるので興味がある人も多いことでしょう。 ただ大手英会話スクールは立地条件の良いところに教室があるケースが多いので、通いやすいですがお値段は高めです。 大手英会話スクールは講師もアメリカ人やイギリス人などが多いので、優雅でエレガントな雰囲気で英語が学べます。 クラスや曜日が固定されているので平日忙しい方は時間の都合がつかないこともあります。 つぎにマンツーマン英会話ですがこれは産経オンライン英会話などのオンライン英会話です。 オンライン英会話によってはグループレッスンを用意しているところもありますが、基本は1対1のマンツーマンレッスンです。

最後にコーチング英会話レッスンですが、家庭教師のようなパーソナルトレーナーのような存在です。 プレゼンが必要な方や専門英語が苦手な方のために、カフェなどに出向いてフォローするコーチングもいます。

産経オンライン英会話の無料レッスンがおすすめな理由

産経オンライン英会話の無料レッスン(カウンセリング)がおすすめな理由は、受講生の70%が初心者からのスタートなので、丁寧なサポートで初心者でも始めやすいスクールだからです。 産経オンライン英会話では、スタートガイドで登録から受講まで詳しい説明を読むこともできるのでわかりやすいです。 スカイプを使い慣れていない人は日本人サポートスタッフの丁寧な説明とフォローがあるほうが安心です。 初心者向けのオンライン英会話トーク集を読んでおくと、トラブルやハプニングがおこっても慌てません。 アジア系の先生は田舎に住んでいる人も多いので動物の鳴き声がしたり、回線状況がよくないこともたまにあります。そういう時に雑音で先生の声が聞き取りにくいです。 とすぐにいえればよいですし、スカイプの回線状況が悪いためにレッスンが中断しても対応できます。 チャットボックスの使い方も慣れている人とそうでない人は差があります。

産経オンライン英会話は、手軽に始められますし、ホームページも使いやすくわかりやすいです。 無料会員登録の方法もとてもシンプルなので入力に戸惑うことはありません。 自分好みにカスタマイズできます。

まとめ

ここまで産経オンライン英会話の口コミなどを紹介しながら受講者の特徴や料金体系、日本人サポートサービスやホームページの見やすさなどを紹介してきました。 オンライン英会話の多くが毎日25分プランを勧めており、継続は力なりなので毎日コツコツと外国の方と話す機会を作って英会話をマスターしましょう。 深夜1時まで予約ができるので時間の都合が悪い日も調整しやすいので自分で調整できます。 コースもさまざまなので英語学習の目的に合わせて選択できます。 たとえば日常英会話コース、ビジネス英会話コース、TOEICコース、職業別英会話、フリートークコース、英語レベルチェックテストなどがあります。 英語学習は目的が不明確だと継続しません。 目標は高すぎても挫折します。 上達スピードも人それぞれですが会話を楽しめるかがキーポイントです。 職業別英会話プランだとレストランや小売業で使う英会話を想定して学習します。

海外旅行に行く機会がないし、仕事で英語もさほど使わないから周囲の環境に英語学習をする強制力がないという人もいますが、外国人観光客は年々増えてますのでおもてなし英語を学ぶのも良いでしょう。

近くで人気の英会話スクールを探す

近くで人気の英会話スクールを探す。 大手英会話スクールも良いのですが、大人の英会話クラブでワンコインで参加できるサークルのような英語教室も人気です。 生涯学習センターなどの教室で、テーマに沿って1分間話し続けるトレーニングをしたり、レベル別にわかれてフリーカンバセーションをおこなったりします。 グループワークでは1週間のトピックを議論したり発表したりします。 気になるニュースを英語で言いたくても政治、経済を英語で説明しなければならなくなったり、日常英会話に比べてハードルが高くなる時もあります。 英会話を学びたい人は旅行好きな人も多いですし、異文化コミュニケーションが得意な人も多いので刺激をうけます。

アクセスランキング