IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ALUGOの特徴と評判・口コミまとめ

英語

ビジネスでチャンスを広げたい、海外で活躍するビジネスパーソンになりたい。そんな方々にオススメなのがALUGOです。斬新で革新的なサービスで、どこにも真似できない全く新しい英会話サービスを提供しています。経験と実績に裏打ちされたALUGOについて紹介しています。

更新日時:

英語を勉強しないビジネスマンは損をしている?

ビジネスにおいて最も必要とされる英語力は「スピーキング」であるといわれています。 しかしスピーキングは日本人が最も嫌う英語能力であり、その原因は日本人の発音にあると考えられています。 中学高校の英語の授業中、ネイティブに近い音読を試みようとしてクラスメートから笑われた経験はありますでしょうか。 経験が無くても、容易に想像ができる状況でしょう。 日本人は英語に対しネイティブさながらの発音もしくはガチガチの日本発音以外は受け入れようとしません。 しかし、だからといって英会話を習得しようとしないのは大きな機会損失につながり得ます。 IT技術が進み、世界中の人々とリアルタイムで簡単につながることができる現代社会ですが、そんなグローバルな現状において英語が話せる・使えることで得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

英語ができると情報ソースが増える

インターネット上に存在している情報のうち英語で公表されている情報は全体の約70%であるのに対し、日本語の情報量は全体の約0.6%と非常に少ないことがわかります。 これだけでも高速化する情報社会において英語が使えないことがディスアドバンテージであることは容易に想像ができます。 基本的に日本がとある分野の世界トップレベルでない限り、最先端の情報は英語で発信されます。 仮に最先端の情報を持っていたとしても、そのほとんどは英語で発信されるでしょう。 なぜなら英語で発信しなくては多くの専門家の目に留まらないからです。

英語ができると年収が上がる

英語を勉強することは自己投資であると考えている方も少なくありません。 もしあなたが勤めている企業が海外へ展望を考えているもしくはすでに海外とつながりがある場合は直接的で短期的に効果のある自己投資になるでしょう。 実際にソフトバンクは入社後にTOIECで900点以上を取得した社員に対し100万円の臨時収入を提供すると明言しています。 これだけでも英語習得に対する相当なインセンティブになります。

英語ができると仕事のチャンスが増える

日本国内を含め世界では「見本市」と呼ばれる世界の最先端技術や商品が集まるカンファレンスが開催されています。 そういった海外でのビジネスには当然英語、特にビジネス英語による交渉力が問われます。 さらに人脈作りもカンファレンスの醍醐味です。 海外の優秀なビジネスマンとのコミュニケーションによって新しい事業が生まれたり、ビジネスパートナーになる可能性もあります。 今後人口減少が続くことが予想されている日本よりも、海外マーケットの方がチャンスが眠っていることは想像に容易いでしょう。 海外でチャンスが欲しくても英語に自信が無ければ、このような人脈作りも難しくなってしまうでしょう。

英語ができると会社のお金で海外に行ける

「長期出張でニューヨークに赴任していました。」なんだかとても格好のよい響きです。 海外で生活をすることに憧れているビジネスマンは少なくありません。 しかし海外、特に先進国で生活をするとなると相応の資金が必要になります。 例えば会社の出張などであれば、会社の経費で憧れの海外生活をすることができます。 さらには海外赴任手当てが支給される会社もあるので、国内よりもゆとりのある生活ができる可能性もあります。

ALUGOとは

ALUGOは今までに無かったITを駆使した全く新しいビジネス英会話サービスです。 毎日忙しくてとても英会話の勉強なんてできないという方に、革新的なサービスにより、たった2ヶ月でビジネス英会話の確実な進歩と成功をお約束します。 ALUGOを開発したのは人材育成起業の「alue」です。 alueは新人育成分野で大手グローバル企業から圧倒的な支持を誇り、大手80社以上でそのサービスが採用されています。 グローバル人材育成事業で蓄積されたノウハウをビジネス英会話に応用させることで、「成長」するために必要な「最適化」をお手伝いすることができます。

alueのミッションは「夢が溢れる世界のために、人のあらゆる可能性を切り拓くこと」です。 ビジネス英会話をマスターして、グローバルにビジネスを展開したいという「夢」の実現を支援させていただくことがALUGOのミッションであり創業者およびスタッフの願いでもあります。 ALUGOが目指したものは英語の知識の蓄積ではなく、「英語の学び方そのもの」を開発することでした。 ただテストで高得点を求めるだけだった英語学習から、ビジネスに、および夢の実現に直結する英語学習へ。 これからの英会話はALUGOがリードしていくでしょう。

ALUGOの特徴は?

ALUGOは3つのメソッドを提供しています。 そのキーワードは「いつでも、どこでも」「最適化アルゴリズム」「徹底添削」です。 これら3つのキーワードについてはこの項目で詳細に紹介しています。 ALUGOには専属のバイリンガルカウンセラーがライフスタイルに合わせて1日の学習スケジュールを細かくプランニングしてくれます。 ALUGOのトレーニングでは1日平均2時間の学習時間を確保する必要がありますが、バイリンガルカウンセラーが学習時間のタスク管理を行ってくれます。 カウンセラーのおかげで、スケジュールの管理にとらわれることなく英会話の学習に専念することができます。 さらに困ったときはチャット機能などでいつでも相談に乗ってくれますので、モチベーションの維持にもつながります。

ALUGOの特徴1:スマホがあればすぐにレッスン可能

コンサルタントという職業柄、ハードワークなこともあり、時間の確保にはかなり苦労しました。それでも、コーチの方に宿題の量を適宜調整してもらい、なんとか全カリキュラムを完走できました。 レッスンは全てスマホで行われるのですが、最初はうまく英語を話せないことがストレスで、レッスンを受けるのが辛かったです。でも、決まった時間になると電話がかかってくるので、レッスンを受けざるをえませんでした。 レッスンを受けられない期間があると、コーチから電話がかかってきて、「ちゃんと頑張りましょう」と励まされることもありました。 英語の勉強で挫折の経験があり、時間も確保しづらい自分には、この学習のスタイルがマッチしていたと思います。

これまでの英会話トレーニングサービスといえば、「駅前留学」などの教室型とスカイプなどを利用したPC型の2つが主流でした。 しかし、ALUGOはこのどちらにも属さない全く新しい英会話トレーニング方法を採用しています。 ALUGOは全てのレッスンを電話1つで受けることができます。 もうわざわざ指定の教室まで足を運ぶ必要も、大きなパソコンを立ち上げる必要もありません。 朝7時~夜23時までいつでも予約が可能で、予約した時間になると担当の講師から電話がかかってきてレッスンが始まります。 携帯電話を用意して予約、待機しているだけでレッスンを受けることができます。 電話回線を使っているので良好なインターネット環境を整える必要もありません。 仮に通信制限がかかってしまても問題はありません。

ALUGOの特徴2:AIを駆使した個別最適化アルゴリズム

質問に対してどうか答えたかをAIで分析していると思いますが、私は結構言い直しをしてしまうため、結果的に結構点数が下がってしまう気がするので残念でした。 ただ、そのお陰で言い直しを少しでも減らそうという発想で取り組めたのは良かったですし、AI分析自体は、レッスン後に定期的に語彙数、よく使うワード、苦手な文法などをあぶり出してくれるので、機能としては非常に優れていると思います。

電話だけでレッスンするのはハードルが高い、と感じる方もいらっしゃるでしょう。 たしかに難易度は高いレッスンなのですが、継続してレッスンを受けることでどんなビジネスシーンでも使える英語が身につきます。 独自のAIがモバイルレッスンの履歴を分析し、生徒一人一人に必要な知識や語彙などを効果的に提案、宿題を通してインプットすることができます。 このインプットを次回のレッスンでアウトプットしていくことで確実なレベルアップが期待できます。 自分自身の欠点や苦手なところを把握することは非常に難しいです。 AIは客観的な事実とデータのみで判断しますので、自分自身を知るのに最も適した方法であるといえます。

ALUGOの特徴3:英会話のプロフェッショナルによる徹底添削

一番は日本語で受けられるバイリンガルのレッスンですね。非常にクオリティが高い。 普段のレッスン内でのアドバイスもそうですけど、私が「実際のディスカッションの中で、全然聞き取れなかったどうしよう・・・」と悩みを相談しても、「最初から、全て聞き取るのは難しいですが、でも最低でも〇〇は聞き取れるようになりましょう!」など、かなり具体的な提示をしてくれる。 オープンクエスチョンで質問しているにも関わらず、具体的な課題に落とし込んでくれる。 チャットでも「今〇〇に悩んでいるけど、どうしたらいいか」、「レッスンでどうしたらいいか」などの質問を、カウンセラーに毎回相談して、カウンセラーから的確なアドバイスをもらって、次の日から活かして、使ってみる、を繰り返すことができました。 英語レッスンのフィードバックメールでは、レッスン中の発話が書き起こされ、文法の添削もされた上で、リバイスされたものがメールで帰ってくるので、即時に復習とインプットが出来ました。

レッスン終了後は実際の会話内容をプロのバイリンガル講師が全て書き起こして文章化し、その中で文法の誤りや単語の訂正など改善すべき点を全て可視化してフィードバックしてくれます。 この添削内容を次回までにしっかりインプットしなおすことで2度同じミスをすることを防ぐことができます。 また英語に自信がない方でも、会話レッスンだけでなく文法のレッスンを受けることもできます。 文法の説明はバイリンガル講師が日本語で丁寧に説明してくれますので、安心してレッスンに臨むことができます。 ビジネスの場において正しい英語は重要です。 文法的にむちゃくちゃな英語ではうまく意図が相手に伝わらない可能性があるだけでなく、信用の問題に発展してしまう危険もあります。 ALUGOのレッスンなら、この徹底添削によって美しい英語を手に入れることができます。

ALUGOのコース内容と料金は?

プランALUGO SMART ENGLISHALUGO SMART ENGLISH LiteALUGO SMART ENGLISH Basic
料金328,000円288,000円198,000円
レッスン合計時間1700分1100分400分
レッスン回数48回24回なし
バイリンガルセッション8回8回8回

2ヶ月でビジネス英会話を習得でき、学習の習慣化も手伝ってもらえるALUGOのプランと料金が気にかかるところです。 詳細は上記の表をご参照ください。入会金は一律で50,000円となっています。 料金の支払い方法はクレジットカードまたは銀行振り込みとなっています。 ただし振り込み手数料は生徒側の負担となっています。 ALUGOにはレッスン開始後サービスに満足できなかった場合、30日間全額返金保証制度があります。 しかしこの保証を使用した場合、その後ALUGOのレッスンを再度受けることはできません。

先日ALUGO(アルーゴ)の説明を聞きに行きました。 一言で言うと潔い。完全にビジネスのスピーキングだけに特化している。また、スクールに通う必要はなく、電話でレッスンが行われるのは新鮮。対面でのレッスンがない、使用するツールも自社開発のため料金が他に比べ安い。

アルーゴ(alugo)というオンラインの英会話スクールにしばらくシフトしていたけど、私には全然合わなかった。バイリンガルの講師だけは良かったので、そこにお金払ったと思うようにしている。まず、復習プログラムが毎日出されるけど、レッスン中の英作文を繰り返し覚えて行くだけ。

ALUGOとベルリッツの比較

ビジネス英語に強い大手英会話サービスといえば「ベルリッツ」です。 忙しいビジネスマンでもしっかり勉強時間を確保し、ビジネスで使える英語を習得することができるとして評判です。 扱う教材はレベルごとに10段階に分かれており、初心者でも無理なく学ぶことができます。 またネイティブ出身のプロ講師が全国に1300人おり、「授業が楽しくてためになる」という評判を多く見かけます。 この項目ではALUGOとベルリッツを比較し、2つの違いについてまとめました。

料金での比較

ALUGOの料金は「ALUGO SMART ENGLISHコース」の場合、レッスン合計時間1700分で328,000円です。 ベルリッツのマンツーマンレッスンは40分で約6,000~8,000円と設定されていますが、実際にはレッスン数で購入する必要があり、マンツーマンの場合50レッスンで442,880円です。 ベルリッツはマンツーマンレッスンを始める場合、入会費用なども含めると最低でも50万円は必要ですが、ALUGOは40万円で始められます。 この価格の差がそれぞれの評判に大きく影響しています。 いかに多く授業を受けたか、ではなく確実な英語力を身に付けることができたか、が重要ですので「レッスンが多ければ多いほど良いわけではない」です。 ALUGOは比較的少ない初期費用で始められる英会話サービスであるといえます。

インプット方法での比較

ベルリッツのレッスンは 1, 目標設定 2, インプット 3, 反復練習 4, ロールプレイ 5, 確認で構成されています。 レッスンの中でインプットからアウトプットまで一貫して行われます。 しかし少人数クラスの場合は個人にあわせたインプット課題は提供できませんし、レッスン後にレッスン内容を活字で確認することもできません。 ALUGOはAIを駆使した個人に合わせた課題を提供し、インプットの効率を高めてくれます。 さらにレッスン後のフィードバックにより反復して授業を思い出すことができますので、記憶への定着を促すことができます。 ALUGOは電話レッスンなので複数人でのレッスンは不可能で、マンツーマンレッスン以外は存在しません。 インプットと記憶の定着にフォーカスしたレッスンは多くの生徒から良い評判を得ています。

英語の習得に1番大事なのは継続

何事も実力や経験をつけるためには「継続」が重要です。 しかし継続というものは非常に難しいもので、多くの人々は継続ができずに挫折してしまいます。 例えばダイエットはなぜ続かないのでしょうか。 ダイエットそのものが辛く厳しいからでしょうか。 原因はそれだけではありません。 その答えは「管理してくれる人がいないから」です。これなら続きそうという評判だけでダイエット方法は流行ります。 しかし半年や1年といった長期間、誰かに管理してもらうというのは大きなコストがかかりますし、本人のモチベーションにも限界があります。 継続は重要ですが、あくまで「結果が伴う継続」を重視するべきです。

これは英会話にも当てはまります。 そこで英会話をモチベーションを保ちながら継続するために重要なことは、「短期集中型でマンツーマンレッスンを受講する」ことです。 まず短期集中というのは2~3ヶ月で完成させる期間目標を持つということです。 期間目標を設定しないと、英語力が向上しないままずるずると時間だけが過ぎていくという状況が考えられます。 マンツーマンにこだわることで、限られたレッスン時間で講師のサービスはすべて自分だけに向けられることになります。 これは短期間で成果を出すためには必須ともいえる重要な要素です。 ALUGOのカウンセラーはこうした目標設定にも協力してくれますので、安心して学習計画とスケジュール管理を委任することができます。

ALUGOの受講生はこんな人が多い

ALUGOの受講生の特徴
  • 仕事が忙しくて時間が無いビジネスマン
  • TOEICのような点数ではなく現場で使える英語力を求める人
  • 中級以上のレベルからランクアップしたい人

特に評判が良いのが「いつでも、どこでも受講できる」という点です。 電話を使うという点も、外出先で受講しても違和感はほとんどありません。 時間が無いビジネスマンにとって時間と場所を選ばないというのは良い評判につながっています。 ALUGOはTOEICのような公式試験の点数を上げることを目的としていませんし、高得点に直接つながったという評判も見られません。 ALUGOの受講生の中には「TOEICは900点以上を持っているが、英会話が全くできない」という方が多くいらっしゃいます。 ALUGOではビジネスで使える英語力の習得を目的としています。 しかしTOEICで900点を超えるような知識を持っている方は英会話のレベルアップも非常に早いという評判もあります。

電話レッスンは相手が目の前にいない分、難易度は高いです。 そのため、バイリンガルの文法指導があるといえど、仮に中学レベルの文法を1からやり直すとなると「短期完成」の目標達成が困難になるでしょう。 中学レベルの文法は最低限抑えている方、つまり中級程度の方にとっては評価が高いのがALUGOです。 上級になるためのノウハウが詰まっており、英語の勉強にも抵抗が少ない方はとくに短期集中で結果を出すことができるでしょう。

ALUGO利用者の体験談と評判・口コミ

週に1回のバイリンガルセッションで学習進捗状況の振り返りができるのは、私の中でとてもありがたいことでした。 担当カウンセラーと学習や英語の質問を色々しましたが、基本的にカウンセラーは、「こういうフレームでやっていこう。」といつもわかりやすく指示をして下さりました。 カウンセラーのアドバイスを意識して、実践できるように自分の頭の中で考えながらバイリンガルセッションも英語レッスンも望んでいました。今までの英語学習にはない体験だったので、貴重な経験でした。 学習モチベーションが落ちている時にも、「そんな時はこれをしたらいいよ!これだけはやりましょう!」というメッセージも下さったので、学習アドバイザーだけではなく、モチベーション管理という点でもカウンセラーには本当に絶大なるサポートして頂いたと思います。

週に1回のバイリンガルセッションは英語学習を「継続」させるために非常に重要です。 プロの講師陣やAIなどレッスン関係の強みが評判でもピックアップされがちですが、実はこうしたサポートの充実もALUGOの特徴です。

電話ならではのメリットとして相手の顔が見えない、つまりこちら側の顔も見られないこともあげられます。これまで英語のレッスンを受けた時を振り返るとレッスンのためだけに髭を剃り、髪を整えたりしていました。どこに出かけるわけでもないので、本来はジャージかスウェットで過ごしたいのに・・・です。これが午前中なら良いのですが、夕方などにレッスンを受けようと思うと「いまから髭を剃って、着替えるのは面倒だなぁ」と思いレッスンを受けないという選択をする人は案外多いのではないかと思います。 その点、電話レッスンだと、身なりを気にせず部屋が散らかっていても大丈夫です。疲れている時やリラックスしたい時はベッドに横になりながらレッスンを受けることも出来るわけです。

上記のようなどんな場所でも人目を気にせずにレッスンができるというのはとても多い口コミ・評判です。 ALUGOは電話回線さえあればどこでもレッスンを受けられます。 一般的なオンラインレッスンと違って、レッスンを受けるためのインターネット環境や自分の身なりを整えるなどの無駄な準備が不要で気軽に受けられるのも良い評判の1つです。

講師が選べたりするとよかったですかね。この前やったコーチをまた選べたらなぁ・・・とか思うときがありました。

一方、講師を選べないというマイナスの評判もあります。 しかし、ビジネスの舞台ではコミュニケーションをとる相手を好きなように選べるわけではありません。 そういった誰でもコミュニケーションをとれるようにするための練習というポジティブな考え方もできますし、そういった評判も存在します。

キャンセルもわりと直前までできるし、予約もとりやすかったので。むこう1週間分を先にとってしまって、厳しい日にはその都度当日にキャンセルして・・・というのがよかったですね。

ALUGOではレッスン予約時間の開始10分前までキャンセルが可能です。 ビジネスマンは急な残業やミーティングなど予定どおりにいかないことも多いため、当日ギリギリの時間まで変更可能なのは非常によい評判を得ています。 忙しいビジネスマンのことを配慮した結果、このようなサービスが可能となりました。 このキャンセルへの柔軟な対応は良い評判を得ています。

マンツーマン英会話・英会話コーチングスクール・通常の英会話教室の違い

マンツーマン英会話はその名のとおり、生徒と講師が1対1で行われる英会話レッスンのことです。 レッスンの間、担当の講師を独占できるので時間に対する対費用効果が非常に高いことが期待されます。 またグループでのレッスンだと、どうしても自分以外の生徒が気になってしまって集中できないという評判が多いです。 特に英会話の場合、慣れない発音を講師の真似をしていかなければ上達できません。 周りの目を気にせず、思い切り慣れない発音を練習できる環境はマンツーマンレッスンでしか実現できません。 グループレッスンに比べると料金は非常に高くなってしまいますが、それでもその分の価値はあるといえます。

英語コーチングスクールと従来の英会話スクールの大きな違いは、「より個人にフォーカスした英会話スクール」であるということです。 一般的な英会話教室では英会話教室側であらかじめ用意してあるカリキュラムを使用してレッスンを行いますが、コーチングスクールでは生徒一人一人の目的に合わせたカリキュラムをオーダーメイドできるというのが最大の特徴です。 マンツーマンの教室とグループの教室の2種類が用意されているのが一般的でどちらを選ぶかで料金は大きく変わってきますので、それぞれの評判も参考にしましょう。 授業時間外でもサポートが充実しているのもコーチングスクールのメリットです。

普通の英会話教室の最大のメリットは料金がとにかく安いことです。 個人営業の英会話教室などがこれにあたりますが、地域に根ざした経営をしていたり、日本での生活経験が長いネイティブの講師が経営していることが多いです。 特に小さなお子様がいるかたにとっては、気軽に通える英会話教室として評判を得ており、不動のポジションにいるといっても過言ではありません。 ビジネス向けの高度な教育サービスを求めることは難しいでしょう。 しかし自分の子供は英語に苦手意識を持って欲しくないというニーズにはしっかり応えられるのが町の英会話教室の強みといえます。

ALUGOの無料レッスン(カウンセリング)がおすすめな理由

ALUGOの無料カウンセリングは、九段下にあるALUGOを運営するアルー株式会社で行われます。 遠方にお住まいで、九段下まで行くのが厳しい方は電話での対応も可能です。 無料カウンセリングはALUGOの公式サイトから予約できます。 「無料カウンセリングを申込む」というボタンをクリックし、予約フォームに入力します。 予約確認のメールが届きますので、メールアドレスを間違えないよう入力しましょう。 また無料カウンセリング当日は実際に電話を使ったデモレッスンを行いますので、電話番号の入力も間違えないように気をつけましょう。 必要事項を入力したら送信ボタンを押して申込完了です。

当日は外国人講師による15分ほどのデモレッスンを受けることができます。 多くのデモレッスン体験者の評判によると、このデモレッスン15分だけでもとても難しかったという評判が非常に多いです。 しかしレッスンの内容は添削された上ですべてフィードバックされますので、全然ダメだったという状況でも問題はありません。 電話だけで行われるレッスンは厳しいですが、その分ビジネスシーンで実践できる自信がつきます。 無料のデモレッスンを受けることによって、ALUGOのサービスをよりリアルに感じることができます。 複数の英会話サービスで悩んでいる方は、とにかくまずは無料レッスンに参加してみると良いでしょう。

まとめ

たった2ヶ月でビジネス英会話が身につく、これだけ聞くととても胡散臭い印象を受けてしまいます。 このような短期間で完成といったような書籍やサービスは世の中にあふれており、だいたいはそんな短期間で実現できないようなものばかりです。 ALUGOが設定している2ヶ月という期間は嘘でも詐欺でもなく、しっかりとしたデータと実績に基づいて設定されているという事実にまず驚かされます。 なぜこれほどまでに説得力があるのか、それは2ヶ月というプランをプロの管理とともに二人三脚で歩めるからです。 「継続」はモチベーションを保つプロの管理があれば誰でも実現できます。

ALUGOでは「3秒以内に止まらずに完全な一文を話せる」ようにするために考えられたメソッドをもとに、一人一人にあったカリキュラムを提案します。 日本の英語教育は実はかなり優秀で、多くの人々は中学レベルの文法と語彙であれば理解しています。 ただ決定的に「話す」トレーニングを積んでいないだけです。これはTOEIC900以上とっている人も同じです。 ALUGOは英会話に必要な技術を完全に把握しています。 そしてそれを実現するためには継続が何より重要だということも理解し、サービスに組み込まれています。 この周到なサービスに、あなたもきっと納得し満足することができるでしょう。 ぜひ一度無料体験レッスンに参加することをオススメします。

アクセスランキング