IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PR】目的別!CMS15選!作りたいサイトに最適なツールを選ぼう

更新日:2020年08月14日

ツール・サービス

皆さんこんにちは、今回は「目的別!CMS15選!作りたいサイトに最適なツールを選ぼう」と題し、「目的別でのCMS15選」とその際の選び方・コツをはじめ、作りたいサイトに最適なツールについてご紹介します。ご参考にしてみて下さい。

ECサイトにCMS3:Orange EC

CMS「Orange EC」のされる点では、SEO対策の利点、スマホ対応などのモバイルデバイスへの移行管理、不具合をかなり緩和させられるシステム設計・管理、リニューアルする際のポイント確保などと、CMSそのものの特典が期待される点となります。 この場合でも主に企業の開業時・スタート時にされるツールの1つになりやすく、クラウド環境で育てていくECサイトの運営を根底から支援してくれます。

ECサイトにCMS4:Zen Cart

Zen Cartの利点は非常に多くの分野で認められており、クッキーパス設定、SSL 判定、CSS ファイル読み込み、リスト形式カテゴリーサイドボックスの活用、「売上レポートモジュール」の利用などをはじめ、この場合でも主にマーケティングに利点の高い魅力があります。 企業戦略を特化させるためのツールが満載であり、商品、注文情報、注文管理、管理画面などの面では非常に高い機能性が発揮されます。

ECサイトにCMS5:Magento

外資系企業でされやすいCMS「Magento」ですが、この場合の利点は海外ビジネスを展開していくための越境EC対応の点や、複数店舗を展開できるマルチサイトの構築のてん、さらには強力なマーケティング戦略の利点などが大きくあげられます。 多彩なプロモーション機能を搭載されて設計された本CMSは非常に多くの企業から利用され、主に将来ビジョンを安定させる最適のCMSとして認められます。

記事コンテンツの制作なら「sakaku」

記事コンテンツの制作ではかなりのある「sakaku」ですが、この場合のメリットはまずシステムのチェック、メディア上でのSEOの設定、ライター採用・ディレクション(サイト作成の方向性)を簡単お任せで作成できる点にあります。 非常に高品質な記事作成ができる場合によく利用されており、独自の記事作成の才能を十分受容してくれる記事コンテンツを生かしたサービスになるでしょう。

「sakaku」の特徴

記事作成においては、独自システムチェック、目視でのダブルチェック、安心できる品質管理体制などと三拍子そろった記事作成サービスとして知られており、SEOにも非常に強い大手企業による記事作成サイトの共有が、多くの人にとっては非常に魅力となるでしょう。 独自システムチェックでは禁止キーワードなどのレギュレーション項目に関する高性能独自システムによるチェックが施行され、企画への対応もしっかり完備されます。

「sakaku」の特徴1:独自システムで高品質な記事を納品

編集者と検品者による目視ダブルチェック体制により、通常の記事作成システムではチェックができない「倫理観念」などへのチェックもしっかり施行されます。品質管理体制もかなり良く、個別で納品した作成記事についても再三のチェックによって品質を保ちます。 高品質な記事作成をするならまずこの「sakaku」が利用されやすく、その点では記事作成においての実力向上も期待できるでしょう。

「sakaku」の特徴2:SEOノウハウを生かした記事作成

「sakaku」ではキーワード選定に特化したサービス運用を行なっており、記事企画のノウハウをバッチリ踏まえた独自のSEO対策を実践的なシミュレーションのうちに含みます。 日常でアップロードした情報をキャッチアップすることにより、システム・フローを修正することに柔軟に対応できる上で、さらにコンテンツ企画にも非常に応用の利く記事企画サービスが利点を高めています。

「sakaku」の特徴3:付帯業務まで対応

「sakaku」では、ライターディレクション、支払い代行、安心できる納期管理などをじっくり賄ってくれる上で、特に「納期遅れへの管理体制」には実に定評を集める利点・特徴が見られます。 多くのクラウドソーシングによって利用される上では「データ管理」の点で難渋する傾向が見られますが、その点を上手く回避させてくれる上で、さらに高品質な記事作成に特化したサービスツールを用意しているためとても安心です。

目的に合わせて最適なCMSを選ぼう

初回公開日:2019年08月29日

記載されている内容は2019年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング